FC2ブログ

1940 MERCURY



 M本さん の  ”  1940 CHOPPED MERCURY ”


不具合部分の 修正と、 M本さんの 好みに 

リメイク プロジェクトを 進めて いまして 


IMG_310fhfghsfgj1 ( (3)


ファイヤーウォールの 作り直しと、 ダッシュの

エクステンド加工を 終えまして


続いて ステアリング シャフトや ダッシュボードの 


IMG_310fhfghsfgj1 ( (2)


他の カスタム作業に 進みたいのですが


使用する部材が アメリカでの コロナウイルスの 影響で

入荷が遅れてて 届かないので、 作業を 進められないので


IMG_31uihyfgtdfrftgujik27 (16)


順番を 変更し、 ラジエーターの 交換作業に 進みまして


ラジエーター交換と 言っても、 今まで 付いていたのと

交換して終わる 簡単な作業ではないようで、、、、、 


IMG_31uihyfgtdfrftgujik27 (14)


BREEZEEは、 オリジナルの フラットヘッド エンジンから

FORD スモールブロックに 載せ替えした際


エンジンが 大きく、 長くなって 当たるからと
  

IMG_31uihyfgtdfrftgujik27 (15)


左右の インナーフェンダー、 グリルを 渡して 固定する

コアサポート的な 補強が 撤去されてまして


ラジエターを 外してると 顔周りが グラグラの刑。。。。


IMG_310fhfghsfgj1 (25)


ラジエターを 取り付ける際、 左右を インナーフェンダーに

固定してあったので、 それを外したら


顔周りを 固定する部分がなくなり グラつくのと 思いますが


IMG_310fhfghsfgj1 (24)


ラジエターは 柔らかい アルミか 銅で出来てて

フィン構造の コアと タンクで 出来ているので


ボディを支える 補強を兼ねるような 強度はないので

 
IMG_310fhfghsfgj1 (26)


このままの構造で 乗っていると、 走行中に

ボディが 歪む力が ラジエターに 掛かって 


割れて 水漏れするのは 必至です ということで


IMG_310fhfghsfgj1 (27)


これまでの 2層アルミ ラジエター、 オートマクーラー無、

ファンシュラウド無しの 電動ファン1機という 仕様から 
 

エアコンを 装着しても、 沖縄でも 水温上昇を 抑えて


IMG_310fhfghsfgj1 (23)


高速走行中に シュラウド内で 乱気流を 起こさないよう

フラップ加工を 施した シュラウド、 ATクーラー内蔵の


GRIFFIN製の 3層 アルミラジエーターに 変更して、 


IMG_310fhfghsfgj1 (19)


それに よく冷えるよう、 設置スペースいっぱいの 大きさの

VINTAGE AIR製の コンデンサーを 取り付けし、


コンデンサー冷却用の 電動ファンも 設置していき


IMG_310fhfghsfgj1 (18)


フロント ボディの 強度不足を 解消するため


左右の インナーフェンダーと グリルを 渡して

固定する コアサポートを 製作して、 


IMG_310fhfghsfgj1 (4)


そこに ラジエターと コンデンサーを 取り付ける

という 作業を 進めていきます


少しでも 冷却性能が 上がるように、 設置場所に合わせ 


IMG_310fhfghsfgj1 (3)


IMG_310fhfghsfgj1 (2)


GRIFFIN ラジエーターに 縦横、 厚みの サイズと

マウント形状と 位置を 指定して ラジエーターを 作ってもらい、


同サイズの コンデンサーと DERALEの 電動ファンを 準備 


IMG_310fhfghsfgj1 (12)


ボディと ラジエーターの サイズに合わせて 

検証した 寸法で 鋼材を 切り出して、


補強を 入れながら コアサポートを 製作していきまして

 
IMG_310fhfghsfgj1 (16)


IMG_310fhfghsfgj1 (17)


コアサポートへの ラジエターの 固定は、 下側は側面に設けた 

ブラケットに 防振マウントを 介して 取り付け。


ファットフェンダー ボディ特有の 先細りの エンジンルームで 


IMG_310fhfghsfgj1 (10)


幅も 前後方向も スペースは 全然 余裕がないので
 

何かの理由で ラジエーターを 外さないと いけなくなっても 

フロントランナーや プーリーを 分解しなくて いいように


IMG_310fhfghsfgj1 (9)


