FC2ブログ

FOR SALE MOBSTEEL 20” WHEEL



 ホイール FOR SALEの お知らせです


人気の MOB STEEL製 SMOOTHIE

ホイール&タイヤのセットです


tarytwetyary (6)


20インチ 8J、 PCDは 114.3 & 120.65


シェビーでも、フォードでも、トヨタでも日産でも

装着可能な マルチピッチで、センターボア径は95mm


tarytwetyary (5)


ディッシュ面がオフホワイトのパウダーコート、

リップ部分には、トリムリングが装着されています


ガリ傷無し、 トリムリング、 パウダーコート面も

目立った傷もなく、とても綺麗な状態です


tarytwetyary (7)


センターキャップも傷や錆もなく、とても綺麗で


センターキャップに入っているBUICKの文字は

ピンストなので、シンナーで吹けば消えると思います


tarytwetyary (8)


タイヤは、TOYO TIREの 235/40R20、


まだまだ使えそうですが、製造年月は不明、

残りの山は写真でご判断ください


tarytwetyary (1)


ホイールは裏側もパウダーコート掛かってますが


ディスクブレーキ装着車で使っていたので

裏側はダストの汚れなどは御理解ください


tarytwetyary (4)


元々、Y室さんの1956 BUICKを輸入した時に

装着されていたWHEEL&TIREですが、


565仕様のTIRE&WHEELに履き替えて、脱がせた

セットなのはご承知の通りです


tarytwetyary (2)


そんな綺麗なMOB STEEL WHEELセット

THANK YOU SOLD!


日本全国、送料無料で、早い者勝ちですので

是非、この機会をお見逃しなく!


tarytwetyary (3)


ご連絡は下記までお待ちしています。

E-MAIL : info@el-classico.com 
PHONE : 048-933-9703

FUNK STA 4 LIFE!!!!!!!!




[ 2021/09/08 21:00 ] FOR SALE * SOLD * | トラックバック(-) | コメント(-)

エンジンクレーン



 プロジェクトカーの作業と関係ありまめんが


月末に使う用事があるので、それまでに

時間ができたら、やろうと思っていた


ggzhdgdghsz (1)


エンジンクレーンの改造作業、やってみまして


クルマの下に入り込むが2本の足部分が

車高の低いクルマで使う時に、フレームや


ggzhdgdghsz (5)


足回りに当たって入らず、使えない時がありまして


スナップオンや、日本の工具メーカーからは

低床タイプなるクレーンが販売されているので


gy;i;oiuyyutftufyui


それに買い替えれば、万事解決なのですが


エンジンクレーンを使うことが滅多にないのと

S庭師範が作った門型のエンジンクレーンもあるので


ggzhdgdghsz (7)


買い替えるのも、ナンだなと思いまして、、、、、

低床モデルを見習って、改造することに。


足を途中で切って、一段低い位置に下げて溶接し


ggzhdgdghsz (1)


車輪位置も下げる為、足の中に沈みこませて


車輪の軸部分は荷重が掛かるので、側面に

鉄板を貼って補強しただけなので


ggzhdgdghsz (3)


改造と言うほどのものでもありませんが、、、、


これで月末に車高の低い環境で使わないと

いけない場面も、きっとクリアできるハズ


ggzhdgdghsz (4)


僕の浅はかな設計と、ショボい溶接なので

重い物吊ってみて、折れたら買い替えます、、、、


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!!



[ 2021/09/07 23:26 ] LIFE STYLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BELAIR CONVERTIBLE



 T江さんの 1956 BELAIR CONV

プロジェクト 進めてまして


コンバーチブルトップの施工を終えて


sgfdfgshwrth (9)


仮組みだった、油圧で幌を開閉するための

コンバーチブルトップ ポンプの取り付けへ


先日、1948 FLEET MASTER CONVのポンプを


xfasdfas (4)22]


6Vのオリジナル品から、12Vの現行品に

組み変える際、ポンプ形状が変わるので


取り付けの土台を作り直して取り付けしましたが


xfasdfas (3)22]


56 CONV用でも同じように、新品のポンプは

当時のオリジナルのポンプと形状が違うようで


フロアには、オリジナルのポンプを取り付ける為の


xfasdfas (6)


穴がありますが、新しいポンプの


取り付けボルトの位置とは合わないので

新しいポンプマウントを製作となりまして


xfasdfas (7)


xfasdfas (8)


ポンプの穴位置の型紙をとったら


フロアの穴位置の型紙を

トレーシングペーパーにとって


xfasdfas (9)


xfasdfas (10)


それらを重ね合わせると、それぞれの


穴位置を変換するマウントの

形状が見えてきまして


xfasdfas (13)


鉄板を切り出して、ポンプに付属している

防振ゴムで取り付けできる穴を開け、


L型のアングルには、フロアに取り付けるための


xfasdfas (11)


xfasdfas (12)


穴位置に、ボルトを溶接して固定しまして

それらを合体させて、変換マウントを製作


マウントを塗装して、ポンプの組み付けが完了です


VIVA! S庭道場! VIVA! T江さん!!!!!!


