FC2ブログ

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 48 CHEVY FLEETMASTER CONV > 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE



 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


75年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


dfくyぇfpくぇf (4)


dfくぇfyくぇf (5)


アメリカでフルレストア済との事でしたが


直していない所や、直し方が悪い所が多く

そのままでは良いクルマにならないので


dfくyぇfpくぇf (2)


dfくyぇfpくぇf (3)


勿体無いけど、全部剥離して、


状況の確認と、悪い部分は

正しく直す作業を進めており


dfくyぇfpくぇf (6)


dfくyぇfpくぇf (7)


リアのフェンダーの前の下に付く

”スカッフパッド”の傷やへこみと


フェンダーと建て付けが悪いのを


dfくyぇfpくぇf (9)


直しながら、固定方法の仕組みが

良くないのも変える作業を進めており


スカッフパッドがメッキしてある状態だと


dfくyぇfpくぇf (10)


メッキの膜で、鈑金がやりづらいので


裏の折り返し部分を摘出して

パネルと耳だけの状態にしたら


dfくyぇfpくぇf (8)


メッキ屋さんに持ち込んで、酸で

古いメッキを剥がしてもらって


素地の状態にしたら傷や凹みを確認し


dfくyぇfpくぇf (13)


青ニスを塗って高低を確認しながら

鈑金作業を進めていきまして


傷や凹みを直して綺麗にしていきながら


dfくyぇfpくぇf (11)


フェンダーとの建付けも合うよう

鈑金して、傷や建付けが整ったら


スカッフパッドは製造する際、オスメスの 


dfくyぇfpくぇf (12)


金型に鉄板を挟んで、プレスする

成型方法で製造されてますが


耳部分を作る際に角が切れていないと


dfくぇfyくぇf (6)


折り返す際に、伸びた鉄板の逃げ場や

引っ張られる力が抜ける場所がなくなり


成型中に鉄板がちぎれてしまうので


dfくぇfyくぇf (7)


耳の四隅に切り掛けがあって 


表からも耳が無い部分が見えてしまい

建て付けや見栄えが悪くなるので


dfくぇfyくぇf (8)


表から見える、上側の切り掛け部分が

無くなるように耳を作って足していき


耳に溶接されていたタブやボルトを


dfくyぇfpくぇf (14)


摘出する際に無くなったり、耳にタブを

溶接する際に溶けて欠けた部分も再生


これまではスカッフパッドの耳部分に


dfくyぇfpくぇf (15)


タブやスタッドボルトが溶接されてる

構造だったのを、耳の折り返し部分に


引っ掛けるように取り付けできる


dfくyぇfpくぇf (17)


取り付けベースを使う構造に変更し


耳の下側の切り掛け部分から

スライドして入れていく構造に


dfくyぇfpくぇf (16)


平らな鉄板、フラットバーを立体的な

スカッフパッドの形状に鈑金していき


スタッドボルトを取り付けしていきます


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!



[ 2023/08/28 09:24 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)