FC2ブログ

出張作業 EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > EL-CLASSICO > 出張作業

出張作業



 先日、沖縄に出張作業に行ってた様子を引き続きで


3日目も朝からY澤さんのガレージにお邪魔し

1966 LINCOLNのアライメント煮詰め作業


trwwyu456uw465uyrt4 (51)


調整しては走ってを繰り返し、煮詰めたり

ACCUAIRの作動チェックを進め


正月にお邪魔したときに、スラムドトレーラーの


trwwyu456uw465uyrt4 (44)


バッテリーが劣化していたのと、充電用の

充電器の取扱いが面倒そうなので


新しいバッテリーと充電器を送ってありましたが 

時間ができたので、それらの交換作業も進めまして


trwwyu456uw465uyrt4 (43)


スラムドトレーラーのエアサスを動かす

電源は大きなバッテリーを搭載していますが


トレーラーでエンジンがなく、オルタネーターも

ないので、バッテリーの充電は外部の充電器を使用


trwwyu456uw465uyrt4 (5)


これまでの充電器はスイッチや切り替えが解りづらいので


コンセントにさすだけで、充電の開始も終了も

全自動のCTEKに変更し、バッテリーも交換


trwwyu456uw465uyrt4 (6)


CTEKはコンセントにさしておけば、バッテリーの

コンディションをみて、必要があれば自動で充電を開始し、


満充電になれば勝手に電源が落ちるので

乗らない時はいつもつないでおけば、全自動で楽ちん


trwwyu456uw465uyrt4 (16)


バッテリーのターミナルにCTEKのアタッチメントを

固定しておけば、アタッチメントのコネクターに


CTEKのコードをつなぐだけで接続がOKなので、


trwwyu456uw465uyrt4 (23)


複数のクルマで共有もできるので、1966 LINCOLN

スラムドトレーラー、C10と、どれでも使えるよう


アタッチメントを用意してきて、全車に取り付けまして


trwwyu456uw465uyrt4 (17)


C10は正月にお邪魔した時に、スターターが

回らないときがあると伺ったので


新品のスターターを送ってあったので、


trwwyu456uw465uyrt4 (18)


時間が出来たので、こちらも交換しちゃおうと

作業を進めましたが、エンジンを始動したら


ピ二オンギアと、リングギアが近くて僅かに干渉。。。。


trwwyu456uw465uyrt4 (22)


スターター交換をする準備をしてきていなかったので


クリアランス調整で、シムが必要になることも

想定しておらず、シムを持ってきていないので


trwwyu456uw465uyrt4 (54)


この場で調整作業ができず、後日部品を用意して

車検時の整備の際に交換することにしまして、、、


スターターを交換したのち、試運転に行こうとしたら


trwwyu456uw465uyrt4 (24)


およよ!? スターターを新品に交換したのに

またスターターが回らない時がでるので


調べたら、スターターの信号線に6Vしかきておらず


trwwyu456uw465uyrt4 (46)


スターターのマグネットスイッチを動かす回路が

電圧ドロップしているのが原因と判明


ニュートラルセーフティースイッチなどを調べるも問題なく


trwwyu456uw465uyrt4 (47)


エンジンアースの不良が考えられるので


またまたオーディオ屋さんのドットワンさんにお願いして

太いアースケーブルを2本作ってもらい


trwwyu456uw465uyrt4 (45)


ヘッドからと、エンジンブロックからフレームにアースを追加し、

その後は症状が出なくなったので、様子を見たいと思います。


試運転に出て走らせたら、ベルトのスリップ音が出るので


trwwyu456uw465uyrt4 (29)


調べたら、ガイドプーリーのベアリングが不良で

プーリーの溝もベルトのゴムが詰まってまして


ベルトとプーリーを取り寄せて、後日交換へ、、、


trwwyu456uw465uyrt4 (30)


走っていると、ステアリングの遊びが大きいので


調べたら、ラックアンドピ二オンのギアボックスを

固定する部分のブッシュが劣化してしまい、


trwwyu456uw465uyrt4 (31)


ステアリングを切ると、ギアボックス自体が動いてしまうので

こちらもブッシュを取り寄せて、後日交換へ


ボルトが緩んでたり、ナットが無くなってるところがあったり 

エンジンのシール部から、オイル漏れも起きてたので


trwwyu456uw465uyrt4 (33)


まだまだやっていきたい事、点検したい部分が

沢山沢山ありましたが、時間や道具が足りず


もっとよくシュミレーションして、部品や道具を

準備してきて、時間ももっと多く作ってくればと


trwwyu456uw465uyrt4 (34)


満足な対処が出来なかったことも沢山。。。。。


後悔や反省が尽きませんので、今回の経験や

データーを今後に生かしていかないとですね


trwwyu456uw465uyrt4 (49)


壊れたと連絡が来ないと、問題なく走っているものだと

勝手に解釈して、何もサポートしてきませんでしたが


こんなもんか!? と、思って乗ってもらってたり

異常に気付かずに乗ってもらってる事もあると思いますので


trwwyu456uw465uyrt4 (50)


「不具合が出た」 と連絡をもらってから動くのではなく、


遠方だろうが定期的に点検にお邪魔させてもらって

問題が起きてないか、チェックして対処していくのは 


クルマを作っている以上、果たさないといけない僕たちの責任


fhsjfgjsdfg;j (24)


カッコいいクルマを作って、オーナーさんに喜んでもらうのと

同じくらい、納車した後もしっかりケアし続けていくことも


オーナーさんにとって重要なことだと、今さらながら

気付かされた3日間で、どうもすみません


fhsjfgjsdfgj (23)


今後はいつでも安心して乗ってもらえるように

アフターサポートにも力を入れていきます


僕たちのために時間を割いてくれたり、御協力頂いた

沖縄の皆さま、本当にありがとうございました!




[ 2022/04/01 21:40 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)