FC2ブログ

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 48 CHEVY FLEETMASTER CONV > 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE



 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


75年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


kkdkkfjgjjkrll;e7w (30)


車高が下がるように、リアフレームを

逃がす”Cノッチ”をしていきますが


Cノッチと合わせて、乗り心地が向上するよう


kkdkkfjgjjkrll;e7w (33)


リアの板バネを、4リンク化していきまして


通常、リアは5.5Jのスタンダートリムしか

履けないクルマですが


kkdkkfjgjjkrll;e7w (34)


リアにも7Jリバースホイールを履いて

フェンダースカートも付けられるよう


幅の狭いデフを使用することになり 


kkdkkfjgjjkrll;e7w (36)


kkdkkfjgjjkrll;e7w (35)


それに合わせて、フレームもナロード化


ロワーアームとアッパーアームの

設定を終えて、デフが傾いたときに


kkdkkfjgjjkrll;e7w (40)


ブレーキが一番メインフレームに近づき

その時でも当たらない形状で設計して


メインフレームの加工を進めてまして


kkdkkfjgjjkrll;e7w (38)


フレームは底板と立ち上がり部分、

側面まで完成した段階で


強度を上げるため、中に補強を入れて


kkdkkfjgjjkrll;e7w (37)


kkdkkfjgjjkrll;e7w (39)


側面、底面に溶接して接合したら


上面の型紙をとって鉄板を切り出し

アーチの形状に合わせて曲げたら


kkdkkfjgjjkrll;e7w (41)


蓋をするように被せて、点付けしていき


作業の邪魔になるので、外していた

アッパーアームのブラケットも溶接し


kkdkkfjgjjkrll;e7w (42)


一旦、4リンクのロッドも組み付けして


車高をめいいっぱい下げた位置から

めいいっぱい上げた位置まで作動させ


kkdkkfjgjjkrll;e7w (43)


問題ないことを確認しておきまして


スラムド時には、ロワーアームが

上がってきて、フレームに当たる部分も


kkdkkfjgjjkrll;e7w (44)


kkdkkfjgjjkrll;e7w (48)


メインフレームを、アームが当たらないように

ノッチする加工を施したので解決


フレームに当たるので、ココには付かないと


kkdkkfjgjjkrll;e7w (45)


ロワーアームの取付位置を変えてしまうと


ジオメトリが変わってしまい、正しく機能する

サスペンションでなくなってしまうので


kkdkkfjgjjkrll;e7w (46)


タイヘンな加工が必要になるけど

避けられなかった部分ですが


うまくいって良かったです


kkdkkfjgjjkrll;e7w (47)


Cノッチ部分のメインフレームの仮付けが

終わったので、次は本溶接に進みます


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!





[ 2023/10/19 09:21 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)