FC2ブログ

1954 CHEVROLET SUBURBAN EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 54 CHEVY SUBURBAN > 1954 CHEVROLET SUBURBAN

1954 CHEVROLET SUBURBAN


 S原さんの 1954 SUBURBAN


これまでの、オリジナルフレームを

カマロクリップ化して、Cノッチ加工


hshrtht (1)


エアサスを組んであるシャシーから、


ロードスターショップで作ってもらった

スラムドシャシーに変更となりまして


hshrtht (2)


新しいシャシーの形状に合わせて、

マフラーの製作がスタート


タイコはチェリーボムのエクストラロング


hshrtht (4)


触媒はマグナフローを使用しつつ


エキマニの下に振動を吸収する

フレックスジョイントを組み込み


hshrtht (3)


マフラーチップはストレートの

クロームのタイプを使用となり


マフラーを取り回すルート、高さ、


ついていおrついよい (18)


出口の位置が、どこに来ると

カッコいいかを確認するために


リアバンパーも組み付けしまして


ついていおrついよい (10)


ロードスターショップのフレーム形状と

フレームマウントのブレーキペダル、


ステアリングシャフトを通すルートの都合上


ついていおrついよい (14)


パイプヘダースや、ハンガータイプのエキマニは

クリアランスがなくて使うことが出来ず


あまりにスペースが限られるので 


ついていおrついよい (13)


条件に合うようにヘダースを

作るしかないかとなりましたが


80年代のGM車の純正エキマニが


ついていおrついよい (8)


形状的に使えるかもと用意して

検証を進めたら問題をクリアしたので


このエキマニを使用して、製作を開始


ついていおrついよい (9)


エキマニの出口は、フランジになってて


ドーナツのようなガスケットを入れて

カップリングで締め付けていきますが


ついていおrついよい (20)


運転席側のエキマニだけ、エキマニの

出口がドーナツガスケットを


付けてある状態のような形状になっており


ついていおrついよい (22)


そこにテーパー状のマフラーパイプを

直接当てて締めつける


メタルタッチのような構造になっており


ついていおrついよい (23)


用意していたドーナツガスケットを

挟んで組み付けるカップリングは


合わなくて使えないので、エキマニに合うよう


ついていおrついよい (24)


マフラーパイプの端を治具を使って

プレスして、テーパー状に加工


メタルタッチだと少しでもあたりが悪いと


ついていおrついよい (25)


排気漏れしてしまうので、マフラーパイプを

テーパー状にした部分に青ニスを塗って


エキマニと当たりをチェックすると


ついていおrついよい (26)


僅かにあたりが悪い部分があったので


最後はテーパー加工した部分の

あたりが強くなるように手作業で鈑金


ついていおrついよい (1)


助手席側は、カップリングのキットを

そのまま使える構造だったので


エキマニからパイプになる部分が出来たら


ついていおrついよい (2)


フレームに合わせてマフラーを

デュアルで作っていきます


途中にフレックスジョイント、触媒と


ついていおrついよい (3)


タイコを組み込んでいきますが


触媒は車検の際には使用しますが

普段はエンジン調整によっては


ついていおrついよい (4)


熱を持って、触媒が発火してしまったり


場合によっては、車に燃え移って

火事になってしまうことがあるので


ついていおrついよい (5)


普段は触媒は外しておく方がいいので


ボルトオンで簡単に組み換えできるように

同じ長さ、位置にフランジを付ける


ついていおrついよい (7)


治具を作って、触媒とダミーパイプを

製作していきまして


触媒は車検をとったら、クルマに積んで納車します


ついていおrついよい (11)


タイコは消耗品で、乗っているうちに

中の消音材がなくなってきて


音が大きくなってきたら交換しますが


ついていおrついよい (6)


そうなった時には、タイコだけを簡単に交換

できるように、両端にフランジを取り付けし


両端のフランジ間の長さも記録しておき


wretrry7878ooiiuoio (11)


タイコを交換したいとなったときには


わざわざクルマを預かったり、タイコを

外して送ってもらったりしなくても


ついていおrついよい (12)


こちらで新しいタイコに記録通りに

フランジを付けて送れば


簡単に交換できるようにしておきまして


wretrry7878ooiiuoio (1)


触媒とタイコの準備ができたら


フレームの形状や、燃料タンクの位置、

オートマやデフ、センサー類などに 


wretrry7878ooiiuoio (2)


マフラーの熱害を出さない位置で


触媒やタイコを設置できるスペースと

それらをつないでいくルートを決めたら


wretrry7878ooiiuoio (3)


スラムドシャシーなので、着地しても

マフラーが地面に当たらない高さで


取り回していく必要があるので


wretrry7878ooiiuoio (21)


フレームスワップ前に事前に計測した


シャシーとボディの寸法や、地面との

位置関係を記録したデータに基づいて


wretrry7878ooiiuoio (22)


マフラーを取り回す高さの治具を作り

フレームに固定しておくことで


治具に触媒やタイコ、パイプを置けば


wretrry7878ooiiuoio (23)


デュアルで取り回すパイプが左右で

高さがズレてしまうこともなくなります


引き続き、マフラー製作を進めていきます


FUNK STA  4 LIFE !!!!!


[ 2023/04/29 07:51 ] 54 CHEVY SUBURBAN | トラックバック(-) | コメント(-)