1958  IMPALA COUPE



 Y崎 さん の  1958  IMPALA COUPE


エアコン の 取り付け、  FITECH インジェクション の

セット アップ を  進めて まして


466565656 (2)


FITECH インジェクション では、  インジェクター の

吐出圧 に 合わせて、 システム内 の  燃圧 を 


70 PSI で  セット アップ するので


466565656 (1)


キャブレター では 通常 3 PSI 程度 ですが


70 PSI まで、  大幅 に 圧力 を 上げるので、  

これまでの ポンプ から 高圧 ポンプ に 変更 し


M138319142.jpg


燃料用 ホース や 接続 部分 も  耐圧 が 足りなくなって、  

抜けたり  破裂 したりするので 使えなく なりますし


また、  送った 燃料 の うち、 使わなかった 分を 


ghd4jdy4djyf (7)


燃料 タンク に 戻す、 リターン ライン も 必要 に なり


燃料 タンク から インジェクション までの  ライン は  

高圧 に 耐える 構造 で  2回路 作らないと いけません


gんfghじゃえdtf (6)


高圧対応 の ホース、 フィッティング を 使って 作り直すか


錆びないように  ステンレス や 銅管 での

ハードライン を 作って いくように なりますが


gんfghじゃえdtf (1)


それらは 結構な  労力 と 費用 を 要すのと、  


燃料 タンク に リターン ライン を 接続 する

リターン ポート が 無いと、 加工 も 必要 に なるので


gんfghじゃえdtf (12)


FITECH から  インジェクション の 手前 に  設置 すれば


既存 の キャブレター用 の 低圧 ライン を そのまま 使えて、 

リターン 回路 も 作らなくて済む  ポンプ ユニット が 出てまして


gんfghじゃえdtf (5)


それを 使えば、 高圧 仕様 に 作り直したり、 

リターン ライン を 作る 費用 を 省けますが、 


代わり に  高額 な ユニット代 は 掛かりますので、、、、、


gんfghじゃえdtf (4)


結局 は  同じくらいの  費用 は  掛かりますので

どちらが いいかは  オーナー次第 で ございます。。。。。


今回 は、  インジェクション 手前 に 設置 する


gんfghじゃえdtf (7)


ポンプ ユニット を 使うことに なり

設置 できる スペース を 検証 しまして


コア サポート には  エアコン 部品 が 付くので


gんfghじゃえdtf (3)


ポンプ は  インナー フェンダー に  設置 することに。


コア サポート への 設置 を 前提 と している

付属 の  取り付け ブラケット では 


gんfghじゃえdtf (13)


インナー フェンダー の 曲面 や、 凹凸 には 対応 出来ないので


”  取り付け ブラケット用 の ブラケット ”  を

製作 して  マウント することに なりまして


gんfghじゃえdtf (2)


取り付け用 の ボルト穴 は 新規 に 開けるのではなく 

既に インナー フェンダー に 開いていて


使われていない 穴 を 使えるように  設計 し


jhhgl;:


型紙 を とって  鉄板 を 切り出したら、 折り曲げて 

簡単 に 取り付けできるよう、  ボルト も 溶接 して


塗装 して  組み付けすると、 曲面 や  凹凸 面 でも
  

ghd4jdy4djyf (7)


ピッタリ  取り付け できるように  なりました


エンジン 本体 は  フロント ランナー、  インマニ、  

バルブカバー の 交換 を 終え、 


ghd4jdy4djyf (5)


今後 は  デスビ の バキューム アドバンス ではなく 


FITECH の EFI モジュール で  点火 タイミング を 

制御 して、 始動性 や 燃費 も 良くなるよう 制御 するので


ghd4jdy4djyf (6)


デスビ も  FITECH の タイミング コントロール に 対応 する 

MSD の  ビレット デスビ に  変更 し 


内臓 されている  バキューム アドバンス を ロックアウト 処理。


ghd4jdy4djyf (10)


フロント ランナー、 インマニ、 バルブ カバー を 黒い 物を 選び、  

この後 FITECH 本体 や エアクリーナー も 黒 が 付くので


デスビ キャップ、 プラグコード も  黒 に 変更 して


ghd4jdy4djyf (11)


エンジン ルーム が 統一 されるように アレンジ されまして

 
次 は  新しい ラジエーター と 電動 ファン  の 

セット アップ に 進みます


VIVA !  S庭 道場 !!!!!
   VIVA !  Y崎 さん !!!!!!!!!!!