[ 2021/09/06 23:59 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BELAIR CONVERTIBLE



 T江さんの 1956 BELAIR CONV

プロジェクト 進めてまして


コンバーチブルトップの施工と、


yuuetyuetrywrtywer (18)


幌骨とサイドガラスとのシールの取り付け、

当たり調整を終えまして


幌を閉めた時に、シールとサイドガラスが


yuuetyuetrywrtywer (19)


どの部分もピタっと当たって、隙間が

出来ないように調整するのは難しく


調整作業だけで数日を要しまして


yuuetyuetrywrtywer (10)


その甲斐あって、ピタピタの建付けになり

風切り音や雨漏りへの対策が完了


ハードトップ車のサイドガラス周りの


yuuetyuetrywrtywer (11)


建付け調整が難しいのもかなりのものですが


コンバーチブル車はサイドガラス調整に加えて

幌骨の調整が絡んでくるので、超難儀ですね。。。。


yuuetyuetrywrtywer (20)


内装や細かいパーツの組付けもはじまり


ドアキーのシリンダーのベゼルは

ステンレス製なので、新品でも綺麗ですが


yuuetyuetrywrtywer (21)


それをポリッシュしてあげると、さらに綺麗になり


右が新品を買ってきた状態で、左側が

ポリッシュしたあとの状態で


yuuetyuetrywrtywer (22)


ひと手間掛けて磨いてあげて、ピカピカにしていき


ショーカーレベルでクルマを仕上げていくと

こういうところまで光り物のクオリティーを 


yuuetyuetrywrtywer (23)


突き詰めていかないと、完成したときの

クルマのオーラが全然違ってきます


ショーカーは、ボディのストレート具合にはじまり 


yuuetyuetrywrtywer (24)


塗装の肌も鏡面まで仕上げたり、クロームのくすみ、

モールの傷や凹み、ガラスの傷や曇りなど


どれも最高品質まで突き詰めないといけないので
 

yuuetyuetrywrtywer (25)


費用も技術も時間も膨大に必要になるので

そんなプロジェクトが出来る方は幸せですね。。。。


ドアキーやリンクの組み付けを終えたら


yuuetyuetrywrtywer (26)


ドア周りの組み立て作業が終わりまして


内張りを剥がして、ドアの内側がこんなに

綺麗だったら、だいぶテンション上がりますね


yuuetyuetrywrtywer (27)


メンテナンスホールのカバーも通常は

ビスで固定してあるだけですが


振動と、雨水対策でエプトシーラーを入れて


yuuetyuetrywrtywer (4)h


取り付けしていきまして


ドアパネルのトップレール部分に付く、ロックと

解除の操作をするノブが、走行中に振動で


yuuetyuetrywrtywer (28)


トップレールに当たって、カタカタとうるさいと


不快なので、トップレールの穴の周りに

ケバケバのモールを仕込んでおきまして


yuuetyuetrywrtywer (29)


ちょっとした事ですが、やる事が山ほどあって

いちいち時間が掛かりますが、もう一息


VIVA! S庭道場! VIVA! T江さん!!!!!!





[ 2021/09/02 23:53 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1948 CHEVY FLEET CONVERTIBLE



 現在、工場スペースのレイアウト変更に伴い


パーテーション工事を終えて、続いて

リフトの設置工事の準備を進めており


yjuryujeyueyl (12)
 

間もなく、床を掘ってリフトを埋め込む工事が

2箇所で始まるので、リフト設置が終わるまで


その場所には、クルマを置けなくなる都合


yjuryujeyueyl (13)


クルマを入庫しての、作業を制限していまして


いまは56 ベルエア コンバーしか作業していないので

ブログの更新が滞ってまして、申し訳ありません


yjuryujeyueyl (5)


yjuryujeyueyl (6)


まだしばらくは、そんな状態が続きますので

懲りずにお付き合いくださいませ


ベルエアコンバー以外は、リフトのスペースを占拠してしまわない


yjuryujeyueyl (1)


スポットの簡単な作業を行ってまして


1948 CHEVY FLEETMASTER CONVは

リアのバンパーラップが付いていなかったので


yjuryujeyueyl (2)


yjuryujeyueyl (3)


