FC2ブログ

1954 CHEVROLET SUBURBAN EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 54 CHEVY SUBURBAN > 1954 CHEVROLET SUBURBAN

1954 CHEVROLET SUBURBAN



 S原さんの 1954 SUBURBAN


これまでの、オリジナルフレームを

カマロクリップ化して、Cノッチ加工


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (46)


エアサスを組んであるシャシーから、


ロードスターショップで作ってもらった

スラムドシャシーに変更となりまして


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (40)


サバーバンに合うサイドガラスバイザーを

アメリカで探して輸入しまして


ドアに取り付ける部分のゴムが劣化して


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (43)


カタチが馴染まないので、新しいゴムに

交換して取り付けしますが


同じゴムはもう入手できないので、


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (41)


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (42)


近いカタチの新品のゴムを用意して

しっかり固定できるように


取り付けベースを製作したら


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (44)


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (45)


新品のゴムと、摘出していた


バイザーをドアに取り付ける

クリップを組んで確認しまして


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (47)


問題ないことを確認したら


再び分解して、クリップ類は

ステンレス製でくすんでいたので 


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (48)


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (49)


取り付けた後もよく見える部分なので

ポリッシュして綺麗にしていき


表に付くモールもステンレス製で


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (50)


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (51)


デッドストックの新品なので

傷や凹みもなく綺麗ですが


ポリッシュして、より綺麗に仕上げまして


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (52)


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (54)


仮組みを終えて、製作した土台も

問題がないことを確認したので


錆びないように塗装しておきまして


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (55)


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (56)


加工を終えたシールド本体も

ボディと同色に塗装しますが


新品製造時に塗装されている


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (57)


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (58)


塗料の上に、日本の塗料を塗ると


塗料どうしの相性が悪くて

反応して塗膜が縮れたり


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (59)


後々に浮いてきてしまったりするので


塗ってみたら、そのような事態が起きて

剥離からやり直しになると面倒なので


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (61)


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (60)


最初からアメリカの塗料を剥離して


錆び止めから、下地を含めて

日本の塗料で塗装していきます


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (62)


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (63)


塗装を剥離する作業は、サンドブラストで

裏表、剥離していきますが


シールド本体に刻印されている


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (64)


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (66)


FULTONの刻印は彫が浅いので


サンドブラストを当ててしまうと

刻印が消えれてしまう恐れがあり


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (65)


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (67)


せっかく希少なFULTON製ですが


刻印が消えてしまうと、オリジナル品と

解らなくなってしまい、勿体無いので


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (68)


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (69)


刻印部分にアルミテープを貼って

保護した状態でブラスト処理をして


刻印部分はそのまま残したら


71392055370__04C0BAFC-6309-43AC-8305-AE314EC223449 (1)


塗装屋さんに託して、沖縄でも錆びないよう

強い錆び止めのエスコから進めてもらいます


VIVA! S原さん! VIVA! S庭道場!


[ 2023/09/05 17:37 ] 54 CHEVY SUBURBAN | トラックバック(-) | コメント(-)