FC2ブログ

1937 ZEPHYR SEDAN



 1937  ZEPHYR、  4ドア セダン 


KS BODY WORKS さん に お願いして

新しい プロジェクト を 進めて もらってまして


126565656565 (2)


先日 必要な パーツ が アメリカ から 到着 し

いよいよ 本格的 な 作業 が はじまりまして


まずは フロント フレーム の MUSTANGⅡ化 から。

 
126565656565 (1)


今回、 FATMAN の STAGE Ⅳ を 使うことにして


FATMAN に 36-40年 ZEPHYR用 の ラインナップ が 

あるので  注文 して 作ってもらいまして


126565656565 (3)


既に エンジン、 ミッション を 降ろして 

オリジナル の 足回り も 撤去 し

 
スタンバイ していた フレーム に セット しまして


126565656565 (12)


はい、  出ました ”  トレッド 合わず  付きません の 刑 ”


おまけに アッパー アーム の ブラケット は フレーム の 

形状 に 合っておらず、 角度 が 合いません の 刑。


126565656565 (8)


無理 に 付けたら  キャスター角 が 大きく 狂い


アライメント とれないほど ジオメトリ が 崩れますので  

車種別 KIT とは 思えない 品質 で、 お話に なりません


126565656565 (4)


「  でたよー、  全然 あわねーじゃんよー、、、、、


   まぁ、 所詮 FATMAN だから、   ある 程度は 

   覚悟 してたから、、、、 まぁ、 なんとか するよ 」


126565656565 (5)


と、  取り寄せた パーツ が 合わなくても


「  合うやつ 取り直せよ 」  なんて 言わずに

ナンとか してくれるので  心強い ですね 

 
126565656565 (6)


で、 結局 いつもの パターン で  アーム の

付け根 の 手前 で  フレーム は 切り落とされ、


MUSTANGⅡ フレーム を 正しい ジオメトリ に 組んで


126565656565 (7)


それを ホイール ベース が 狂わない 位置 に セット し


合わない フレーム 部分 を 作り直しながら

つないでいく という 作り方 に なりまして
 

126565656565 (11)


「 37 ZEPHYR用 を 作れます 」  という FATMAN を 信じ


それなら 組む人は 楽になると  選んで 頼んだ 

FATMAN IFS は  結果、 手間 が 増えただけでして、、、、、


126565656565 (9)


結局、  宇田 さん は 現物 合わせで、  FATMAN の

MUSTANGⅡ KIT の パーツ を 使って


ナロード したり、  サブフレーム 製作した感じで セットアップ。。。。 


46566.jpg


MUSTANGⅡ KIT は、 メーカー が 強度 計算して

作った パーツ を、  説明書 に 記載 されてる 


指定された 位置に 取り付けていく 簡単な KIT でもありますが


fxhjfgxhjf (9)


マイナーカー や、  ナロード化、 大径 スラムド 仕様 など


イレギュラーな クルマ 作る 際には、  こういう 事態に 陥る 

可能性 が 極めて 高いので、 


hzdfgsdf (2)


そうなっても  サスペンション 構造 を きちんと 理解 してて


現物合わせで  適切 な 強度、 加工方法 で 作り直せる 

技術 を 持ってる人でないと 正しい 対処 が できないので  


fxhjfgxhjf (8)


宇田さんに 頼んでて 良かったです。。。。。。


パーツ メーカー の ミス で 作業 が 停滞 することもなく

LS3 エンジン の 位置決めへと、 作業 は 進んでいき


hzdfgsdf (1)


ミッション と フロア、 センター トンネル の クリアランス、


プーリー も 仮組み して、 プーリー や オイルパン と 

フレーム の クロス メンバー、  ギアボックス との 位置関係、


fxhjfgxhjf (3)


マフラー を 作る際 の とりまわす スペース や


エンジン に エンジン カバー を 付けた場合 の

ファイヤー ウォール との クリアランス に

 
fxhjfgxhjf (4)