[ 2018/06/09 01:07 ] 58 CHEVY IMPALA | トラックバック(-) | コメント(-)

1956  BELAIR CONVERTIBLE



 T江 さん の  56 BEL AIR CONV、

プロジェクト  進めてまして


ステアリング コラム を ファイヤー ウォール に 


95655594 (23)


マウント する  ブラケット と  カバー の 製作 を 終え

ステアリング コラム 位置 を 固定 したら

 
コラム シフター で  6速 オートマ 6L80E の  


95655594 (22)


ギア を コントロール する  シフト リンケージ の 製作 へ
 

56 ベルエア用 では  社外品 の チルトコラム が
 
FRAMING RIVER や IDIDIT などから 


95655594 (24)


ボルトオン KIT で リリース されていますが


ファイヤー ウォール を カスタム したり

T江 さん の ライド ポジション に 合わせて


95655594 (25)


ステアリング コラム の 長さ を 変えているので


56 ベルエア用 の ボルトオン コラム は 使わず

FRAMING RIVER 製 の チルト コラム と、 


95655594 (26)


LOKAR製 の  汎用 リンケージ KIT を 用意 して


マフラー や  パーキング ブレーキ などに

干渉しない 位置 を 取り回して 接続 し


95655594 (27)


コラム上 に 付くる、 今 ギア が 何速 に 入ってるかを 示す


シフト インジケーター と  実際 の ギア 位置 が 

合うように リンケージ を 作りまして


95655594 (28)


続いて、  エマージェンシー ブレーキ 製作 へ


エマージェンシー ブレーキ は、  日本 でいう

パーキング ブレーキ や サイド ブレーキ の ことでして


95655594 (29)


ダッシュ下 に 付いている  レバー を 引くと


リア ブレーキ まで  接続 されてる ワイヤー を 

引いて  ブレーキ を 掛ける 構造 でして


95655594 (30)


室内  の レバー と、  ファイヤー ウォール に 付く

ワイヤー の ガイドローラー までは  


オリジナル品 を レストア して  使用 しますが


ustityutktatry (4)


リア ブレーキ は  C4 コルベット の リアエンド を

移植 した カスタム シャシー なので


ブレーキ も  C4 コルベット の ディスク に なりまして


ustityutktatry (24)


オリジナル は ドラム ブレーキ なので、


ドラム ブレーキ と ディスク ブレーキ では

ワイヤー の 形状 も  引きしろ も 合わないので


ustityutktatry (26)


LOKAR製 の 汎用 エマージェンシー ケーブル KIT、 

左右 の ブレーキ に 分配 する  イコライザー KIT、

 
日本 で リビルト した、  C4 コルベット 純正 の 


ustityutktatry (27)


エマージェンシー ブレーキ 付 の

リア キャリパー を 用意 し、  


56 ベルエア の  オリジナル の エマージェンシー ブレーキ で  


ustityutktatry (28)


きちんと 作動 するように  作っていきます 


LOKAR製 の  汎用 ケーブル KIT では

コルベット キャリパー に 付いている  


ustityutktatry (29)


エマージェンシー ブレーキ を 作動 させる

レバー に 取り付け できないので、  


コルベット 純正 と  同じ 構造 に なるよう


ustityutktatry (34)


厚い 鉄板 に 穴 を 開けて、 切り出したら


形状 を 整え、  キャリパー の レバー に 

引っ掛ける  リンク を  削り出しまして

 
ustityutktatry (39)


ワイヤー を 通して  組み付けると  

こんな 感じ に なりまして


あたかも  オリジナルかと 思う  作りで ナニヨリです


ustityutktatry (38)


