FC2ブログ

1958 CHEVY IMPALA


 Y崎 さん の  1958  IMPALA COUPE


クルーザースカートのプレスラインの変更や

取り付け方法のカスタムを終えまして


fgsfgsdfghsgfj (7)


1937 ZEPHYRや、 アパ太郎の塗装や


以前も、この58インパラの ダッシュを

カスタムした際にも 塗装をお願いしている


fgsfgsdfghsgfj (8)


Mりさんの工場に、クルマごと持ち込みまして


ボディとの建付けと、色合わせをバッチリ

やってもらい、塗装と組み立てが完了


fgsfgsdfghsgfj (6)


ボディに取り付けて、ロックした時と外した時の

形の違いは、ほとんどなかったそうで


S庭師範のメタルワークでのフィッティングが


fgsfgsdfghsgfj (5)


精巧だったこと、物語っているようでナニヨリです。


フィッテングや脱着作業を繰り替えすので

クルマに傷が付かないようにと 


fgsfgsdfghsgfj (2)


僕の養生作業が良かったのもキモと思いますが


「  それは全然関係ないですね 」 

との事で、ナニヨリです。。。。。。


fgsfgsdfghsgfj (1)


クルーザースカートの塗装、取り付けも完了しまして


梅雨 真っ最中で雨が多い今日この頃ですが

雨を避けて、Mりさんの工場からフィットへ輸送したら


fgsfgsdfghsgfj (3)


来週には、ダコタデジタルからゲージが届くので

残すはゲージのセットアップと、試運転ですね


VIVA!  Mりさん !!!!!
   VIVA !  Y崎 さん !!!!!!!!!!!


[ 2020/07/01 05:31 ] 58 CHEVY IMPALA | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 LINCOLN ZEPHYR



 Mりさんの 1937 ZEPHYR 4ドア セダン  


沖縄の ドットワン カスタムで、オーディオと

バックモニターのセットアップ作業を進めていまして


hjfhdfhfhdryfsj (1)


フロントスピーカーの取り付けベースが完成し、

次はリアスピーカーの設置作業に進みまして


リアスピーカーは、リアトレーに設置しますが


gjkfgjd.jpg


IMG_xdftdgsfj4290 (3)


ボディの金属製トレーに開いている

スピーカーが入りそうな穴は


トレーの両端に寄っているので


IMG_xdftdgsfj4290 (2)


IMG_xdftdgsfj4290 (5)


その位置に取り付けると、見た目に違和感が

出てしまうので、もう少し中に寄せて設置となり


金属製のリアトレーの上に載せて固定する


IMG_xdftdgsfj4290 (6)


IMG_xdftdgsfj4290 (7)


リアスピーカーベースを製作していきまして


スピーカーのバッフルと、ベースを製作して

合体させたら、それが蓋になって


IMG_xdftdgsfj4290 (8)


IMG_xdftdgsfj4290 (9)


鳴りが良くなるように、ボックス状に成型し

リアスピーカーのエンクロージャーを製作。


リアトレーの上に載せる、エンクロージャーになって


uryerywryu (1)


箱状にした分、これまでより厚みが出たので


リアガラス下までのトレー部分と

つじつまが合わなくなったところを


uryerywryu (2)


エンクロージャーに合わせたパネルを製作し

接合したら、ウレタンと生地を張って


仕上げるベースをパテで成型しまして


uryerywryu (3)


リアスピーカーの取り付けベースが完成


次はベースに厚みが出て、リアシートよりも

高くなった部分の処理に進みます


VIVA! Mりさん!!!!!  VIVA! DOT ONE!!!!!!



[ 2020/06/30 10:04 ] 37 LINCOLN ZEPHYR SEDAN | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BUICK



 Y室さんの 1956 BUICK "565 SPECIAL”

プロジェクト 進めてまして


フロントのエアバックが一番良い形状で


IfkjgkdtukeMG_4232 (3)i


ストロークするように、ロワーアームへの

取付位置を変更しまして


タイロッドエンドをスタンダートな物から、


hjxfhjdfyjdghfj (14)


hjxfhjdfyjdghfj (13)


スラムドに対応するよう、ボールジョイント部に

角度が付きづらいロングタイプに変更しまして


これでスラムドしても、ボールジョイント部が折れずに済みます


22232211IMG_4001 (1)


と、どこまで角度がつくか確認で、検証。


車高が下がった状態を再現してみると

およよ!?  結構、下がるなあと思ったら


22232211IMG_4001 (2)


タイロッド部分がフレームに当たるまで

サスペンションがストロークするので


ボールジョイントは折れないけど、ロッドが折れるの刑、、、、、、


22232211IMG_4001 (19)