ラジエーター を 脱着 できる スペース など 

あれこれ 一杯 考えないと いけない事 山盛りで


一番 いい エンジン&ミッション 位置 を 模索 していくと


fxhjfgxhjf (5)


ここだね! って うまく 収まることが できれば ラッキー、、、、、


でも 実際 は そんな 都合良く いく 訳もなく、 今回 は 

”  エキマニ と ファイヤー ウォール 当たりますの 刑 ” 


fxhjfgxhjf (7)


全部 うまく 収まらない 場合 は、  どこを 優先 して、  

どこを 犠牲 にするかの  せめぎあい になり、 


どの 作業が 楽か  大変かも ありますが


fxhjfgxhjf (6)


苦労 を 避けず、 ”  クルマ として  正しい 造り ”  

を 優先 して 作業 する 姿勢 と 技術 があるので


やっぱり 宇田さん に 頼んで 良かったです


VIVA !  KS BODY WORKS !!!!




[ 2019/02/06 22:03 ] 37 LINCOLN ZEPHYR SEDAN | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 LINCOLN ZEPHYR


 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


4455877565 (10)


インナー ロッカー に  サイドシル 部分 の

パネル を 接合 し、  リア フェンダー の 前側 は


フェンダー を 固定 する 耳 の 位置 は


4455877565 (11)


あらかじめ 建付け、  チリ を 合せて 決めてあるので


そこと サイドシル の パネル を 接続 する

型紙 を とって  鉄板 を 切り出しまして


4455877565 (12)


裏 の ボルト に アクセス し、  工具 を 回せる 

大きさ、 規格品 の キャップ に 合せた


サービス ホール も 設けた パネル を 作りまして


4455877565 (13)


4455877565 (14)


サイドシル、  インナー ロッカー と 位置 を 合せて

全周 しっかり 本溶接 して  接合 していきまして


今回 作った パネル の 上 に 載ってる 茶色の 鋼材 は


4455877565 (18)


チリ合わせ した 際 に、 インナー ロッカー と 

フェンダー の チリ が 変わってしまわないよう


固定 するために 仮溶接 してある 治具 なので


4455877565 (15)


後ほど フロア や インナー フェンダー を

作っていく際に 撤去 するので


そことは 接合 しないで おきます

  
4455877565 (16)


4455877565 (17)

 
本溶接 を 終えたら、  内側 は 見えなくなりますが

外から 見える 部分 は  溶接跡 を 仕上げまして


この後、 上 から 新たな パネル を 貼っていくので

  
4455877565 (19)


4455877565 (20)


上から 貼る パネル の 裏側 と、

蓋 されて アクセス できなくなる 内側 は


錆止め を 塗って 処理して おきまして


reuryurtyiu (9)


reuryurtyiu (11)


続いて  錆止め が 乾いたら、  サイドシル の

一番 外側 部分 に  鉄板 を 切り出し


箱状 の 構造物 を 作って いきまして

  
reuryurtyiu (17)


内側 は 四角い 箱に なりますが


外側 の ライン は ボディ の 外側 の

緩やかな カーブ に 合せないと いけないので


reuryurtyiu (18)


外側 の ライン だけ 流線型 の 変速 長方形。


外側 の 流線型 は、  のちに 外板 の クォーター パネル を 

張っていく 際 に  基準点 に なりまして


reuryurtyiu (19)


四角く なってる 部分 は、 ボディ の リップに 付く 

モール を 取り付ける 土台 として 使いますが


モールディング を 止める ナット に  アクセス できるよう 

  
reuryurtyiu (20)


あえて 底板 がない 箱状に 作って おきまして、 


うーん、 ただ 再生 するだけでなく、 ボディ マウント化 すると

考えること、 やること いっぱい ありますね


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2019/02/05 22:02 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

