FC2ブログ

1940 ZEPHYR

 

 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


uiyuitoyiotu (56)


トランク の 下の フィラー パネル も

変形、 腐食 が 酷いので  再生と なり


開口 の ウェザー ストリップ の 当たりを 製作し


fxhmhgm (1)


トランク キャッチ を 取り付ける パン 部分 も

変形 や 腐食、 過去 の 修理跡 が 酷く、


こちらも 新しく 作り直して 再生することと なりまして


uiyuitoyiotu (49)


カーブ や 段差、 耳 など、 複雑な 形状 なので、


オリジナル は プレス 構造 で 一発 成型 ですが

板金、 溶接 で 作らないと いけないので 


uiyuitoyiotu (50)


uiyuitoyiotu (51)


パネル を 成型 していく際に 使用する 

工作機械の 都合上、 2ピース に 分けて 


それぞれを 成型 したのち、 溶接で 接合。


uiyuitoyiotu (55)


uiyuitoyiotu (53)


複雑な 形状 ですが、 2つの パネル を 合せても

隙間が 出来ないように 製作したら


まずは 点付け で、 仮付けして、 形状を 確認


uiyuitoyiotu (52)


uiyuitoyiotu (54)


問題 ないのを 確認 したら、 全周 溶接 していき


1ミリ の 薄い 鉄板なので、 溶接の 熱で 歪みが

出るのは 避けられないので、 本溶接後に 歪みをとり


uiyuitoyiotu (43)


溶接跡 も 綺麗に 仕上げたら、  後に 接合する 際の

スポット溶接用の 穴を 開けていき


トランク の ロックが 取付される 部分の パネル が 完成。

 
uiyuitoyiotu (42)


uiyuitoyiotu (44)


次は トランク キャッチ を 取付する パンを 接続する

トランク下 の パネルに 進みたい ところですが


現在、 裏骨こそ 接続 していますが、 クォーター パネル や


fxhmhgm (4)


トランク フード と  リア フェンダーの 間の パネル、
 
トランク フード の 下の パネルも 剥がしてあるので


ボディ の 剛性が 低くなっていて、 パネルを 作る際に 


uiyuitoyiotu (47)


uiyuitoyiotu (28)


トランク フード を 開閉 したり、 脱着 してると  

剛性が 低い ボディ側が 動いてしまい


位置が 変わって 正しい 建付け、 チリが 狂うので


uiyuitoyiotu (45)


uiyuitoyiotu (46)


両サイド の ドア、 クォーター パネル も

一旦  全て 正しい 位置に 組み戻し


スキンパネル を 再生していく 際に 同じ 形状で

 
uiyuitoyiotu (37)


uiyuitoyiotu (39)


パネル を 製作するための 基準にする線を 

全ての パネルに 碁盤の 目のように 入れていき


uiyuitoyiotu (40)


uiyuitoyiotu (38)


新しく 製作する スキンパネル用の 鉄板を 切り出し、 


オリジナル に パネルに 入れた ラインと 同じ位置に

碁盤の目を 書き込んで おきます


uiyuitoyiotu (33)


続いて、 40 ZEPHYR の ドアは ランニングボード も

ドアに 一体化 されているような ボトム形状なので


スキンパネルの 膨らみ が 複雑 なので
 

uiyuitoyiotu (34)


同じ 形状の 膨らみに 作るための テンプレート を


碁盤の 目ごとに ドアに ピッタリ 合うように

厚紙 を 切り出して 製作 していきまして、 


uiyuitoyiotu (35)


テンプレート にも 碁盤の目と 合う マーキング を 入れ 


新しく 製作していく スキンパネル に 入れた 碁盤の目に

テンプレート と ラインを 合わせて みると、 


uiyuitoyiotu (36)


同じ 膨らみの ラインに なっているか 確認 できるので


新しい パネルを 成型 しながら、 オリジナルと 同じ

ラインに なったか 確認しながら 作っていきます


fxhmhgm (5)


まずは トランク周り の 剛性を 出すため


トランク フード と  リア フェンダー の 隙間 の 

パネルから 製作 していく ことと なりまして


fxhmhgm (6)


こちらの パネルにも  カーブや  球体 だったり、

テールランプ が 付く 付近は


逆反り してたりと、 複雑な 形状 を していますが  


uiyuitoyiotu (32)