削り出し の パーツ も 完成 し 

キャリパー に  組んでたら


片側 の キャリパー の アーム が


ustityutktatry (25)


曲がって  変形 しているのに 気付きまして、、、、


過去 に 使用中 に 曲がってしまったのか 

落したりして  曲がって しまったのか 解りませんが


ustityutktatry (30)


ustityutktatry (32)


リビルト した コルベット屋さん には

曲がっていない アーム が あるので


すぐに 送ってくれると 言われましたが


ustityutktatry (31)


ustityutktatry (33)


板金 して 直せる 範囲 なのと


もし 強度 不足 などで、  今後 使用中 に

また 曲がっても  困るので


ustityutktatry (35)


曲がって しまってるのは、  修正 しがてら


曲がって いない方のも  合わせて

補強 を しておくことに しまして
 

ustityutktatry (36)


ustityutktatry (37)


キャリパー を  分解 して  アーム を 外して


アーム の 曲がり を 直したら、  

強度 が 出すために 付いている


ustityutktatry (40)


耳部分 を  反対側 にも  追加 するため


鉄板 を 切り出して、 溶接 して  両側 に 

リブ が 付く 構造 に  対策 しまして


ustityutktatry (41)


形状、 溶接跡 を 整えて、 綺麗 に 仕上げたら

塗装 を して  キャリパー に 組み戻しまして


キャリパー、  削り出した パーツ を 組み込んだ


ustityutktatry (42)


エマージェンシー ケーブル を  組み付けたら


次 は  室内 の レバー に つながる 

コントロール ケーブル を  


ustityutktatry (43)


左右 の ブレーキ 2本 に 分配 する 

イコライザー の 製作 に 進みます


VIVA ! S庭 道場  
   VIVA !  T江 さん !!!!!!




[ 2018/06/08 01:10 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)

従業員 募集



 FIT、  従業員 募集 の  お知らせ です


勤務地    埼玉県 南部、  東京 23区内

職務内容   車両、 機械 の  整備 ・ 修理 ・ 検査 等

休 日     日曜、 他  応相談


D.jpg


待 遇    経験・資格 などにより、 優遇

        技術レベル 、勤務状況 などにより、  随時 昇給。


        社会保険  年金、 労働保険、 雇用保険  完備、 

        有休休暇制度、 マイカー通勤 可


Belair-09-e1431969838251.jpg


自動車 整備、  機械 整備、  電気 技師、 溶接、 金属 加工等、   

経験 や、  資格 が ある方は  優遇 しますが
  


資格、  経験 なくても、  やる気 が あるなら  

OK ですので、  遠慮 せずに  連絡 ください


acid-2.jpg


申し込み、  お問い合わせ は、  下記 まで  御連絡 ください

048-933-9703   info@el-classico.com


やりがいの ある 仕事、 よい 職場と  思います。

一緒 に 頑張ってくれる方、  お待ちしております !



[ 2018/06/07 03:10 ] LIFE STYLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 LINCOLN ZEPHYR



 1937 ZEPHYR、  通勤 快速 製作中


ESE から  重い 荷物 が 届いたので 開けてみたら

箱 に 入った 毛ガニ が 届いてまして


dfvdsf (5)bb@


そういえば、 K木 さん 北海道 行くって 言ってたような。。。。


新鮮 な うちに 茹でようと、 お湯を 沸かして  

袋 を 開けてみたら、  ん!?  カブトガニ !?


