FC2ブログ

1940 MERCURY  



 M本さんの 1940 MERCURY ”  BREEZEE ”


アメリカから 輸入した車両の 不具合部分の 修正と

好みに リメイク プロジェクトを 進めてまして 


65665656565656554 (5)


摩耗していたドアのキャッチと、ストライカーの交換、

ドアヒンジのリペアを終えたら


ヒンジの取り付け位置を調整できる、シムを製作 


65665656565656554 (6)


シムをヒンジとボディの間に挟むことで

ヒンジの前後位置を 調整できるようにしたら


ヒンジの取り付け方法は、元々ボルト&ナットですが


fhotuo1yfy (2)


穴位置が決まっていて、位置の調整が効かないので


ヒンジの取り付け位置を 固定式から調整式に加工しつつ、

狭くて手や工具を入れづらい場所なので 


fhotuo1yfy (3)


工具無しで取り付け、調整をできるようにしていきます


そうすることで、シムを使った前後位置の調整と

プラス、上下左右も 動かせるようになり、


65665656565656554 (21)


より、建付けの調整幅が広がり、チリ合わせし易くなります


Aピラーの下の、ヒンジを取り付けする部分は開口が狭く、

手や工具がまともに入らなくて作業がしづらいので


65665656565656554 (18)


65665656565656554 (17)


ポスト内の補強プレートの隙間に収まる

ヒンジの穴位置に合わせたプレートを製作し


ボルト穴を開けて、ナットを溶接しておくことで


65665656565656554 (19)


内装を剥がしたり、ポストの裏の狭いスペースに

ナットや工具を入れて作業する手間が不要になり


写真のように、取り付け位置を上下左右方向にも 


65665656565656554 (20)


調整ができるようになりました


続いて、ドア側の加工に進みまして

ヒンジをドアに取り付ける部分は


ljiipipupui (3)


純正のリベット式では、位置の調整が効かず


今後、ヒンジを外す必要が出た時に

リベットを壊さないと外せないので


ljiipipupui (1)


ljiipipupui (4)


こちらもボルト&ナットの構造に変更していきます


ドアのヒンジが付く部分は、重いドアの荷重を

ヒンジを支点に受け止めるため

 
65665656565656554 (22)


縦方向の補強のリブと、スキンパネルと裏骨を

接続して補強するリブが入っていまして


それらのリブを袋状にすることで強度を出してまして


65665656565656554 (28)


65665656565656554 (26)


袋状になった中に、ヒンジが付いており


裏側はどこからもアクセス出来ない構造なので

ボルト&ナット構造ではなく、リベット式になったようです


65665656565656554 (27)


そこで、ボルト&ナット構造に変更するため


一旦、縦方向の補強のリブと、スキンパネルと

裏骨を接続して補強するリブを摘出して


65665656565656554 (36)


ヒンジを取り付ける部分の表面は平らですが


ドアの内側は、さらに鉄板に凹凸を付けて

強度を出した鉄板を貼り合せてあり


65665656565656554 (31)


平らではない形状だったので、、、、、、


そのスペースの型紙をとって、厚い鉄板を

切り出して、穴を開けてまして


65665656565656554 (32)


ヒンジボルトのネジに合わせて、ねじ山を切り

ナット兼用のプレートを製作。


位置の調整はボディ側で行うので、ドア側は


65665656565656554 (33)


位置の調整機能は不要となり、固定式にしますが


裏側の凹凸を避ける形状に作られたプレートは

4本の固定ボルトのうち、2本づつに別れるので


65665656565656554 (25)


65665656565656554 (24)


ヒンジを取り付けて、ナットプレートで固定したら


それぞれのプレートと、ドアの裏の補強を接合し

ナットプレートが動いてしまわないように固定


65665656565656554 (30)


65665656565656554 (29)


ナットプレートを固定しておくことで


ヒンジの取り付け部分が袋状になっても

表側からボルトを締めたり、緩めれば


fhotuoyfy.jpg


ヒンジの脱着が出来るようになりました


裏側にナットプレートを仕込んだら

ドアの補強の再生に進みまして


kjjgftdrrsrtruyi (4)


一度摘出したリブ類は、歪みをとったり

耳部分を再生したのち、


順番にドアに組み戻していきまして


kjjgftdrrsrtruyi (2)


リブ類も組み戻して、ドアのヒンジ取り付け部分の

周辺の強度も再生したら


リベット留め構造から、ボルト&ナット式への変更が完了


kjjgftdrrsrtruyi (6)


kjjgftdrrsrtruyi (1)


しかし、この後 さらなる大問題が発覚して、大工事に

発展することになりまして、どうやら、開けてはいけない、


パンドラの箱を開けてしまったようです。。。。。。


VIVA! M本さん & VIVA! S庭道場 !!!!!!!!!!