オリジナル と 同じ 形状に 作るため、 同じ様に

碁盤の目 で 基準線 を 入れていき


基準線ごとの 膨らみの テンプレート も 製作


fxhmhgm (3)


平らな 鉄板 から、 膨らみを 作っていくのは、 

イングリッシュ ウィールを 使って 成型 していきますが、 


作る パネルの サイズが 大きいので、 鉄板 も 大きく


fxhmhgm (7)


鉄板 が たわませたく ない方に たわんで しまって 

綺麗に 作るには ひとりでは 作業が できないので


2人で ぴったり 息を 合わせながら 成型 していき


fxhmhgm (2)


トランク フード と  リア フェンダー の 隙間 の 

パネルが  形に なって きまして


テンプレート で チェック し、  車体にも 取り付けて 確認。 


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2019/06/09 09:44 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BUICK



 1963  C10 ” SPIKEY ” の オーナーだった

広島 の ゴルゴこと、  Y室さん


SPIKEY を 欲しいと、 Y澤さん が 言って くれたので

Y室さん に そんな 話が きてますけど!? と 話したら


01515_bGPOaw5RODv_1200x900.jpg


「  最近 子供が デカなってきて、 家族 で 乗りきれんく なってきたけ 」

と、 ”  SPIKEY で  どこでも 行きます ” の  Y室家 も 


ついに ピックアップ では 乗り切れなく なってきたそうで

「  次は 55 ~ 57年 辺りの クーペが いいのー 」  と


01616_1RXVsng24TR_1200x900.jpg


そういえば、 SPIKEY 買う前も ベルエア 欲しいと 言ってたので

やっぱり その辺りの スタイルが 好きなんですね


家族で 乗れて、 自宅の 車庫に 収まる 車格の 好きな デザインで

探すと 1955~57年 の ベルエア に なるそうで


00f0f_8tCH6ztYeI0_1200x900.jpg


Y室さん が クルマ 作るなら コレは という 条件が、 


① 大径 スラムド  ② 電子制御 エンジン  

③ 遠出可  ④ 内装 は 綺麗  ⑤ ACCUAIR  


⑥ エアコン  ⑦ 錆。。。。。。。  との事なので


00j0j_31Jp59IZ58W_1200x900.jpg


「  今は SPIKEY を 手放す ツモリは ないけど、 もし


その 条件を 満たす クルマ が 見つかったら 乗り換えても いい 」

と、  超 高い ハードル 与えられまして、、、、、


FIT でも 55~57年 の ベルエア は 何台も 作って きましたが


00G0G_cte3zwm3LrB_1200x900.jpg


そんな 条件を クリア する クルマが 簡単には

見つからないのは 痛いほど  解っております。。。。。。


だから  ウチで 作ってるんですけど!?  な 話ですが
 
あちこち アンテナ 張り巡らせて  探し初めまして


00R0R_jlr5HvKkgyQ_1200x900.jpg


最近、 55~57年 だと、  同じ GM ファミリー の 


ポンティアック や オールズ、 ビュイック は シボレーより

グレード が 上なので、 ベルエアより 装備も 装飾も 豪華で


カッコいいなと 僕的に 思う 今日 この頃だったので、 


00n0n_jy5W8MiawuY_1200x900.jpg


” シボレー縛り ” は 無しにして、  BUICK や ポンテ とかでも 

カッコ良ければ いいですか?  と 言ったら


「  おっ、 なんや、 それも ええのー 」 と  OK 出ましたので


00V0V_aWocHmM5WhN_1200x900.jpg


サンフランシスコ の オーナー が 持っていた  1956年式 で

大径 スラムド、 内装も 綺麗な 1956 BUICK を 見付けて きまして

 
20インチ の モブスチール ホイール を 履かせて、 

スラムド するように 既に 足回り は カスタム してあり、 


00I0I_3GtzKypHBXS_1200x900.jpg


リア は 4 リンク化 して、 エアサス 組んで ありまして


内外装 や ガラスも 綺麗ですし、 欠品 してたら 大変 な

モール や トリムも 全て 揃ってて


ネイルヘッド エンジン や ブレーキ も リビルト してあり、


00r0r_4X9jb3ZvlIx_1200x900.jpg


燃料 タンク も 新品 に 交換 してありまして


錆、、、、 も、 エンジン フード の 先端に ちゃんと 付属し、、、、 

