FC2ブログ

DAKOTA DIGITAL GAUGES 1961 コルベット EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > DAKOTA DIGITAL GAUGES > DAKOTA DIGITAL GAUGES 1961 コルベット

DAKOTA DIGITAL GAUGES 1961 コルベット



 Mさんの 1961 CHEVY CORVETTE


DAKOTADIGITALにキロ表示で作ってもらった、

RTXゲージへの交換が始まりまして


ゆryつrつyうぇりゅwr (5)


センターコンソールもあって、狭い運転席の

足元に潜り込んでの作業なので


作業姿勢が厳しく、腰痛必至のコルベットは


ゆryつrつyうぇりゅwr (1)


コンバーチブルなので、せめても

トップを開けて開放的にするだけで、


気持ちが滅入らずに済むようでナニヨリです


ゆryつrつyうぇりゅwr (2)


DAKOTADIGITALGAUGESの製品は

品質が良く、日本製品のように


ボルトオンでいけるのがほとんどなので


ゆryつrつyうぇりゅwr (4)


ベゼルばらして、ちょちょいでいけるんじゃね!?

なんて言ってたのを嘲笑うかのごとく


ファイバーボディにレザーを貼り込んであるダッシュは


ゆryつrつyうぇりゅwr (3)


どこもクリアランスがない作りで、分解が超難儀


メーターを外すには、ステアリングコラムまで

摘出しないといけない構造で、超ハード。。。。。


ゆryつrつyうぇりゅwr (6)


ゆryつrつyうぇりゅwr (7)


レストア済で、ぴかぴかのC1コルベットは  

まさにドリームカーで、スーパーカーなので


傷付けないように作業するだけでも、超気を使うのに


ゆryつrつyうぇりゅwr (10)


ゆryつrつyうぇりゅwr (8)


やってこともなく、勝手も知らないのに 「 ちょちょいだよ 」 

と、漏れ田くんに言われ、 「じゃあ、やるか」 と


ゲージ交換の作業を請け負ったDAICHIは


ゆryつrつyうぇりゅwr (9)


ゆryつrつyうぇりゅwr (11)


「 なんだよ! まじ、大変だよ!」 と

ハズレくじ 引いたようで、ご愁傷様です。。。。


作業で体が触れるところや、触る付近は


ゆryつrつyうぇりゅwr (15)


傷を付けてしまわないよう、よく養生したら


ダッシュ周りや、後付けしてある

アクセサリー類も分解して、ゲージを摘出


ゆryつrつyうぇりゅwr (17)


ゆryつrつyうぇりゅwr (16)


LSエンジンをスワップしてあるので、


ダッシュ裏には、コンピューターや

スワップハーネスがひしめき合っており


ゆryつrつyうぇりゅwr (12)


ゆryつrつyうぇりゅwr (13)


RTXのモジュールを設置する場所がなく


追加で設置できるマウントブラケットを

設計し、鉄板を切り出して製作


ゆryつrつyうぇりゅwr (18)


メーター類は、オリジナルとRTXを見比べると


オリジナルのデザインを生かした

レトロシリーズというだけあって


ゆryつrつyうぇりゅwr (20)


ゆryつrつyうぇりゅwr (19)


アンペア計が電圧計に変わったのと


メーターをマイル表記からキロ表記に

水温計の摂氏と華氏を変えた以外は


ゆryつrつyうぇりゅwr (24)


どれもオリジナルにそっくりなので


電源を投入して、マルチスクリーンが

作動していないと、オリジナルではなく 


ゆryつrつyうぇりゅwr (22)


ダコタデジタルのゲージに変わっているとは

言わないと気付かなそうです


センターコンソールに取り付ける時計以外は


ゆryつrつyうぇりゅwr (25)


ゆryつrつyうぇりゅwr (26)


ベゼルへの組み替えを終えまして


モジュールをダッシュ裏に取り付けたら

OBD2のコネクターポートと


ゆryつrつyうぇりゅwr (23)


LED照明の調光用スイッチを取り付けし

メーターもクルマへ組み付けていきます


VIVA! Mさん & VIVA! S庭道場!!!!!!!!!!



[ 2021/06/30 05:23 ] DAKOTA DIGITAL GAUGES | トラックバック(-) | コメント(-)