VINTAGE CAMPER



 アメリカ の  SLAMD MAGAZINE誌 の

マイク  アレクサンダー から  譲ってもらった


スラムド  ヴィンテージ  キャンパー トレーラー


20170706_004318_LLS.jpg


冷蔵庫 や シンク、 ベッド を  設置 して  

キャンピング カー として  使うのではなく


カーショー に  クルマ を  出展 する 際、  カーペット や


  
20170706_004331_LLS.jpg


照明 など、  ブース を 作る  資材 を  積んで行ったり


イベント に  ブース を  出店 する 際 には

テント や  テーブル に、  ショー ケース、


20170706_034555.jpg


ディスプレー する  ホイール や  販売品 を   運んだり と

運搬用 としての 使えると  勝手 が いいので


室内 は 荷物 を 積み降ろし し易い  スペース に 仕上げて


20170706_034632.jpg


普段 は 出展用 の  資材 を 積んでおいて  倉庫 代わり に


荷物 を  降ろせば  ただの  箱 に なるので

アウトドア に 使うときは  寝袋 を  敷いて 寝れますし、  


20170706_041022.jpg


その時 に 応じて、  DJ ブース や、  キッチン カー、

ケータリング カー としても  使えるように したいと 思います


となると、  乗り降り が  側面 の 扉 だけだと


20170706_041817.jpg


大きな 荷物 の  積み下ろし が 出来ませんので、、、、

後ろ側 を  大きく 開閉 できる 構造 に  改造 することに。


レーザー で  開口 の ライン を  導き出したら


20170706_051604.jpg


外壁、  内側 の 骨 もろとも、  ぶった切り まして

後ろ が  バックリ  御開帳 と なりました。。。。。


これだけ  開口 が 大きければ、  荷 の 積み下ろし も


20170706_052105.jpg


DJ ブース でも、  ケータリング用 でも  使い易いですね


ぶった切った  後ろ側 の  外壁 は、  リア ゲート として  

開閉 できる 構造 に   改造 と なりまして


20170706_052112.jpg


20170706_052122.jpg


薄い アルミ の 外板 と、  リア ガラス を

開閉 できる  ゲート化 するため


強度 を  持たせる  骨材 を  入れるので  


20170706_201608.jpg


骨 に 使う  角パイプ を  用意 したら、  


キャンパー の  リア の  形状 に  あてがいながら

カーブ が 合うよう、   3本 ロール で  曲げて いきまして


20170706_201554.jpg


キャンパー側 の  左右 の 骨、  ゲート に なる側 の

左右 の 骨 の、  計 4本 を  曲げて  作りましたら


この 骨材 を  元に、  改造 を 進めて いきます


20170706_211252.jpg


スラムド するように、 C ノッチ されている  フレーム は

ノッチ した 部分 が  大きく 立ち上がってて


このまま 床 を 貼ると、  ひな壇 部分 が  盛り上がるので


20170706_162005.jpg


床 が 出っ張ってしまい、  荷物 を 積むのに  邪魔 になるので

着地 できて、  ひな壇 も  出っ張らない  フレーム に 作り直し、


その際、 荷物 を  沢山 積むと、  エアバック の  耐荷重 を 


20170706_161942.jpg


オーバー してしまい、  車高 が  上がらなく なるので
 


エアバック を  現在 の 2個 から、   増設 して  

パスカル の 原理 で、  4バック化  していくそうです


20170706_162744.jpg


せっかく  マイク が  カッコよく  Cノッチ した フレーム ですが

こちら も  ぶった切って、  作り直し に なるようで


勿体無い 気も しますが、  FIT らしくて  ナニより です


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!



[ 2017/07/17 12:18 ] LIFE STYLE | トラックバック(-) | コメント(-)



 うちの 犬は、  チワワ と  トイ プードル の  ハーフ で

チワワ  X  トイ プードル =  チワプー と いうらしく 


20170ggh620_013838 (18)


1957  APACHE  x  1957  BEL AIR =

1957  BEL CAMINO ?


皆さま も 良い 週末 を !




[ 2017/07/15 03:03 ] LIFE STYLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1948  SUBURBAN



 FOR SALE 中 の  ”  1948  SUBURBAN  ”


アメリカ で 組んであった   ACCUAIR の  センサー 位置 と、  

センサー アーム の  組み方 が  イマイチ だったので


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (46)


センサー の  取り付け位置 も  見直して

ブラケット、  センサー アーム を  変更


これで   センサー の 動き も よくなりますね


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (49)


と、  喜んだのも  束の間、、、、、、


エアバック が 擦れは ありませんが、  潰れ方 が  イマイチで

ライド ハイト、  スラムド時 に  エアバック が


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (47)


綺麗 に 伸縮 せず、  カタチ が  歪んで しまうので


原因 を  調査 しましたら、  エアバック の  アッパー側 の  

ブラケット を  取り付ける、  角度 の  不良 ですね


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (48)