[ 2020/09/13 00:00 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)

FOR SALE  1955  CHEVY



 FOR SALE の  お知らせ です


ご存知、 K上さんの 1955 CHEVY CUSTOM

新たな プロジェクトの為、 FORSALEと なりました 


IM88789877996G_2800 (39)


毎年少しづつカスタムを追加しながら 進化させており

フィットでは、4年間に渡り 色々な作業を担当させてもらい


調子もよく、内容も書ききれないほど、とても濃いクルマです


IM88789877996G_2800 (40)


クレート 350エンジン、 FITECH EFIシステム

LSスタイル トンネルラムインテーク、


106ミリ スロットルボディ、 カスタムインテーク 


45665665 (5)


MSD ビレットデスビ、 6AL、ブラスターコイル、


ビレットスペシャリティーズ TRUTRAC サーペンタインキット、

ビレットスペシャリティーズ バルブカバー


poiytttukk12 (18)


サンダーソン エキマニ、 NEW マフラー、

カスタムステンレスマフラーチップ製作


EFI用ポンプインタンク式 燃料タンク、フィルターレギュレター、


20160906_005436 (1s) (2)


9インチ デュアルパワーブレーキブースター

WILWOOD ビレットマスターシリンダー&Pバルブ


アルミポリッシュ ラジエーター&ACコンデンサー

ツイン電動ファン、ファンシュラウド


klhgguyiuo (7)


リビルト済 TH400 オートマ、 スターターリビルト、

10ボルトデフ、 パワステ、 500ギアボックス、 


フロント ディスクブレーキ、 ドロップスピンドル


klhgguyiuo (2)


RIDETECH製 パラレル4リンクキット、 

フロントアッパー&ロワー ストロングアーム、


フロントマッスルバー(強化スウェイバー) 


20160907_022904.jpg


エアサス、 4輪ショックウェーブ、 


2コンプレッサー、 5Gタンク、 EXOマウント

ACCUAIR E-LEVEL  セットアップ、


uipotiuotyio (4)


スマホ遠隔操作用 WIFIモジュール、

カスタム ステンレス タッチパッドホルダー


トランクフロア、 パラレルリンク カスタム、

通常より 車高が下がるように 加工してあります


1502668035457.jpg


ハーネス引き直し (アメリカンオートワイヤー)


現行品の 電動ワイパーキットに組み換え 

VINTAGE AIR シェアフィット エアコン、  


Screenshot_2017-07-15-16-52-08-1.jpg


FLAMING REVER製クローム チルトステアリングコラム、 

16インチ 小径ステアリング、 GENNIE フロアシフター


ダコタデジタル VHXゲージ&クロック、


uipotiuotyio (2)


LOKAR スロットルペダル、ブレーキペダル 

(踏み易い位置になるよう、カスタム済)


デッドニング、 カーペット、トランク内カーペット、フロアマット


uipotiuotyio (1)


VINTAGE AIR エアコン、  オーディオ、

キックパネル&リアトレー JBLスピーカー


OGエレクトリックアイ レストア済、 カラーバー、


poiytttukk12 (13)


ティッシュディスペンサー、 コンパス、トラフィックビューワー


OGコンチキット(レストア済)、 OGガンスポ(レストア済)

前後 OGバンパーガード、 アウトサイドバイザー、


poiytttukk12 (12)


OGアクセサリー ヘッドライトベゼル、 LEDライト、


ロッカーモール、グラベルシールド、ガスドアガード、

セーフティスター、AAAライセンストッパー、 


1502667983881.jpg


カスタムテールレンズ、 フェンダースカート(カスタム済)

カスタム加工済 ステンレス レイクパイプ、


OG TRU CLASSIC ホイール5本セット (レストア済) 


IpyrruMG_0039 (10)


