FC2ブログ

1955 CHEVY EL-CLASSICO VINTAGE and ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 55 CHEVY 210 > 1955 CHEVY

1955 CHEVY



 K上 さん の   55  CHEVY、  210


ハーネス の 引き直し と FITECH化、

コンチキット 取り付けなどで 預かりまして


rueryje (10)


電気工事士 の 資格も 持ってる、  DAICHI が

FITECH化 に 合せて、 ハーネス 引き直し中。


ハーネス の 引き直しで 使用 する ワイヤリング キットは

今回も 安定の アメリカン オートワイヤー製。


tutuite (3)


全ての スイッチ や コネクター、 ランプ の

ソケットまで  全部 新品 が 入ってきますので


配線 部分 だけ 引き直しても、 スイッチ や 

コネクター、 ソケット が 古いままだと、


tutuite (1)


そこで 接触 不良 してたら、 努力が 無駄になるので

やるなら、 全部 新品に したい ところです


K上 さんの 55 CHEVY は、 エアコン、 

ダコタ ゲージ、 オーディオ、 エアサス、


rueryje (22)


ACCUAIR に  デュアル 電動ファン など 

電装品 が 山盛り なうえに


今回、 FITECH インジェクション も 追加 するので 


rueryje (23)


拡張性 の 高い ハーネス キット にして、 プラス、 


ターミナル や リレー を 多用 して 組みつつ

少しづつ 追加されてきた  電装品 の モジュール は


rueryje (24)


増築 増築 された 家の ように、 その時

スペース がある 部分 に 設置し


配線 も、 設置場所 も ゴチャゴチャに なってるので


rueryje (25)


これを機に 作業 や 配線 が やり易く


のちの 設定 や メンテも やり易いように

それぞれを 適した 場所 に 配置換え して、 


rueryje (6)


ヒューズ ボックス や FITECH モジュール を 

設置する ブラケット を 製作 し、  


ファイヤー ウォール に 断熱 処理 して 取り付け


rueryje (7)


MSD 6L や イグニッション コイル は できるだけ 

エンジン周り からの 熱害 を 受けないように、 


ブラケット を 製作 し、 室内に 移設 しまして


rueryje (8)


FITECH化 に 伴い、  燃料ポンプ を EFI用 の

高圧 の ポンプ に 変更するので


ポンプ と フィルターを 設置する ブラケット も 製作


rueryje (9)


ブラケット には、  トライシェビー なのでと、

補強の リブ を   V スプリクト デザインに。


新しい 配線 に つなぎ直す 作業 を 進めていたら、 


rueryje (12)


スターター の  Sターミナル の ナット が 回らず、 


何とか 外しましたが、 ネジ山 ずる剥け の 刑 で

これでは 使えませんが、 在庫 で あった

新品 ソレノイド に 交換 しまして


rueryje (13)


昔は しょっちゅう スターター 壊れて

ソレノイド 交換 も よく やってましたが


そういえば  最近 は そんな 修理 が 

全然 無いのは  気のせい でしょうか!?


rueryje (14)


その頃 在庫しといた ソレノイド が 残ってて 良かったです


昼間 に DAICHI が  FITECH化 と 

ハーネス 引き直し を 進めて


rueryje (15)


夜中 は コンチキット の 取り付けを 進めて


作業 が バッティング しないように 時間を 代えて

2交代制 で 作業を 進めて いまして


rueryje (1)


コンチキット は、 アメリカ から  リプロ品 ではなく、 


アメリカ で 希少な オリジナル品 の USED を 

見付けて 購入して きまして


rueryje (2)


希少な オリジナル品 の コンチキット 見つかって

良かったですね と  喜んだのも 束の間、  


作業を 進めていくと  説明書 無いし、 部品 欠品 してるし


rueryje (3)


曲がり や 歪みも あるし、 ボルト 折れ込んでたり、 

ネジ山 死んでたり と  色々 発覚するので


取り付け 作業が 進まず、 難航 しまして、、、、
 

rueryje (5)


オリジナル は 最高 ですが、  取り付けする 側としては 

全部 新品 で 欠品ないのが 良かったなぁ。。。。。。


説明書 が 無いので、 ネット で 検索 したり 


wfafva.jpg


58 インパラ乗り の Y崎さん に 欠品 している 

部品を 分けて もらったり、


コンチの パーツを 買える WEB SITE を 教えてもらったり


rueryje (16)


A田 くん の 御友人で、 55 CHEVY に コンチキット を

取り付け したことが ある方に 沢山 教えて 頂いたりと


今回も  皆さまの お陰で、 どうも ありがとう ございます 

 
rueryje (17)


歪んだ ブラケット を 修正 したり、 欠品 している

ブラケット の 形状 や、 構造 を 解明 して

 
オリジナル や リプロ は、 バンパー ブラケット と 
 
フレーム などを 共締め する 構造 から


rueryje (18)


取り付けの際、 穴開け や 溶接 を しなくて 済むように 

作ってある  苦肉の 構造 に 思えるので


どうせ 欠品してて、 作らないと いけないのなら


rueryje (19)


今後 塗装して 組み直す際や、 メンテナンスの 際に

取り付け し易い 構造 に したり、 余計な 部分まで


分解 しなくて 済む 構造に 作り変えまして


rueryje (20)


ホイール も 組み付けて、 ロック 部分 を 取り付ける 

位置を 決めて、 テンプレート を 製作。


慎重に トランク に 穴を あけて、 キャッチ を 取り付けたら


rueryje (21)


うーん、、、、 今度は ロック の ピン が 曲がってるし


無理矢理 溶接 してあって  これじゃあ 

調整 効かないし、、、 もう、 中古品は 嫌、、、、、、、


VIVA!  S庭 道場 !!!!!  

         VIVA! K上 さん!!!!!!! 



[ 2019/05/06 13:54 ] 55 CHEVY 210 | トラックバック(-) | コメント(-)