FC2ブログ

1958  IMPALA COUPE  EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 58 CHEVY IMPALA > 1958  IMPALA COUPE

1958  IMPALA COUPE



 Y崎 さん の  1958  IMPALA COUPE


以前、  エアコン の 取り付け や、 FITECH EFI、

フロント ランナー の セットアップ などを  担当 させてもらい  


fjhdjyrdjd (1)


今回、  ブラック で 仕上げた エンジン ルーム に 合わせ

ブレーキ も  ブラック で  アレンジ し直したり


50マイル くらいから、  ペラ鳴り が 出るので 


wragfdadf (1)


修理 などを 進めるため  クルマ を 預かりまして


エンジン 周り や  フロント ランナー は 

ブラック で 統一 され カッコよくなりましたが


wragfdadf (2)


クルマ を 購入 された時 から、  赤く 塗られてた

マスター シリンダー は そのまま 残っているので 


「  天狗 か 」  と  笑ってたら、  ボコられまして、、、、


mm005_tengu.jpg


今回、  天狗 マスター から  ブラック にした  エンジン と 

雰囲気 が 合うよう  コーディネート して


WILWOOD の  ブラック マスター シリンダー に 交換 へ

   
fget.jpg


マスター、  バルブ類 も アメリカ から  到着 し


WILWOOD製 の ビレット マスター シリンダー は

CPP製 の 鋳物製 と 比べると


wragfdadf (6)


アルミ 削り出し の 機械 加工品 なので 精度 も よく、 

不良品 や トラブル も 無いので  安心だなんて  思ってたら


昨年、  WILWOOD の この ビレット マスター シリンダー の

 
wragfdadf (7)


ある ボア径 に 限ってですが、  ピストン シール 不良 で


フルード が 内部 リーク する と  リコール で 回収 になったよ と

ROADSTER SHOP から  情報 が 回ってきまして、、、、


wragfdadf (8)


対象 の ボア径 は 使ったこと 無かったので  良かったです。。。。


パワー ブースター も 取り外し、  マスター シリンダー の 

色に 合わせて  同じ ブラック に 塗装 に 出しまして


wragfdadf (5)


塗装 が 上がってきたら、  お役 御免 に なった  

天狗さん を  お山 に 帰しに いって


ブラック 仕様 に 組み換え を 進めたいと 思います


wragfdadf (9)


以前、  FITECH インジェクション を 組んだ後

試運転 してたら、  50 マイル くらいから


ペラ鳴り と 嫌な 振動 が 出てたので


wragfdadf (10)


今回、  その 修理 も  行うことと なりまして


前回 作業 したときに  下回り を 見てたら

ミッション は  TH700R4 が  積まれていますが、  


wragfdadf (11)


シフト の リンケージ や  ミッション メンバー など  

かなり  ラフ に 作ってあったので


4速化 すると  フロント シャフト の ナロード が 必要 に なりますが


wragfdadf (12)


ペラ の ナロード も、  他 の 部分 の 加工 と 同様、

ラフ な 加工 を してそうだと  想像 が 出来まして、、、、


本来 は 高速 回転 する 部分 なので、 しっかり 精度 が 出るよう  


wragfdadf (13)


機械 加工 で 芯出し したり、  加工後 には  

バランス取り も 必要 に なりますが


ペラ を 外してみたら、  想像 以上 の アバウトさ でして、、、、


wragfdadf (16)


計測 するまでもなく、 目視 でも  芯ズレ してるのが 解りますし、  

ヨーク も 角度 が 傾いて  溶接 されてまして、、、


これでは  音 や 振動 出るのも  当然 で ございます。。。。。。

 
wragfdadf (17)


適当 に 処理 してあった  フロント シャフト は 捨てて


ナロード & バランス 加工済 の 新品 シャフト、

ユニバーサル ジョイント も  新品 に 交換。


wragfdadf (14)


パワステ の 605 ギアボックス は、  


新しく 設置した  ラジエーター と  

ファン シュラウド も  逃げ加工 して  


wragfdadf (15)


作動 こそ   問題 ありませんでしたが


シール が ダメで、  内部 リーク して

フルード が 漏れて しまっていたので


fjhdjyrdjd (2)


こちら も 今回、  新品 に 交換すること と なり


今  新品 として  売られている  605 ギア ボックス は  

中古品 を 再生した  リンク品 ですが


fjhdjyrdjd (4)


リンク品 は 不良品 が 多いので、  今回 万全 を 期して

完全 な 新品、 BRAND NEW を 用意 しましたら


若干 形状 が 違ったので、  取り付け プレート を 少し 加工 しまして


hjghjdh (5)


プレート の 錆 や 汚れ を 落して  塗装 したら

BRAND NEW の  ギアボックス を 取り付け。


パワステ ホース も 新調 し、  エア抜き したら


hjghjdh (6)


605 ギアボックス の  交換 も 完了 しまして


ギア ボックス を 交換 する際、  片側 の

スウェイバー の ブッシュ が  玉砕 してて 


hjghjdh (7)


hjghjdh (8)


リンク ブッシュ も  1個   玉砕 したのか 

無くなって しまってるのを 発見 したので  


それらも  交換 進めて いきたいと 思います。


VIVA !  S庭 道場 !!!!!
   VIVA !  Y崎 さん !!!!!!!!!!!



[ 2018/11/03 05:03 ] 58 CHEVY IMPALA | トラックバック(-) | コメント(-)