バンパーラップとは、いわゆるオーバーライダーで


この年式はオーバーライダーや、バンパーガードと

呼ばずに、バンパーラップと言うそうで


yjuryujeyueyl (4)


一通りのアクセサリーが付いているクルマですが

なぜかリアのバンパーラップだけ付いてなかったので


アメリカから取り寄せして、装着することに


yjuryujeyueyl (9)


1948 FLEET MASTERは、いつも工場内ではなく

外のガレージで保管しているので


保管用のガレージ内で作業していましたが


yjuryujeyueyl (11)


狭くて作業しづらいので工場に移して作業しまして


バンパーラップの装着を終え、またさらに

カッコよくなってしまいまして、どうもすみません


yjuryujeyueyl (8)


と、喜んでいたら、ガソリンタンクから漏れが発覚。。。。。


およよ、、、、、タンクに半田付けしてある部分にクラックか

ピンホールがあり、炎上しちゃうぞ仕様になりました。。。。。。


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!



[ 2021/09/01 23:56 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BELAIR CONVERTIBLE



 T江さんの 1956 BELAIR CONV

プロジェクト 進めてまして


コンバーチブルトップの施工を終えて


ghsyhsretywset (1)


幌骨とサイドガラスとのシールの取り付け、

当たり調整を進めていきまして


雨漏り、風切り音対策で、ぴたぴたにしていき


ghsyhsretywset (3)


ライナーを作って、シールの当たり調整をしたり

ドアの位置を調整しながらシール具合に煮詰め、


コンバーチブルトップ周りの作業を終えまして


ghsyhsretywset (2)


内装や室内の組付け作業がはじまりました


サイドガラスやダッシュ周りの組付けは

終えていますが、まだまだ組むモノが沢山


ghsyhsretywset (8)


ドアのロック部分は、全て新品パーツで

組み上げていきますが


ドアキーのシリンダーや、トランクキーのシリンダーは


ghsyhsretywset (5)


ステンレス製のベゼルが付いていますが


さらにそれをポリッシュして磨き上げていき

ショーカーレベルの本鏡面仕上げへ


ghsyhsretywset (4)


工場内の改装工事をして、レイアウトが変わって

広いスペースでセットアップできるようになり


組付するパーツも、テーブルや棚に保管できて


ghsyhsretywset (6)


照明も増えたので明るくなって、

作業し易い環境になって、ナニヨリ


VIVA! S庭道場! VIVA! T江さん!!!!!!



[ 2021/08/31 23:12 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1948 CHEVY FLEET CONVERTIBLE



 1948 CHEVY FLEETMASTER CONV 


6穴ですが、パンタイプのクロスレースで

リバースのワイヤーホイールを履かせたいと


udituikiylotuol (16)


アメリカのワイヤーホイールを製造できる

ホイールメーカーにカスタムオーダーしまして


フロントを14x6リバース、リアを14x6スタンダートで


udituikiylotuol (15)


6穴のまま履けるパンタイプのクロスレースをオーダー


装着する前に、長く綺麗なまま維持できるように

錆びや汚れに強いコーティングの施工を


udituikiylotuol (17)


ファンクルーズさんにお願いしまして


作業が完了して、先週に戻ってきたので

用意しておいたタイヤを履かせ、準備したら


udituikiylotuol (1)


ガレージのスペースと、リフトが空いたタイミングを

見計らって、履かせ替える作業に取り掛かりまして


これまで装着していたホイールは、純正ホイールで


udituikiylotuol (2)


タイヤはBF GOODRICHの560-15 ホワイトウォール


純正ホイールにホワイトウォールタイヤで

べったり車高を下げるのも魅力的ですが


udituikiylotuol (4)


今回はワイヤーホイールなのでウォールではなく


ホワイトリボンタイヤを履かせて、雰囲気を

目指せプレミアムスポーツウェイの感じ


udituikiylotuol (3)


今回、ホイールが7Jではなく、6Jなので


7Jホイールにプレミアムスポーツウェイを

履かせた時ほどの引っ張り感こそないものの


udituikiylotuol (5)


プレミアムスポーツウェイ特有のハイトがなく

外径が小さい感じはそっくりになりまして


正面から見たら、まさにプレミアムスポーツウェイ


udituikiylotuol (6)


今回装着したタイヤは、これまで履いていた

BF GOODRICHの560-15タイヤよりも


外径が10センチ小さいので、車高も下がり


udituikiylotuol (9)


フレーム加工してなくても、べったり下がるようになり


ホイールカッコよくなったら、車高具合も

カッコよくなってしまいまして、どうもすみません


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!



[ 2021/08/30 23:59 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)