FC2ブログ

1940 MERCURY "BREEZEE" EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 40 MERCURY *BREEZEE > 1940 MERCURY "BREEZEE"

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”

アッセンブリー作業を進めてまして


ガラスの組み立てを進めている間に


4666565659898huhuk; (21)


同時進行でDAICHIがハーネスの引き直し中


ヘッドライトはオリジナルのバルブから

省電力で明るいLEDバルブを組めるように


4666565659898huhuk; (14)


ライトを加工して組み付けしていき

ライトやウインカーの配線を作ったら


エンジンハーネスはショーカー然とするよう


4666565659898huhuk; (18)


取り回すルートを考えながら引いていき


エアコンホースも出来るだけ見えない

ルートで製作して、接続していきまして


4666565659898huhuk; (19)


室内のハーネスワークも進行中


ダコタデジタル、ACCUAIR、エアコン

オーディオに加えて、ダッシュは


4666565659898huhuk; (20)


オーディオのヘッドユニットや、エアコンの

操作パネルが動くギミックもあるので


配線も多くて、とても複雑で大変そうです


4666565659898huhuk; (1)


先日、引き直しを終えたマフラーは


ヘダースの下のレデューサー部分を

フレキシブルパイプを追加して


4666565659898huhuk; (2)


作り直しましたが、レデューサーのフランジを

固定するボルト&ナットの1箇所が


狭くて、工具が入りづらくて脱着がタイヘンで


4666565659898huhuk; (3)


工具が掛かるスペースを作るために

パイプを加工しておくことになり


逃げ加工を施したら、耐熱塗料を塗って


4666565659898huhuk; (4)


ステアリングシャフトを逃げるように

取り回しを加工をしたヘダースは


錆びないようにセラミックコートへ


4666565659898huhuk; (7)


同時進行で足回りの本組みも進めていき

ブレーキキャリパーは新品に交換


MUSTANGⅡキットや、インパラやカマロなど


4666565659898huhuk; (9)


ドラムブレーキをディスク化するキットに

付いてくるブレーキキャリパーは


1970年代に使われていた純正キャリパーか


4666565659898huhuk; (8)


純正スタイルの社外品の中古品を

リビルトしたものが入ってきますが


リビルト済をアメリカではNEWと呼び


4666565659898huhuk; (10)


シールこそ新品に組み換えてあるも


中古ベースなので、金属部分が

摩耗しててオイル漏れしたり


作動不良が起きる可能性が高いので


4666565659898huhuk; (11)


それで沖縄に納車するのはリスクが

高くて嫌なので、ACデルコの正規品で


リビルト品ではなく、完全な新品の

BRAND NEWのキャリパーを準備


4666565659898huhuk; (13)


ブレーキパッドも、MUSTANGⅡキットや

ディスクブレーキキットに入ってくるものは


アメリカで$8とかの安いパッドなので


4666565659898huhuk; (12)


効きもイマイチで、ブレーキダストも多いので


パッドもAC デルコの良い製品を使って

安心のセットアップを進めていきます


[ 2024/01/17 19:44 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)