FC2ブログ

1962 メルセデス 220SEb カブリオレ EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 62 MERCEDES 220SEb CABRIOLET > 1962 メルセデス 220SEb カブリオレ

1962 メルセデス 220SEb カブリオレ



 1962 MERCEDES 220SEB カブリオ


先に着手している、白い1964年式の

オールドメルセデスに引き続き


3rt3ork@ok3r@tk3pppr (37)


エアサスとACCUAIRのセットアップを終え


塗装の補修と、ボディの磨き作業で

オートコネクションさんに預けまして


3rt3ork@ok3r@tk3pppr (27)


ドイツでフルレストアしたこのクルマは

とても綺麗な状態を保っていますが


右側のドアと、クォーター部分に塗装が


3rt3ork@ok3r@tk3pppr (28)


浮いてしまっている部分があり


クラシックカーでよくある、ボディが錆びて

塗装が浮いてしまった状態ではなく、


3rt3ork@ok3r@tk3pppr (34)


下地から塗膜だけ剥がれてしまった状態で


オートコネクションさんは、これまでにも

この手の古いメルセデスで、同じ部分の


3rt3ork@ok3r@tk3pppr (35)


塗装が浮いたのを見てきたそうで、


塗装作業の際に下地を塗ってから

色を塗るまでに時間をあけてしまうと


3rt3ork@ok3r@tk3pppr (29)


下地が乾いてしまい、その上の層に塗る

塗装との密着が弱くなってしまい、


のちにプレスラインの所から剥がれてくるそう


3rt3ork@ok3r@tk3pppr (33)


このクルマもそのように密着不良が

起きているのだろうとの事で


密着不良の恐れがあるエリアのやり直しと


3rt3ork@ok3r@tk3pppr (36)


ワイパーカウルの部分だけ、塗装の表面に

小さいツブツブが出てしまっており


塗装を剥がして、錆が出ていないか確認


3rt3ork@ok3r@tk3pppr (30)


左側のクォーター部分に、小さなエクボがあり


リアバンパーが凹んでいたので、バンパーを

ぶつけたときに押されて、バンパーの先端が


3rt3ork@ok3r@tk3pppr (23)


ボディーを突いてしまったと思われ

その凹みも今回修理してもらい


トランクの右端にも傷が見つかり修正へ


3rt3ork@ok3r@tk3pppr (32)


ドアやクォーターパネルの塗装を直すには


モールやトリム、ドアノブも全部外して

塗り直しになるので、ロッカーモールも


ロッカーパネルも取り外して作業しますが


3rt3ork@ok3r@tk3pppr (31)


ロッカーパネルはジャッキやリフトを掛けた

際にできたと思われる変型と傷があり


そちらも合わせて修理を進めてもらいます


[ 2023/11/21 08:36 ] 62 MERCEDES 220SEb CABRIOLET | トラックバック(-) | コメント(-)