FC2ブログ

ZENITH  EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ZENITH



 カスタムオーダーを頂き、アメリカのWHEEL SHOPで

製作していたホイールが完成したと写真が届きまして


HUBにリングが付く、ZENITH STYLEのホイールで


IMG_ertwteqwr2911 (16)


こちらは13x7 REV、72スポークのストレートレース、


スポークは、当時のZENITHが使っていた、細いタイプの

スキニースポークと、ニップルも小さなベビーニップルを指定


IMG_ertwteqwr2911 (15)


どちらも錆びづらいステンレスでオーダーし、


スポークは手前の長いものだけゴールドにして

ニップルは全部ゴールドという仕様でオーダーで


IMG_ertwteqwr2911 (17)


届いた写真をよく見たら、おいおい、ニップルが

ゴールドになってないよということで、やり直し行き。。。。。


もう1セットも、HUBにリングが付くZENITH STYLEのホイールで


IMG_ertwteqwr2911 (18)


13x7 REV、72スポークのストレートレースで、

こちらもステンレスのスキニースポークと、ベビーニップル


ハブとノックオフに、深い彫り方でエングレを入れて、


dafdsfasdsadgf (1)


スポーク、ニップル、ハブはゴールドプレートして、

ハブのリングはクロームを装着、


ノックオフは、ゴールドとクロームのコンビという仕様で


dafdsfasdsadgf (3)


届いた完成写真を見たら、おいおい、ハブがコンビになってて

リングがクロームじゃなくて、ゴールドに、、、、、、


これまた指示通りになってないよということで、やり直し行き、、、、


dafdsfasdsadgf (2)


カスタムオーダーは、エングレの彫り方や模様、

ゴールドやカラーなど、とても複雑な仕様が多いので、


オーダーの際の指示も難しく、工程も多い分だけ、

エングレーバーやメッキ屋、ゴールドプレート屋、


eyrtuerur (2)


パウダーコート屋さんと、関わる人が増えて、

製作期間が長くなり、価格も高くなるので、


お金を頂いてからホイールをお届けできるまで


eyrtuerur (1)


お待たせしてしまう時間も長いという、難しい商品ですが

今回のように、間違って仕上がってくることも多く、、、


現地で間違えに気付いて、やり直しさせられればいいけど


eyrtuergur (3)


事前に写真をもらって確認することなく、送られてきて

日本に届いた後に気付いたら、時遅しですね。。。。。


何年も長いこと、沢山このようなホイールを扱ってきましたが

いつまで経っても気を緩められないハイリスク商品です


dafdsfasdsagdgf (4)


お金を払っても商品が届かない、いい仕様で注文したけど

安いパーツで組まれていた、連絡しても返答がない、、、


は、とてもよく聞く話ですので、皆さまも、アメリカへの

カスタムオーダーの際は気を付けましょう。。。。。



[ 2021/06/06 23:33 ] CUSTOM MADE WHEELS | トラックバック(-) | コメント(-)