FC2ブログ

1956 BUICK EL-CLASSICO VINTAGE and ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

1956 BUICK



 Y室さんの 1956 BUICK "565 SPECIAL”

プロジェクト 進めてまして


LSエンジンの搭載を終え、ハーネスの引き直しを進めつつ


urtue d(2)


エアコンの取り付けも始まったようで


56 BUICK用のエアコンキットは存在しないので

ビンテージエア製の汎用のエバポキットを使いまして


IMG_47cfcxfhhk;33 (26)


スーパー、ミニ、コンパックという、3種類の汎用タイプから


どれが56BUICKのダッシュ裏、ファイヤーウォールの形状や

収まり具合に合うか、エバポ実物を使って検証作業を行うと


IMG_47cfcxfhhk;33 (28)


重くて作業しづらいし、破損させると大変なので


外寸は実物と一緒ですが、プラスチックで

中身が空のモックアップを使って検証しまして


IMG_47cfcxfhhk;33 (27)


ダッシュ裏にエバポを取り付けするブラケットも

モックで設計して、製作しまして


窓の曇りをとるデフロスターは、純正の吹き出し口と


IMG_47cfcxfhhk;33 (30)


ビンテージエアのダクトの径が異なって合わないので

それぞれの径に変換するレデューサーを製作。


エバポから吹き出し口や、デフロスターへのダクトの


IMG_47cfcxfhhk;33 (29)


取り回しを確認しながら、それにあわせて

ハーネスの取り回しも決めて進めていきまして


Y室さんから、タイヤ&ホイールは、これまでの


IMG_47cfcxfhhk;33 (5)


20インチのビレットホイール&ラジアルタイヤから


今回は、15インチの鉄ちんホイールでハブキャップ、

タイヤはバイアスに変更したいとの要望なので


IMG_47cfcxfhhk;33 (6)


ホイールは当時の鉄ちんのデザインを復刻している

今でも新品が買えるホイールメーカーに


BUICKに合わせたオフセットで、赤のパウダーコート仕上げで注文


IMG_47cfcxfhhk;33 (7)


タイヤはFIRESTONEの 670-15を希望されましたが


片道800kmの道のりを、年に2往復したり

高速道路を150km出す人なので


IMG_47cfcxfhhk;33 (3)


FIRESTONEのバイアスタイヤは却下し


希望のホワイトウォール幅に、FIRESTONEの

ウォールと同じようにビューティーリングを追加した


00M0M_ev2pnphTUH60_1200x900 (14)


バイアスルックのラジアルタイヤを特注で製作


いつも使っている、アメリカンクラシック製の

バイアスルックより、ショルダー部分の作りも


00M0M_ev2pnphTUH60_1200x900 (15)


FIRESTONEに似せているので、よりリアルです


本番用のホイール&タイヤが届いたので

タイヤの外径に合わせてライドハイトの設定と


00M0M_ev2pnphTUH60_1200x900 (16)


ACCUAIRのハイトセンサーのセットアップに進みまして


ACCUAIRが推奨する、ハイトセンサーのストローク量に

なるように、デフを動かしながら各位置で計測


00M0M_ev2pnphTUH60_1200x900 (17)


ちょうどいいストローク量の位置を計算したら


左右のセンサーを同じ前後位置に設置しないと

作動に誤差が出てしまうので


00M0M_ev2pnphTUH60_1200x900 (18)


レーザーを飛ばして、誤差1mm以内に位置決め。


Y室さんの56 BUICKは、ロワーアームの外側に

マフラーを取り回してあるので


IMG_43errerrer43 (4)


ハイトセンサーをフレームに設置すると、

マフラーが邪魔でセンサーが追従できず


4リンクの内側に、センサーを取り付けるブラケットを製作


IMG_43errerrer43 (5)


ブラケットは、簡単に取り外せる構造の方が


ハイトセンサーやマフラーを取り外して

メンテナンスする時に、整備性がいいので


IMG_43errerrer43 (7)


センサーロッドを取り付けるタブも製作して

ロワーアームに溶接しまして


ストロークの中間位置がライドハイトになるよう


IMG_43errerrer43 (8)


センサーロッドを設定して組み付けし、


ACCUAIRのパーツを交換することになっても

自動設定で毎回ライドハイトが合うように


IMG_43errerrer43 (9)


ハイトセンサーを設定して、設置が完了

次はACCUAIRのENDO-CVTのセットアップに進みます


VIVA! S庭道場!!! VIVA! Y室さん !!!!!!!!!



[ 2020/08/14 08:56 ] CUSTOM ORDER WHEELS | トラックバック(-) | コメント(-)