IMG_310fhfghsfgj1 (11)


アッパータンク部分の 左右を 防振ゴムを 介して 

固定する ブラケットを 脱着式の 構造で製作し、 


コアサポートに ボルトで 固定する 構造に しまして


IMG_310fhfghsfgj1 (7)


ブラケットを 外せば、 ラジエターは すぽっと

上に 引きぬけるように 作られました


ブラケットを 脱着する際に、 裏側を 覗いても見えないし 

  
IMG_310fhfghsfgj1 (6)


狭くて 手や工具が入れづらいので、 作業が し易いように

裏側に ナットを 溶接しておくことで、 


表から ボルトだけ 脱着すれば いいように 作っておきまして


IMG_310fhfghsfgj1 (5)


ドレンコックを 操作する部分や、 工具を 使う部分は

手や工具が 振れるスペースを 確保するため


コアサポートに 逃げ部分を 作っておきまして 


IMG_310fhfghsfgj1 (1)


フロントボディを 支える 強度を 兼ね備えさせて 

ラジエターを 取り付けできる、 コアサポートが 完成、


次は コンデンサーの マウント製作に 進みます


VIVA !  M本 さん  &  VIVA! S庭 道場  !!!!!!!!!!




[ 2020/03/28 05:15 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)

1956  BELAIR CONVERTIBLE



 T江 さん の  56 BEL AIR CONV、

プロジェクト  進めてまして


現在、 塗装に 向けて  面出し 作業中


IMG_dあfsqwrgくぇrg3943 (12)


室内の 塗装を 終えたのち、 フレームと 

アンダーの 塗装を 終えて ドッキングしたら


いよいよ 外板の 塗装に 進みまして


IMG_dあfsqwrgくぇrg3943 (11)


IMG_dあfsqwrgくぇrg3943 (10)


まずは レモンイエロー部分の 塗装から 着手。


ドアを 外しているので、 際や 裏まで

全部 綺麗に 塗れて 最高です


IMG_dあfsqwrgくぇrg3943 (9)


Aピラー裏や キックパネル部分も 中まで 綺麗に

レモンイエローを 入れてもらいまして


これなら 内装剥がした時も 気持ちいいですね


IMG_dあfsqwrgくぇrg3943 (8)


IMG_dあfsqwrgくぇrg3943 (7)


テールや トランク周りは モールディングを 境に

ブラックになって、 ツートーンで 仕上げますが


まずは 全体を レモンイエローで 包んでいき


IMG_dあfsqwrgくぇrg3943 (17)


イエローを 塗り終えたら、 ブラックを 入れていきます


目が覚めるような 色が似合う T江さん なので

いい意味で どう 裏切ってくれるか 楽しみです 


IMG_dあfsqwrgくぇrg3943 (16)


他にも まだまだ 作業は ありますが、 

少しづつ 先が 見えててきました 


VIVA ! S庭 道場 !   VIVA !  T江 さん !!!!!!



[ 2020/03/27 06:17 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY



 M本さん の  ”  1940 CHOPPED MERCURY ”


不具合部分の 修正と、 M本さんの 好みに 

リメイク プロジェクトを 進めて いまして 


 vjdhfgjdghjdgjkじゅ (9)


アクセルペダルの 前後、 高さが 合うように 

ブラケットを 製作して 取り付けしまして


ペダル位置が 決まったら、 ペダル裏から 取り回す


rhwrydちゃdthwrjt (1)


rhwrydちゃdthwrjt (13)


アクセルケーブルの レイアウトに 進みまして


ケーブルを 室内から エンジンルールに 通す際、

ファイヤーウォールに 穴を開けて 通しますが


rhwrydちゃdthwrjt (12)


穴だけだと 外から 臭いや 熱気が 入ってきたり

ワイヤーが 擦れて 切れたりしないよう


隔壁のガイドスリーブを 取り付けしていきます

  
rhwrydちゃdthwrjt (11)


BREEZEE の ファイヤーウォールの 形状と

ペダル位置の都合上、 隔壁スリーブを 付けようとすると


斜めのところにきてしまい、 斜め下を 向いてしまって 

  
rhwrydちゃdthwrjt (10)


アクセルワイヤーの 取り回しが スムーズに いかなくなります


そこで、 ケーブルが スリーブを 取り付ける部分が 

並行になるように 角度を 変換させる ブラケットを 製作。


gfhshs (2)


