FC2ブログ

1961 CHEVY CORVETTE EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 61 CHEVY CORVETTE > 1961 CHEVY CORVETTE

1961 CHEVY CORVETTE



 Mさんの 1961 CHEVY CORVETTE


DAKOTADIGITALにキロ表示で作ってもらった、

RTXゲージへの交換が始まりまして


ゆryつrつyうぇりゅ1wr (24)


取り外したレストア済のオリジナルゲージは


オーストラリアのC1乗りから、売ってほしいと

オファーが来たので送りまして


ゆryつrつyうぇりゅ1wr (36)


簡単に海外に売却できる時代でナニヨリです


クラスターに新しいRTXを組み付けし

クルマへの取り付けて、作業スペースや


ゆryつrつyうぇりゅ1wr (35)


視界が狭くなってしまう前に、先に

RTXのモジュールの取り付けへ


モジュールはダッシュ裏などに設置しますが 


ゆryつrつyうぇりゅ1wr (33)


C1コルベットは車体がコンパクトなうえに

センターコンソールがあって足元も狭く


おまけにC1コルベットはファイバーボディなので


ゆryつrつyうぇりゅ1wr (34)


穴を開けてビス止めするにも強度が心配。。。。


LSエンジンをスワップしてあるクルマなので

電子制御系統のモジュールやヒューズボックス、


ゆryつrつyうぇりゅ1wr (26)


配線類も多くて、モジュールを簡単に

設置できる良いスペースも見当たらず、、、


ダコタデジタルゲージを装着しているクルマは


ゆryつrつyうぇりゅ1wr (27)


モジュールの設置や、固定場所がないのでと


配線の束などに、インシュロックで縛って

ぶら下がっているクルマを良く見ますが、、、、、


ゆryつrつyうぇりゅ1wr (28)


モジュールには各センサーからの配線や

電源線やアース線、メーターと時計への


通信ケーブルを接続するので、モジュールが


ゆryつrつyうぇりゅ1wr (29)


しっかり固定されていないと配線が抜けたり

抜けかかって、接触不良で誤作動を起こすので


「 無いのなら、作ってつけよう、ホトトギス 」


ゆryつrつyうぇりゅ1wr (30)


ということで、キックパネル裏の上辺りの

デッドスペースを有効活用しつつ


近くにある、きちんと固定されていなかった、


ゆryつrつyうぇりゅ1wr (32)


オーディオのクロスオーバーも一緒に固定できて、


既存のボルトを利用して固定できる

マウントブラケットを製作しまして


ゆryつrつyうぇりゅ1wr (31)


RTX用モジュールの取り付けが完了


次はOBDポートと、LED照明用の

調光用スイッチの取り付けに進みます


VIVA! Mさん & VIVA! S庭道場!!!!!!!!!!



[ 2021/07/02 23:51 ] 61 CHEVY CORVETTE | トラックバック(-) | コメント(-)