FC2ブログ

1954 CHEVY WAGON EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 54 CHEVY TIN WOODIE WAGON > 1954 CHEVY WAGON

1954 CHEVY WAGON



 Sげちゃんの 54 SURF WAGON

諸々の整備で預かりまして


ラック&ピニオンのブーツ交換で


fgfdgfyruryu (13)


タイロッドエンドを外したので

トーイン調整をやり直すついでに


キャンバー、キャスターを計測したら


fgfdgfyruryu (1)


左のキャンバーが-2.25度付いていたので

タイヤが片減りすると思われ


アライメント調整することになりまして


fgfdgfyruryu (118)


fgfdgfyruryu (119)


ラック&ピニオンギアボックスの

油圧パイプが潰れ気味で


油量が絞られてないのかという雰囲気


fgfdgfyruryu (2)


ぶつかったり、押されて曲がった感じもないので

製造時の問題でしょうか、、、、、


パイプを交換したら、エアコンの整備に進み


fgfdgfyruryu (14)


fgfdgfyruryu (15)


レシーバーの交換と、エアコンホースの

加締め部分から、オイルが滲んでいる


ホースがあったので、新品に交換しまして


fgfdgfyruryu (5)


他にも、ウインカーのレバーが戻らない

フロアシフトの操作が固い


ホーンが鳴らないなどの処置も終え


fgfdgfyruryu (6)


リアのナンバープレートがぷらぷらしており


原因を確認したら、ナンバープレートを

リアゲートに取り付けるブラケットが


fgfdgfyruryu (9)


fgfdgfyruryu (7)


ビス1本でリアゲートに止めてあり


それも緩んでしまっているので

ビスを締め直したいけど


fgfdgfyruryu (10)


fgfdgfyruryu (11)


封印を壊さないとナンバープレートを

外せず、増し締めも出来ないので


封印を壊してナンバープレートを外して


fgfdgfyruryu (12)


ブラケットを外してみたら、リアゲートに

ビスの穴は2個あるので


ブラケットにも、ビス穴を2個にすることで


5w7w67e65yt (1)


傾くことを防げるので、リアゲートの

穴位置に合わせて、ブラケットを延長


ブラケットは錆びないようステンレス製なので


5w7w67e65yt (2)


ステンレス材を切り出して溶接して延長


リアゲートの穴位置に合わせて穴を開け、

2点止めで固定し直しとなりまして


5w7w67e65yt (3)


消耗品や部品交換作業なども終えて


最後にダコタデジタルを組んだ時から

スピードメーターが60kmから上がらないとのことで


fgfdgfyruryu (117)


センサーを点検したら問題無かったので


故障ではなく、初期設定の問題のようなので

センサー再設定を行い、試運転に行きまして


fgfdgfyruryu (16)


高速道路を走らせて、120km時の誤差を

チェックし、作動も誤差も良好


アライメント調整もバッチリで、これにて作業完了です



[ 2022/10/07 10:04 ] 54 CHEVY TIN WOODIE WAGON | トラックバック(-) | コメント(-)