FC2ブログ

クルーズナイト



 土曜日 は 1940 MERC の オーナー、  

M本さん が 沖縄から 来店 されまして


色々と 今後の プランニング を 相談 しまして 


gdhsdgbv (7)


ちょうど その日の 夜 は お台場 で 

ワンダー ラウンジ ナイト と


渋谷 で 第一 渋谷 の クルーズ が あるので

みんな で 行こうと 集まりまして


IM4458G_1229 (15)


お台場 で 現地集合の 方、 渋谷 から 合流 する方、

FIT 集合 で 参加する 方 と 別れまして


19時過ぎから 参加する方たち が 続々と 集まって くれましたが、 


IM4458G_1229 (14)


台数が 多すぎて、 迷惑駐車 に なって しまわないように

すぐ 近所 の コンビニ に 集合 場所 を 変更し


みんな 集まったので、 出発。  写真 下手 で すみません。。。。。


IM4458G_1229 (16)


この日は 仕事が オフ だったので、 

昼間 は ハーレー で 遊んでた DAICHI は、 


夜は ACID 57 に 乗り換えて 参加。


IM4458G_1229 (1)


Tや くん の 68 IMPALA WAGON に、 

M田 さん の CHEVY VAN


S木 さん の 48 FLEET LINE、


IM4458G_1229 (2)


昨年の HRCS に 出展した、 H野 さん の 

64 IMPALA CONV、  Y下 さん の 56  3100


Sげ ちゃん の 54 WOODY  WAGON 


IM4458G_1229 (4)


I原 さん の アパ太郎  で 集合 しまして、  


エアコン が 付いてない 65 ルセーバ の  Oたきさん は、  

サポートカー の シェビーバン で、 


IM4458G_1229 (6)


BUBBLES の K子 くん はは、  AUDI R8 で  参加。
 

「  ちょうど 仕事 帰りに  通りかかったので 」  と

みんな が 集まってる 時に、 偶然 居合わせた 


IM4458G_1229 (5)


48 3100 の  紫の アレこと JUN くんも 

せっかく だから、  一緒に 行こうと なりまして、 


みんなで お台場 まで  クルーズ していき


IM4458G_1229 (7)


現地 集合 の 59 ELNINO の H野 キャプテン、


58 IMPALA の  Y崎 さん、 64 IMPALA CONV の 

A田 くん と  合流 して  ワイワイ しまして


IM4458G_1229 (8)


先週 膝の 手術を した バカリ なので、 あまり

歩き回れず、 写真 全然 撮ってなくて すみません。。。。。


その後、 第一 渋谷 行く前に みんなで ソバ 食べて 


IM4458G_1229 (9)


お台場 から 渋谷 まで クルーズ して、 第一 渋谷へ。


渋谷 で 合流 した、 66 ポンテ の 龍くん、 

64 IMPALA WAGON の Tけお くん も


IM4458G_1229 (11)


「  エアコン ないと  死ぬわ 」  と、 PICK UP で 来てまして


ナンとか、  55 CHEVY の K上さん と 合流 できましたが

この日の 渋谷 は、 集まってる 台数が 多くて、 

 
IM4458G_1229 (10)


全然 クルマ を 停められる スペース が なく、、、、、 


みんなで クルマを 停められる 場所が なく 

警察 も 出て、 散らされて しまったので


IM4458G_1229 (13)


渋谷 では  みんなで ワイワイ 出来ず、 


歩き回れまないので、 写真 も 撮れず、

そのまま  流れで 解散 と なりまして


IM4458G_1229 (12)


この日は  H野キャプテン の 寒い話で 涼まることも できず


暑かったけど、 やっぱり みんなで 集まると 楽しいですね!
 
皆さま、 どうも お疲れ様でした!  また 走りましょう


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!!!!!!!



[ 2019/08/05 15:00 ] LIFE STYLE | トラックバック(-) | コメント(-)

どんどん 到着です



 しばらく 療養で お休み 頂いている 間にも


アメリカ から 輸入 する クルマ が 

シッパー の 所に どんどん 到着 してまして


fhzdsg (1)


先日 FOR SALE で ご紹介 させて頂いた

1940 MERCURY  COUPE に  


レア な 1965 OLDS MOBILE COUPE、


sfgwrgq (15)


アメリカ の プロショップ で  レストア と

各部を アップグレード した、


1955 FORD PICKUP、 F1。


sfgwrgq (4)


映画  マトリックス にも 出ていた、 

黒塗り で 観音扉 の  4ドア 


1966 LINCOLN CONTINENTAL  


pfuyfpi.jpg


どの クルマも 日本に 向けて 出航 したので

到着 楽しみ、  どんな 感じか 楽しみです


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!