鉄ちん風 新品ホイール&キャディラック ハブキャップの

セットもあるので、 タイヤ&ホイールは 2セット付属します。


他、 カスタム内容が 書ききれない程の クルマです


IMpklbpdfklbpG_0455 (1)


ペイント、ガラス、クローム、モール 錆や傷、くすみなく

とても綺麗で、ショーコンディションですし


室内、内装もとても綺麗で、機関系も絶好調です


Screenshot_2017-07-15-16-52-05-1.jpg


製作過程の 様子は コチラから  → 1955 CHEVY


エアサス、 エンジン載せ替えも フル公認取得済で

2021年の7月まで 車検が付いています


tlo7g90tg (4)


コンチキット付きですが、都内でも 楽に扱える車格で

家族、恋人乗せて、どこにでも行ける クルマです


そんな1955 CHEVY、税込み 800万で FOR SALEです  


poiytttukk12 (22)


御興味ある方、 ご連絡お待ちしています。


お問い合わせは 下記までお願い致します

E-MAIL : info@el-classico.com  PHONE : 048-933-9703


FUNK STA 4 LIFE!!!!!!



[ 2020/09/12 03:40 ] FOR SALE | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BUICK



 Y室さんの 1956 BUICK "565 SPECIAL”

プロジェクト 進めてまして


フロントにMUSTANG2クリップを組んだんだけでは 


fhsdfghsgfdh (4)


スラムドできないので、フレームにタイロッドが

干渉しないようにノッチ加工や、角度が付いて


ボールジョイントが折れないよう、タイロッドエンドを変更し


fhsdfghsgfdh (5)


ショックが底突きしないように、マウントを加工など

諸々手直しして、ようやくフレームが着地。


リアはCノッチと、4リンク化してある状態から


fhsdfghsgfdh (3)


ショック、ショックブラケット、エアバック、

マフラーの取り回しを変更して


リアもフレームが着地し、低くなりました


fhsdfghsgfdh (6)


LSモーターにスワップしたエンジンルームは

エアコンの配管を進めており


室内への取り込みは、バルクヘッドのプレートを使い


fhsdfghsgfdh (8)


fhsdfghsgfdh (7)


各ホースの取り回しも決まって、

ホースを加締めていきまして


室内のエバポへの引き込みも完了


fhsdfghsgfdh (10)


ハーネスの引き直しもほとんど完了し


あとはDAKOTA DIGITALにオーダーした

カスタムHDXゲージの到着待ちです


fhsdfghsgfdh (12)


三協ラジエーターさんでリビルト&

カスタムしてもらったラジエーターには


オートマオイルクーラーが内蔵されてるので


fhsdfghsgfdh (11)


TH700R4 ミッションからのクーラーラインも

製作していき、接続されました


VIVA! S庭道場!!! VIVA! Y室さん !!!!!!!!!



[ 2020/09/11 00:00 ] 56 BUICK SPECIAL * 565 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY  



 M本さんの 1940 MERCURY ”  BREEZEE ”


アメリカから 輸入した車両の 不具合部分の 修正と

好みに リメイク プロジェクトを 進めてまして 


65665656565656554 (37)


キャッチ部分の摩耗したパーツを再生し

ドアを閉めた時のガタが解消したので


「パワーウインドウをマニュアルに戻してほしい」


65665656565656554 (39)


という、M本さんからのリクエストに応えるべく

サイドガラス周りの作業に進みまして


サイドガラスの作業を行うには、まずはサッシと


65665656565656554 (38)


ボディの建付け、チリ合わせをしっかり行ってから

それに合わせて作業を進めていきます


建付けを合わせようとしたら、ドアヒンジにガタがあり


hgxgfsjfg.jpg


ドアを開けるとドアが落ち、閉めるとキャッチに

乗り上げて上がりながら閉まる状態なので、


キャッチがやたらと削れるのは、ヒンジのガタが原因で


65665656565656554 (34)


65665656565656554 (35)


ヒンジのガタを直さないと、チリ合わせも出来ませんで

やむを得ず、ドアを外してヒンジのリペアとなりまして


ヒンジを外そうとしたら、ヒンジはドアにリベット留めされており


65665656565656554 (2)


65665656565656554 (1)


見たこともない、大きくてゴツイリベットなので、

純正で新車の時あら、リベット構造のようです


ドアへのヒンジの固定がリベット構造で 


65665656565656554 (4)


