FC2ブログ

出張作業 EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > EL-CLASSICO > 出張作業

出張作業



 ブログの更新が滞っており、すみません


先々週は沖縄に出張作業に行ってまして

先日納車したばかりの車に不具合らしき症状が発覚し


trwwyu456uw465uyrt4 (50)


1966LINCOLNが、ハンドルが左に取られるとの事で

原因調査と対応にお邪魔しまして、


アライメントが狂ったかか、ACCUAIRの②の設定が

変わってしまったのかと想定していましたが


trwwyu456uw465uyrt4 (9)


診断の結果から、ACCUAIRのECU不良の疑いが、、、、


診断中にエアコンプレッサーの作動不良も発見し、

リレーとカプラーも交換が必要となりましたが


trwwyu456uw465uyrt4 (10)


ACCUAIRの設定し直しは想定していましたが、

ECUが壊れている可能性までは想定しておらず


部品を用意してきていなかったので、ECUも

コンプレッサーリレーも持ってきてませんけど。。。。。。


trwwyu456uw465uyrt4 (11)


沖縄でACCUAIRのECUを在庫してるところもなく

こんな時に頼れるのは、あの方々しかいません。。。。


ACCUAIRを装着している、OXBLOODのM本さんと

1964 F100のH城さんに連絡して


trwwyu456uw465uyrt4 (27)


「すみません、 ACCUAIRのECU、貸してください。。。。」


M本さんは娘さんの卒業式、H城さんは仕事中に関わらず

「 いいですよ!」 と、快諾して頂き、感謝感激雨あられ


trwwyu456uw465uyrt4 (28)


「 困ったときはお互い様です 」 と、仕事から戻って


夜な夜な自分のF100をジャッキアップし、荷台の

下に組んであるACCUAIRユニットから、ECUと


念のため、タッチパッドもと外して準備してくれまして


trwwyu456uw465uyrt4 (32)


翌朝、仕事に行く前のH城さんの御自宅に突撃し

ECUとタッチパッドをお借りしまして


リレーは沖縄のホームセンターやアストロプロダクツ、

オートバックスを回るも手に入らずで、


trwwyu456uw465uyrt4 (48)


C1コルベットのオーディオを担当してくれた

ドットワンさんに相談してみたら


30Aのリレーとコネクターなら在庫あるよとのことで


trwwyu456uw465uyrt4 (3)


ドットワンさんにも早い時間からお店を開けてもらい、

リレーを譲ってもらったら、Y澤さんのガレージへ


正月にウィニーに引き続き、沖縄の皆さまに迷惑掛けて

今回も皆様のお陰です状態に突入です。。。。。。


trwwyu456uw465uyrt4 (4)


念のためリレーを交換する前にコンプレッサーの

負荷電流を計測したら、起動時は瞬間的に34A、、、、


これでは容量不足で30Aの新品リレーに変えても、

短命に終わるのは必至なので、


trwwyu456uw465uyrt4 (35)


またしても、40Aリレーが必要になりまして、


昨晩、ドットワンさんが知り合いのお店に在庫を

持ってないか聞いてくれてて、


trwwyu456uw465uyrt4 (42)


40Aのリレーを持っているお店を教えてくれてたので


すぐにそこに買いに走って、リレーとカプラー、配線の

修理が完了できまして、コンプレッサーの作動不良が解決


trwwyu456uw465uyrt4 (13)


ACCUAIRのECUも組み換えし、メモリーした車高に

ならない症状も消えて、無事修理完了しまして


これでステアリングを左に取られる症状が消えたか

確認で試運転に出ましたら


trwwyu456uw465uyrt4 (12)


あれれ、まだ若干左に取られるのと、ステアリングの取り付け部分に

ガタと、ウインカーを出したあとに消えない時がある事が発覚、、、、


ステアリングのガタと、ウインカーの作動不良の原因を調べたら 


trwwyu456uw465uyrt4 (43)


ステアリングを取り付けているボスの固定ボルトが

全部ゆるゆるで、締まっておらず、、、、、


ウインカーを出した後に、解除するキャンセルカムの

取り付け位置もずれて付いていたので


trwwyu456uw465uyrt4 (44)


左右でステアリングを回したあとにウインカーを

キャンセル位置が違っていたので


分解して正しい位置に組み直し、ボルト類は

緩み止め対策を施して組み付けしまして


trwwyu456uw465uyrt4 (1)


ステアリングが左にとられる原因を調査したら

足回りに目視や触診での異常は見受けられず


アライメントを測定してみたら、以前にフィットで


trwwyu456uw465uyrt4 (2)


設定した数値とズレているので、ナゼ狂ったのか

調べるも、原因が見当たらず特定に至りませんで


船積みした際、ラッシングベルトを掛けた位置が悪く

アライメントが狂っってしまったんでしょうか。。。。


trwwyu456uw465uyrt4 (14)


持参したレーザーやキャスターゲージを使って

狂ったアライメントを直す作業を進めまして


センターコンソールに埋め込んだIPADで

ACCUAIRが使えるように設定し、


trwwyu456uw465uyrt4 (15)


引っ張ったら外れてしまったという、ボンネットを開ける

リリースハンドルのノブを外れないように組み直し


内装のドアパネルが外れてしまっている

ところがあったので、組み直しまして


trwwyu456uw465uyrt4 (20)


Y澤さんから、ETC車載器を付けてほしいと頼まれていたので、


車載器をドットワンさんでセットアップまで終わらせてもらい

それを受け取って、取り付けも進めまして


trwwyu456uw465uyrt4 (21)


アンテナ分離タイプで、アンテナはフロントガラスの

下側に目立たないよう取り付けし


本体はグローブボックス内に設置し、作動チェック


trwwyu456uw465uyrt4 (33)


2日目は夕方までY澤さんのガレージにお邪魔し

1966 LINCOLNの作業をさせて頂きまして


この後、M本さんのOXBLOODの点検に向かいます


[ 2022/03/30 08:48 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)