FC2ブログ

54 CHEVY SUBURBAN EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > カテゴリー - 54 CHEVY SUBURBAN

1954 CHEVROLET SUBURBAN



 S原さんの 1954 SUBURBAN


ロードスターフレームのスワップ作業や

各部のリメイクを終えて、沖縄に戻り


hjfhjfjrykjrykrykiutir (5)


びっくりするくらい、良くなったと

喜んでいただけて、ナニヨリです


普天間フライトラインフェアでは


hjfhjfjrykjrykrykiutir (4)


イベントを終えて、基地から出る際


イベントから帰る人の渋滞に加えて

カーショーの搬出渋滞が発生して


基地から出るのに2時間、掛かったそうで、、、、


hjfhjfjrykjrykrykiutir (7)


使用しているオルタが、アイドリング状態で

ライトオン、エアコン全開だと


電圧が11Vまでドロップしてしまいますが

少しでも走り出すと、14V代で推移するので


fguyghhigug9879 (10)


電圧不足に陥ることもないので、

このまま様子を見ようとしていましたが


基地での渋滞で2時間、11Vの状態が続いて


fguyghhigug9879 (13)


さすがに心配になったと連絡をもらい、


もしかしたら、沖縄滞在中に高性能のオルタに

交換することがあるかもと準備してあったので


hjfhjfjrykjrykrykiutir (8)


S原さんがガレージにいるタイミングに合わせて

お邪魔させて頂き、オルタを交換しまして


新しいオルタでは、アイドリング状態でも


hjfhjfjrykjrykrykiutir (9)


ライトオン、エアコン全開でも13Vくらいで

維持してくれるので、今後は全然進まない


ひどい渋滞にはまったとしても、安心です


VIVA! S原さん !!!!!!!!!!



[ 2023/10/10 11:33 ] 54 CHEVY SUBURBAN | トラックバック(-) | コメント(-)

1954 CHEVROLET SUBURBAN



 S原さんの 1954 SUBURBAN


これまでの、オリジナルフレームを

カマロクリップ化して、Cノッチ加工


efくぇetがうぁs (35)


エアサスを組んであるシャシーから、


ロードスターショップで作ってもらった

スラムドシャシーに変更となりまして


efくぇtがうぁs (276)


フレームスワップの作業に合わせて、

ボディのフロアの作り直しや補強、


オリジナルのゴム板のボディマウントを


efくぇetがうぁs (36)


ちゃんとしたボディマウントに変更したり


オリジナルの給油口を使えるよう

燃料タンクをカスタム、移設したり


efくぇtがうぁs (275)


フレッシュエアーを取り込むエアスクープや

ボンネットやリアゲートのヒンジの修理


エンジンルームも綺麗に仕上げ直したり


efくぇetがうぁs (39)


エアサスをACCUAIR化して、乗り心地も

良くなるように対策をしたり


ハーネスの引き直しやエアコンのやり直し


efくぇetがうぁs (37)


他にも多岐に渡る作業を9ヶ月半


オーナーのS原さんには長らく

お待たせしてしまいましたが 


efくぇetがうぁs (38)


完成度の高いクルマとして


ようやく全ての作業を終えて

納車の段取りとなりました


efくぇetがうぁs (40)


沖縄に向けて送る船に積み込むため


東京の有明にある港に搬入し

フレームに取り付けた赤いベルトと 


efくぇetがうぁs (41)


ラッシングベルトでパレットに固定し


この日はあいにく、午後から雨の

予報になってしまったので


efくぇetがうぁs (42)


ドアやリアゲートなどをマスキングテープで

目貼りして雨漏り対策をしていたら、


船会社の方が気を使ってくれて


efくぇetがうぁs (43)


それならすぐに船内に積んでしまおうと

雨に濡れないようにしてくれまして


その後、東京は雷雨になりましたが


efくぇetがうぁs (44)


雨の影響を受けずに済みまして


サバーバンを積んだ船も、沖縄に

向けて出航となりました


VIVA! S原さん! VIVA! S庭道場!




