FC2ブログ

1940 MERCURY "BREEZEE" EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 40 MERCURY *BREEZEE > 1940 MERCURY "BREEZEE"

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”

アッセンブリー作業を進めてまして


サイドガラスや三角窓の組み立てに進み


4666565659898huhuk; (29)


アメリカでハードトップ化してあった

サイドガラスは作りが悪く


ドアとの建付けも良くなかったので


4666565659898huhuk; (5)


4666565659898huhuk; (6)


サッシや窓枠を作り直しとなり

入れるガラスの形も変わったので


ガラスは全て新品で作り直して


4666565659898huhuk; (25)


4666565659898huhuk; (26)


サイドガラスは上がり下がりする際

均等に動かず、傾いてしまうので


サイドガラスをユニット化して


4666565659898huhuk; (27)


4666565659898huhuk; (28)


ハードトップの枠の中に、事前に

組み付けと、調整をしてから


ドアに組み込む構造に変更しまして


4666565659898huhuk; (32)


新しいガラスを、加工を終えた窓枠に

組み付けていきます


三角窓は窓枠にセットする際に


4666565659898huhuk; (33)


4666565659898huhuk; (35)


セッティングチャンネルと呼ばれる

コの字型のゴムを挟んで


窓枠にはめ込んでいきまして


4666565659898huhuk; (36)


サイドガラスの縦側のレールに当たって

止まる切り欠き部分は


窓枠もないので、それに合うように加工し


4666565659898huhuk; (37)


三角窓のガラスを窓枠に固定したら

続いてサイドガラスに進みまして


サイドガラスは前後の縦の溝を


4666565659898huhuk; (40)


ガイドに上下に動くようになりますが


チョップトップして、屋根が低くなる分

ガラスの縦方向のサイズも小さくなり


4666565659898huhuk; (30)


前後の溝にハマっている部分が

短くなってしまうので


ガラスを上げていくと、ハマりが浅くなり


4666565659898huhuk; (31)


サイドガラスがグラグラしてしまい

動きが定まらなくなるので


ハマっている部分を長くする加工を施し


4666565659898huhuk; (34)


CHOP TOPして、サイドガラスを作った人なら


なるほど、それは必要ね! と

思ってもらえるハズですが


4666565659898huhuk; (38)


CHOP TOPのサイドガラス有を

乗ったことがない方には


「何のコッチャ!?」ですが、すみまめん


4666565659898huhuk; (39)


チョップトップでガラスの高さが低くなり


下がり過ぎてしまうのも抑えるストッパーも

製作して取り付けし、組み付けを進めます


[ 2024/01/13 20:21 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)