65665656565656554 (3)


ヒンジをボディに取り付ける部分もボルト止めなので

どちらも固定で、チリ合わせの調整もできない構造でして


調整はヒンジを炙って、ドアをこじって曲げる時代の代物です


65665656565656554 (7)


65665656565656554 (8)


ヒンジピンを取り寄せて、長年の摩耗で痩せた

古いピンを抜き取り、新品のピンに打ち換えまして


片側は順調に打ち換えが進みましたが


65665656565656554 (9)


65665656565656554 (10)


反対側はヒンジピンプーラーや、プレスでも

ピンは微動だにせず、抜けませんの刑


どうにもならないので、ピンの芯に穴を開けて


65665656565656554 (13)


65665656565656554 (11)


壊していきましたら、ピンが途中で折れており

押しても引いても抜けないワケです


途中で折れたところを支点にヒンジが動いてしまい


65665656565656554 (12)


ピンの切断面に長年擦れ続けて、

削れてしまった部分など肉盛りして再生し


ようやく新品のピンに打ち換えを終えまして


65665656565656554 (14)


せっかく塗った塗装を痛めたくなかったので

あの手この手を尽くしましたが


ヒンジ本体の削れや摩耗も発覚し、再生したので


65665656565656554 (16)


65665656565656554 (15)


塗装はやり直しになってしまいましたが

ガタもなくなり、完全再生されました


しかしこの後、さらなる大問題が発覚。。。。。


VIVA! M本さん & VIVA! S庭道場 !!!!!!!!!!

[ 2020/09/10 00:00 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)

倍返しです



 先週後半から私用でお休みを頂いて、

尿路結石の手術で入院してまして


BLOG更新できておらず、申し訳ありまめん


ggfhsdhsd (11)


以前、TSU-君が同じ尿路結石で救急車で

運ばれた際は腹を抱えて笑っていましたが


まさか自分の身にも起きるとは。。。。。


pupyuip.jpg


夜にFITで作業してたら、悶絶級の激痛に襲われ

慌てて夜間の救急病院に駆け込みましたら


尿路結石だと診断され、痛み止めを点滴してもらい


ggfhsdhsd (12)


翌日、泌尿器科に診てもらったら


腎臓の出口に7mmの石が詰まってて

急性腎不全も発症してるそうなので


ggfhsdhsd (10)


さっさと砕いてくれるものと思ったら


1ヵ月、石を出やすくする薬を飲み続けて

小便から出ないか様子を見ると言われまして


ggfhsdhsd (9)


そういうものかと思って、1ヵ月我慢しまして


先日、DAICHIとハーレーで波乗りに行ったら

翌朝、再び猛烈な激痛に襲われまして、、、、、


ggfhsdhsd (13)


病院に行ったら、腎臓の出口に詰まってた石が

少し進んだけど、やっぱり詰まったそうで、、、、、、


もっとハーレー乗り回してれば、出ますかね!?


ggfhsdhsd (8)


こないだまでは、” 体外衝撃波砕石術” という

超音波で破砕する処置を日帰りで出来たそうですが


腎臓の出口から少し進んでしまった石は


ggfhsdhsd (7)


骨盤の影になるところに行ってしまったので

超音波を照射できないそうで


尿道の先っぽから石まで管を入れていき、


ggfhsdhsd (6)


レーザーを照射して破砕し、砕いた石を回収する

手術をしないといけなくなってしまいまして


うーん、 1歩進んで2歩下がる。。。。。。


ggfhsdhsd (3)


手術は切ったり、縫ったりすることもないので


楽勝で即退院だろうと、なめてかかってましたら

病院のエアコンが壊れて超暑いですの刑。。。。。。


ggfhsdhsd (5)


今度はそう来ますか という感じでしたが、、、、、


Mりさんからは、ただ入院してるんじゃなく

看護師と合コンの約束とりつけて来いと指令が来るし


ggfhsdhsd (14)


K上さんも、 結石できたら、リジットという論文を

学会に提出すると、馬鹿にしてるラインが来るし


みんな人の不幸が大好きですね。。。。。。


ggfhsdhsd (16)


僕も大好物ですので、誰かが結石できたら

倍返しでお見舞い申し上げたいと思います


そんなこんなで、やっと仕事に復帰しましたら


ggfhsdhsd (1)


フィットに新しいリフトが設置されてまして


アライメント調整もやり易くなったし

格納するとフラットになるので、便利です


ggfhsdhsd (2)


お盆休み中に工事をはじまり、こちらも完了

体も機械もクルマも、メンテナンスが大切ですね


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!!!!!