腐食し、 穴 開いてるのに 直してない所が 完璧です。。。。。 


外観、 内装 は Y室さん の 条件 を クリア できましたが


00l0l_hM53gjsk7dm_1200x900.jpg


電子 制御 の フューエル インジェクション エンジン と、 

エアコン、 ACCUAIR、  遠出可 を  満たして いないのと


前脚 も 色々 カスタム してありますが、 キングピンの まま なので

東京~広島 往復 したら、 疲れたけの! と、 もう 来なくなりそうなので


00N0N_6OdvwRGMkHZ_1200x900.jpg


このままでは 求められてる 条件を 満たせず 却下 ですが、

スタイリング的には  Y室さんの ツボの クルマだったので


ネイルヘッド エンジン は  カッコいいし、 調子いいので

勿体無いですが、 Y室仕様 には 適合 しませんので


00M0M_ev2pnpTUH60_1200x900.jpg


ネイルヘッドは 降ろして  LS モーター に 積み替えて

フューエル インジェクション化 することに して 


前脚 も 潔く、 フレーム を ファイヤー ウォール下で 切り落とし

FATMAN に MUSTANGⅡ STUB を  オーダー。


00T0T_fmFELGrTOHe_1200x900.jpg


フレーム を 差し替えし、 ラック & ピ二オン ギアボックス、

ディスク ブレーキ、 エアバック も やり直して 


エアサス も ACCUAIR に アップグレード することで 

全ての 条件を クリア させることに しまして


00G0G_gmJxxlXd0bT_1200x900.jpg


今、 フィット は 進めてる プロジェクト で 忙しくて

クルマが 到着しても、 すぐには 手を付けられないので 


アメリカの SHOPで  MUSTANGⅡ化 を 終わらせてから

日本に 持ってくる 段取りに することに しまして


00y0y_hBQKlqL4deg_1200x900.jpg

  
日本に 持ってきたら、 FIT で LSモーター を SWAP。


MUSTANGⅡ化 の 作業は、 メタルワーク が 得意で、 

FATMAN ディーラー でもある SKOTY CHOPS に 依頼しまして


Y室 BUICK プロジェクト も スタート し、  楽しみですね! 



[ 2019/06/08 09:44 ] 56 BUICK  * 565 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 ZEPHYR SEDAN



 Mり さん の  1937  ZEPHYR、  4ドア セダン  


愛知県 の KS BODY WORKS さん に お願いして

ビック プロジェクト を 進めて もらってまして


ioyiory (3)


LS 3 エンジン を 搭載 し、 吸気 は 出来るだけ 


冷たい 空気を 吸わせるために、 インテーク パイプ は

ラジエーター より 前まで 取り回すように なりますが


ボディ 形状 が 先細り で、  ノーズに 行くにつれて


ghkdd (2)


狭く なっていく エンジン ルーム なので、 太い 

インテーク パイプを 前まで 通す スペース が なく


エンジン の 振動を 吸振 する フレキシブル の

ジョイント や エルボー などを 組み合わせ


ghkdd (4)
 

ラジエーター と フロント ランナー の 狭い 隙間 を

縫うように 取り回して  ラジエーター の 前まで 取り回し、


キノコ型の エアクリーナーを 設置する スペースも ないので 


ghkdd (3)


パイプ内に フィルター が 内蔵されている ” インライン フィルター ” 

を 採用し、 ブラケット 作って クロスメンバー に 固定。


外装 や ダッシュ も、 この後 全部 塗り替えるので、 

Mりさん と 色々 資料 見ながら 相談 し


uditudiotu (1)


外装、 内装 などの 色も 決まり、 そちらも 進めてもらいます


パワステ が 無かった 時代 の、 オリジナル の 

大きな ステアリング の ままだと 


パワステ 付けると  大きすぎて 乗りづらいので


uditudiotu (2)


いつもの アメリカ の カスタム ステアリング屋 に 頼んで


42年 の ZEPHYR の オリジナル の デザイン で、 

外径 を 18インチ から 16 インチ に 小径化 させ、 


uditudiotu (3)


チルト コラムに 付けられるように  ボス部分 を 加工した 

カスタム ステアリング を 注文 しまして


この先も、 全速 前進 で 進めて 頂きます


VIVA !  KS BODY WORKS !!!!