ファイヤーウォールを 一部 切開して、 ブラケットを 埋め込み

スリーブが 並行に 取り付けできる様に 加工したら


続いて 40 STYLE コラムの シフトリンケージの 加工へ


gfhshs (1)


18インチの ステアリングホイールの 装着に合わせて


コラムの角度、 ステアリング位置を 変更して

乗り易いように 加工していくと


rhwrydちゃdthwrjt (7)


エンジンルーム側では コラムシフトの リンケージと 

エンジンの バルブカバーが 干渉して しまいまして


干渉を 避けるると、 ステアリング位置が 悪くなるので


rhwrydちゃdthwrjt (6)


なんとか シフトリンケージ側を 加工できないか

検証した結果、 シフトの シャフトを ナロード加工し


バルブカバーに 干渉しない位置で 動かすことに。


rhwrydちゃdthwrjt (5)


リンケージが動いても バルブカバーに干渉しないための

ナロード寸法を 導き出したら、 40 STYLEコラムを 分解し


シャフトを 切り詰める分 切断したら、 溶接部分は

 
rhwrydちゃdthwrjt (4)


開先を入れたら、 芯を出して しっかり 接合しまして


ステアリングコラムの 角度を 最適なままに

シフトリンケージを 接続できるように なりました


rhwrydちゃdthwrjt (2)


これで ステアリングが 運転しやすい位置、 

角度に しっかり 来るように 設計し 


アクセルや ブレーキも 操作しやすい 位置に


rhwrydちゃdthwrjt (3)


取り付け、 設置が 完了と なりまして


どれも 当たり前の 事ですが、 KUSTOM CARで

そうなるには 大変な作業が 山積みですね、、、、、、


flhklftugdfituityiudtufyudt (6)

 
flhklftugdfituityiudtufyudt (3)


先日 写真を 載せてませんでしたが、 ダッシュや 

ブレーキペダル ブラケットが 動かないよう 


補強の ブレス材も 現物合わせで 製作しまして


flhklftugdfituityiudtufyudt (1)


flhklftugdfituityiudtufyudt (2)


ファイヤーウォールと ダッシュ、 裏に入れた 骨材

それぞれの 穴位置が おいたりと 合うように、 


複雑な曲げや 角度に作られているのが 解ります


VIVA !  M本 さん  &  VIVA! S庭 道場  !!!!!!!!!!



[ 2020/03/26 01:46 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)

1956  BELAIR CONVERTIBLE



 T江 さん の  56 BEL AIR CONV、

プロジェクト  進めてまして


現在、 面出し作業と  塗装 作業進めてまして


IMG_dあfsqwrgくぇrg3943 (2)


IMG_dあfsqwrgくぇrg3943 (3)


室内の 塗装を 終えたのち、 フレームと 

アンダーの 塗装を 終えて ドッキングしたら


いよいよ 外板の 塗装に 進みまして


IMG_dあfsqwrgくぇrg3943 (1)


IMG_dあfsqwrgくぇrg3943 (6)


まずは レモンイエロー部分の 塗装から 着手。


ドアを 外しているので、 際や 裏まで

全部 綺麗に 塗れて 最高です
 

IMG_dあfsqwrgくぇrg3943 (4)


IMG_dあfsqwrgくぇrg3943 (5)


テールや トランク周りは モールディングを 境に

ブラックになって、 ツートーンで 仕上げますが


まずは 全体を レモンイエローで 包んでいき


IMG_dあfsqwrgくぇrg3943 (15)


イエローを 塗り終えたら、 ブラックを 入れていきます


目が覚めるような 色が似合う T江さん なので

いい意味で どう 裏切ってくれるか 楽しみです 


IMG_dあfsqwrgくぇrg3943 (14)


IMG_dあfsqwrgくぇrg3943 (13)


他にも まだまだ 作業は ありますが、 

少しづつ 先が 見えててきました 


VIVA ! S庭 道場 !   VIVA !  T江 さん !!!!!!