[ 2023/09/24 08:00 ] 54 CHEVY SUBURBAN | トラックバック(-) | コメント(-)

1954 CHEVROLET SUBURBAN



 S原さんの 1954 SUBURBAN


これまでの、オリジナルフレームを

カマロクリップ化して、Cノッチ加工


efくぇtがうぁs (8)


エアサスを組んであるシャシーから、


ロードスターショップで作ってもらった

スラムドシャシーに変更となりまして


efくぇtがうぁs (12)


試運転を重ねて、ダメ出しと対策を

繰り返しながら、かなり走り込んでいき


エンジンは調子良いのですが 


efくぇtがうぁs (9)


信号待ちの時に、時々ブルったり 

回転がハンチングするときがあり


燃料フィルターを見ると、燃料が


efくぇtがうぁs (11)


きちんと来ていない時があるので

燃料ポンプを新品に交換しまして


燃料はきちんと来るようになるも


efくぇtがうぁs (10)


まだ、たまにエンジンがブルつくので

ミクスチャーやタイミング調整をするも


改善しきらないので、キャブの分解調整へ 


efくぇtがうぁs (2)7


エーデルブロックのキャブは、フロートレベルの

調整が外から出来ない構造なので


キャブを分解する必要があり、分解すると 


efくぇtがうぁs (2)


紙のガスケットがベリべりになってしまい

組み戻せなくなるので、


ガスケットキットを取り寄せして、分解となりまして


efくぇtがうぁs (3)


各部の点検と清掃をしながら分解し、

フロートレベルを調整して組み戻し


再度エンジン調整を煮詰めていき


efくぇtがうぁs (4)


ハンチングとブルつきが改善されまして


一通りの作業を終えたので、S原さんに

クルマを納車する準備に進みまして


efくぇtがうぁs (4)7


ロードスターショップのフレームには


1台毎に製造番号が入ったプレートが

付いてくるので、取り付け場所を


efくぇtがうぁs (3)7


S原さんと相談しながら決めていき

リアのメンバーの右側に取り付け


沖縄にクルマを送る船に船積みする際


efくぇtがうぁs (1)


船会社の人に運転させたくなかったり


エアサスやハイドロが付いていると

車高が下がってきてしまうので


efくぇtがうぁs (6)


自走で船に載せ降ろしするのではなく、


大きな台のパレットにクルマを載せて

そこにクルマをベルトで固定したら


efくぇtがうぁs (5)


パレットをフォークリフトで持って

船に積み降ろしするので


パレットにクルマを載せたあとに


efくぇtがうぁs (7)


船が揺れたときに、パレットのうえで

クルマが動いてしまわないよう、


四方向にベルトで引っ張って固定しますが


efくぇtがうぁs (13)


ベルトをクルマに掛ける作業を船会社の

人にお願いすると、掛けやすい位置にある


アームやバンパー、ホイールに掛けてしまい


efくぇtがうぁs (14)


船で輸送中の3日間のうちに、エアサスや

ハイドロが下がってしまうと


ボディにベルトが食い込んで壊れたり


efくぇtがうぁs (15)


ベルトで引っ張られて、アライメントや

ホイールのバランスが崩れたりと


色々なトラブルを経験してきたので


efくぇtがうぁs (16)


パレットへの乗り込み、ベルトの固定まで

フィットのスタッフが行うようにしますが


迅速に作業が出来て、クルマを傷めないよう


efくぇtがうぁs (18)

 
ベルトを掛けて引っ張っても問題ない位置に

目立つ赤いベルトを取り付けておきまして


試運転中にブレーキダストで汚れた


efくぇtがうぁs (19)


ホイール、タイヤは取り外して綺麗にして


約9ヶ月間、様々な作業が続いたので

ボディや室内に傷や汚れがつかないように


efくぇtがうぁs (20)


