FC2ブログ

1954 CHEVROLET SUBURBAN EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 54 CHEVY SUBURBAN > 1954 CHEVROLET SUBURBAN

1954 CHEVROLET SUBURBAN



 S原さんの 1954 SUBURBAN


これまでの、オリジナルフレームを

カマロクリップ化して、Cノッチ加工


202306171502262bb1 (25)


エアサスを組んであるシャシーから、


ロードスターショップで作ってもらった

スラムドシャシーに変更となりまして


202306171502262bb1 (26)


フロントボディの組み立てを進めたら


グリル下とインナーフェンダーを繋ぐ

パネルとブラケットが欠品しており


202306171502262bb1 (36)


フロントフェンダーの前側と

グリルの下がぐらぐらなので


現車合わせでパネルを製作したら


202306171502262bb1 (40)


車体にグリル、パネルを組み付けして

各部の確認を行いまして


純正のパネルは、ラジエーターの下まで


202306171502262bb1 (42)


フルにカバーするアンダーカバーのような

奥行のあるパネルですが、


同じように作ると、整備性が悪くなるので


202306171502262bb1 (10)


強度浅めの形状で製作となりまして


続いて、パネルとインナーフェンダーを

渡して固定するブラケットの製作へ


202306171502262bb1 (27)


コアサポートの下側に、片側につき

3箇所のボルト穴が開いているので


純正の固定穴を利用しながら


202306171502262bb1 (28)


製作したパネルと接続できる

ブラケットの形状を設計


鉄板を切り出したら、ボルト穴と


202306171502262bb1 (30)


パネルと接続する部分は、

グリルの裏側になって、


手や工具が入らないので


202306171502262bb1 (29)


作業しやすい下からボルトを

入れて締めれば止まるよう


ブラケット側にナットを溶接


202306171502262bb1 (31)


折り曲げるだけだとグリルの重さに

負けてしまうので、曲げの部分に


リブを入れて、折り曲げ部分を補強して


202306171502262bb1 (33)


淵の部分を折り返して、耳を作って

強度を出した構造にしまして


ブラケットをインナーフェンダーに固定し


202306171502262bb1 (32)


グリルの下にパネルを取り付けし

ブラケットともボルト止めしたら


グリルの下側がしっかり固定され


202306171502262bb1 (37)


インナーフェンダー、フェンダーも


グリルを介して左右が渡されて

ガッチリ固定されるようになりました


202306171502262bb1 (35)


202306171502262bb1 (38)


グリルとフェンダーがしっかり

固定できるようになったので


製作したパネルを塗装したら 


202306171502262bb1 (39)


次はボンネットヒンジにガタがあり

チリが合わなかった部分に進みます


VIVA! S原さん! VIVA! S庭道場!


[ 2023/06/29 09:02 ] 54 CHEVY SUBURBAN | トラックバック(-) | コメント(-)