FC2ブログ

1964 メルセデス カブリオレ 220SEB EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 64 MERCEDES 220SEb CABRIOLET > 1964 メルセデス カブリオレ 220SEB

1964 メルセデス カブリオレ 220SEB



 1964 MERCEDES W111 カブリオ


オールドメルセデスのカブリオレに

エアサスのセットアップを進めてまして


eereehhjIMG_0827kfj (30)


エアタンクの設置の準備を終えたら


エアサスの乗り心地を良くする

対策作業に進みまして


eereehhjIMG_0827kfj (28)


小さいエアバックやスリーブタイプはバックの

容積にともなって空気量が少なく


車高を上げるには高い空気圧が必要になり


eereehhjIMG_0827kfj (29)


大きなタイプのエアバックを使用すれば


車重のあるクルマをライドハイトまで

車高を上げた時にだいたい65PSI程度で


eereehhjIMG_0827kfj (32)


小さいタイプのエアバックを組むと、

同じライドハイトにすると、約110PSIと


圧が高くなると、エアバックはパンパンで


eereehhjIMG_0827kfj (38)


固くなって走行中は跳ねるし、路面のデコボコを

吸収しきらなくなって、乗り心地が悪く


柔らかいショックを組んでも、沈み込む前に


eereehhjIMG_0827kfj (31)


跳ねてしまうので、跳ねるのは解消されず


エアサスを組んだ足でも、できるだけ

ふわっとした乗り味が理想なので


eereehhjIMG_0827kfj (34)


先日、S原さんのサバーバンで組んだ


エアバックの回路の空気量を増やす

システムの効果が高かったので


eereehhjIMG_0827kfj (33)


このクルマでも、同様のセットアップを

進めていきたいと思います


エアバック内の空気量を増やすための


eereehhjIMG_0827kfj (37)


サブタンクを組みたいのですが


タンク4個をトランクに設置すると

スペースをとり、邪魔になるので


eereehhjIMG_0827kfj (35)


eereehhjIMG_0827kfj (36)


左脇の空いたスペースを有効活用して

縦向きに4個並べて、設置できるように


なおかつ、切り替えコックを操作できて


lkllkllklklklklklljjjl87 (3)


lkllkllklklklklklljjjl87 (4)


メンテや、漏れのチェックが出来るよう

配管も見えて触れるように配置した


サブタンクのブラケットを製作しまして


lkllkllklklklklklljjjl87 (7)


lkllkllklklklklklljjjl87 (8)


ブラケットが錆びないように塗装したら

サブタンクを組み付けしていき


トランク内に取り付けすると、こんな感じで


りゅwれりゅw4654 (9)


デッドスペースをうまく活用して

大きなタンクが4個、設置されまして


エアコンプレッサーと、ACCUAIRの

エアタンクもひな壇下に収まり


りゅwれりゅw4654 (6)


トランクの右脇のスペアタイヤを

収めるスペースはそのままに


トランクの荷物を積むスペースに


りゅwれりゅw4654 (7)


影響が出ないように設置されまして

次はエアバックの設置に進みます


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!


[ 2023/10/24 10:03 ] 64 MERCEDES 220SEb CABRIOLET | トラックバック(-) | コメント(-)