なので、タイロッドが上がってくると

当たる部分のフレームを切り欠いて、


タイロッドの逃げを作って、鉄板を張りまして


22232211IMG_4001 (3)


22232211IMG_4001 (4)


左右とも、同様にタイロッドを逃げるよう

ノッチ加工をしたら、塗装して組み立て。


無事、タイロッドがフレームに当たらなくなり


22232211IMG_4001 (6)


22232211IMG_4001 (8)


サスペンションをフルストロークさせても


エアバックとフレームの干渉、

タイロッド、ブーツのフレーム干渉、


22232211IMG_4001 (9)


タイロッドエンドのボールジョイント部に

角度が付き過ぎて、負荷が掛かることがなくなり


タイヤがインナーフェンダーに当たるまでスラムド。


hrituryikjkj (10)


あとはフロントサスペンションは、スウェイバーを

取り付けしますが、まだアメリカから届かないので


スウェイバーと、ハイトセンサーの取り付けは後回しで


hrituryikjkj (11)


エアサスの配管を引き始めまして、


配管は漏れが発生しないよう、出来るだけ

ジョイントを入れずに配管できるのがいいのですが


hrituryikjkj (12)


あまりにもジョイントを設けないと、メンテや

パーツの交換時に整備性が悪いので


エアバックの近くに1箇所、バルクヘッドジョイントを設置。


hrituryikjkj (13)


フレームにタブを溶接して、そこにバルクヘッドの

ジョイントを取り付けまして


エアバックからの配管と、バルブまでの配管を接続。


hrituryikjkj (14)


ジョイントに配管を接続すると、たるませた配管を

バタつかないように固定する役目と


エアバックや足回りを分解する際に


hrituryikjkj (15)


hrituryikjkj (44)


ここにジョイントがあると、配管を脱着しやすく

交換もしやすいので、とても便利です


エア配管のジョイントのタブを取り付けたら


hrituryikjkj (16)


続いてブレーキの配管製作に進みまして


フレームの上面にブレーキホースを

固定するタブを取り付けするので


hrituryikjkj (19)


フレームの塗装を剥がして、鉄板を切り出し

ブレーキホースのサイズにタブを製作。


タブをホースの曲げ半径や、サスペンションの


hrituryikjkj (20)


hrituryikjkj (21)


ストロークを追従して、エアバックやアームに

挟まれない良い位置を検証したら


タブをフレームに溶接して取り付けまして


hrituryikjkj (22)


錆びないように塗装したら、サスペンションの

ストロークを追従できて、短すぎて突っ張らず


長過ぎてだぶつかない、最適な長さを導き出して 

ステンメッシュホースでブレーキホースを製作。


hrituryikjkj (45)


ホースはスピンドルの内側を通すので、

キャリパーブラケットにタブで固定し


次はリアサスペンションに進みます


VIVA! Y室さん !!!!!!!!!



[ 2020/06/29 05:44 ] 56 BUICK SPECIAL * 565 * | トラックバック(-) | コメント(-)

痔シートカスタム



 ハーレー買って、ノーマルのまま乗るつもりが


排気音がカブみたいなのでマフラー変えてみたり、

車高も高いので、ローダウンしてみたりと


vfgethbqteg (19)


結局、ノーマルで乗れない性分のようでナニヨリです


シートのデザインや座り心地には満足でしたが、

色味がもっと黒かったら、いいのにと思ってたら


vfgethbqteg (10)


ZEPHYRのシートや 内装を作ってもらった 

BASIC TRACKSさんがカスタムしてくれるというので


先月、お店にお邪魔して、カスタムの相談へ


vfgethbqteg (14)


純正シートでも、新車のシートのままだと

アメリカ人サイズなのか、ハンドルが遠く


ライディングポジションがしっくりこないので


vfgethbqteg (16)


純正のリーチソロシートという、純正シートで

形状もデザインも同じですが


ポジションが少し前にくるシートに変えたので


ggdshrjsh (2)


新車で買った時に付いていたシートが余り

それをベースに使って、カスタムすることに。


表皮を剥がして、アンコとベースを確認し


ggdshrjsh (4)


出来るだけ幅を狭く小さく作って、アンコも薄い

デザインがいいけど、痔だから座り心地も重要


表皮にシワが出来るのもNG。。。。と、無茶言いまして


ggdshrjsh (5)


ベースは純正の形状のままでも、フレームより

内側に収まるので、スリムなデザインに出来るそうで


裏側も純正品なので、フレームへのフィットも完璧


ggdshrjsh (6)


