FC2ブログ

1954 CHEVROLET SUBURBAN EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 54 CHEVY SUBURBAN > 1954 CHEVROLET SUBURBAN

1954 CHEVROLET SUBURBAN


 S原さんの 1954 SUBURBAN


これまでの、オリジナルフレームを

カマロクリップ化して、Cノッチ加工


kじゅぐおぎおl; (2)


エアサスを組んであるシャシーから、


ロードスターショップで作ってもらった

スラムドシャシーに変更となりまして


kじゅぐおぎおl; (3)


ベントフラップの修理と、ワイパーモーターと

デフロスターの取り付け、


エバポの取り付けの修正を終えたら


ぽうfddgjkjl6んjvh (37)


エアコンの操作スイッチパネルの

取り付けがパカパカなので


調べたら、パネルをダッシュに固定する


ぽうfddgjkjl6んjvh (38)


ボルトをダッシュに効かせる部分が

1箇所しか付けられなかったようで


長いパネルを真ん中の1点で止めてるので


ぽうfddgjkjl6んjvh (40)


パカパカしていたことがわかり


ダッシュ側には、エアベントのノブの

穴が使わずに残っていたので


ぽうfddgjkjl6んjvh (43)


それを流用して、穴を追加せずに


パネルの両サイドも固定できるよう

モールクリップを加工しまして


てひぇtりゅrちうる (6)


てひぇtりゅrちうる (1)


スイッチの固定方法の手直しも終えたら


ダッシュのグローブボックスの開口部が

べろべろにめくれたり、歪んでいるので


てひぇtりゅrちうる (2)


てひぇtりゅrちうる (4)


グローブボックスの箱を付けても

座りが悪くてぐらぐらするので


めくれや歪みを鈑金して直しまして


てひぇtりゅrちうる (5)


続いて、ダッシュの裏にゲージを

固定するスタッドボルトが


ゲージ1つに対して3本ありますが


うちり457 (1)


うち、1本づつ、計2本が折れており


そのままではゲージの固定が甘くなるので

新しいボルトを溶接していきまして


うちり457 (4)



折れていない残りのボルトも、


ピッチが違うナットを付けてあって

ねじ山がおかしくなっているので


うちり457 (2)


ダイスでねじ山を修正して、のちに

ダコタデジタルゲージを組む時に


困らないようにしておきまして


うちり457 (3)


次はファイヤーウォールの断熱と

カーペットの施工に進みます


VIVA! S原さん! VIVA! S庭道場!


[ 2023/04/22 18:00 ] 54 CHEVY SUBURBAN | トラックバック(-) | コメント(-)