FC2ブログ

1963 C10 EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

1963 C10



  Y澤さんの 1963 CHEVY C-10  


クルマを沖縄から東京へ輸送し、

修理と整備を進めていまして


trwwyu456uw465uyrt4 (49)


3月に沖縄に行って、ガレージにお邪魔

させてもらったときに、C10の周りには


垂れたオイルの跡が沢山できており


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (5)


綺麗なガレージを汚す、お漏らし君に

なっていたので、今回オイル漏れ対策も


しっかり、やっていきたいと思います


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (4)


デフのピニオンシールから漏れたオイルが


走行中にペラの回転で巻き上げられ

周囲に飛び散っていまして


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (3)


エアサスのタンクや、荷台の床板、


マフラーに飛び散ったオイルは

マフラーの熱で焼け焦げてまして


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (2)


デフのリアカバーのガスケット部からも

オイルが漏れて、下に垂れているようで


リアカバーを剥がして、ガスケットを交換し


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (6)


ピニオン部分はシールの交換と、


シールにずっと擦れていたヨークの

シャフトが摩耗していると


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (8)


シールだけ新品にしても、漏れが止まらないので


ヨークの摩耗、段付きがあっても、しっかり

シールできるようにする、リテーナーも組み込み


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (11)


オートマは、フィルター、ガスケット、オイルの交換と


漏れはありませんでしたが、予防処置で念のため

リアシールと、リアシールのブッシュを交換し


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (22)


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (12)


スピードメーターケーブルのピックアップ部分から

オイル漏れがあったので、


スピードキャブごと、ASSYで交換しておきまして


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (13)


ミッションマウントのゴムに、裂けめがあったので

マウントも交換しておきまして


エンジンオイルやフィルター、ドレンのパッキンや


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (10)


マフラーゴム、マフラーのジョイント部分の

ガスケットも交換していきまして


ブレーキやハブの点検、整備も進めていきます


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (68)


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (69)


フロントブレーキは特に異常や不具合は

見受けられませんでしたが


分解して、ハブベアリング、シールの点検と 


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (71)


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (66)


ベアリングは点検してグリスを入替し、


キャリパーはスライドピン周りのシール、

カラーは新品に交換して、グリスアップ


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (67)


ハブのシールは、リップが切れていたので

新品に交換しておきまして


パッドは片減りや段付き、割れもなかったので


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (72)


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (73)


面取りだけして、ブレーキグリスを塗って

組み戻していきまして


リアブレーキは片側がサイドブレーキの


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (65)


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (70)


効きが甘いと、沖縄で車検を担当して

頂いているクルマ屋さんから聞いたので


点検したら、LOKAR製の汎用ケーブルの


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (75)


ロック部分が動いてしまい、引き切れて

いない状態になっていたので、修理しまして


片側のホイルシリンダーがカップ内で


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (33)


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (34)


オイル漏れしていたので、念のため左右とも

新品に交換しておきまして


プロペラシャフトと、ユニバーサルジョイントの


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (37)


点検を進めたら、ベアリングキャップに

クラックが入っている部分が発覚し


ユニバーサルジョイントは新品に交換しまして


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (35)


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (36)


エンジンの後ろ側のバルブカバー辺りから

オイルの漏れがあるので


念のため、インマニガスケット、バレーパンガスケット、


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (42)


バルブカバーのガスケットを新品に交換したら


オイル漏れの原因は、油圧計を動かす

油圧配管からの漏れと発覚しまして


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (76)


それぞれのガスケットは、予防処置で

交換するつもりだったのでヨシとして


C10の純正ゲージは、油圧計は電気式ではなく


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (45)


エンジンからゲージの裏まで、細い油圧配管で

オイルを流す構造なので、


純正の銅配管は捨てて、リペアキットに変更


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (46)


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (47)


エンジンのガスケット類を交換したので


2次エアーを吸っているところが無いか

確認したら、スロットルボディの後ろの


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (48)


メクラをしてある部分から、2次エアー吸いが発覚


LSスワップ時に不要になったポートをメクラしたのと

思いますが、蓋を外して清掃し、Oリングと


IMG_ふゃりぇいぇy1854 (49)


液体ガスケットでシールして解消しまして


シール修正と、エンジンのガスケット類の交換で

俄然、調子よくなりましたが、まだまだ整備は続きます


VIVA! S庭道場! VIVA! Y澤さん!!!!!!!!




[ 2022/05/23 14:12 ] 63 CHEVY C-10  | トラックバック(-) | コメント(-)