FC2ブログ

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 48 CHEVY FLEETMASTER CONV > 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE



 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


74年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


dsfa565adfadg (12)

クォーターパネルを剥がさないと

直せない部分の修理に進み


クォーターパネルの上端部分は、


dsfa565adfadg (24)


ボディに被せて、折り返して耳にして

スポット溶接してありましたが


耳の中が腐食して、板厚が薄くなって


dsfa565adfadg (25)


スポット溶接を剥がして摘出しても

再利用できないので、切リ落とされ


後に新しい鉄板で再生となりまして


dsfa565adfadg (20)


クォーターパネルを剥がさないと

修理できない部分の一つ、


インナーフェンダーの上側部分は


dsfa565adfadg (21)


以前、アメリカでレストアした際でしょうか


腐食していたので切り取って、

新しい鉄板を溶接してありますが


dsfa565adfadg (15)


クォーターパネルを剥がさないと

裏側にアクセスできないので


貼った鉄板はカタチが合っておらず


dsfa565adfadg (14)


溶接もきちんとついていなかったり


溶接跡も熱歪みもそのままで

上にパテを盛って仕上げてあったので


dsfa565adfadg (26)


後ほど、正しく直していくことに


テールランプの下の部分や

フェンダーの接続面も腐食があり


dsfa565adfadg (28)


それらも錆びを落としたのち


腐食の具合を確認して

直し方を検討していきます


dsfa565adfadg (27)


剥がしたクォーターパネルも、


裏側や合わせ面は、製造から

74年も経ってるので錆びているので


dsfa565adfadg (31)


それらも全部剥離して状態を確認し

修理の仕方を決めていくとして


インナーフェンダーの直し方が適切でない


dsfa565adfadg (29)


部分のクォーターパネル側も


新しい鉄板で張り替えてありますが

新しくした部分は形が合ってなかったり


dsfa565adfadg (30)


裏側にアクセスできるスペースがないので


できるなりの処置になっているので

こちらもしっかり直していきたいと思います


[ 2022/12/27 16:56 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)