FC2ブログ

1948 CHEVY FLEET MASTER CONVERTIBLE EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 48 CHEVY FLEETMASTER CONV > 1948 CHEVY FLEET MASTER CONVERTIBLE

1948 CHEVY FLEET MASTER CONVERTIBLE



 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


74年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


ghsdthjeryeuueryIMG_6943 (1)


フロントガラスの前にある、外気導入の

スクープ部分の修理を進めていきます


スクープを開閉しようとすると動きが重いので


ghsdthjeryeuueryIMG_6943 (14)


スクープを下から覗いて原因を探っていたら


スクープの周辺が腐食したのを直した跡が

ありますが、ここもまた直し方が雑で、、、、、


ghsdthjeryeuueryIMG_6943 (20)


開閉する際に稼働する軸の部分は

錆びて固着気味になっていて


無理が掛かって、付け根の部分が


ghsdthjeryeuueryIMG_6943 (19)


鉄板ごと、ちぎれかかっていまして


スクープは、表面のパネルと、雨水が

入っても、水が溜まらず抜けるように


ghsdthjeryeuueryIMG_6943 (15)


裏側が雨どいになっている、二重構造で


ふたつはスポット溶接で接合されているので

きちんと直すには、ボディから摘出が必要。。。


ghsdthjeryeuueryIMG_6943 (16)


過去にボディに付いたままの状態で

出来る限り、頑張ったようですが


作業に無理があるので、腐食した部分は


ghsdthjeryeuueryIMG_6943 (17)


上から鉄板を貼って、臭い物には蓋をしろ状態


無理矢理、溶接しているので付ける部分も

溶接も不十分なまま、上にパテを盛ってあり


ghsdthjeryeuueryIMG_6943 (18)


レストアするのにも、予算や期間など


オーナーさん、作業する人の様々な

制約があることと思いますが


ghsdthjeryeuueryIMG_6943 (13)


予算が少ないので、やりたくても出来ない


早く終わらせないといけないので

ここにはあまり時間を掛けられない


ghsdthjeryeuueryIMG_6943 (12)


時間も予算もあるけど、きちんと直す技術や

ノウハウがない場合もあると思います


このように直しても動きが悪かったり、数年で


ghsdthjeryeuueryIMG_6943 (21)


錆びてボロボロになるのでは、臭い物に

蓋をしただけで、やる意味もなければ、


せっかくレストアしても、いいクルマにならないので


ghsdthjeryeuueryIMG_6943 (22)


S庭道場では、正しい直し方で直すとなり


ボディを切断して、スクープと裏の雨どいを

丸ごと摘出して、再生していくことになり


ghsdthjeryeuueryIMG_6943 (28)


摘出したスクープ部分を、表のパネルと

雨どい部分を分解していくと


表のパネルの水部分の腐食した部分には


ghsdthjeryeuueryIMG_6943 (29)


穴が開いている部分の上に鉄板を溶接し

その上にパテを盛って、溝の形状に造形


腐食して錆びた部分は裏に残したままなので


ghsdthjeryeuueryIMG_6943 (30)


表と裏の合わせ部分は、錆びや腐食が

どんどん進行してしまい、


鉄板も薄くなっていて、そのまま使えず


ghsdthjeryeuueryIMG_6943 (24)


スクープが可動する軸の部分は、

リベットで連結してありますが


錆びて動きが悪くなっているまま


ghsdthjeryeuueryIMG_6943 (25)


手の施しようがなかったのか、

そこはそのままになっているので


ナンとか対策を施さないと、スクープは 


ghsdthjeryeuueryIMG_6943 (26)


スムーズに動くようにはならなそうです。。。。


摘出したスクープの分解、検証を進めて

どう修復するか検討したら


ghsdthjeryeuueryIMG_6943 (27)


腐食が進んで、再生不能の鉄板は新規製作


可動部分のちぎれてしまっている土台も

再生して、錆サビのリベットは新調としまして


ghsdthjeryeuueryIMG_6943 (23)


修理、レストア、、、、オーナーや、作業する人の

意向や技術によって、結果は様々ですね


よいクルマになるよう、正しい処置を目指します


[ 2022/11/17 16:07 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)