[ 2019/08/04 15:00 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)

IDIDIT  40’S STYLE COLUMN



 IDIDIT から リリース された  ”  40’S STYLE コラム ”


FIT では オーナーん が 出来るだけ 運転しやすい

ドライビング ポジション に なるように

    
sfgwrgq (5)


ステアリング 位置 を  組む コラム の 長さで 調整 し

上下位置 や 傾き も、 チルト 機能 を 追加して


一番 乗りやすい 位置に ステアリングが 来るように 設定。 


sfgwrgq (19)


なので、 IDIDIT は チルト 機能付きの タイプを よく 使う 

社外品 の ステアリング コラム メーカー なので


よく 存じ上げて いますが、 こんな モデル が あるのは

全然 存じ上げて いませんで、 どうも すみまめん。。。。


sfgwrgq (18)


自身 の 48 FLEET LINE を 作ってる

OUT CAST の GAKU くん に 


「  この コラム 使いたいから、 取り寄せてほしい 」

と  言われて、 初めて 存在 を 知った モデル です


sfgwrgq (1)


届いた コラム の 現物 を 見せてもらったら


コラム シフト の  レバー が 抱き合わされた 40年代 の 

コラム マニュアル の デザイン を 再現 してあり 


sfgwrgq (16)


コラム マニュアル しかなかった 40年代 の クルマ に

オートマ を 載せ替えた時に 使えるように

 
マニュアル車用 ではなく、 オートマ用 として 作って ありまして


sfgwrgq (17)


ブラッシュ アップ された ステンレス の ボディ と


造形 が かっこ良い  真鍮製 の インジケーター や 

ノブ も お洒落 で、 マッチング も 最高 でして


sfgwrgq (21)


塗装 するのが 勿体無い  雰囲気 なので、 

このまま 装着したい 仕様 です


チルト 機能 は 付いていない モデル ですが 





セットアップ時に、 ファイヤー ウォール と ダッシュ に 

固定する マウント 位置を 正しく 導き出して あげれば


チルト機能 も 不要の ポジションに 組めるので

 
sfgwrgq (20)


”  40’ STYLE コラム ”  の 雰囲気 が 合う クルマには

FIT でも 今後  是非 使っていきたい モデル です


FUNK  STA  4  LIFE  !!!!!!




[ 2019/08/03 15:00 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 LINCOLN ZEPHYR SEDAN 



 Mり さん の  1937  ZEPHYR、  4ドア セダン  


愛知県 の KS BODY WORKS さん に お願いして

ビック プロジェクト を 進めて もらってまして


ghjukrukl (18)


ゼファー の ダッシュ ボード は、 中央 に 位置する

独特の センター ダッシュ 形状 でして


センター 部分 の 両サイド には、 カバー が 付いて

中が 見えないように 囲われる 構造なので


ghjukrukl (19)


ゼファー セダン は 裏側に エンジン の ECU や 

オートマ モジュールなどを 配置し、 カバーすることに。


元々 付いていた カバー は、 エアコン の エバボ や


ghjukrukl (20)


加工した  ミッション カバー、 断熱材 を 貼って 厚みが 

増した フロア や  ファイヤー ウォール に 当たるので


型紙 を とって、 干渉 しない 形状 に 加工 してもらい

加工 を 終えたら、 同色 に 塗装 と なりまして


ghjukrukl (21)


いよいよ ダッシュ周り も 本組みが はじまり、 エアコン、

ゲージ、 スイッチ、 ハーネス と 組み進めていき、 


加工した サイド カバー も 組み付け されまして 


ghjukrukl (22)


ダッシュ周り の 組み立ても 完了 したので  


新品 の ゴムを 用意し、 ガラス の 組付けも 進んで
 
塗り直した 木目調の トリム も 付きまして


hduyuyu.jpg


LS3 クレートモーター も  始動 完了 したそうで

着々 と 作業、 準備 が 進んで おります


VIVA !  KS BODY WORKS !!!!