アンコを薄くしても、乗り心地がいいように 

質の良い、純正のアンコを生かすことにして


ウレタンを綺麗に削って成型してもらい


ggdshrjsh (3)


表皮のパターンは、デザインをお任せしたら

車両のボバースタイルに合うよう


往年のボバースタイルデザインで作ってくれまして


00M0M_ev2pnphTUH60_1200x900 (24)


黒の色味が濃くなるように、艶のある黒いレザーを使い


細めで立体感の強い、タックアンドロールで反り上がりが強くても

への字部分にシワが出来ない特殊な張り方で張ってもらい


00M0M_ev2pnphTUH60_1200x900 (26)


後ろにエルクラシコのメダリオンのマークも入れてもらい


取り付けしたら、見た目も座り心地も大満足。

遠出&痔対応の、カスタムシートが完成です


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!!



[ 2020/06/28 06:06 ] LIFE STYLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1958 CHEVY IMPALA



 Y崎 さん の  1958  IMPALA COUPE


クルーザースカートのプレスラインの変更や

取り付け方法のカスタムを終えまして


yfoyiofyi (3)


1937 ZEPHYRや、 アパ太郎の塗装や


以前も、この58インパラの ダッシュを

カスタムした際にも 塗装をお願いしている


yfoyiofyi (2)


Mりさんの工場に、クルマごと持ち込みまして


クルマごと持ち込むのは、ボディとの色合わせを

バッチリやってもらう為と、


yfoyiofyi (1)


スカートをボディに取付けて、ロックしたときに

テンションが掛かって、スカートが歪むので


その状態で面出しをしてもらう為でして


yfoyiofyi (5)


外してロックをフリーの状態で面出しして

クルマに取り付けると、ロックした瞬間に


歪んで波打ってしまったり、建付けが悪くなるので


yfoyiofyi (4)


スカートは必ずボディに取り付けてロックし

テンションを掛けながらが必須です


面出ししたのちの、サフェーサーの肌を整えて


yfoyiofyi (8)


ボディと合うように塗料を調色してもらい

スカートの塗装を終えたようです


乾いたら、磨いて肌を整えてもらい


yfoyiofyi (7)


覗くと見える部分の、カスタムした取付金具も

ボディ同色に塗ってもらったら


モールやスター、ポートなどの装飾品を取り付けし 


yfoyiofyi (6)


ボディへの取付けして、最終チェックを終えたら

Mりさんの工場からフィットへ輸送します


VIVA!  Mりさん !!!!!
   VIVA !  Y崎 さん !!!!!!!!!!!


[ 2020/06/27 05:34 ] 58 CHEVY IMPALA | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 LINCOLN ZEPHYR SEDAN



 Mりさんの 1937 ZEPHYR 4ドア セダン  


沖縄の ドットワン カスタムで、オーディオと

バックモニターのセットアップ作業を進めていまして


IMG_4ihgyfu966 (1)


フロントスピーカーを埋め込む

キックパネルの製作を進めてまして


使用するスピーカーに合わせてバッフルを製作し、


IMG_4ihgyfu966 (2)


IMG_4ihgyfu966 (3)


キックパネルのベースになる板は

べニアを切り出しまして


バッフルを接着したのち、パテを盛りまして


IMG_xdftdsfj4290 (5)


パテが乾いたら、成型していき


ボディ側のパネルを合体させて

仮組みして、確認しまして


IMG_4ihgyfu966 (4)


乗り降りや、運転中にスピーカーを

蹴らない位置にセットしてもらい


ツイーターは音域を上げるため


IMG_4ihgyfu966 (6)


IMG_4ihgyfu966 (8)


少し上を向けて、セットしてもらいまして


オフセット具合も、出っ張らないよう

作ってもらったので、圧迫感なく付きました


IMG_4ihgyfu966 (7)


IMG_4ihgyfu966 (10)


キックパネルの成型と、チェックを終えたら


仮組みしたキックパネルを取り外して

仕上げの作業に取り掛かりまして


IMG_4ihgyfu966 (9)


成型したキックパネルの上に

2,5mmのウレタンを張っていき


形に合わせて、ウレタンをカット。


hjfhdfhfhdryfsj (2)


hjfhdfhfhdryfsj (4)


ウレタンを張り終えたら、ドアやシートと

同じレザー生地を取り寄せして


立体的に沿わせながら、貼っていきまして


hjfhdfhfhdryfsj (8)


表皮のレザーを張り終えたら

再び仮組みして、チェックしまして


ツイーターやグリルも組んで、確認


hjfhdfhfhdryfsj (9)


問題なく取り付けできる事を確認し

キックパネルの製作が完了しまして


元々のキックパネルには手を付けず


hjfhdfhfhdryfsj (5)


新規にオーディオ用に作ったので


スピーカー位置の変更や、仕様変更時は

元のキックパネルに戻せます


hjfhdfhfhdryfsj (10)


フロントスピーカーの取り付けベースが完成し、

次はリアスピーカーの設置作業に進みます


VIVA! Mりさん!!!!!  VIVA! DOT ONE!!!!!!



