FC2ブログ

1940 MERCURY "BREEZEE" EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 40 MERCURY *BREEZEE > 1940 MERCURY "BREEZEE"

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”

アッセンブリー作業を進めてまして


マフラーの引き直し作業を進めてまして


IMroriorkggg787456G_4693 (1)


マフラーの形状から、揺れや振動が

起きそうなところを見定めていき


スラムドしても地面に当たらないように


IMroriorkggg787456G_4693 (2)


マフラーをフレームに固定する吊元と

マフラーハンガーの製作したら


フレームやマフラーの形状に合わせて


IMroriorkggg787456G_4693 (4)


合計8箇所に吊元とブラケットを製作し

ハンガーをマフラーパイプに溶接したら


錆び止め処理を施していきます


IMroriorkggg787456G_4693 (7)


IMroriorkggg787456G_4693 (6)


マフラーのパイプ部分は、錆びづらいよう

素材が鉄にアルミを混ぜた合金の


”アルスター”で出来ており


IMroriorkggg787456G_4693 (5)


マフラーチップもステンレス製なので

そのままで問題ありませんが


パイプどうしを溶接して焼けた部分や


IMroriorkggg787456G_4693 (10)


IMroriorkggg787456G_4693 (11)


溶接して使うので、先に錆び止め

処理してしまうと溶接できなくなるので


地金のまま、錆び止め処理されていない


IMroriorkggg787456G_4693 (12)


IMroriorkggg787456G_4693 (13)


フランジやマフラーハンガーの鉄地の

ままの部分は、そのままにしておくと


すぐに錆びてきてしまうので


IMroriorkggg787456G_4693 (8)


IMroriorkggg787456G_4693 (9)


長持ちして、見た目も良くなるように

耐熱塗料のシルバーを塗っていきまして


クルマに組んだまま塗れれば楽ですが


IMroriorkggg787456G_4693 (14)


IMroriorkggg787456G_4693 (15)


パイプなので、溶接部分は

ぐるっと1周塗る必要があり


クルマに組んだままだと


IMroriorkggg787456G_4693 (16)


IMroriorkggg787456G_4693 (19)



裏側が綺麗に塗れないので


マフラーを分解して取り外したら

錆び止め塗装を施し、乾いたら


IMroriorkggg787456G_4693 (17)


IMroriorkggg787456G_4693 (18)


再びクルマに組み付けしていき

マフラー製作と、錆び止めが完了


次は車内の組み立てに進みます



[ 2024/01/09 08:48 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)