FC2ブログ

1948 CHEVY FLEET CONVERTIBLE EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 48 CHEVY FLEETMASTER CONV > 1948 CHEVY FLEET CONVERTIBLE

1948 CHEVY FLEET CONVERTIBLE



 1948 FLEET CONVERTIBLE


74年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


ryuwrtyuwtruweyry (2)


クルマを置いている地面の床は平らに見えるも

厳密には完全な平らではないので


リジットラックに載せて、床からの高さを計測し


ryuwrtyuwtruweyry (1)


リジットラックを掛けている全てのポイントで


左右が平行になるように、リジットラックと

フレームの間にシムを入れて、レベル調整し


ryuwrtyuwtruweyry (3)


クルマのセンター位置、ホイールベース、トレッドを

計測し、MUSTANGⅡ化しても位置が変わらないよう


キングピンやデフ、の位置などを計測して記録したら


ryuwrtyuwtruweyry (4)


ラジエーターやコアサポート、フェンダーや

インナーフェンダーとタイヤの位置関係も計測


74年も前のフレームなので、新車の時の寸法ではなく


ryuwrtyuwtruweyry (5)


様々な経緯で曲がっているフレームがほとんど。


左右のメインフレームが均等に曲がっていたり

どちらかだけが大きく曲がっていることもあり


58B697EC-B640-451F-B77E-0B9C7D71793B.jpg


曲がっているフレームにそのまま組むと

MUSTANGⅡクリップも曲がって付いてしまうので


現状のフレームの状況を正確に把握していき


ryuwrtyuwtruweyry (6)


MUSTANGⅡクリップのメンバーをどの位置に

どの高さで組めば、左右等しい位置になって


良いフレームになるかの計算の根拠にします


ryuwrtyuwtruweyry (10)


このあとはエンジン、ミッションが邪魔になって

レーザーレベルが照射できない場所の計測なので


エンジン、ミッションを降ろして、デフも取外し


ryuwrtyuwtruweyry (7)


フロートコンバーは、デフとペラが繋がっている

トルクチューブという構造なので


外すのもタイヘン、保管するのもタイヘンですね。。。。。


ryuwrtyuwtruweyry (12)


エンジン、ミッションを降ろして計測をしたら


今度はフロントサスペンションや、ステアリング機構も

計測の邪魔になるので、丸ごと撤去しまして


ryuwrtyuwtruweyry (13)


メインフレームだけにしたら、事前に計測した

キングピンの位置と同じところに


MUSTANGⅡクリップのスピンドルが来るように


ryuwrtyuwtruweyry (14)


記録してあるデータと、地面に記録してある

ポイントから数値を導き出していき


レーザーレベルを2機使って、支点位置を算出


ryuwrtyuwtruweyry (8)


オリジナルフレームと出来るだけホイールベースが

変わらないように支点位置を決めたら


定番の上でMUSTANGⅡクリップを仮組みし


ryuwrtyuwtruweyry (9)


アライメントを合わせた状態の寸法、数値と

メーカーでの製造誤差も計測しまして


大手メーカー製のクリップでも、作る人によって


ryuwrtyuwtruweyry (11)


僅かなズレや、溶接の熱歪みがあったりで

完全な左右対称に出来てはいないので


その誤差もこの段階で計測して確認しておき、


ryuwrtyuwtruweyry (22)


オリジナルフレームの現在の左右差と

製造誤差を合わせて計算していき


どう組めば左右正しい位置になるのか算出


ryuwrtyuwtruweyry (21)


MUSTANGⅡクリップを組む位置を導き出したら


リアのフレームはどの位、Cノッチすればいいのか

4リンクの付け根をどこに組めば、


ryuwrtyuwtruweyry (20)


正しい位置関係の4リンクになるのか


その位置に組むと、リアシートの位置を

上げないといけなくなるのか、


ryuwrtyuwtruweyry (19)


ひな壇をどこまで高く作り直さないといけず


コンバーチブルトップの開閉シリンダーや、

幌骨の取り付け位置に絡んでこないか、


ryuwrtyuwtruweyry (18)


フレームの中央に入っているクロスメンバーは

どの位、スライスしないとスラムドしないのか


など、沢山の検討事項をよく検証し、計算していきます


ryuwrtyuwtruweyry (15)


必要になる加工、加工に適している場所、

ボディやフレームの構造から、


どう作っていくか良いのかを導き出すには


ryuwrtyuwtruweyry (16)


ボディやフレームの裏表両側から見て確認しないと

いけないので、ボディもドンガラにしましたら


錆も腐りもなく、コンディション抜群と解かり、最高です


VIVA! S庭道場!!!!!!!


[ 2022/01/13 22:11 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)