ロワー アーム の  扇状 の 動き に 合わせて

エアバック の  角度 を 決めるのが


アッパー ブラケット の  形状 に  なりますが

ブラケット を  外してみたら、  先端 が  水平 でして


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (9)


エアバック用の  MUSTANG Ⅱ KIT を 買うと


長い 鉄 の  筒 が 入ってて、   クルマ に 合うように

角度、  長さ を  自分 で 切って  作ってください


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (10)


というのが  一般的 ですが、  確認 しながら  カタチ を 合わせるのが  

タイヘン なので、  長さだけ  合わせて  切ったようですが


本来、  先端 を  コイル ポケット内側  の 上面 の 形状 と

ロワー アーム に 合わせて  斜め に 切らないと いけませんで


20170624081841501be4 (2)


エアー ホース を  取り回す 穴 も、  クルマ毎 に 取り回す 位置 が 

違うので、   クルマ に 合わせて  自分 で  開けますが


穴位置 が 悪くて、  エアホース が  擦れてまして


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (36)


ブラケット の  先端 を  コイル ポケット 内側  と

ロワー アーム の 角度 に 合うよう


斜め に 作り直したら、  エアホース を 通す 穴 を


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (37)


プラズマ カッター で  ざっくり 切っただけの  仕上がり から


ホース が 擦れない様に  大きく 広げて、   

カタチ も  綺麗 に  開け直しまして


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (44)


続いて  エアバック からの  ホース を  

フレーム に 沿って  這わせて いきますが


エア を 送った時 に  ホース が  脈動 すると   


20170624081841501be4 (1)


ショック の タワー ブラケット の  下側 に 擦れるので


こちら も  汎用 の  ショック マウント が

MUSTANG Ⅱ KIT に  入ってきますが


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (13)


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (50)


クルマ毎 に 位置 を 合わせて、  フレーム に 溶接 しますが


ちょうど  ホース を  取り回す 位置 に

ブラケット の 下側 が  位置 してたので


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (19)


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (18)


ホース が 通る 近くの  ブラケット の

強度 に 影響 しない 部分を  切り欠いきまして


ブラケット、  タワー 共に  塗装 し直したら


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (14)


エアバック ブラケット の  エア ホース を 通す 穴 も


ショック マウント の 下側 も、  ホース が

干渉 すること も  なくなりまして


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (15)


エアバック の  潰れ方 も、  ACCU AIR の

センサー の  付け方 も、  いい 感じに なりまして


ブレーキ ホース も  エアバック に 擦れた跡 が あったので


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (16)


少し 長い ブレーキ ホース に  交換 し


ステアリング を 切っても、  エアバック が

潰れて 広がっても  干渉 しないように しまして


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (20)


これで  前足 の 作り も、  もう  完璧 ですね と

最後 に  ブレーキ の  エア抜き を  しようと したら


エア抜き の 際、  アンダー フロア に  設置 されている


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (21)


マスター シリンダー に  アクセス 出来る   サービス ホール が  

パワー ブレーキ化 されてる ことで  位置 が ズレてまして


あけても  マスター シリンダー が ありません の 刑。。。。。。


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (22)


フロア と  マスター シリンダー の 狭い 隙間 からでは  


ブレーキ オイル の 点検 や、  エア抜き の 際 に  

ブレーキ フルード の  補充 が  やりづらいので


メンテナンス性 が 良くなるよう、  メンテナンス口 を  作ることに。


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (23)


下 に  潜って、  マスター シリンダー の 位置 を  確認 して  

フロア に  ケガキ を 入れる 位置 を  導き出したら


マスター シリンダー の  周辺 を  四角く  切断 し、


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (25)


切断 した フロア の 周囲 に  フラット バー を  切り出して

耳 と して  溶接 しまして


簡単 に 取り外し 出来るよう、  裏 の 後ろ側 に  

フロア に 挟まるよう、  差し込む  タブ を 付けまして


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (24)


後ろ側 を  さく っと  差し込んだら、  前側 2点 を

ビス止め する 構造 で、  サービスホール の 蓋 を 製作


こうして  S庭 師範 の  妥協 なき  対策 が 完了 しまして


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (26)


エアサス、  MUSTANG Ⅱ、  C ノッチ などは、  組む人の  

技術 ありき で   性能 や  耐久性 に  雲泥の差が 出るので
 


計測、  検証、  設計 を しっかりして、   一番 良い 構造 に ですね  


VIVA!  S庭 道場 !!!!!!