FOR SALE



 FOR SALE 情報

在庫 車両


Fit-Kustoms-57-Nomad-3-copy-1200x800.jpg

1957 CHEVY NOMAD   車検 2019年 10月まで   980万円




20170630_092940.jpg

1937  LINCOLN ZEPHYR   BIG PROJECT CAR   応相談





委託掲載 車両


rtagsfcv (9)

1953 CHEVY   検付き 500万円 


hvjlhklk; (3)

1936 FORD   検付き 600万円


xfgzdhbzd (6)

1959 CHEVY  EL-CAMINO   検付き 598万円


1512428339039.jpg

1968 SLAMD TRAILER  通関渡し 現状 168万円 


お気軽に お問合せ ください
      
E-MAIL : info@el-classico.com  

PHONE : 048-933-9703




[ 2019/02/04 00:36 ] FOR SALE | トラックバック(-) | コメント(-)

RAZZLE DAZZLE



 2月 10日 日曜日 は 横浜 本牧 で、 ラズルダズル


ラズル後 は、 MOON CAFE で アボガド バーガー の

コンビネーション で 行きたいと 思います


razzledazzle2019.jpg


毎年 MOON CAFE 混んでて 入れず、 

モスバーガー の 刑 なので、  今年こそは。。。。。


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!!!!






[ 2019/02/03 14:06 ] CAR SHOW | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


uo;tlugi (10)


サイドシル 部分 の 内側 に なる プレート を

1ピース に つないで  錆止め を 塗りまして

 
塗装 が 乾いたら、  インナーロッカー に 溶接 し


uo;tlugi (11)


両端 は カーブ や 段差 を 乗り越える際など

ボディ が 歪んだり きしんだときに


サイドシル、 ロッカー 部分 は 大きく ねじれるので


4455877565 (8)


4455877565 (5)


ねじれる 力が 加わっても、  溶接 が 割れないように、  

全周 溶接 を 避けて  スポット溶接 にし


端末 部分 も タブ を 製作 し、  取付方 で 強度 を 調整


4455877565 (4)


続いて、 サイドステップ の 外側 になる パネル は 

長い 楕円の リブも 入ってて、 カッコいいですね


こちらは インナーロッカー に 接合 すると


4455877565 (7)


内側 は 箱状 になって、  アクセス できなくなるので

溶接前 に 裏側 に 錆止めを 塗っておきまして


先程 接合した サイドシル の パネル も、


4455877565 (6)


外側 の パネル が 付くと  アクセス できなくなるので

今のうちに 錆止め を 塗って 処理 しておきまして


錆び止め の 塗装 が 乾いたら、 いざ 合体


4455877565 (9)


先程 接合 した 内側 の パネル の 上に 接合 され

箱状 の 構造 にすることで  強度 を 出していき


見た目こそ  S庭流 ですが、 基本構造は オリジナル 同様 で


etwyetrywetrt (2)


etwyetrywetrt (3)


ゼファー も マーキュリー も  インパラ、も


フレーム車 は ボディ の サイドシル部分 を 

箱状 にして  ボディ 剛性 を 確保 してますので

 
etwyetrywetrt (1)


作り直すので 大変な 手間が かかりますが、  


メーカー 設計 を 忠実に 守り、  しっかり 剛性 確保し

見た目も 出来るだけ よくなるよう 作り直されまして


etwyetrywetrt (4)

ryryueryu.jpg


溶接跡 を 綺麗 に 仕上げたら、 ご覧の通り

かっこいい サイドシル 部分 が 再生 されました


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2019/02/02 09:31 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1951 MERCURY



 1951 MERCURY  ” モリソン マーク ”


新しい オーナー が 決まり、 納車前 の 点検 と

整備 を 進めて いまして


dghsgdjsfhj (12)


以前、  エアサス は FIT で ACCUAIR の 

ハイトセンサー の 取付 と 設定 を 行いましたが、 


エアサス 装置 自体 は、アメリカ で 作った時の ままなので


dghsgdjsfhj (10)