[ 2019/08/02 15:00 ] 37 LINCOLN ZEPHYR SEDAN | トラックバック(-) | コメント(-)

1955 CHEVY 210



 K上 さん の   55  CHEVY、  210


ハーネス の 引き直し と FITECH化、

コンチキット 取り付けなどで 預かりまして


sjfgsfhs (8)


ハーネス 引き直し に FITECH の セットアップ、  

ブレーキ の アップグレード も 完了し、


仮組み を 終えた コンチキット は 一旦 分解 して 


sjfgsfhs (10)


Mり さん に パールホワイト に 塗装を お願いして あるので

 
それらが 完成 してくる までの あいだは

バンパー部分 だけを  先に 組み立てて おいて


sjfgsfhs (9)


走れる 状態にして、 試運転 を 重ねまして


コンチキット の 組付けると、 全長 が 長くなるので

ダブルチューブ部分 で 長さが 変わった 分を


sjfgsfhs (11)


陸運局 に 持ち込んで、 構造 変更 しまして 


塗装 も 完成 してきたので、 組み立て 開始。

コンチ用の ホイールに タイヤ を 組んで


poiytttukk12 (1)


キャリア 部分 を  A田 くん に 組み立ててもらい


K上 さんが 塗装が 終わった、 タイヤカバー などを

Mり さん の ところから 持ってきて くれたので、


poiytttukk12 (2)


一緒に 取付け 手伝って 頂き、 S庭 師範 と

3人 掛かり で 組付けを 進めて いきまして


塗ってもらった ばっかりの  綺麗な ホイールに


poiytttukk12 (3)


カバーを 中心に 乗せたら、  タイヤの 外周に 巻く リングを 


タイヤ を かわせる 大きさまで、 3人掛かりで  グワーッと  

広げて 被せるので、 塗装が 割れそうで 超ドキドキ。。。。。。


poiytttukk12 (4)


リングを 被せると、 カバー に リング が 重なるので

こちらも 塗装が 割れそうで  ドキドキ ですが


水抜きの 穴 や センター 位置が ぴったりに なるよう、 


poiytttukk12 (5)


またまた  3人掛かりで 広げながら 組付けまして

ナンとか 傷を 付けずに 組み立てできて ナニヨリです。


コンチ の 組み立てが 無事に 終わったあと、


poiytttukk12 (7)


「  コンチ 付いたら、  コレも 付けたかった~ 」  と


K上さん が マフラー の ディフレクター を

取り付けしてまして、 楽しそうで ナニヨリです


poiytttukk12 (8)


コンチキット から  タイヤを 取り出したり、 

組み戻す 作業を 一人で やろうとすると、 


塗装 が ガリガリに なるのは 必至なので、 


poiytttukk12 (9)


K上さん の 55 CHEVY のように  ショーカーの ような

綺麗 に 作り込んでる クルマに コンチキット を 組んでも


ちゃんと スペアタイヤ として 使用 して、 路上で 一人で 

脱着するのは ちょっと 現実的では ないですね。。。。 


poiytttukk12 (23)


コンチキット の 組み立てが 完了し、 ハーネス を 引き直す際に


ワイパーモーター を  64年前の オリジナル品 から 

現代の 新しい 構造の モーターに 変更したので


jjggk.jpg


作動させる スイッチ も 現行の物に 変わって しまいまして

クラシックカー とは ほど遠い 見た目 が 残念 なので 


現行品 の スイッチ ですが、 1955 CHEVY の 

ノブが 付くようにして コーディネート しまして


poiytttukk12 (20)


作業 や 試運転の 時に 傷を付けて しまわないよう

養生 したり、 外しておいた パーツなどを 組み戻し


これにて  FITECH の トンネルラム EFI化 と、


poiytttukk12 (22)


ハーネス の 引き直し、 コンチキット 組み付けと 

ドロップ スピンドル化 が  すべて 完了 しまして
 

長らく お待たせして しまいましたが、 無事 納車 と なりました


uriui (1)


K上 さん は さっそく 納車後、 千葉まで ドライブに 行ったり


ライセンス トッパー や、 セーフティ スター を 取り付けて

光るように 配線 したりと  楽しんでるようで ナニヨリです


uriui (2)


FITECH の トンネルラム化 は 僕たちも 初めてなので


今後 も K上さん の フィードバック を もらいながら

乗りやすい クルマに なるよう、 サポート していきたいと 思います


VIVA!  S庭 道場 !!!!!  