[ 2020/03/25 01:08 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY



 M本さん の  ”  1940 CHOPPED MERCURY ”


不具合部分の 修正と、 M本さんの 好みに 

リメイク プロジェクトを 進めて いまして 


fsgasfgasgderytqwerttyurityo5yi (2)


ダッシュボードの センター部分と、 コラムの

マウント部分を 下方向に 40mm 延長する、


エクステンド加工を 進めまして


fsgasfgasgderytqwerttyurityo5yi (1)


ダッシュボード側は 40mmの 延長と なりましたが


M本さんから ステアリング ウィールは 18インチの

物を 使いたいとの 要望なので


 vjdhfgjdghjdgjkじゅ (1)


18インチで 乗り易い ステアリング位置になるよう

コラムの位置と 角度を 合わせると 


ファイヤーウォール側は 20mmダウンと なりまして


 vjdhfgjdghjdgjkじゅ (2)


コラムを 固定する ブラケットは そのまま 利用し


一度 仕上げた ファイヤーウォールは 切断され

新たな位置に 移動させて 溶接。


 vjdhfgjdghjdgjkじゅ (3)


熱歪みを修正したら、 溶接跡を 仕上げまして 


コラムを ダッシュに取り付ける ブラケットも

若干 角度が 変わったので 作り直しと なりました


rhwrydちゃdthwrjt (9)


rhwrydちゃdthwrjt (8)


ダッシュボードの センター部分と、 コラムの マウント部分を 

下方向に 延長する 加工を終えたら、


続いて アクセルペダルの 取り付けに 進みまして


 vjdhfgjdghjdgjkじゅ (5)


オリジナルは 床に 固定する オルガンペダル式で

ペダルの裏から ロットや リンケージを つなげて 


キャブレターに 接続する 構造ですが


 vjdhfgjdghjdgjkじゅ (6)


M本さんの 好みと、 オリジナルの ペダル位置では

位置が異なるのと、 搭載しているのは 


オリジナルの エンジン、 キャブでは 無いので 


 vjdhfgjdghjdgjkじゅ (7)


ペダルも ロットも リンケージも 合いませんし


設置場所に 縛りがなく、 動きも スムーズな

ワイヤー式の アクセルペダルを 使う事に しまして


 vjdhfgjdghjdgjkじゅ (8)


ペダルは  アクセルペダル、 ブレーキペダル ともに

CLAYTON MACHINE WORKS 製を セットで 用意しまして


ここのは LOKAR などと比べると、 デザインが凝ってて

エレガントで、 造りも 重厚なので お勧めです 


 vjdhfgjdghjdgjkじゅ (4)


ペダルを ファイヤーウォールへ そのまま 固定すると  

前後位置が 奥に行きすぎてしまい 遠くなるのと


ブレーキペダルと 離れて 踏みかえ しづらいので


 vjdhfgjdghjdgjkじゅ (9)


踏み易い 前後位置にくるよう、 ファイヤーウォールより

取り付け位置を 手前にできるような アダプター 兼、


なおかつ、 ペダルの高さも 好みに調整できる 

機能を 持たせた ブラケットを 製作しまして


 vjdhfgjdghjdgjkじゅ (10)


ペダルの固定は LOKARなどと 同じ、

センター部分を 2箇所の ボルトで 固定ですが


これまで アメリカから 輸入したクルマを 見ていると


 vjdhfgjdghjdgjkじゅ (11)


ファイヤーウォールに ダイレクトに タッピングビスで 

打ち付けただけの クルマが ほとんどで、


固定は ボルト&ナットではなく、 薄い ファイヤーウォールに 


 vjdhfgjdghjdgjkじゅ (16)


タッピングビスで 打ってあるだけなので、 グラグラ。。。。。


位置が合ってなくても、 そう付けるしか 出来なかったのか

踏み易いかなんて 二の次で、 付くように付けただけ、、、、、


 vjdhfgjdghjdgjkじゅ (17)


みたいな事に なってるのが 大抵です。。。。。


今回の M本さんの BREEZEEのように

ブレーキペダルの位置も ゼロから 合わせていけば


 vjdhfgjdghjdgjkじゅ (18)


より 乗り易いものに なりますが、 たいていは 

ブレーキペダルは オリジナルを そのまま使ってるので


ブレーキペダルと アクセルペダルの 位置が


 vjdhfgjdghjdgjkじゅ (19)


おかしい どころか、 とんでもない事に なってるので 

よく それで 運転できてるもんだと 驚愕します、、、、、


多分 超乗りづらいから 不満なんでしょうけど


 vjdhfgjdghjdgjkじゅ (20)


