FC2ブログ

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 48 CHEVY FLEETMASTER CONV > 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE



 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


74年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


6s5fg6sg66sg (1)


トランクフードの再生を終えたら


事前に再生してあった、トランクを

閉めた時にトランクの下側と合わさる


rちぇうwrつ (1)


ボディ側のツラが微妙に合わないので

トランクに合うように再び加工となり


極薄の切断刃で切り込みを入れて


rちぇうwrつ (2)


刃の厚み分を寄せて、チリを調整し

建て付けを合わせたら、


切り込みを溶接して埋め戻しまして


rちぇうwrつ (3)


たった0.8mmの建付け調整ですが


出ているなりにパテで仕上げるのと、

ちゃんと合わせるのでは大違い


rちぇうwrつ (4)


掛かる手間もお金も大違いですが、、、、

ベストな対処をするのが理想です


トランクリッドとボディの建付けを合せていくと


rちぇうwrつ (5)


ボディのコーナー部分のアール具合が

左右で微妙に違うのが気になり


言われて僕が見ても、全然解りませんが、、、、


rちぇうwrつ (6)


トランクリッドの角と、ボディの角の

クリアランスが左右違うそうで、、、


ボディ側の問題なので、コーナー部分を





左右、同じ形状になるよう加工していき


リアボディとトランクのフィッティングを

終えたら、最後にトランクリッドの


rちぇうwrつ (10)


スキンパネルのゆらぎ取りに進みまして


事前に傷やエクボは直していますが

面のゆらぎが少し残っているので


rちぇうwrつ (9)


一人だと、トランクの表側から叩いて

裏側に当て金を当てたくても


手が届かないので、表から叩く人と


rちぇうwrつ (8)


トランクの中に入って、叩きたいところの

裏側に当て金をあてる人の


2人で作業を進めていきまして


rちぇうwrつ (7)


スキンパネルのゆらぎ取りも完了

次はドアの修復作業に進みます



[ 2023/03/31 12:00 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)