FC2ブログ

ホットロッドカスタムショー 2023 EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > EVENT & CAR SHOW REPORT > ホットロッドカスタムショー 2023

ホットロッドカスタムショー 2023



 ホットロッドカスタムショーが終わると

師走の年末に切り替わり


急に年末感が増す、今日この頃


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (23)


なんて、ブログが滞った言い訳を

探してみましたが、見付からないので


ただの怠慢で、申し訳ございまめん、、、、、


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (22)


先週末はホットロッドカスタムショー


今年もみんなで出展しに行ってきまして

その時の様子を少々


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (3)


今年は会場のパシフィコ横浜に

朝7時に搬入の枠だったので


朝5時にフィットで車を積載車に積み


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (4)


みんなで6時前に出発して横浜へ


今年もセットアップ作業に広島から

1956 BUICKのY室さんや  


utyyrituir7tiu (3)


沖縄からDOT.ONEのK橋川さんも

金曜に横浜入りし、参加してくれまして


自身もオールドメルセデスを所有してて


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (7)


今年レストアを終えて乗り出した、

1960 IMPALA乗りでもある、N島さんや


1956 BELAIR CONV1955 CHEVY 210


utiotyiotyioryi (1)


1937 ZEPHYR COUPEアパ太郎など


FITのプロジェクトカーや、他にも沢山の

クルマの塗装を担当してくれたり


utyyrituir7tiu (4)


utyyrituir7tiu (5)


今回はショー前に白いメルセデスの

ボディを綺麗に磨いてくれた


H末自動車のMりさんも参加いただき


utyyrituir7tiu (6)


今年は4台分のスペースを使って

2台のメルセデスの展示を進めます


会場内にクルマ2台を降ろしたら


utyyrituir7tiu (7)


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (15)


まずは床に木目調のシートの施工へ


ホットロッドカスタムショーでは

会場の床がコンクリートなので


utyyrituir7tiu (8)


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (12)


クルマの雰囲気や、演出したいイメージに

合わせて、床にはカーペットやファー、


白砂を敷いたりしてきましたが


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (5)


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (10)


今年はメルセデスを展示するにあたり


どのような雰囲気で展示するかで

見てくれた方の印象も変わると思うので


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (11)


みんなで事前によく相談して決めていき


クルマのエレガントさを活かすように

当時のメルセデスディーラーのような


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (28)


高級感のある演出の展示を目指しまして


イメージを共有できるように、事前に

CGでイメージ画像を作ってもらい


utyyrituir7tiu (15)


床は木目調のシートを施工し、


今年も12mx6mとブースが大きいので

床が曲がってしまわないように


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (1)


レーザーレベルを使って墨だししたら

固定用の両面テープを張りながら


シートにシワが出来ないように

みんなで試行錯誤で敷いていきまして


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (9)


床材を敷き終えたら、クルマを置きますが


床のシートの上をタイヤが通ると

シートが汚れたり、切れたりしないよう


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (13)


養生しながらクルマを乗り込みまして


メルセデスは車高を下げると、タイヤが

大きくハの字を切っていくので


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (16)


ライドハイトで乗り込んだ後に車高を

下げるとリアタイヤが外に広がり


床材を引っ張るので、切れないように


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (26)


車高を下げた状態で走らせて乗り込み


フロントタイヤもステアリングを切ると

床材を引っ張ってしまうので、


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (27)


タイヤ跡や床材がちぎれないように


床材の上でステアリング操作しないよう

車高を下げた状態で真っ直ぐ進入


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (25)


クルマを展示位置に入れたら


輸送中にクルマに付いたホコリや

汚れを掃除して、仕上げする人達と


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (24)


照明や、ディスプレー品のセットを

進める人達に分かれて進めていき


今回、照明はスポットライトは使わず、


hufdyguuii7454544456565656 (2)


高級感を演出するために

外周だけに間接照明を配置


クルマの紹介は、ショーボードではなく

カーショーには不向きかもしれませんが


utyyrituir7tiu (12)


あえて商業的なデザインの

インフォメーションパネルを使用し


記載する内容も、行ったカスタムの内容を

箇条書きにするショーボード式ではなく


hufdyguuii7454544456565656 (6)


車名と年式と、なぜホットロッドショーに

メルセデスを持ってきたのかに絞り
 

アメリカ車のカーショーを見に来る方は


hufdyguuii7454544456565656 (3)


ドイツ車に興味や、知識がある方は

少ないかもしれないですし、クルマを見て


「おっ!? かっこいいじゃん」 と、

今までドイツ車に興味もなかったけど


hufdyguuii7454544456565656 (4)


クルマを見たら、アメ車以外でカスタム

するのもありだねと思ってくれた方が


抵抗なく、さっと読めるように 20秒で

コンセプトを伝える文字数に設定


hufdyguuii7454544456565656 (5)


頑張って作ってきた車だからこそ、

伝えたいことが多過ぎて、


書くことが増えてしまいがちですが

読むのが面倒になったら、かえってマイナス


hufdyguuii7454544456565656 (1)


イメージとしては、美術館に行くと


展示してある絵画には、横に小さな

説明のパネルがあるのと同じような


utyyrituir7tiu (10)


最低限の文字数で作られた簡単な

説明の文言を目指して、作成を進め


”読むより見る” で、感じてもらえたらと


utyyrituir7tiu (9)


デザイナーさんにパネルを作ってもらいまして


ムーンアイズのショーにドイツ車を展示という

フィット史上、最大の問題作でしたが


utyyrituir7tiu (11)


それでも、なぜメルセデスを出展するのか

みんなで頭を捻ってプランニングし


サポートしてくれたクルーのみんなで

ショー会場で形にしていきまして


utyyrituir7tiu (2)


フィットらしい、いいクルマに仕上がったからこそ


見てくれる方々、興味を持ってくれた方に

言葉にしないメッセージを込めてディスプレー


utiotyiotyioryi (2)


クルマの詳細や、内容を沢山書けば

伝わりやすいと思いますが


伝えたいけど、あえて書かないと決めて


utyyrituir7tiu (13)


それなら、どう演出するのか考えるのは


新しい挑戦だったので良い経験になりましたし、

やれることの幅が広がったと思うので


utyyrituir7tiu (14)


ロッドショーにメルセデスという問題作も、

今回のディスプレーも、大きな収穫でした


セットアップ後の様子はまた後日!


サポート頂いた皆さま、ありがとうございました!



[ 2023/12/08 10:26 ] EVENT & CAR SHOW REPORT | トラックバック(-) | コメント(-)