諦めて 気合いと 根性で 乗ってるのと思うので

足をつらない事と、 事故らない事を 祈るしかないですね。。。。。


BREEZEEは、 確認の際には シートを組んで 座わりながら


 vjdhfgjdghjdgjkじゅ (21)


内装を 仕上げた後には、  フロアの上に 断熱材と 

カーペットが 敷かれて 厚みが増して


床の位置は 今より上がってくるので、 その厚み分を 計算し


 vjdhfgjdghjdgjkじゅ (12)


同じ厚みの 板をかかとの下に 敷いて 検証しまして


前後位置は 現行車と同じように、 ブレーキペダルより

アクセルペダルが 少し奥の 位置になって


 vjdhfgjdghjdgjkじゅ (13)

 
ブレーキペダルから アクセルペダルへの 踏み替えは

かかとを 床につけたまま 出来る位置に 設定


取り付けは ボルト&ナット構造で 固定できるように なってるので


 vjdhfgjdghjdgjkじゅ (14)


ガッチリ 付いて、 ペダルが グラつく事も ありませんし

 
前後位置も 高さも 理想的な レイアウトに なりましたが

後で M本さん本人が 乗ってるうちに 好みが変わっても 


 vjdhfgjdghjdgjkじゅ (15)


その都度、 希望の位置に合わせて 簡単に

細かく 調整が出来るように 作ってあるので 安心です 


VIVA !  M本 さん  &  VIVA! S庭 道場  !!!!!!!!!!



[ 2020/03/24 01:47 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)

HIGH LIFE



 また 気温が ぐっと上がって 20度 超えまして

すっかり 春の陽気の 今日この頃


皆さま 如何 お過ごしでしょうか


ふぁcdfgddhrjhfhjf (11)


今日は 天気もよく、 仕事も お休みもらったので

どこかに 出掛けようと 思ったら


奥様は 夜まで 仕事、 長女は バイト、


ふぁcdfgdd1hrjhfhjf (21)


次女は 友達と 遊びに行ってて、 誰も居ないので


我が家の シベリアン ハスキー似の 愛犬と 

山へ 狩りに 出掛けまして


ふぁcdfgddhrjhfhjf (9)


鴨 捕まえて、 晩飯は 鴨汁そばの 予定でしたが


我が家の 愛犬 チワプーの、  ドーベルマン号は

水が怖いので  まったく 歯が立ちませんで


ふぁcdfgddhrjhfhjf (10)


全然 シベリアン ハスキーに 似てねぇし!? 

と、 聞こえて来そうですが、、、、、


鳴き声が ハスキーで、  苗字が ドーベル、 

名前が マン太郎 なので お許しを。


ふぁcdfgddhrjhfhjf (14)


愛犬、 飼い主 ともに 日頃 運動不足なので


この日は 近所の公園にある ドッグランに 

ドーベル マン太郎の 運動がてら という名目の
  

ふぁcdfgddhrjhfhjf (12)


花見しながら 酒でも 呑もうと やってきまして


毎年 桜の時期には、 お祭りと イベントで

大きな公園中、 人で ごった返してますが 

 
ふぁcdfgddhrjhfhjf (13)


今年は コロナウイルスの 影響で、 3連休でも 

ご覧の通り、 ぜんぜん 人がいないので 


開催者も やるか 中止か そうとう 悩んだでしょうが
  

ふぁcdfgdd1hrjhfhjf (20)


やったら やったで、 これじゃあ タイヘンですね、、、、、


ナンだか 申し訳なくて お酒って 気分でもなくなり、

桜の咲き具合も まだまだでしたので 来週に 期待し、 


ふぁcdfgddhrjhfhjf (15)


以前 ラズルダズルのときに、 みんなで ハーレー乗りたいね

みたいな 話してたら、  「 それ いいっすね! 」 と


翌日に ハーレーディーラーに 行って、 注文してきた


ふぁcdfgddhrjhfhjf (16)


68 CHEVY WAGON乗りの Tやくんの

スポーツスターが 納車されたそうで


彼女と 乗れるように、 タンデムシート付ですね 


ふぁcdfgddhrjhfhjf (20)


