FC2ブログ

1940 MERCURY "BREEZEE" EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 40 MERCURY *BREEZEE > 1940 MERCURY "BREEZEE"

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”


アッセンブリー作業に進む前に

フルオーバーホールしたエンジンを


ytuwryueryuery5uryu59ru594 (14)


クルマに積んで、配線をしたあとに

エンジンや補機類に異常が見付かると


エンジンルームまでピカピカに仕上げた 


sdwふぇふぇr89w8 (4)


ショーカーのエンジン脱着は


綺麗に仕上げたボディやエンジンを

傷めるリスクが高いので


sdwふぇふぇr89w8 (3)


クルマに搭載する前に、クルマの外で

エンジンや実際に使用するモノを組み 


エンジンを始動させてエンジンの調整や


sdwふぇふぇr89w8 (1)


クルマに積んでしまうと、目視できない

部分から漏れがないかの確認を進め


以前に用意したFITECH EFIは


sdwふぇふぇr89w8 (2)


実際に使用するようになるまでの間に


プログラムやハンドヘルドも進化したので

現行のものにアップデートしまして


sdwふぇふぇr89w8 (15)


FITECHは、暖気運転や電圧に合わせて

エンジン回転を調整したり


点火タイミングのコントロールや


sdwふぇふぇr89w8 (14)


電動ファンの発停制御、エアコン使用時の

自動アイドルアップ機能など、


様々な機能が付いてて使い勝手が良い反面、


sdwふぇふぇr89w8 (13)


冷たい空気を吸気させないと、エラーが

出てエンジンを停めてしまうので


マッスルカーやインパラなどのような


sdwふぇふぇr89w8 (11)


ボンネットが低く、熱だまりが出来づらい

構造のクルマには良いと思いますが


マーキュリーやベルエアなど、フードが高い


sdwふぇふぇr89w8 (12)


クルマはエアクリーナーの上に熱溜まりが

出来やすく、エラーが出易くなるので


エンジンルーム内の熱い空気を吸わないよう 


sdwふぇふぇr89w8 (9)


コアサポートの前などから、エアクリーナーに

ダクトを接続する必要がありまして


エンジンルームの雰囲気がクラシックカーに


sdwふぇふぇr89w8 (10)


合わなくなるのが、悩ましいところで


BREEZEEも気温や湿度が高めの

沖縄で乗るのと、M本さんが使いたいと


sdwふぇふぇr89w8 (7)


用意してくれたエアクリーナーを組むと


エラーが出て、エンジンを止めてしまう

可能性が高いので、今回はFITECHは


sdwふぇふぇr89w8 (8)


使用を見送り、キャブレターで組むことに


その分、電動ファン、エアコン、エアサスの

コンプレッサーが動いて、負荷が掛かっても


sdwふぇふぇr89w8 (5)


電圧不足に陥らないよう、アイドリングでも

モリモリ充電するオルタに変更するなど


対策を施していきたいと思います


[ 2023/12/14 10:45 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)