ぜんぶ、養生をして作業していたので

養生も撤去して、綺麗に掃除をしていき


見た目こそ変わらないものの、外装以外


efくぇtがうぁs (21)


全てに手が入ったので、操作方法や

取り扱い方が変わったり内容に合わせ


新しいオーナーズマニュアルを作成


efくぇtがうぁs (22)


使用したパーツの説明書や、取付要領書、

引き直したハーネスの回路図に


設定したアライメントの数値などもファイルし


efくぇtがうぁs (23)


スペアのフューズもファイルに入れたら


ボディカラーに合わせて特注で作った

ステアリングホイールに変えたので


efくぇtがうぁs (25)


これまで付いていたステアリングや


車検用の触媒、タッチアップ用の

塗料など、S原さんに送る物を準備


efくぇtがうぁs (28)


タイヤとホイールを2セット預かってたので


車体に装着してない方のセットは

汚れないよう、袋に入れたのち


efくぇtがうぁs (26)


シートの上に積むことになるので


シートが汚れたり、跡が付かないように

養生して積み込みしていきまして


efくぇtがうぁs (17)


最後の試運転のあとに、リフトで上げて

ボルトやナットの緩みがないか点検し


フレームや足周りをはじめ、外装、


efくぇtがうぁs (30)


内装、エンジンルームをみんなで綺麗に

掃除して、納車準備が完了となりまして


長い時間が掛かってしまいましたが


efくぇtがうぁs (24)


フレームスワップと、様々な部分の

対策や補修、カスタムが完了し


とても良いクルマに仕上がったと思います


VIVA! S原さん! VIVA! S庭道場!


[ 2023/09/23 08:00 ] 54 CHEVY SUBURBAN | トラックバック(-) | コメント(-)

1954 CHEVROLET SUBURBAN



 S原さんの 1954 SUBURBAN


これまでの、オリジナルフレームを

カマロクリップ化して、Cノッチ加工


yujrwrte6t56reyethet;htlhmrt,h;thekpe (1)


エアサスを組んであるシャシーから、


ロードスターショップで作ってもらった

スラムドシャシーに変更となりまして


ghh9r99rt6wrお (10)


試運転を重ねて、ダメ出しと対策を

繰り返しながら、かなり走り込んでいき


走行中の制動や、ブレーキ、エンジンと 


ghh9r99rt6wrお (11)


完成度の高いクルマになりましたが

ちょっと残念な部分が乗り心地。。。


今回使用したロードスターショップをはじめ


d23d3d97-1cb2-4a05-b62b-07408f938e94.jpg


アートモリソンなど、一流シャシーメーカーの

エアサス仕様のシャシーの構造は


フロントがマスタング2の構造になりますが


0b3c033b-4694-433d-9072-d11778649129.jpg


当時のクルマの純正フレームと比べると

上下のアームやコイルポケットが小さく


スウェイバーやショックも付くので、


14495551-4760-4aaa-9401-2b8331c802f3.jpg


エアバックを組むスペースが狭く、


周囲と干渉しないように使用するエアバックは

かなり小さいタイプが採用されていて


ghh9r99rt6wrお (27)


リアのエアバックはスリーブタイプを使用


小さいエアバックやスリーブタイプはバックの

容積にともなって空気量が少なく


ghh9r99rt6wrお (12)


車高を上げるには高い空気圧が必要になり


例えば大きなタイプのエアバックを使用すれば

ライドハイトまで車高を上げた時が65PSIでも


ghh9r99rt6wrお (13)


小さいタイプやショックウェーブなどだと

同じライドハイトにすると、110PSI。。。。


圧が高くなると、エアバックはパンパンで固くなり


ghh9r99rt6wrお (14)


