FC2ブログ

1961 CHEVY CORVETTE EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 61 CHEVY CORVETTE > 1961 CHEVY CORVETTE

1961 CHEVY CORVETTE



 Mさんの 1961 CHEVY CORVETTE


クルマを沖縄に輸送し、DOT ONEさんで

オーディオのリメイクを進めてまして


tysteyetuywety (1)


センターコンソールに2DINサイズの

ヘッドユニットを収めるデザインに変更し


ヘッドユニット部分が奥まっているので 


tysteyetuywety (8)


影になって、モニターが見づらくないように

少し手前に移動もさせる検証しまして


手前に来ることで、シフトレバーに近づくので


tysteyetuywety (2)


新しいセンターコンソールを想定した

段ボールを作って位置を確認しまして


シフトレバーを、パーキングレンジに入れても


tysteyetuywety (5)

じゅうぶんなクリアランスが出来る位置で

モニターも見易い位置を決めたら


運転席に座って、モニターや時計が見易くて


tysteyetuywety (4)


エアコンの操作もし易いレイアウトも確認し


こんなレイアウトで如何でしょうか?と

Mりさんに写真を送って、確認してもらい


tysteyetuywety (7)


オッケーが出たので、ユニットと配置が決まったので

これまでのオーディオの撤去作業に進みます


これまでは、1DINサイズの小さなヘッドユニットでしたが


tysteyetuydwety (3)


センターコンソールの裏に、やたらとでかい

別体ユニットが隠れてまして、、、、、


ナニかと思ったら、USパイオニア製のユニットの


tysteyetuydwety (2)


”見えるラジオ”のユニットだそうで、、、、、、

見えるラジオ、超懐かしいですね


歴史を感じる、見えるラジオユニットにはじまり


tysteyetuydwety (5)


これまで組んであったスピーカー、ウーファー、

アンプ、イコライザー、ケーブルは


システム変更に合わせて、全てアップデートするので


tysteyetuydwety (6)


車両から全て撤去していきまして


フロントからリアにかけてのケーブルはすごい量で

写真以外にも、まだまだあるそうで


tysteyetuydwety (4)


綺麗なクルマなので、内装をあちこち分解して

撤去していく作業は、気を使って大変ですね


この先の作業も楽しみです


VIVA!Mりさん! VIVA! DOT ONE!





[ 2021/10/04 05:44 ] 61 CHEVY CORVETTE | トラックバック(-) | コメント(-)