FC2ブログ

1956 BUICK SPECIAL EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 56 BUICK SPECIAL * 565 * > 1956 BUICK SPECIAL

1956 BUICK SPECIAL



 Y室さんの 1956 BUICK "565 SPECIAL”

プロジェクト 進めてまして


各部の寸法が正しく組まれているのか計測し


00x0x_kU3VMZnRLc3_1200x90k0 (2)


セットアップ時の寸法誤差や、溶接不良が無いか


65年も前の車なので様々な理由で曲がりや

歪みが出ている可能性がありますし


hjxfhjdfyjdghfj (24)


シャシー以外にも、不具合箇所が無いかよく確認したら、


LSエンジンと、TH700R4オートマを搭載する

検証と位置出し作業が始まりまして


hjxfhjdfyjdghfj (25)


エンジン搭載の際に、クロスメンバーとオイルパン、


エキマニと、ステアリングシャフトの

クリアランスが影響するので、


hjxfhjdfyjdghfj (11)


エンジン搭載位置の検証前に、ギアボックスを


組まれていた重ステ用ラックから、パワステ用の

パワーラックのギアボックスに組み換えまして


hjxfhjdfyjdghfj (12)


パワステ用になると、ギアシャフト部分が大きくなり

クロスメンバーの上に大きくはみ出てくるので


他の制約とのせめぎあいなどで、 クロスメンバーに


hjxfhjdfyjdghfj (15)


ぎりぎりのエンジン位置になってしまうと


後からパワステ化したくても、スペースがなくて

パワーラックが付きませんので、先行が必要


hjxfhjdfyjdghfj (17)


ステアリングシャフトも通す位置を決めておくと

エキマニとのクリアランスが解りやすいので


全部メタルタッチでダイレクトに接続すると 


hjxfhjdfyjdghfj (16)


路面のバンプや振動を拾って、運転席のハンドルに

伝わってしまうので、吸振材が組み込まれている


バイブレーションダンパーを組み込んでおきましたら


22232211IMG_4001 (10)


インテークパイプも取り付けて、ラジエーターや

ファンシュラウドとのクリアランスを確認したり


オイルパンとクロスメンバー、ステアリングシャフト、


22232211IMG_4001 (11)


フロントランナーや、エキマニも仮組みし


フレームやインナーフェンダー、

周囲とのクリアランスをチェック


22232211IMG_4001 (12)


エンジンとファイヤーウォール、 ミッションと

ミッション上のフロア、ペラとセンタートンネルも


前後位置と高さも検証して、位置を決めていき


22232211IMG_4001 (13)


ペラの長さや、様々な車高時のデフの角度も検証し


スラムドしても、メインフレームより上の位置になるよう

エンジンマウントと、ミッションマウントを製作。


22232211IMG_4001 (14)


続いて、サスペンションのセットアップに進みまして


FATMANの MUSTANGⅡクリップを注文時に

それに合わせたエアバックとブラケットも取り寄せし


22232211IMG_4001 (15)


FIRESTONEのエアバックが一緒に届きましたが


MUSTANGⅡクリップのコイルポケットは狭く

エアバックが干渉して、痛みやすいので


hjxfhjdfyjdghfj (10)


エアバックが縮んで潰れた時でも、横に広がらない

スリーブタイプのエアバックで


フロントに使えるタイプが出てきたので


hjxfhjdfyjdghfj (20)


狭いコイルポケット内に組むと、干渉を避けられるので

組み込みを検証してみましたが


今回の仕様では、ストロークが短いので使用を見送りし


hjxfhjdfyjdghfj (19)


FIRESTONEの2コブタイプを使って組んでいきます


付属のロワーアームには、エアバックを固定する

ボルト穴が2箇所、開いてますが


22232211IMG_4001 (20)


使うエアバックや、アライメント、ストロークにより

エアバックを取り付けする位置が変わってくるので


ストロークさせて、エアバックの潰れ方やフレームや


22232211IMG_4001 (21)


スピンドルとの干渉を検証すると、既存のどちらの穴も

合わないので、良い位置に開け直しとなりました


Y室さんの調子も上がるよう、全速前進で進めていきます


 VIVA! Y室さん !!!!!!!!!



[ 2020/06/23 05:42 ] 56 BUICK SPECIAL * 565 * | トラックバック(-) | コメント(-)