dfvdsf (6)bb@


dfvdsf (8)bb@


やたら ゴツイので よく見たら  蟹 でもなくて デフ玉 でして、、、、、

よく 茹でて 食えって 指令 ですね。。。。。


そういえば 北海道 行くなんて  言って ませんでしたし


dfvdsf (27)bb@


随分 前 に リビルト 頼んで、 送ったのを 忘れてまして


カブトガニ風 サードメンバー は、  4 リンク の

セット アップ後、  デフ から 外して


dfvdsf (10)bb@


dfvdsf (9)bb@


点検 と、  ベアリング や  シール を 新調 し、 

バック ラッシュ 調整 して もらいまして


リビルト 作業 から 戻ったので、  組み付けまして


dfvdsf (22)bb@


デフ の オーバー ホール に 合わせて、


アクスル シャフト、 リア ブレーキ も 分解 しまして

ブレーキ は  リビルト したとは 聞いてますが


dfvdsf (19)bb@


錆だらけ で  数年 以内 に  リフレッシュ 

してあるようには 見えませんし、  


ホイル シリンダー からは オイル漏れ してるので


dfvdsf (20)bb@


まったく 信用 ならないので、  分解 して

リフレッシュ していおく ことに しまして


ドラム は 当たり面 に  段付き が できて しまってるので 


dfvdsf (26)bb@


いつも の ブレーキ屋さん に 面研 してもらい


ライニング も  信頼 の 日本 品質 で

全部 張替 してもらいまして


dfvdsf (25)bb@


バック プレート や  細かい パーツ は

サンド ブラスト で  錆 を 落としてから


シャシー ブラック 塗って  錆止め。


artegegsdhbsd (62)


ついでに  錆だらけ だった  ホイール も


ブラスト 処理 して、  錆止め 塗って

リフレッシュ して みまして


artegegsdhbsd (4)


アクスル シャフト は  曲がり が 無いか

測定 と  点検 を したら、  


アクスル ベアリング は  ガタ は 出てませんが


dfvdsf (13)bb@


dfvdsf (15)bb@


いつから  使ってる 物なのか  解らないので

念のため、  新品 に 交換 と しまして


ベアリング、  リテーナー、  シール を 取り寄せて


dfvdsf (7)bb@


すべて 新品 に 交換 し、  リフレッシュ。


ブラスト 処理 した  バック プレート と

新らしい シール を 組んで、  

 
dfvdsf (34)bb@


アクスル シャフト も  取り付け ましたら


これまで 付いていた  ペラ シャフト は

ホイール ベース を 変更 して


dfvdsf (33)bb@


長さ が 足りなく なったので、 インパラ用 の

2 ピース シャフト を  用意 しまして


車高調 機能 を 付けたので、  テレスコ シャフト と 


dfvdsf (16)bb@


TH700R4用 に  ナロード してある

ちょっと 短い フロント シャフト を 組むと


ピッタリ の 長さ に なりまして 


dfvdsf (18)bb@


クライスラー 8,75 デフ なので


ピ二オン ヨーク に 接続 する  U ジョイント を 

シボレー & クライスラー の 変換 仕様 に 交換 し


dfvdsf (12)bb@


サード メンバー とも  接続 されまして


リア セクション の 組み付け に 合わせて  

エアサス ユニット も  準備 完了


dfvdsf (2)bb@


次 は 本番用 の エンジン、 ミッション を 載せ

ペラ シャフト の  前後 位置 を 確認 したら


センター サポート マウント 作り に 進みます


VIVA !  S庭 道場 !!!!!!




[ 2018/06/06 04:54 ] 37 LINCOLN ZEPHYR * FIT * | トラックバック(-) | コメント(-)

ORIGINAL KEY HOLDER



 以前、 BASIC TRACKS の  Mっちゃん に


EL-CLASSICO エンブレム の 焼印 を 入れた

オリジナル キーホルダー を 作って もらいまして


vhdfghjdhmd (8)


さらに 革 の 厚み や、 質感 の 要望 を 伝えて


カラー、  スタンプ も  バリエーション を  増やた

新作 が 完成 して、 届きました


sdvsd (6)


茶色 の レザー に  エンブレム の スタンプ を  

素押し して  焼印 を 入れたもの と、


ゴールド、  シルバー の 箔押し した タイプ、


sdvsd (5)


sdvsd (4)


ネイビー の レザー に  エンブレム の スタンプ を  

素押し して  焼印 を 入れたもの と、


ゴールド、  シルバー の 箔押し した タイプ


sdvsd (7)


sdvsd (2)


ブラック の レザー に  エンブレム の スタンプ を  

素押し して  焼印 を 入れたもの と、


ゴールド、  シルバー の 箔押し した タイプ


sdvsd (6)


sdvsd (3)


