FC2ブログ

1954 CHEVROLET SUBURBAN EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 54 CHEVY SUBURBAN > 1954 CHEVROLET SUBURBAN

1954 CHEVROLET SUBURBAN

 

 S原さんの 1954 SUBURBAN


これまでの、オリジナルフレームを

カマロクリップ化して、Cノッチ加工


ちゃえいぇちゃえt (1)


エアサスを組んであるシャシーから、


ロードスターショップで作ってもらった

スラムドシャシーに変更となりまして


rtくぇいぇ66hげh56え4えt (2)


以前はカマロクリップだったので


インナーフェンダーは、カマロの

フレームに合わせて切ってありますが


rtくぇいぇ66hげh56ええt (2)


切り過ぎてしまっている部分は


ロードスターショップのフレームに

合うように埋め戻していきます


rtくぇいぇ66hげh56ええt (3)


カマロクリップ用に切ってある部分は

位置や大きさが左右で違っているので


再生する部分をそれぞれで型紙をとって


rtくぇいぇ66hげh56ええt (4)


プレスの形状に合わせた形状に


新しい鉄板も同じ形状に

3本ロールで成型したら


rtくぇいぇ66hげh56ええt (5)


インナーフェンダーの切断面に

合わせて新しい鉄板を切ったら


球体形状のインナーフェンダーに


rtくぇいぇ66hげh56ええt (6)


rtくぇいぇ66hげh56ええt (7)


馴染むように球体に成型していき


切断面、形状をぴったり馴染むよう

鈑金したら、点付けで仮付けしまして


rtくぇいぇ66hげh56ええt (8)


インナーフェンダーの裾部分の

つば部分も大きく切られて


強度が落ちてしまっているので


rtくぇいぇ66hげh56ええt (9)


残っているインナーフェンダーと

継ぎ足した再生部分で


つば部分の型紙をとっていき


rtくぇいぇ66hげh56ええt (10)


新しい鉄板を鈑金して、左右分の

つば部分を作っていきまして


作ったつば部分も点付けで付けていき


rtくぇいぇ66hげh56ええt (12)


rtくぇいぇ66hげh56ええt (11)


その後、全周溶接して接合したら

溶接跡を仕上げていき


大きく切り過ぎている分が再生されまして


rtくぇいぇ66hげh56ええt (14)


rtくぇいぇ66hげh56ええt (13)


切り欠きの位置や大きさも

左右同じに成形し直され


最後に切断面が切りっ放しなので


rtくぇいぇ66hげh56ええt (15)


rtくぇいぇ66hげh56ええt (16)


耳を再生していく作業に進みまして


折り曲げて耳を作ると、今でもやや

切り欠きが大き目なので


rtくぇいぇ66hげh56ええt (18)


rtくぇいぇ66hげh56ええt (22)


折り曲げて耳を作ると、フレームとの

隙間が広がってしまうので


折り曲げるのではなく、新しい鉄板を


rtくぇいぇ66hげh56ええt (23)


rtくぇいぇ66hげh56ええt (24)


切断面に一周沿うように成形したのち

溶接で接合していき、耳の再生も完了


VIVA! S原さん! VIVA! S庭道場!



[ 2023/05/21 16:54 ] 54 CHEVY SUBURBAN | トラックバック(-) | コメント(-)