[ 2020/09/09 01:55 ] LIFE STYLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1966 LINCOLN CONTINENTAL



 Y澤さん の 1966  LINCOLN CONTINENTAL


一度仕上げたインテリアは、ダッシュのデザインが

古っぽくて、イケてないとの事で


sdfwetw (1)


大幅なリメイクをしていくこととなりまして


ダッシュ周りは、年式違いのリンカーンの物を

移植しつつ、カスタムしていくことになり


1966-lincoln-continental-convertible-interior.jpg


希望の年式のダッシュを譲ってくれるところを探して


アメリカのリンカーンコレクターから、

ダッシュ周りをゴッソリ譲ってもらいまして


sdfwetw (2)


ようやく、日本に到着したので、作業開始


ダッシュは64-65リンカーンコンチネンタルの

ものを丸ごと移植しますが


sdfwetw (3)


モノコック車なので、分解も移植も超難儀ですし


パッと見、同じように見えますが、細かく違いますし

高級車なので、電装品はフル電動式なので


sdfwetw (6)


ダッシュ裏の配線の量は膨大ですし、スイッチや

モーター類も盛り沢山なので、一筋縄ではいきまめん。


ホイールを作ってもらった、ビレットホイールメーカーに


sdfwetw (5)


リンカーン用のデザインで、ビレットの

ステアリングホイールも作ってもらい


ダコタデジタルにも、VHXゲージを作ってもらいまして


1965-lincoln-continental-ariride-protouring-restoration-metalworks-36-1024x683.jpg


シートも、これまでの前後ベンチシートから

セパレート4脚と、センターコンソールに変更となり


アメリカのシート屋さんにセパレートシートを 


sdfwetw (4)


デザイン、カラーも指定してオーダーしまして

こちらも完成して、到着しまして


インテリアカスタム、楽しみです!


VIVA! S庭 道場!  VIVA!  Y澤さん !!!!!!!!



[ 2020/09/04 23:50 ] 66 LINCOLN SUISIDE | トラックバック(-) | コメント(-)

1947 CHEVY FLEET CONV



 ずっと 探していた 1947 FLEET MASTER の

CONVERTIBLE を  アメリカで 見つけて


現在、 アメリカで レストア作業を 進めてまして


yryueryueryue (3)


ようやく幌の貼り替えも終わったと連絡が来たので


リクロームを終えた グリルやバンパーを組み付けて

日本に向けて輸送しようと、引き上げたら


yryueryueryue (2)


グリルやバンパーはリクロームを終わってませんし 


コンバーポンプは12V化して、シリンダーも新調したと

言ってたのに、全然変わってませんの刑。。。。。。


yryueryueryue (4)


他にも聞いてたパーツが無くなってたり、作業をやってない、

終わってない部分も沢山発覚しまして、、、、、


やっぱりアメリカ、油断してると怖いですね。。。。。


yryueryueryue (5)


まだまだ時間も、お金も掛かりそうですが、、、、、


現地で腕が良くて、信頼できるSHOPに引き続き、

作業をお願いできたのは、不幸中の幸いです。。。


yryueryueryue (6)


リクローム済と言われてたけど、リクロームしてなかった

パーツも沢山あり、メッキの質が悪い物や


先に日本に届いていたパーツも、リクロームし直しになり


yryueryueryue (7)


アメリカに送り直して、クローム作業に入りまして


新品と言っていたウインドシールドは、

組まれていないまま車内に積んであって、


yryueryueryue (8)


爪が引っかかるほどの傷も入っていたので


ガラス屋さんを手配して、SHOPに出張作業で

来てもらい、原寸通りにカットして


yryueryueryue (9)


新品ゴムを使って、モールも組み付けながら

車両に取り付けまでやってもらいまして


リアガラスは、枠のクロームの質が悪いので


yryueryueryue (1)


分解して取外し、リクロームしてから

組み付け直しとなりました


FUNK  STA  4  LIFE  !!!!!!



[ 2020/09/03 23:50 ] 47 CHEVY FLEET MASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)