[ 2020/06/25 06:57 ] 37 LINCOLN ZEPHYR SEDAN | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BUICK SPECIAL



 Y室さんの 1956 BUICK "565 SPECIAL”

プロジェクト 進めてまして


各部の寸法が正しく組まれているのか計測し


00x0x_kU3VMZnRLc3_1200x90k0 (2)


セットアップ時の寸法誤差や、溶接不良が無いか


65年も前の車なので様々な理由で曲がりや

歪みが出ている可能性がありますし


hjxfhjdfyjdghfj (24)


シャシー以外にも、不具合箇所が無いかよく確認したら、


LSエンジンと、TH700R4オートマを搭載する

検証と位置出し作業が始まりまして


hjxfhjdfyjdghfj (25)


エンジン搭載の際に、クロスメンバーとオイルパン、


エキマニと、ステアリングシャフトの

クリアランスが影響するので、


hjxfhjdfyjdghfj (11)


エンジン搭載位置の検証前に、ギアボックスを


組まれていた重ステ用ラックから、パワステ用の

パワーラックのギアボックスに組み換えまして


hjxfhjdfyjdghfj (12)


パワステ用になると、ギアシャフト部分が大きくなり

クロスメンバーの上に大きくはみ出てくるので


他の制約とのせめぎあいなどで、 クロスメンバーに


hjxfhjdfyjdghfj (15)


ぎりぎりのエンジン位置になってしまうと


後からパワステ化したくても、スペースがなくて

パワーラックが付きませんので、先行が必要


hjxfhjdfyjdghfj (17)


ステアリングシャフトも通す位置を決めておくと

エキマニとのクリアランスが解りやすいので


全部メタルタッチでダイレクトに接続すると 


hjxfhjdfyjdghfj (16)


路面のバンプや振動を拾って、運転席のハンドルに

伝わってしまうので、吸振材が組み込まれている


バイブレーションダンパーを組み込んでおきましたら


22232211IMG_4001 (10)


インテークパイプも取り付けて、ラジエーターや

ファンシュラウドとのクリアランスを確認したり


オイルパンとクロスメンバー、ステアリングシャフト、


22232211IMG_4001 (11)


フロントランナーや、エキマニも仮組みし


フレームやインナーフェンダー、

周囲とのクリアランスをチェック


22232211IMG_4001 (12)


エンジンとファイヤーウォール、 ミッションと

ミッション上のフロア、ペラとセンタートンネルも


前後位置と高さも検証して、位置を決めていき


22232211IMG_4001 (13)


ペラの長さや、様々な車高時のデフの角度も検証し


スラムドしても、メインフレームより上の位置になるよう

エンジンマウントと、ミッションマウントを製作。


22232211IMG_4001 (14)


続いて、サスペンションのセットアップに進みまして


FATMANの MUSTANGⅡクリップを注文時に

それに合わせたエアバックとブラケットも取り寄せし


22232211IMG_4001 (15)


FIRESTONEのエアバックが一緒に届きましたが


MUSTANGⅡクリップのコイルポケットは狭く

エアバックが干渉して、痛みやすいので


hjxfhjdfyjdghfj (10)


エアバックが縮んで潰れた時でも、横に広がらない

スリーブタイプのエアバックで


フロントに使えるタイプが出てきたので


hjxfhjdfyjdghfj (20)


狭いコイルポケット内に組むと、干渉を避けられるので

組み込みを検証してみましたが


今回の仕様では、ストロークが短いので使用を見送りし


hjxfhjdfyjdghfj (19)


FIRESTONEの2コブタイプを使って組んでいきます


付属のロワーアームには、エアバックを固定する

ボルト穴が2箇所、開いてますが


22232211IMG_4001 (20)


使うエアバックや、アライメント、ストロークにより

エアバックを取り付けする位置が変わってくるので


ストロークさせて、エアバックの潰れ方やフレームや


22232211IMG_4001 (21)


スピンドルとの干渉を検証すると、既存のどちらの穴も

合わないので、良い位置に開け直しとなりました


Y室さんの調子も上がるよう、全速前進で進めていきます


 VIVA! Y室さん !!!!!!!!!



[ 2020/06/23 05:42 ] 56 BUICK SPECIAL * 565 * | トラックバック(-) | コメント(-)