走行中は跳ねるし、路面のデコボコを

吸収しきらなくなって、乗り心地が悪く


柔らかいショックを組んでも、沈み込む前に

跳ねてしまうので、跳ねが解消されず


ghh9r99rt6wrお (15)


固いスポーティーな乗り味が好き

という方も多いとは思いますが


沈み込みがない、跳ねるだけの足周りは

スポーティーとも違うと思いますし


ghh9r99rt6wrお (16)


僕たち的には、エアサスを組んだ足でも 

できるだけ、ふわっとした乗り味が理想


出来るなら大きなエアバックを組んで


ghh9r99rt6wrお (17)


低いエア圧で乗れれば、乗り心地も

良いクルマになりやすいのですが


スウェイバーやショックを組まずに


ghh9r99rt6wrお (19)


大きなエアバックを組んだら、本来の

性能以下になるので本末転倒。。。。


では、どうしたら乗り心地が良くなるか


ghh9r99rt6wrお (18)


これまでの経験や、知識を持ち寄り

みんなで相談した結果


完成しているフレームやエアサスの 

システムを大きく変えることなく


ghh9r99rt6wrお (21)


比較的簡単に追加できて故障しづらい

空気量を増やすシステムの骨太が完成


その構想をもとに、まずはこれまでの


ghh9r99rt6wrお (20)


エアバックと電磁弁の間にチーズを入れ


エアタンク代わりのエアバックを設置し

配管を接続して試運転したら、


ghh9r99rt6wrお (22)


実際に乗り心地がよくなったので

もっと乗り心地を良くできるか、


さらに大きなエアバックに組み換えて

試運転したら、さらに乗り心地が向上。


ghh9r99rt6wrお (23)


続いて、エアバックをサブタンクに使用すると

路面のバンプに合わせて、サブタンク側でも


伸縮してくれるので、より乗り心地が

より良くなるかと思ったら


ghh9r99rt6wrお (24)


沈み込みとは違い、ポワンポワンして

なんとも微妙な乗り味になったので


固いエアタンクの方が適しているようです


ghh9r99rt6wrお (25)


その後、小さなエアタンクと大きなタンク

どちらが乗り心地が良くなるかもテストし


大きなエアタンクの方が良かったのですが


ghh9r99rt6wrお (26)


サブタンクを追加すると、車高を上げる際

これまでよりも多くのエアが必要になり


車高が上がるまでの時間や、コンプレッサーが


ghh9r99rt6wrお (28)


動く時間も長くなるというデメリットも

生じる事になるので、実際にどれくらい


時間が長くなるのかテストしてみて、

あまりにも長くなるようだと


ghh9r99rt6wrお (2)


不便なので、このシステムを追加するのは

現実的ではないと判断しようよと検証


各作動の時間の計測も行ってみたら、

まぁ、許容範囲かなということで


ghh9r99rt6wrお (3)


ゴム製のエアバックは劣化し、常に動く

エアバックを設置する場所的にも


トラブルや故障がないエアタンクが最適となり


ghh9r99rt6wrお (3)


空気量を増やすためのエアタンクは

出来るだけ、エアバックの近くのほうが


空気が行き来し易く、効果が高くなるので


ghh9r99rt6wrお (5)


フェンダーの裏にあるスペースを利用し

エアタンクを設置するブラケットを製作


フェンダーとタイヤの隙間から手を入れて


ghh9r99rt6wrお (7)


コックに触れるように組付けしていき


タイヤの後ろに設置すると、タイヤが

巻き上げた小石などが当たって


ghh9r99rt6wrお (6)


ドレンコックが緩んだり、フィッティングが

破損して、エア漏れがおきないように


フィッティングは壊れづらい金属製を使用し


erqeroqerpqkf565 (2)


跳ね石、水が掛かるのを防ぐために

泥除けのフラップも取り付けまして


エア漏れが起きないか、3連休の間、


erqeroqerpqkf565 (1)


動かさずに様子を見たら、一般道と高速道路で

試運転して、作動確認も完了


不快だった固い乗り味は、かなり改善され


ghh9r99rt6wrお (4)


乗り心地がよくなるので、今後エアサスを組む

クルマにはこのシステムもお勧めしたいと思います


VIVA! S原さん! VIVA! S庭道場!