オーナー が これまで 乗ってきた  エアサス が

装着 されている 車での 経験上、 


配管、 フィッティング、 エアバック は ゴム や 


dghsgdjsfhj (13)


プラスチック製 で  劣化 するもの なので

「  全部 交換 しといて 」  と なりまして


エアサス は 乗ってるときに、 路上 で 壊れると


dghsgdjsfhj (14)


走行 不能 になり、 えらいこっちゃ なので


アメリカ で 製作した時からの 経過 時間 も 考え

劣化 が 進んでいる物も、 いない物も、 


dghsgdjsfhj (5)


トラブル を 未然 に 防ぐ 予防 処置 が 重要です。 


まずは フロント エアバック を 取り外しまして

外周 に 傷 や ひび割れ は ありませんが

 
dghsgdjsfhj (11)


こぶ の 間は、 一番 伸び縮み で 動く部分なので

ゴム が ちぎれて、 中の ワイヤーが 剥き出し。


こぶ間 は 劣化 で 最初に やられる 定番 部分 ですね


dghsgdjsfhj (7)


このまま 乗ってると、 ちぎれた 部分から エア が 漏れて

走行中 に 車高 が 下がってしまったり


エア の 圧力に 耐えられなくなって、  破裂 したりします


dghsgdjsfhj (1)


フロント の 左右 の エアバック と フィッティング、

チューブ を 全て 新品 に 交換 したら


続いて リア の エアバック に 進みまして


dghsgdjsfhj (2)


アート モリソン や ROADSTER SHOP の 

リア が パラレル 4リンク の フレーム は


リア は、 こぶタイプ ではなく、 スリーブ タイプ ですね


dghsgdjsfhj (3)


リア の エアバック は 特に 傷 や ひび割れ など

目に見える 劣化は 見当たりませんが、  


いつも 伸び縮み してる  ゴム なので


dghsgdjsfhj (4)


スリーブ の ゴムどうし が 擦れる 部分 の 摩耗 や

ゴム自体 の 経年 劣化 が 進んでいると 思うので


FIRE STONE が 推奨する 定期交換時期 に 基づくか

4~6年くらいで  交換 しておくのが 得策と 思います

 
dghsgdjsfhj (9)


リア の エアバック、 エアバック に 取り付ける

フィッティング、 バルブ からの チューブ も 新調 し


エアタンク と コンプレッサー、 フィルター、 バルブ などの


dghsgdjsfhj (15)


接続部 に 使っている フィッティング、 チューブ も 全て 新調 し


次 に エアサス で 多い 故障 といえば、

コンプレッサー の 電源 を オン オフ させてる


dghsgdjsfhj (16)


電源 リレー の 焼き付き、 接触不良 と

プレッシャー スイッチ の 故障 でしょうか

 
リレー も 長く 使ってると、 接点 が 溶けていき


dghsgdjsfhj (25)


接触 不良 になって、 コンプレッサー が 回らなくなったり

張り付いて 回りっ放し に なったりしますし


電子部品 の センサー は、 今は  壊れていなくても  

定期交換 して 予防 しておくのが お勧めです。


dghsgdjsfhj (17)


dghsgdjsfhj (18)


エアバック 交換 や、 チューブ を 引き直すのに

下に 潜って 作業 してたら


ミッション マウント が 玉砕 してるのに 気付きまして


dghsgdjsfhj (19)


dghsgdjsfhj (20)


”  ウレタン製 の マウント あるある ”  の 


ゴム製 と 違って  ねばり が ないので

使ってるうちに 砕けてしまう パターン ですね。。。。

 
dghsgdjsfhj (21)


dghsgdjsfhj (22)


ウレタン製 の ブッシュ や マウント は、 耐久性 が 弱く

短期間 のうちに このように 割れてしまう事が 多く


足回り の ブッシュ は、 乗り味が 硬くなり過ぎるのも あって


dghsgdjsfhj (23)


FIT では  ウレタン製 は 使わず、 できるだけ 

純正品 と 同じ ゴム製 を 使うように してるので、


ミッション マウント も ゴム製 に 交換 しまして


dghsgdjsfhj (24)


人間 も クルマ も、  病気 や 怪我 は 

出来るだけ 未然 に 防ぐに 限ります


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!!!!


