FC2ブログ

1940 LINCOLN ZEPHYR EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR *V12* > 1940 LINCOLN ZEPHYR

1940 LINCOLN ZEPHYR



 1940 ZPEHYR、KILLER WORK


毎日横浜の塗装屋さんに通い、

パテ打ち前の鈑金作業に1ヶ月。。。。


ghhtetjewthuq5 (38)


右側のフェンダースカートの歪みが

直し切らないので、作り直し中


耳部分を切断して摘出し、フェンダーと 


IfsMG_03fs4 (19)


IfsMG_03fs4 (20)


ラインの記した型紙に合う状態で

耳の形状を保持するよう治具を組み


フェンダーと耳の通りに合うように


IfsMG_03fs4 (21)


IfsMG_03fs4 (18)


鉄板を切りだしたら、イングリッシュウィールを

使って、成型していきまして


耳部分に接合した時の張りや通りを確認するため


IfsMG_03fs4 (22)


IfsMG_03fs4 (27)


クレコピンで耳部分に仮固定し、チェック


成型を終えて、スキンパネルを耳部分に

溶接して接合していくので、フェンダーから外し


IfsMG_03fs4 (31)


IfsMG_03fs4 (29)


溶接の熱の入り方に違いが出て

歪みづらいように、


鉄板どうしの隙間を、限界まで狭く


IfsMG_03fs4 (28)


IfsMG_03fs4 (30)


ぴったり合うように切り出してすり合わせし

治具を組んだまま、溶接を進めていきまして


1mmの鉄板なので、熱歪みを出さないよう


IfsMG_03fs4 (25)


IfsMG_03fs4 (26)


15A程度の電流で点付けを繰り返しながら

最終的に全周を溶接していきまして


溶接跡はハンマリングで歪みを取っていき


IfsMG_03fs4 (24)


右側のフェンダースカートの作り直しが完了

驕らず、満足せず、勉強、鍛練、前進あるのみです


[ 2022/08/17 15:51 ] 40 LINCOLN ZEPHYR *V12* | トラックバック(-) | コメント(-)