[ 2023/09/20 17:34 ] 54 CHEVY SUBURBAN | トラックバック(-) | コメント(-)

1954 CHEVROLET SUBURBAN



 S原さんの 1954 SUBURBAN


これまでの、オリジナルフレームを

カマロクリップ化して、Cノッチ加工


ooppopop665656599popop@ (5)


エアサスを組んであるシャシーから、


ロードスターショップで作ってもらった

スラムドシャシーに変更となりまして


ooppopop665656599popop@ (4)


新しいシャシーのブレーキの効きが

イマイチで、効くのは効きますが


パニックブレーキ時の効きがイマイチ。。。。


ooppopop665656599popop@ (6)


こんなものと言われればナットクだけど


4輪、BAER製のディスクブレーキで

こんなもんなの!?という感じなので


ooppopop665656599popop@ (9)


マスターシリンダーを疑って変えたり


エア抜きを何度もやり直したけど改善されず

残されたのはパワーブースターだけとなり


ooppopop665656599popop@ (10)


ブースターを新品に交換してみたら

超効くブレーキになり、良かったです


新品なのに製品不良に巻き込まれて


fguyghhigug9879 (10)


いい迷惑ですが、これもアメ車あるある。。。


アイドリング時にエアコン、ライトオン、

電動ファンもオンだと、充電が追い付かず


fguyghhigug9879 (12)


fguyghhigug9879 (11)


走り出してしまえば14V代をキープ

するのですが、念の為に


アイドリングでも、モリモリ充電する


fguyghhigug9879 (13)


オルタに交換しておこうと

パワーマスター製のオルタに交換したら


おおーっ、さすがパワーマスター製


fguyghhigug9879 (14)


アイドリングでも、もりもり充電して

こちらも不安解消と思いきや、


全く充電しませんけどの刑。。。。。


ooppopop665656599popop@ (11)


また製品不良なのか、電装屋さんに


原因解明と修理をお願いしましたが

待ってる余裕も時間もないので


ooppopop665656599popop@ (3)


元のオルタに戻して、最近フィットでは

オルタはここのに限るねという


超高性能なメーカーのモノをオーダー。。。。。


ooppopop665656599popop@ (2)


スピードメーターが動かないので調べたら


スピードメーターのギアの組み合わせが

合ってなくて、噛み合ってなかったので


fguyghhigug9879 (4)


ドリブンギア、ピ二オンギアともに

新品に交換して改善されまして


ダコタデジタルのスピードメーターも


fguyghhigug9879 (24)


ちゃんと作動するように校正して


フラップ加工したファンシュラウドを

組み戻すタイミングで


fguyghhigug9879 (23)


クーラントを全て抜き取って


沖縄在住のS原さんは、環境的に

氷点下になることはないので


yujrwrte6t56reyethet;htlhmrt,h;thekpe (12)


クーラントをより冷却効率のいい

WAKOS製のヒートブロックに入れ替え


ヒートブロックはレース用の製品なので


yujrwrte6t56reyethet;htlhmrt,h;thekpe (13)


不凍液が入っていないのですが


通常のクーラントに比べて冷却効率が

いいので、氷点下にならない沖縄には最適


yujrwrte6t56reyethet;htlhmrt,h;thekpe (16)


フラップ加工と、ヒートブロックに入れ替えし


水温が上がり気味なのがどうなるか、

再び高速道路を走らせてテストへ


VIVA! S原さん! VIVA! S庭道場!



[ 2023/09/18 19:36 ] 54 CHEVY SUBURBAN | トラックバック(-) | コメント(-)