僕も 早いトコ、 ハーレー乗りの レディースライダーと 

お近づきになって、 「  一緒に 乗る!? 」 


と 誘って 後ろに 乗せてもらい、 乳房に

がっちり 掴まりたいと思います


ふぁcdfgddhrjhfhjf (21)


Tやくんには 抱きつかず、 この日は 2台で ひとっ走りして 

ヘルメット屋さんに カスタムの 相談に いきまして


本人は  「 俺は ヘルメット屋じゃねぇっス 」 と 言ってますが  


ふぁcdfgddhrjhfhjf (8)


”  階段に ヘルメット ”  と いったら、 はい あそこですね


今は スノーボードの シーズン中なので、 自宅ガレージは

カスタムした 沢山の スノーボードで 溢れ、、、、


ふぁcdfgddhrjhfhjf (18)


「  雪が解けるまでは バイクは乗らん! 」 と 言っている


相変わらず カオスな CUSTOM WORKSの 

龍くん宅に お邪魔して、 ヘルメットの 相談しまして


ふぁcdfgddhrjhfhjf (19)


バイク 乗るには 気持ちいい 季節に なりましたし


来週末の イベントで スノボ 乗り納めにして

バイクで サーフィンに 切り替えですね


皆さまも 良い休日を お過ごしください



[ 2020/03/22 05:30 ] LIFE STYLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY



 M本さん の  ”  1940 CHOPPED MERCURY ”


不具合部分の 修正と、 M本さんの 好みに 

リメイク プロジェクトを 進めて いまして 


fsgasfgasgderytqwerttyurityo5yi (8)


ダッシュボードの センター部分と、 コラムの

マウント部分を 下方向に 40mm 延長する、


エクステンド加工を 進めていまして


fsgasfgasgderytqwerttyurityo5yi (11)


fsgasfgasgderytqwerttyurityo5yi (12)


切断した 断面部分に、 新しく 切り出した 

40mmの フラットバーを 足して 仮付けし
 

スキンパネルを エクステンド していくと


fsgasfgasgderytqwerttyurityo5yi (10)

  
fsgasfgasgderytqwerttyurityo5yi (9)


ダッシュの裏側の、 下の淵に 溶接して 

補強してある C型の 鋼材も 


一緒に切断して エクステンドするので 


fsgasfgasgderytqwerttyurityo5yi (13)


fsgasfgasgderytqwerttyurityo5yi (14)


表のスキンパネルだけ 接合しても、

裏の 補強が 切られたままなので


強度不足に なってしまいます


fsgasfgasgderytqwerttyurityo5yi (15)


エクステンド した部分と、 していない部分は

40mm ずれたので、 途切れた 補強は


お互いを 接続できる 形状に 作り直して   


fsgasfgasgderytqwerttyurityo5yi (16)


fsgasfgasgderytqwerttyurityo5yi (17)


それぞれに 繋いで、 強度を 再生しまして


仮付けだった 各部の 溶接部分は 

本溶接の際の 熱で 歪みづらいよう


fsgasfgasgderytqwerttyurityo5yi (20)


補強をつなげて  強度を 確保してから


歪まないように、 時間を 掛けて

溶接部分も 振り分けながら 全周溶接。


fsgasfgasgderytqwerttyurityo5yi (18)

 
fsgasfgasgderytqwerttyurityo5yi (19)


エクステンド加工と 合わせて、 レイアウトが変わる

スイッチなどの 穴も埋めていき


歪みを修正したら、 溶接跡を 仕上げまして


fsgasfgasgderytqwerttyurityo5yi (3)


fsgasfgasgderytqwerttyurityo5yi (4)


古い塗装、 錆止めも 剥がして 綺麗にしたら

ダッシュの エクステンド加工が 完了です


ベアメタル状態でも、 エクステンドしたのが

 
fsgasfgasgderytqwerttyurityo5yi (7)


fsgasfgasgderytqwerttyurityo5yi (6)


全然 解らないほどの 仕上がりで ナニヨリです


ダッシュ側を 40mm 高さを 延長して 

コラムを 取り付ける 位置を 下げたら


fsgasfgasgderytqwerttyurityo5yi (5)


ファイヤーウォール側の 位置が そのままだと

ステアリングの 角度が おかしくなってしまうので


次は ファイヤーウォール側の 加工に 進みます


VIVA !  M本 さん  &  VIVA! S庭 道場  !!!!!!!!!!



[ 2020/03/20 05:37 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)