FC2ブログ

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 48 CHEVY FLEETMASTER CONV > 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE



 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


74年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


yrsyusrturyur77 (33)


ドアのボトム部分にあった腐食を

処置する為、裏側の鉄板を切開し


張り合せの面に出ていた錆を落とし


yrsyusrturyur77 (34)


スキンパネルの裏側の状況を確認


錆が進行して、表まで穴が貫通したり

鉄板の板厚が薄くなっている部分は


yrsyusrturyur77 (37)


表のスキンパネルも切開して

新しい鉄板で作り直しとなり


以前、アメリカでレストアした際


yrsyusrturyur77 (42)


貫通した穴の周辺で切開せず


穴を溶接で肉盛りして埋めた所は

裏の鉄板を切開しようとしても


yrsyusrturyur77 (36)


スキンパネルと裏のパネルが

溶接されてしまっているので


溶接跡を除去してから切開し


yrsyusrturyur77 (38)


切開した部分を張り替えるパネルを


新しい鉄板を切り出して、ドアと

同じ形状に鈑金していき


yrsyusrturyur77 (41)


切開した部分に溶接して張り替え。


溶接した部分は、溶接の熱歪みで

歪んでしまうので、ハンマリングで 


ggjguyurut635j (4)


ggjguyurut635j (5)


鈑金して、歪みをとっていきまして


スキンパネルを新しく張り替えた

部分や、錆びは出ていたけど


yrsyusrturyur77 (44)


鉄板の厚みはしっかり残っていて

数十年は心配が要らない部分は 


錆を綺麗に落としたのちに、


ggjguyurut635j (6)


ggjguyurut635j (1)


再生して鉄板を張ってしまったら、

錆止めが塗れなくなってしまうので


この段階で錆び止めを塗っていき


ggjguyurut635j (7)


ggjguyurut635j (2)


裏側のパネルを切開した部分も


新しい鉄板を切り出して、同じ

形状に鈑金したら溶接していき


ggjguyurut635j (3)


しっかり全周を溶接したのち

溶接跡を綺麗に仕上げたら


ドアのボトム部分の修復が完了


ggjguyurut635j (10)


同じように、もう片側のドアのボトムも


腐食部分を摘出して、新しい鉄板で

貼り替えたら、次はスキンパネルに進みます


[ 2023/04/14 18:04 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)