         VIVA! K上 さん!!!!!!! 


[ 2019/08/01 15:00 ] 55 CHEVY 210 | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 LINCOLN  ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


kkjghiojhp (10)


K藤 さん の 40 ZEPHYR 作業 は

順調 に 進んでいる ようですが


僕が BLOG の 更新 を 停滞中。。。。。 


IuuikMG_1394 (2)


ボディ の 構造 を 変えながら、 ゼロから 作っているので、 


強度 や 構造、 溶接 方法 を 考えながら、 ボディ を

袋状に する前に 溶接 の 熱歪みを 修正する 行程など 


IMGppoppp_1408 (1)


S庭 師範が 緻密な 計算を しながら 作っているので 


そんな 緻密な 計算を しながら 進めて いるので

自宅 療養 してて、 出勤 できないで いると、 


IMGppoppp_1408 (2)


作業の 意味や 内容を  S庭 師範 に 聞けないので、 

正しい 理解ができず、 BLOG 書けまめんで すみません、、、、


ボディ と トランク の 建付け を 合わせたら


IMGppoppp_1408 (3)


まずは リアの ボディ の パネル と 

トランクの 淵部分 を 接合していくので


溶接する 際に 熱で パネルが 引っ張られて、 


IuuikMG_1394 (4)


位置 や チリ が 変わって しまうので、 


トランク フロア内 に 治具を 組んでいき 

リアパネル を ボディ、 インナーフェンダー、 


IuuikMG_1394 (5)


トランク の 淵を 合わせて  セット していき、 

治具 に 点付けで 溶接し、  固定 しまして


リア の ボディパネル と、 トランク の 淵 を 溶接。


IuuikMG_1394 (6)


薄い 鉄板を 長い 距離で 溶接 しないと いけませんが、 


連続 で 溶接して ビート を 引くと、  歪みまくるので

出来るだけ 熱で 歪みが 出ないように、 


IuuikMG_1394 (8)


15A の 低電流 で、  かつ 通電 時間 を 減らすためし

一箇所 の 通電 時間 を 約 0.5秒。


そうやって どんなに 対策しても、 絶対に 歪みは 出てしまうのですが


IuuikMG_1394 (7)


3D や ラウンド を 複合して 成型 した ボディパネル なので


歪み が 出ると せっかく 作った 形状が 変わってしまい

それを 修正するのは  とても 大変。


IuuikMG_1394 (9)


なので、 とにかく 歪みを 出さないことに 気を配りつつ


全周 を 何百回 の 点付け を 繰り返しながら

溶接 していき、 トランク 淵との 本溶接が 完了。

 
IuuikMG_1394 (1)


リアの ボディパネル と トランク淵 との 本溶接 を 終えたら、 


ボディ にと 治具に 固定 したまま 冷まして

熱歪み が 出切るのを 待ちまして


IuuikMG_1394 (3)


パネル は この段階で ボディ に 完全 に 溶接 してしまうと


裏側 が 袋状 に なってしまったり、 狭かったり

奥まってたりして、 作業 が しづらくて


IuuikMG_1394 (10)


ドーリー を 当てながら  ハンマリング で 

板金 出来ない ところが 出来たり するので


本当に  いい 仕上がりに 持っていくため  


IuuikMG_1394 (14)


IuuikMG_1394 (11)


冷めたら  溶接した トランク淵 と パネルに 治具 を 

組んだまま、 一旦 ボディ から 切り離しまして


裏まで よく 見えて、 広くて 作業が しやすい 環境を 作り 


IuuikMG_1394 (12)


パネル の 裏側 も よく 見ながら 歪みを とっていき、 

再び ぴったり 合う形に 修正 していきまして


メタルワーク は 溶接して 接合すると、 必ず 熱で 歪むので


IuuikMG_1394 (13)


出来るだけ 歪みを 出さない 溶接 技術 と

歪みを 直す、 板金 技術 の 両方が 必要。 


ボディ 形状に 合わせて 考えながら 進めていく  

頭脳戦 でも あるんですね。


IMGppoppp_1408 (4)


