FC2ブログ

1954  SUBURBAN EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 54 CHEVY SUBURBAN > 1954  SUBURBAN

1954  SUBURBAN



 S原さんの 1954 SUBURBAN


これまでの、オリジナルフレームを

カマロクリップ化して、Cノッチ加工


etywteyuuetyr (42)9987


エアサスを組んであるシャシーから、


ロードスターショップで作ってもらった

スラムドシャシーに変更となりまして


20221208145658830ああ (3)


ロードスターショップのフレームに合わせた

ボディマウント、新しいフロアの製作を終え


燃料タンクの設置に進みまして


20221208145658830ああ (2)


ロードスターショップのフレームに

付属してきた燃料タンクは


デフの後ろのスペースに組み込む構造ですが


20221208145658830ああ (1)


サバーバンは右側面に給油口があり


純正の燃料タンクも、その裏側にあり

ロードスターのフレームとは合わず


えちぇtywちゅw4う (10)


ロードスターショップの燃料タンク位置は


トラックなら、荷台のリアゲートを

開けたところに給油口が来るので


えちぇtywちゅw4う (11)


その位置でも問題ないのですが


サバーバンは後ろがベッドではなく、

キャビンになってるので


えちぇtywちゅw4う (1)


そのまま使うと、サードシートの後ろの

室内に給油口が来てしまい


補給しづらいし、荷物も積めなくなります


えちぇtywちゅw4う (2)


また、サバーバンのガソリンキャップは


密閉ではなく燃料ポンプで吸い続けていると

タンク内が真空にならないようにと


えちぇtywちゅw4う (3)


えちぇtywちゅw4う (4)


内部で発生する揮発性ガスが膨張して

タンクが膨んでしまわないように


キャップには小さな穴が開いてて、


えちぇtywちゅw4う (5)


えちぇtywちゅw4う (6)


吸排気する構造になっているので


給油口が室内にあると、常時室内で

ガソリンタンクの吸排気をしているので


えちぇtywちゅw4う (7)


えちぇtywちゅw4う (8)


ガソリン臭が室内に充満してしまい


気温が高い沖縄では、燃料タンク内の

揮発性ガスも多く発生すると思われ


えちぇtywちゅw4う (9)


お子さん達を乗せて遊びに出掛けたら


室内がガソリン臭くて、特に子供は

気持ち悪くなること必至、、、、


えちぇtywちゅw4う (35)


となると、キャップから吸排気しても


車外にある純正の給油口なら

臭気が室内に入らないので


えちぇtywちゅw4う (36)


純正位置の給油口と、フレームの後ろに

設置するロードスターショップの燃料タンクを


それぞれ接続して使えれば良いのですが


えちぇtywちゅw4う (12)


デフやマフラー、リアサスペンションを

すり抜けて後ろまでつなぐスペースがなく


純正給油口の位置が低いこともあって


えちぇtywちゅw4う (13)


高低差が作れず、給油中に吹き返したり

溢れてきてしまうので、難儀でして


仕方なく、ロードスターショップの燃料タンクを


えちぇtywちゅw4う (14)


使うことは諦めて、純正給油口を使って

その内側に燃料タンクを設置することに


元々付いていた燃料タンクの新品を


えちぇtywちゅw4う (15)


アメリカから取り寄せて検証するも    


ロードスターショップのフレームの幅が

これまでのフレームよりも狭いので 


えちぇtywちゅw4う (16)


純正の燃料タンクを組むと、燃料タンクが

ペラシャフト側にせりだしてしまい


ペラとタンクが当たってしまい使えなかったので


えちぇtywちゅw4う (17)


ペラとフレームのスペースに収まるタンクで


給油口を接続するパイプの位置が

サバーバンと合わせられるタンクを探して


えちぇtywちゅw4う (18)


それをロードスターショップのフレームと

サバーバンの純正給油口を接続できるよう


タンクマウントを作っていきます


えちぇtywちゅw4う (20)


タンクの長さ、高さ、幅が、ペラに当たらず


スラムドしても、燃料タンクと地面に安全な

クリアランスが確保できる位置を導き出したら


えちぇtywちゅw4う (19)


設置するブラケットを作っていきますが、


燃料タンクには、燃料計のセンサーと

燃料ホースを接続する部分が上面にあり


えちぇtywちゅw4う (22)


タンクを取り付けた後に、室内から

そこにアクセスできないと


メンテナンスできなくなってしまうので


えちぇtywちゅw4う (21)


タンクを設置したときに、センサーがくる

部分の上のフロアを切開して


メンテナンス用の開口部を作っていきます


えちぇtywちゅw4う (23)


ちょうど、その部分のフロアは

2重構造の袋状になっており、


切ったら、袋状だったのが板になってしまい 


えちぇtywちゅw4う (24)


切りっ放しだと、強度が落ちて

ポヨンポヨンしてしまう状態に、、、、、


強度を再生するのと、車外から水や


えちぇtywちゅw4う (32)


臭いが入ってこないように密閉し


袋状の側面に鉄板を貼って、縦方向の

補強も入れた箱状にしまして


えちぇtywちゅw4う (33)


室内から切開した部分の上の

カバーを作って蓋をすれば


密閉できるメンテナンス口が完成


えちぇtywちゅw4う (34)


次は燃料タンクを固定する、

タンクブラケットの製作に進みます


VIVA! S原さん! VIVA! S庭道場!


[ 2023/03/23 08:57 ] 54 CHEVY SUBURBAN | トラックバック(-) | コメント(-)