 
[ 2019/02/01 05:43 ] 51 MERCURY * ART MORRISON * | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 ZEPHYR SEDAN



 1937  ZEPHYR、  4ドア セダン の 

新しい プロジェクト が スタート しまして


シャシー、 機関系、 内外装 一新 の 超 ハードメニュー


gsghf.jpg


年明け から  豊田市 の KS BODY WORKSさん に

作業 を お願いし、 進めて 頂いてまして


KS さんといえば、  メタルワーク職人の 宇田 さんですね

 
1496564083v522s.jpg


KUSTOM CAR を 製作 するには


フレーム や ボディ を 切ったり 貼ったりの 作業 が 

ほぼ 全ての 作業に 絡むので、 溶接 技術 が 命。


M013---IMG_0091.jpg


宇田さん は CHOP TOP や チャネリング、

ボディ カスタム など 難しい 内容 も


長く 沢山 こなしてきてる 職人さん なので

製作 してきた クルマも 凄いクルマ が 沢山

 
m80-IMG_9872.jpg


そんな 宇田さん に ハードメニュー を  キラー パス し


宇田さん からは  「  この 野郎! 得意 の 丸投げ だな 」  

と、 嫌悪感 が 満々 ですが


rhwtrhw.jpg


ZEPHYR セダン は、  430馬力 の LS3 

フューエル インジェクション エンジン に


4速 電子制御 の 4L60E オートマ に 変更し


37339cf09d528bcc41fa2bdd37bc02c1.jpg


フロント フレーム は 80年前 の ビームアクスル から

FATMAN の インディペンド の ステージ4 へ


リア も 板バネ から  トライアングル 4リンク化し 


61GeoD4EhRL__SX425_.jpg


今回 は オーナー の スタイル に 合せて 

エアサス は 組まず、 コイルオーバー 仕様。


車重 や エンジン 重量 も 考慮 したうえで、


0013706_68-81-gm-f-body-9-inch-crate-rearend.jpg


乗り心地 が 良いように、 バネレート まで 

細かく 計算 して  設計 していきます


それも  宇田 さん が ですが、、、、、、、、、、


etyetyqet (1)


デフ は CURRIE に FORD9 デフ に 


サードメンバー、 WILWOOD ブレーキ まで 

組み上げた ASSY を オーダー しまして
 

etyetyqet (4)


フロント ランナー KIT や エアコン KIT、

LS用 の ラジエーター やら 


今回 の プロジェクト で 使用する 大量 の パーツ が


20190131072849e00.jpeg


今日  アメリカ から  KSさん に 到着 しましたが  


KSさん では 部品 が 到着 するまでの 間、

先行 して 分解 作業 が 進められてまして


etyetyqet (5)


フレーム に ボディ が 溶接 されていたり


フェンダー を 外しても、 グリル までの

ボディ が 一体化 されているので 狭かったりで


etyetyqet (3)


なにかと 作業性 が 悪い造りの ZEPHYR なので


フロント フレーム や エンジン スワップ の 際

邪魔 になるので  横からも  作業 が し易いよう、


etyetyqet (2)


予め、 インナー フェンダー を 大きく 切開 し  摘出。


フレーム や エンジン 作業 を 終えたら、 

最後 に 組み戻す やり方と なるようで  


getwyet.jpg


やっぱり、  ここでも 溶接 技術 が 肝 ですね


作業の様子は 宇田さんから 写真 が 届き次第

随時 アップ していきますので、 お楽しみに


VIVA !  KS BODY WORKS !!!!


 

[ 2019/01/31 05:37 ] 37 LINCOLN ZEPHYR SEDAN | トラックバック(-) | コメント(-)