FC2ブログ

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE  EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 48 CHEVY FLEETMASTER CONV > 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE



 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


74年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


tyutir.jpg


クォーターパネルとインナーフェンダー、

ボディが接合される部分の


運転席側の修復を終えたら助手席側へ


IMoGfgger4568_1071 (2)


royurtuyturioto p(2)


助手席側にも、運転席側と同様に、


複合部分が腐食して、錆が貫通するも

修復がタイヘンなので、蓋をしてあり


IMoGfgger4568_1071 (3)


蓋をしている鉄板を剥がしてみると

こちらも絶賛、腐食中。。。。。


リアボディのブレス部分の側面が


IMoGfgger4568_1071 (4)


錆びて貫通し、板厚も薄くなっているので


腐食したいる部分は切開して摘出して

新しい鉄板を切り出して、張り替え


IMoGfgger4568_1071 (5)


リアボディのブレスの側面を直したら


そこと接合してあったインナーフェンダーの

後端部分も錆びて傷んでいたので


IMoGfgger4568_1071 (6)


新しい鉄板に張り替えて、再生しまして


続いて、リアボディの後端にある

腐食部分の修復に進みまして


IMoGfgger4568_1071 (7)


塗装とパテを剥がしたら、腐食してるけど

そのままにしてあった部分が出てきて


錆びて貫通している部分があったので


IMGfgger4568_1071 (21)


周辺を切開して摘出したら

新しい鉄板で張り替えまして


左右を渡している部分にも


IMGfgger4568_1071 (23)


IMGfgger4568_1071 (24)


錆びて穴が開いてしまっている

部分が沢山でてきたので


こちらも修復を進めていき


IMGfgger4568_1071 (19)


IMGfgger4568_1071 (22)


クォーターパネルとインナーフェンダー、

ボディの接合部分の修復と


リアボディ後端の修復作業が完了


IMGfgger4568_1071 (26)


IMGfgger4568_1071 (27)


次はクォーターパネルのボトム部分と


トランクシールを取り付ける

溝部分の修復を進めていきます


[ 2023/02/07 09:04 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)