FC2ブログ

1948 CHEVY FLEET CONVERTIBLE EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 48 CHEVY FLEETMASTER CONV > 1948 CHEVY FLEET CONVERTIBLE

1948 CHEVY FLEET CONVERTIBLE



 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


74年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


srwertewrtwe (19)


シャシーのカスタムを進めているところに

アメリカからパーツが到着しまして


パレットに載ったLOKARの大きな箱は


srwertewrtwe (20)


今回、48フリートコンバーに搭載する

LS CLASSICエンジンが到着


2021年製の新品LS3エンジンを使いますが


srwertewrtwe (21)


フリートコンバーの雰囲気には、LSエンジンを

新しい雰囲気で積むと違和感が出ると思うので


新しいLSエンジンを古いシボレーエンジン風に


srwertewrtwe (22)


ディティールを作り替えつつ、中にも手が入って

495馬力仕様を採用することにしまして


メーカーで新品エンジンを使って組み上げたあと、


srwertewrtwe (23)


エンジンを始動させて、ベンチテストしてあるので

組み立てミスや、漏れ、不良品のリスクもなく


古っぽく見せてるけど、新品の最新エンジンと


srwertewrtwe (24)


4L60Eオートマをコンピューター制御して

快調仕様を目指すプランで頑張ります


エンジンのディティールは、LOKARに頼んで


srwertewrtwe (25)


諸々、特別仕様にしてもらっていますが

それでも理想のカタチではないので


後程FITでさらにカスタムしていきます


srwertew114rtwe (13)


FITだと、いつもならサスペンションは


エアサス仕様で、ACCUAIRを組んで

コントロールするというパターンですが


srwertew114rtwe (10)


フリートコンバーの雰囲気には、エアサスより

ハイドロの方がマッチすると思うので


MUSTANGⅡクリップに変更しつつ


srwertew114rtwe (11)


srwertew114rtwe (12)


快適に乗れるハイドロのセットアップも

同時に進めていきたいと思います


MUSTANGⅡクリップの構造に合わせて 


srwertewrtwe (17)


これまで組んであったシリンダーとカップ、

コイルは使わないことになり


長さは同じですが、今回使うシリンダーは


srwertewrtwe (42)


RED'S製のいわゆる”レッズシリンダー”を用意


RED'S製のシリンダーは作りが良いので

油漏れや故障が少ないということで


srwertewrtwe (43)


6インチと8インチのシリンダーを取寄せて

他社と構造がどう違うのか、分解して検証


ヘッド側にダストシールが付いているのと


srwertewrtwe (41)


ピストン部分のシールがOリングと

バックアップリングだけでなく


ピストンシールも使われていたので


srwertewrtwe (40)


クルマのハイドロ用に作られているシリンダーより


産業機械などに使われている油圧シリンダーの

構造に近く、作りはちょっと良さそうです


srwertewrtwe (16)


ハット部分にシリンダーを取り付け部分を

ピロボール化して動きをスムーズにしようと


RED'Sシリンダー用のピロボールも準備しまして


srwertewrtwe (15)


ドーナツでシリンダーを固定する場合と

ピロでシリンダーの角度が振る場合で


コイルの動きがどちらが良いか検証していきます


VIVA! S庭道場!!!!!!!



[ 2022/01/27 21:18 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)