FC2ブログ

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 48 CHEVY FLEETMASTER CONV > 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE



 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


75年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


fhjfjfjryjryjeryyusdg65598gdh (5)


車高が下がるように、リアフレームを

逃がす”Cノッチ”をしていきますが


Cノッチと合わせて、乗り心地が向上するよう


fhjfjfjryjryjeryyusdg65598gdh (6)


リアの板バネを、4リンク化していきまして


通常、リアは5.5Jのスタンダートリムしか

履けないクルマですが


fhjfjfjryjryjeryyusdg65598gdh (2)


リアにも7Jリバースホイールを履いて

フェンダースカートも付けられるよう


幅の狭いデフを使用することになり 


fhjfjfjryjryjeryyusdg65598gdh (3)


それに合わせて、フレームもナロード化


ロワーアームとアッパーアームの

設定を終えて、デフが傾いたときに


pdfapkfekgdlkgdgsg98f9dafa (3)


ブレーキが一番メインフレームに近づき

その時でも当たらない形状で設計して


メインフレームの加工を進めていき


pdfapkfekgdlkgdgsg98f9dafa (6)


pdfapkfekgdlkgdgsg98f9dafa (9)


トライアングル4リンクの設定も終え

動きに問題がないことを確認したら


フレームやブラケットの本溶接を終えまして


pdfapkfekgdlkgdgsg98f9dafa (8)


pdfapkfekgdlkgdgsg98f9dafa (7)


フレームをCノッチとナロードしたので


ボディを搭載するときには、高くなった

フレームとボディが当たるようになるので


pdfapkfekgdlkgdgsg98f9dafa (5)


pdfapkfekgdlkgdgsg98f9dafa (4)


ボディ側もひな壇とインナーフェンダーを


フレームやタイヤが当たらないように

逃がす加工が必要になりまして


99qeqe88fefe44f4fepor (14)


ひな壇とインナーフェンダーは、


ボディの剛性の要なので、現状の

ボディのパネルと補強などの構造を


99qeqe88fefe44f4fepor (15)


よく確認して、どこがどのような役目を

果たして、どう支え合っているのか


よく検証したうえで、それを踏まえて


99qeqe88fefe44f4fepor (16)


99qeqe88fefe44f4fepor (17)


ボディをどこで切り離して、作り直すときは

どう接続していくのが最適か決めたら


インナーフェンダーとひな壇の接続部分は


99qeqe88fefe44f4fepor (2)


スポット溶接されている構造だったので


スポット溶接を剥がして分離することで

オリジナルのパネルを最大限残しまして


99qeqe88fefe44f4fepor (1)


フロアやトランクとひな壇の接続部分は

プレス成型された大きなパネルなので


こちらが切り離したいところで都合よく


99qeqe88fefe44f4fepor (18)


スポット溶接されている構造ではないので


逃げるように作り直すときに、よりよい

構造で作れる部分で鉄板を切断していき


99qeqe88fefe44f4fepor (4)


フレームとボディが当たる部分が無くなったら


フレームにボディマウントをセットして

ボディと合体させていきまして


99qeqe88fefe44f4fepor (19)


Cノッチしたフレームには、一旦仮で

コイルを取り付け出来るように加工し


タイヤ接地できる準備も整いました


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!


[ 2024/01/31 14:08 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)