FC2ブログ

1940 MERCURY "BREEZEE" EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 40 MERCURY *BREEZEE > 1940 MERCURY "BREEZEE"

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”

アッセンブリー作業を進めてまして


マフラーの引き直し作業を進めていき


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (30)


ヘダースから触媒、触媒からタイコまでの

前半部分の製作を終えたら


リアのセクションの製作に進みますが


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (5)


マフラーチップをどこから出したいかで

取り回すルートが変わるので


M本さんに希望の位置の左右振りと 


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (6)


リアバンパーから、どのくらい出すのが

いいか聞いてみたら、


マフラーチップは、ボディより後ろに出さず


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (7)


後ろから見て、マフラーが見えないように

終わるエンド位置でとのことで


チップがくる位置をボディやフレーム、


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (31)


燃料タンクなどの位置から計算し


この位置で如何でしょう? と

色々な角度からの写真を見てもらい


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (32)


この位置にエンドをと決まったら


マフラーチップは下向きのチップを

回転させて捻った状態で付けて


cgbsfg5sf5fh4s4f44hsfhsfh (1)


その状態で、下に向かってハス切りに

なるようにしてほしいとのリクエストで


M本さんのもう1台の愛車、37 CHEVYの


cgbsfg5sf5fh4s4f44hsfhsfh (2)


マフラーがそのようになってるのでと

写真を撮って送ってもらったので、


それを参考に作っていきます


cgbsfg5sf5fh4s4f44hsfhsfh (3)


マフラーチップは、50.8mmのパイプ用の

既製品の下向きのチップを使用し


少し回転させた状態で、下向きになるよう


cgbsfg5sf5fh4s4f44hsfhsfh (4)


ケガキを入れて切断していき


切断面は切りっ放しではなく

滑らかに丸めて仕上げしたのち


cgbsfg5sf5fh4s4f44hsfhsfh (5)


素材がステンレスなので、ポリッシュし


周辺の切断時に熱が入って焼けた跡と

切断面も綺麗に整えて仕上げまして


IMroriorkggg787456G_4693 (1)


マフラーの取り回しと、マフラーチップの

製作を終えたら、マフラーを固定する


マフラーハンガーの製作に進めていき


IMroriorkggg787456G_4693 (2)


マフラーの形状から、揺れや振動が

起きそうなところを見定めていき


スラムドしても地面に当たらないように


IMroriorkggg787456G_4693 (3)


フレームやマフラーの形状に合わせて

合計8箇所に吊元とブラケットを製作


次は錆び止め処理を施していきます


[ 2024/01/06 09:42 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)