写真 だと、 ブラック と  ネイビー の 

色 の 違いが  伝わりづらいですが


まぁ、  どちらも カッコいいので  オッケー です


sdvsd (1)


今回 製作 した キーホルダー も  非売品 で、  


FIT クルー や  日頃 お世話 に なっている  

FIT カスタマー の 方々 に プレゼント してまして


sdvsd (8)


直接 取りに 来ると 言ってる 人のは  KEEP しておき


発送 希望 や、 遠方 の 方々へは、  順次 送る 

手配 を 進めてますので、  届くのを お待ち下さいませ 


sdvsd (9)


前回 のと 合わせて、 70個 くらい 作ってもらいましたが


どの 色 が いいか、  お店 で 実物 見ながら  

どれに するか 選ぶー と 言ってた 方、


sdvsd (10)


あっと いう間 に 無くなり、 もう ほとんど ありません。。。。。


Mっちゃん の ハンドメイド キーホルダー、

届いた 皆様、  どうぞ 大事に 使ってください


FUNK  STA  4 LIFE !!!!!





[ 2018/06/04 05:13 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)

1958 CHEVY IMPALA



 Y崎 さん の  1958  IMPALA COUPE


エアコン の 取り付け、  キャブジェクション の

セット アップ を  進めて まして


gんfghじゃえdtf (18)


これまで  純正 ラジエーター ではなく

国産車 の 流用 かと 思われる


かなり  幅 が 広い、  サイド フロー の


gんfghじゃえdtf (20)


ラジエーター と  電動 ファン が 付いており


幅 が 広い ラジエーター に 対応 するよう、 

コア サポート を 大きく  切って
 

gんfghじゃえdtf (19)


風 が 抜けるように 加工 してありまして


現行 国産車 の ラジエーター、 電動 ファン では

クラシックカー なのに  見た目 が 良くない、、、、、、 と 


gんfghじゃえdtf (9)


オリジナル スタイル の ラジエーター に 変更 と なり


切られている 部分 の  コア サポート は  

埋戻して いくことと なりまして


gんfghじゃえdtf (21)


切られている 穴 の 形に  鉄板 を 切り出して

コア サポート に  溶接 して 埋めると なると


コアサポート を 取り外さないと いけなくなり  


gんfghじゃえdtf (22)


左右 の フェンダー、  インナー フェンダー、

バンパー に、  グリル、 ライト 周り と


バラバラ に しないと いけなくなり


gんfghじゃえdtf (10)


溶接 すると 塗装 も やり直し に なるので


分解、 塗装、 組み立て、 チリ合わせ と

かなり 大掛かりな 作業 に なり


gんfghじゃえdtf (23)


日数 も 費用 も  膨大 に なってしまいます

  
コア サポート の オリジナル の プレス 形状、

構造 から  検証 すると


gんfghじゃえdtf (24)


溶接 で 埋め戻さなくても、  パネル を 作って  

表から  取り付けるような 構造 にしても


見た目 を 損なわずに、 強度 も 問題ないと なりまして


gんfghじゃえdtf (11)


プレス形状 に 合わせて 型紙 を とったら、  

鉄板 を 切り出して いきまして


エアコン の 配管 を 通す 穴 を 開けて


gんfghじゃえdtf (29)


ビード マシン を 使って  リブ を 入れて

強度 を 出しつつ、  見た目 も 向上。


運転席側 の パネル の 後ろ側 には、   


gんfghじゃえdtf (26)


リザーブ タンク や 、 電動 ファン の  リレー を 

取り付けられるように 作ると  機能的 なので


位置 を 検証 し、 ブラケット を 作って 取り付けまして


gんfghじゃえdtf (31)


助手席側 の パネル の 後ろ側 には、


エアコン の レシーバー を 取り付けできるよう

ブラケット を 製作 し、  取り付けまして


gんfghじゃえdtf (30)


