FC2ブログ

1964 メルセデス 220SEb カブリオレ EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 64 MERCEDES 220SEb CABRIOLET > 1964 メルセデス 220SEb カブリオレ

1964 メルセデス 220SEb カブリオレ



 1964 MERCEDES W111 カブリオ


ブログの更新が追い付いてませんが

ショー前の作業の様子を少々


eereehhjIMG_0827kfj (2)


ドアの下の、前から後ろまでいってる

クロームのロッカーパネルモールに


傷や凹みが多いので、ショーに出す前に


dたrwytwry4 (7)


dたrwytwry4 (9)


綺麗に直しておこうとなりまして


このロッカーパネル部分は、クルマに

乗り降りする際に足が当たったり


dたrwytwry4 (8)


dたrwytwry4 (10)


走行中に擦ったりしやすい場所なので、


そんな事からボディを守るガードの

役目もしている装飾品でして


dたrwytwry4 (1)


dたrwytwry4 (2)


傷や凹みがあって当然の部分なのですが


ショーに出すのに、このままではあまりに

みすぼらしいじゃないかということで


dたrwytwry4 (3)


dたrwytwry4 (4)


綺麗にしても、僕がまたすぐ傷を付ける

自信しかありませんが、作業を進めることに


凹みや傷を直すには、クルマから外して


dたrwytwry4 (5)


dたrwytwry4 (6)


鈑金が必要なので、ロッカーモールを

外す前に、先に外さないといけない、


すぐ下のカバーを取り外していき


dたrwytwry4 (11)


ロッカーパネルモールを外したら


モールの素材は真鍮で、真鍮に

メッキが掛けてあると判明しまして


dたrwytwry4 (12)


鈑金するときに、メッキはダメになるので

修理後にリクロームが必要ですが


この長いモールが入るメッキ漕がある


dたrwytwry4 (13)


メッキ屋さんが、なかなかないのと


大きなメッキ漕があるメッキ屋さんでも

真鍮はメッキ漕の中で溶ける可能性が高く


dたrwytwry4 (15)


溶けてしまうと、リクロームどころか

原型がなくなり、再生不能になるのと


メッキ屋さんのメッキ漕が汚れてしまい


dたrwytwry4 (14)


槽の中の薬品を交換しないといけなく

なるそうで、どこのメッキ屋さんでも


真鍮の再メッキは、お断りしますの刑。。。。。


dたrwytwry4 (16)


フィットで凹みや傷は綺麗に直せても


リクロームできるメッキ屋さんが

みつからないので、困りまして


dたrwytwry4 (18)


ロッカーパネルモールは新品を見つけ

修理ではなく、左右とも新品に交換とし


下のパネルは、ジャッキを掛けた際に 


dたrwytwry4 (17)


潰れたり、凹ませたと思われる変型や

飛び石や擦り傷もあったので


それらは鈑金で綺麗に修正し、塗装へ


rtくぇりぇちぇy (11)


フロントガラスの周囲についている

エクステリアトリムの両コーナーが


欠品していたので探していましたが


rtくぇりぇちぇy (12)


一向に見つからないので、ショーの時に

欠品したままだと、それもみすぼらしいので


欠品部分を見つけて買うのは諦めて


rtくぇりぇちぇy (13)


フィットで作って取り付けることになり


ステンレスの板を切り出して、

モールと同じ形状に成形していき


rtくぇりぇちぇy (14)


ぴったり合う形に作ったら、周りの

モールと同じ質感にポリッシュして


フロントガラスのコーナーモールが完成


rtくぇりぇちぇy (16)


車に取り付けし、カタチも建付けも

ぴったりでナニヨリです


困っていた欠品パーツは解決できましたが


rtくぇりぇちぇy (15)


ワンオフ製作で、手間も時間も掛かって

既製品を買う、何十倍の請求が来るので


それをどう捻出するか、未解決です。。。。。


[ 2023/12/17 10:03 ] 64 MERCEDES 220SEb CABRIOLET | トラックバック(-) | コメント(-)