[ 2019/06/07 09:55 ] 37 LINCOLN ZEPHYR SEDAN | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


uiyuitoyiotu (4)


左右 の リア フェンダー と トランク フード を

正しい 位置 に 取付し、 チリ合わせ すると


トランク下 の フィラー パネル が 前方に 押されてか 


uiyuitoyiotu (11)


中に 入ってしまってるのが 解りまして


フィラー パネル も 腐ってるので 新しく 作り直しますが

これでは 製作するべき 形の 基準が 定まらないので


uiyuitoyiotu (12)


トランク、 リアフェンダー の 形状に 合せた

治具を 使って、 マッチする ラインを 導き出して


その ラインに合わせて、 まずは 新しい 底板を 製作


uiyuitoyiotu (13)


シュリンカー、 ストレッチャー を 使い、 フィラーの

アウトライン に 合せて  カーブ させていき


のちに フィラーパネル を 立ち上げる 耳部分を 作りまして


uiyuitoyiotu (14)


uiyuitoyiotu (15)


左右 の フェンダー の 起点 部分 とも 合せて

まずは 製作した 底板 を 仮組み すると


トランク や フェンダー の ラインに 合っている 


uiyuitoyiotu (16)


スムースな ライン が 見えて きましたので


この 底面の ラインと トランク の ラインを つなぐように 

フィラーパネル を 作ればいいのが 導き出されまして


uiyuitoyiotu (17)


uiyuitoyiotu (18)


フィラー パネル を 製作 に 掛かりたい ところですが


トランク を 閉めたときの 当たりの 部分も

腐食 や 過去の いい加減な 修理跡が 酷く、、、、、


uiyuitoyiotu (19)


uiyuitoyiotu (20)


ここ も 再生 しないと いけません の 刑。。。。。。


トランク を 閉めた時に ウェザー ストリップ が

当たる 部分 なので、  しっかり 寸法 と 


uiyuitoyiotu (21)


ウェザー が 当たる 形状、 位置を 出さないと


建付け の 悪い、 走れば ぴゅー ぴゅー音、

雨降れば 漏れ漏れ 仕様 に なってしまうので


uiyuitoyiotu (22)


uiyuitoyiotu (23)


uiyuitoyiotu (24)


よく よく 計測 し、 ウェザー ストリップ の 形状 に 合うよう


鉄板 を 切り出し、 ベンダー で 折り曲げ しつつ

シュリンカー、 ストレッチャー で カーブ させていき、

 
uiyuitoyiotu (57)


トランク の 形状 に 合うよう、 開口部分 の

当たり部分 を 再生 して いきまして


まずは トランク フィラー の エッジ 部分 が 完成。


uiyuitoyiotu (41)


先程 製作 した 底面が 下に 付いて、  

この エッジが 上側に 取り付けされると


それらを 結ぶ ライン で パネル を 作れば 


uiyuitoyiotu (56)


正しい 形の フィラー パネル が 出来るので


製作する パネルの 形状を 導き出す 

基準点 を 作ったという ことですね 


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!




[ 2019/06/06 10:44 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1959 APACHE



 I原さん の  1959 アパッチ、 ” アパ太郎 ”


ドリンクホルダー が 完成して、 取り付けたから

送るよー と  写真 送って 頂きまして

  
hvhjj (5)


クルマ の 雰囲気 に 合う ドリンク ホルダー が 

欲しい ということで、  ノバワゴン 乗り の 革職人 


Mっちゃん に 頼んで、  シート前 に 設置する


hvhjj (4)


オリジナル ドリンク ホルダー 作って もらいまして  


デザイン や 使い勝手 など、 I原さん と 相談し 

二人で 考えたものを ゼロから 製作と なりまして


sddf (5)


I原さん は 仕事が デザイナー、 クリエイター ですし

Mっちゃん も Tシャツ デザインして 作ったり してるので 
 

二人とも ゼロから 産み落とすのは お手の物 なんですかね

 
gjdgkf (4)


gjdgkf (3)


仕上げの 生地も、 アパ太郎 の シート生地 と 

同じ 生地を 使って  統一感 を 出してるので、 


後付け感 無いですし、  使い勝手も 良さそうなので


gjdgkf (2)


gjdgkf (1)


僕も 真似して、  アイデア パクろうと 思います


I原さん は、 次も 早く 何か やりたいな と

楽しそうで ナニヨリです!


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!