ラジエーター の 前側 には  エアコン の 

コンデンサー を  取り付けるので


コンデンサー を 仮組み して、 位置 と 


gんfghじゃえdtf (32)


取り付け ブラケット の 構造、 サイズ を  

検証 したら、  角材 と フラットバー で


コンデンサー を マウント する  ブラケット を 製作。


gんfghじゃえdtf (28)


コア サポート の 穴を 埋める パネル の 取り付けは、  

新たに コアサポート に 穴 を 開けるのでは なく


元々 コアサポート に 開いていた 穴 を 利用 し


gんfghじゃえdtf (14)


固定 する ボルト は  表 から 見えないように 

裏側 に ボルト を 溶接 して おくとて


取り付けても、 前側 の  見た目 が  すっきり して、 


gんfghじゃえdtf (15)


パネル を 取り付けた感 も 出ずに 済むので 


あたかも オリジナル の コアサポート の

見た目 に  収まるように 製作 されまして


gんfghじゃえdtf (27)


コンデンサー の マウント ブラケット を 取り付ける

ブラケット も 取り付けた、 穴埋め パネル が 完成。


パネル は コアサポート と  同じ 赤 に 塗ってから


gんfghじゃえdtf (16)


本組み と なるので、 塗装 に 出しまして


次 は  FITECH インジェクション の 

セット アップ に 進みます


VIVA !  S庭 道場 !!!!!
   VIVA !  Y崎 さん !!!!!!!!!!!



[ 2018/06/03 05:47 ] 58 CHEVY IMPALA | トラックバック(-) | コメント(-)

1956  BELAIR CONVERTIBLE



 T江 さん の  56 BEL AIR CONV、

プロジェクト  進めてまして


ステアリング コラム を ファイヤー ウォール に 


95655594 (17)


マウント する  ブラケット の  

エンジン ルーム側 が  完成 し


続いて  室内側 に 進みます


95655594 (19)


外側 の  ファイヤー ウォール に

マウント する  ブラケット の


ベース プレート を 製作 する 際


14996669999989532332 (63)


室内側 の 構造 も 決まっていたので

先に 作っておいた方が いい


内側 の 加工 も  同時 に 進めまして


14996669999989532332 (64)


フラット バー を 切り出して


ファイヤー ウォール に 開いている

穴 と 同じ 形状 に 曲げまして


14996669999989532332 (65)


ベース プレート に  全周 溶接 して  


エンジン ルーム から  熱 や 臭い が 

入って来ないように 仕切り を 作りまして


14996669999989532332 (66)


ステアリング コラム に 貫通 して 


ファイヤー ウォール に 固定する

ラバー マット は  ビス止め で


14996669999989532332 (67)


オリジナル の 構造 だと、 ビス の 頭 は

ファイヤー ウォール を 貫通 して  


エンジン ルーム側 に  見えてしまうので


14996669999989532332 (68)


綺麗 に スムージング した ファイヤー ウォール に

ビス の 頭 が 出てしまわないよう


取り付け 構造 を 変更 しておきます

 
14996669999989532332 (69)


14996669999989532332 (70)


形状 を 書き写して  鉄板 を 切り出したら


ラバーマット を  ファイヤー ウォール ではなく

手前 で ビス止め する ベース プレート を 作り

  
sfgnfghneh (2)


sfgnfghneh (1)


マウント プレート に 溶接 した

仕切り の 上側 と  下側  に


ラバーマット の ベース を 固定 できる


erhy5he4.jpg


マウント 部分 を 製作 しまして


ラバーマット の マウント プレート を

仕切り 部分 に  固定するように しまして


14996669999989532332 (73)


ファイヤー ウォール マウント ブラケット、

ラバーマット の ベースプレート を 取り付けし


ステアリング コラム と ラバーマット も 取り付けて


14996669999989532332 (74)


マウント ブラケット の 室内側 も  完成 しまして


次 は 6速 オートマ、 6L80E を  コラム シフト で

動かす リンケージ の 製作 に 進みます


VIVA ! S庭 道場  
   VIVA !  T江 さん !!!!!!




[ 2018/06/02 06:03 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)