FC2ブログ

1948 CHEVY FLEET MASTER CONVERTIBLE EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 48 CHEVY FLEETMASTER CONV > 1948 CHEVY FLEET MASTER CONVERTIBLE

1948 CHEVY FLEET MASTER CONVERTIBLE



 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


74年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


hhjklkll;l;l;l;; (12)


MUSTANGⅡ化すると、アッパーアームの

位置がオリジナルフレーム時よりも


取り付けが高い位置に変わってくるので、


hhjklkll;l;l;l;; (13)


これまでと同じ長さのハイドロシリンダーを使用しても


インナーフェンダーにとても近くなり、フィッティングや

ホースを取り付けるスペースがなくなってしまったので


hhjklkll;l;l;l;; (14)


インナーフェンダーにシリンダーをよける凹みを作る

加工に進みまして、助手席側にだけ


フレッシュエアーを取り込む接続口がプレスされており


hhjklkll;l;l;l;; (15)


その形状がちょうどシリンダーをよけてくれて

都合がよいのですが、違う用途の形状なので


見た目がカッコよくないのと、運転席側は検証したら 


hhjklkll;l;l;l;; (16)


タイヤハウス側はハイドロシリンダーが当たるのと


エンジンルーム側は、パワステポンプのプーリーが

インナーフェンダーに当たることが解ったので 


hhjklkll;l;l;l;; (18)


外側も、内側も当たりますの刑になりまして、、、、、


オリジナルのインナーフェンダーには凹みが

ない形状のところに、外側も内側もかわせる


hhjklkll;l;l;l;; (11)


へこみの形状を作らないといけなくなりまして


左右のインナーフェンダーが形状が違うと

違和感が出るので、対象のデザインで設計


hhjklkll;l;l;l;; (17)


もともとへこみがあった助手席側は、

凹み部分を切開する位置をケガキ


それに合わせてし、新しい凹みを成型


hhjklkll;l;l;l;; (19)


鉄板を切り出してイングリッシュウィールで

アールをつけてたピースと、


逆アールをつけたピースを作っていき、


hhjklkll;l;l;l;; (20)


それぞれの断面と高さがピタリと合って


インナーフェンダーとの接地面もぴったり

合うように3次元曲面の球体を成型しまして


hhjklkll;l;l;l;; (21)


成型した凹みをインナーフェンダーに取り付けた

形状と位置をトレーシングペーパーで型紙をとり


型紙を裏返して、運転席側に合わせると


hhjklkll;l;l;l;; (22)


運転席側のへこみを作る位置と形状が

左右対称で写しだすことが出来るので


位置のケガキを入れたら、イングリッシュウィールで


hhjklkll;l;l;l;; (23)


成型すると同じ凹みになる鉄板の型紙を

成型前のサイズで切り出して


助手席側と同様に2ピースで成型していきます


hhjklkll;l;l;l;; (26)


薄い鉄板なので、2ピースを接合するときや


インナーフェンダーに接合するときの

溶接の熱で歪みが出てしまわないよう


hhjklkll;l;l;l;; (25)


溶接時に隙間を埋めるための肉盛りで

余計に熱を入れなくて済むように


2ピースの合わせの断面や、インナーフェンダーとの


hhjklkll;l;l;l;; (27)


接地面をピタピタに合わせて、出来るだけ

溶接の時間を減らすようにしておき


16~20A程度の電流で、スイッチを押す時間は


hhjklkll;l;l;l;; (28)


0.5秒以内という、超低電流、超短時間の点付けを

繰り返して全周の溶接を進めていきます


凹み部分は熱歪みが出ずらい様に溶接時は


hhjklkll;l;l;l;; (29)


インナーフェンダーに固定した状態で溶接し


2ピースの接合を終えたら、インナーフェンダーから

取り外して溶接跡の仕上げと、歪み取りをして


hhjklkll;l;l;l;; (31)


再びインナーフェンダーに取り付けて

確認しながら、接地面に出た歪みも修正


運転席側、助手席側ともに、成型した凹み部分が


hhjklkll;l;l;l;; (32)


インナーフェンダーにぴったり合うように

溶接の熱歪みを修正したら


クレコピンで固定し、次はインナーフェンダーに

成型した凹み部分の溶接していきます


hhjklkll;l;l;l;; (30)


2ピースで作った凹み部分の接合より

遥かに溶接する部分が大きいので


熱歪み対策と、歪み取りがタイヘンそうです



[ 2022/03/04 12:00 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)