[ 2019/06/04 00:00 ] 59 CHEVY APACHE * アパ太郎   | トラックバック(-) | コメント(-)

1955 CHEVY



 K上 さん の   55  CHEVY、  210


ハーネス の 引き直し と FITECH化、

コンチキット 取り付けなどで 預かりまして


djhdghjg (1)


写真 撮っても  代わり映え しない ハーネス の

引き直し 作業 も ようやく 終えて


64年前 の 純正 ハーネス と お別れ しまして

 
djhdghjg (5)


FITECH の トンネルラム の セットアップ 進めてまして


55 CHEVY は、 ボンネット が 高いので 熱気 が 抜けず、 

エンジンルーム に 滞留 し易い とのことで


djhdghjg (4)


EFI化 しても、  渋滞中 に 滞留 した 熱い 空気を 吸うと  

調子 を 崩しますし、 調子の 良い コンディションを 作るには 

 
いかに コールド エアー を  送り込めるか が 肝 とのことで


djhdghjg (6)


コアサポート の 前まで 吸気 パイプ を 伸ばして、 


エンジン や エキマニ の 熱、 ラジエーター を 通った

熱い 空気を  吸わないように しまして


djhdghjg (3)


コアサポート の ポートには ゴミを 吸わないように

スクリーン を 取付し、 エアフィルター は


パイプ の 中に フィルター が 入っている

インライン型の エアクリーナー を 採用。


djhdghjg (2)


エンジン の 振動で、 パイプ や ブラケット が

割れないように、 つなぎ目に 吸振性 の ある 


フレキシブル ジョイント を 使って 接続 しまして


djhdghjg (7)


FITECH トンネルラム、 インテーク パイプ の

セットアップ が 完了し、 エンジンも 始動 したので


次は 細かい 調整 と セッティング に 進みます


VIVA!  S庭 道場 !!!!!  

         VIVA! K上 さん!!!!!!! 




[ 2019/06/03 00:00 ] 55 CHEVY 210 | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


あgsfSDg (24)


ルーフ の 裏側 に 溶接 されてる ブレス が

腐食 して 腐り落ちてたのと


新しく 作り直した インナーフェンダー の 形状に 合わせ


あgsfSDg (23)


側面 を インナー フェンダー に スポット 溶接し


後ろ端 を ボディ マウント に 溶接 し

荷重 を しっかり 伝えるように 作りまして


あgsfSDg (9)


続いて、 リアガラス の 後ろ側 と、 トランク フード の

ヒンジ が 付く 部分 の 裏側 にある 裏骨 も


オリジナル 同様に、 インナー フェンダー に 接続 して


あgsfSDg (21)


荷重を 逃がす 構造に なるように、


インナー フェンダー を 高く 作り直すので

以前 残っていた 裏骨 を 一旦 摘出し


あgsfSDg (22)


腐食 している 部分を 切り落とし、 高さを 合せて

新しい インナー フェンダー に 接続 しまして

 
ルーフ や トランク を しっかり 支えるように なりました


uiyuitoyiotu (1)


これで ようやく  フレーム、 ボディ マウント化、 

ファイヤー ウォール、 フロア、  センター トンネル、 


ひな壇、 トランク の 再生 が 終わりまして


uiyuitoyiotu (2)


いよいよ  外板 の 再生 に 進みます


リア フェンダー は 再生し、 取り付け位置 も

左右 寸分 狂わぬように 位置決め しまして


uiyuitoyiotu (3)


uiyuitoyiotu (4)


トランク フード も チリ、 建付け を 合せて 仮組みし


トランク、 フェンダー、 トランク の 下の パン 部分 の

通り を 確認 したら、  うーん  全然 合いません。。。。


uiyuitoyiotu (5)


uiyuitoyiotu (6)


トランク の ライン を 基準 にして 


トランク から パン の ボトム までの

ライン の 治具を 作って  確認すると


uiyuitoyiotu (7)


パン の 下に 段ボール で 作った 型紙 の 

形状 に なるのが 正しい 位置の ハズですが


だいぶ パンが 中に 入っているのが 解ります、、、、


uiyuitoyiotu (8)


昔、 後ろを 事故して、 パンが 前に 潰れてしまったけど

直し切れなくて  パテ盛って 終わらせて あったのか


トランク フード 閉めても、 面 が 全然 合いませんし


uiyuitoyiotu (9)


uiyuitoyiotu (10)


センター から 左右 でも、 全然 違うので、 

うーん、 さて どう 直して いくのでしょうか


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2019/06/02 00:03 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)