クルマ から 外して 本溶接後 に 歪みの 修正を したら


クルマ に 戻して トランク や インナー フェンダー との

建付け、 チリ を 合わせて  治具で 固定 しまして


IMGppoppp_1408 (6)


うーん、  こんなに 複雑な 3D 形状 なのに、 


付き合わせて 接合する 部分 が ぴったり 

合わさるように 板金 できるのは  スゴイですね


IMGppoppp_1408 (5)


ボディ 本体、 インナー フェンダー と 接合。


こちらも 同じように 低電流 で  通電 時間 を 

短くしながら  点付けで 接合 していきます


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!




[ 2019/07/31 15:00 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 LINCOLN ZEPHYR SEDAN



 Mり さん の  1937  ZEPHYR、  4ドア セダン  


愛知県 の KS BODY WORKS さん に お願いして

ビック プロジェクト を 進めて もらってまして


ghjukrukl (1)


先日 書き漏れましたが、 フレッシュ エアー を 室内に 取り込む

ワイパー カウル部にある  フラップ型 の エアースクープ は


エアコン を 装備 したので  不要に なりまして


fhsjhfg (16)


残しても いいのですが、 万が一 そこから 雨漏りして


ダッシュ内に 設置した 沢山の 電装品が 濡れて

トラブルが 起きても 困るので、 埋めてもらい


ghjukrukl (2)


ghjukrukl (3)


塗装、磨きが 終わって、 組み立て を 進めてもらってまして


ZEPHYR は トランク に スペアタイヤ を 収納する

専用 の キャリア が 付属 していますが

 
ghjukrukl (8)


「  おい!  キャリア の 塗装も 終わってるけど

  スペアタイヤ 付かねえじゃんよー? 」  


と、 宇田さん から 連絡 きまして、、、、、、


ghjukrukl (9)


足回り を MUSTANGⅡ化 など する際に


ZEPHYR オリジナル の ホイール は 16インチ で  

PCD が 160 という 特殊ピッチ なので、  


ghjukrukl (10)


既製品 の ブレーキ や ホイール を 使えるように

15インチ の 114,3 に 変更 してまして


結果、 キャリア に ホイールを 固定する 部分が


ghjukrukl (16)_LI


ホイールナット を 利用して 固定する 構造だったので

PCD や オフセット も 合わなくなって しまい


15インチ の 114,3 に 合うように キャリア を 加工。


ghjukrukl (17)_LI


お陰で スペアタイヤも キャリアに がっちり 固定出来て

トランク も きちんと 閉まるように なりました


写真の 左上を 加工して 見えなく してありますが


ghjukrukl (11)


37 ZEPHYR の 奥では、  KSさん に 入庫してる

別の プロジェクトカーの 作業も 着々と 進んでるようで、 


極秘 プロジェクト かも しれないので、 バレちゃったじゃんね! 

と、 怒られないよう、 消してあります


ghjukrukl (7)


室内 の それぞれの 窓枠に 取付する インテリア トリム は

ウッドグレイン 塗装 が 施されていますが


これまでのは 塗った人が あまり 上手くなかったのか、 


ghjukrukl (12)


木目の 質感が うまく 出てなかったり、  色味 も  

オーナー の Mりさん の 好みの 色では なかったので


木目調 の 塗装が できる  カスタムペインターさん に

塗り直し してもらう ことに なりまして


ghjukrukl (6)


どんな 木目、 色にでも 塗れるそうなので


それは 凄い! と、 僕が 大好き シリーズ で 

バナナ の 木に生えてる、  きくらげの 色で! と 言ったら


ghjukrukl (13)


「  君は 殺されたいのかい!?」  と 宇田さん に 怒られまして、、、


きくらげ は 木ではなくて、 きのこの 一種なので 

木目 とは 違うみたいで、 難しいんですかね


ghjukrukl (14)


宇田さん的には そういう問題 じゃない みたいですが、、、、、 


木目柄 と 色味も 好みで 指定して、 塗ってもらった 

トリム も 完成 してきまして、 流石 うまい もんですね!


VIVA !  KS BODY WORKS !!!!



[ 2019/07/30 15:00 ] 37 LINCOLN ZEPHYR SEDAN | トラックバック(-) | コメント(-)