FC2ブログ

1940 MERCURY "BREEZEE" EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 40 MERCURY *BREEZEE > 1940 MERCURY "BREEZEE"

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”

アッセンブリー作業を進めてまして


オーバーホールしたエンジンの搭載を進め


ghatjet464etj (12)


エンジンを積んでから色々やると


綺麗に仕上がったボディを汚したり

傷が付いたりするリスクがあるので


ghatjet464etj (11)


事前にエンジン台を作ってブレークインと

エンジン調整を終えてから搭載し


以前はマニュアルステアリングでしたが 


ghatjet464etj (2)


パワステ化したので、パワステポンプが

必要になり、フロントランナーも


ショーカーらしく、MARCH製に一新しまして


ghatjet464etj (1)


ボディにリジットマウントされていた

ラジエーターも、ファンシュラウドと


電動ファン、ATクーラーをセットした


ghatjet464etj (3)


グリフィンラジエーター製のものに変更し


1940 MERCURY用というラインナップは

存在しないので、サイズ的にあうものを


ghatjet464etj (4)


ボディにリジットマウントすると


走行中にボディがたわんだシワよせが

ラジエーターにいって、割れるので


ghatjet464etj (5)


ghatjet464etj (6)


BREEZEEのボディ側を加工し


ボディの補強と、ラジエーターを

取り付け出来るコアサポートを製作し


ghatjet464etj (7)


ghatjet464etj (9)


新しいラジエーターを取り付けしまして


エンジンはレース用に近いインマニと

ハイカムが組まれていたので


hegwrtqmerq;lqerq488g (2)


アイドリングが安定せず、ストリート

ユースで乗るには乗りづらいので


純正インマニとマイルドカムに組み換え、


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (4)


ウォーターネックの位置も変わったので


新しいラジエーター、新しいインマニを

接続するラジエーターホースを設計し


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (6)


アッパーアームの形状が決まりまして


ロワーホースはラジエーターとエンジンの

距離が近く、ラジエーターから


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (5)


ネックが真っ直ぐに出て、そこから

ホースで曲げて取り回すには


スペースが足らず、不可能だったので


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (8)


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (7)


ラジエーターのネック部分を

上に向ける加工を施すことに


アルミの板をロワーホースの内径と


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (9)


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (10)


同じになるように丸めて


突き合わせ部分を溶接して、

ネックに使うパイプを製作したら


hegwrtqmerq;lqerq488g (1)


エンド部分をホースの抜け止めを

専用のビードマシンを使って作り


元々ラジエーターについていた


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (73)


ロワーホースの真っ直ぐのネックを

切断して、BREEZEE用に製作した


エルボパイプを溶接していきまして


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (72)


ギアボックス、エンジンとの狭い隙間で


ロワーホースを取り回すためのネックの

加工と、ホースも接続が完了です


[ 2023/12/21 09:47 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)