[ 2017/07/13 16:42 ] 48 CHEVY SUBURBAN | トラックバック(-) | コメント(-)

VINTAGE CAMPER



 アメリカ の  SLAMD MAGAZINE誌 の

マイク  アレクサンダー から  譲ってもらった


スラムド  ヴィンテージ  キャンパー トレーラー


IMG_20170329_235713_432.jpg


1937 ZEPHYR と  コンテナ に 入れて  持ってきまして


1968 年製 の  リアル ヴィンテージ なので

雰囲気 も   アパ太郎 に  ぴったり です。


20170630_090603.jpg


20170630_090605.jpg


通関 を 終えたので、  港 に  引き取り に いきまして


地面 に 降ろして もらった  コンテナ を

係り の 人 に  開けて もらったら


20170630_091000.jpg


手前 に  1937  ZEPHYR、  奥 に  キャンパー。


まずは  ZEPHYR を  積んで、  FIT に 戻り

ガレージ に  降ろしたら、   再び 港 に  戻りまして


20170630_141940.jpg


20170630_142057.jpg


奥 から  キャンパー を   引っ張り出してきて


コンテナ 出口 に、   段差 を 埋める 

スロープ を 敷いてもらうのを  待ちます


20170630_142541.jpg


広大 な  港 の、  巨大 な  コンテナ の 中 で

搬出 を  待ってる  カウパー氏。


待ち時間 が 長かったので、  ナンか  面白い 話 してよー  と


20170630_142601.jpg


カウパー氏 に 聞いてみたら、  「  あるワケ ねぇよ。。。。 」  と


器 も  ちんこ も   肝っ玉 も  小さい  カウパー氏 ですが

港 だと、  余計 に  小ささ が  際立ちます。。。。。


20170630_143813.jpg


オナニー の し過ぎ で、  金タマ まで  小さい カウパー氏 ですが


スロープ が 来たら、   早く 帰って  オナニー したいのか

ぴゅー っと   コンテナ から  出して


20170630_150010.jpg


20170630_144953.jpg


せか せか と  積み込みまして、  ブレーキ が 付いて ないので、  

輸送中 に 動いて しまわないよう、  縛って 固定 しますが  


スリング ベルト が  足りず、  うまく  縛れませんで、、、、、  


20170630_144951.jpg


それでも  早く 帰って、  オナニー したい  カウパー氏 は


「  おっけー、  問題 ない 」  と  言い張り

高速 道路 を  飛ばして 帰りまして、、、、、


IMlokpkpllG_0185 (44)


  
IMlokpkpllG_0185 (45)


途中、 キャンパー が  ズレたり、  緩んだり しても


「  いや、  問題 無いよ、、、、、 」   と  言い張り

落とす 覚悟 で  走り、  ナンとか  到着。。。。。


20170706_004318_LLS.jpg


20170706_004331_LLS.jpg


ヴィンテージ トレーラー、   楽しい  オモチャ が  やってきまして


これから  使い勝手 が よくなるように、  FIT らしい

スラムド キャンパー に  カスタム していきたいと  思います


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!




[ 2017/07/12 09:55 ] LIFE STYLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1955  CHEVY



 K上 さん の   55  CHEVY、  210


アクセル と、  ブレーキ の  ペダル 位置 を

踏み易い 位置 への  変更 を  終えまして


20170626_213311.jpg


先日  スウェイバー が  横方向 に  ズレた

との ことなので   対策 を


フレーム 幅 に 合わせて  作ってある  スウェイバー は 


20170626_213317.jpg


フレーム に  ブッシュ を 介して  固定 してありまして


両端 の リンク は  ロワー アーム に  ボルト止め ですが

スウェイバー 自体 は  挟んでる だけなので


20170626_205835_LLS.jpg


カーブ などで 車体 に ロール するような  力 が 加わったとき

スウェイバー 自体 に  横方向 への  力 が 作用 するようで
 


構造上、  20mm 位、  横方向 に 動けてしまう  隙間 が あるので


20170626_205854.jpg


シャフト を  横方向 に  動かなくする  カラー を

左右 の  ブッシュ 内側 に  取り付けて


スライド しないように  固定 することに しまして

  

20170626_213754.jpg


スウェイバー の  パイプ 外径 の  スプリット カラー を、  


両側 の マウント ブッシュ の  内側 に  取り付ければ

左右 に ずれようとする  力 が 加わってても


20170626_213813.jpg


両側 の カラー が  フレーム に 固定 されている  

ブッシュ に 当たって  止まることで


それ以上、 スライド しないと いう 構造 に 対策 しました


20170ggh620_013838 (20)


続いて、  メカファン を  使わず、  電動 ファン を  

2機 使う 仕様 で  組まれて いますが


ツイン ファン の 自動 発停 制御 が  効かなく なったそうで
 


20170626_205949.jpg


原因 を  調査 したら、  コントローラー内部 基盤 の

内部 リレー 不良 だったので


同じ モノ を  取り寄せて、  交換 しまして


IMxhjsyksykG_0001 (10)


トランク フロア に  貼ってあった、  黒い ゴム の  カーゴ マット から、  

カーペット に  変更 したいと   取り寄せ を 頼まれまして、


「  届きましたけど、  敷いて おきましょうか ? 」  と  軽く 考えてたら


20170704_050649.jpg


届いた NEW カーペット を  広げて みたら、  トランク の 

かなり  奥 まで  敷くように なるようで


ACCU AIR の ユニット や  バッテリー ケース も  外して   


20170ggh620_013838 (21)


半日 掛かって  頑張って  敷き直しましたら、、、、、


「  リア の 車高 を、  もっと  下がるように  したいす 」

と、  K上さん が  言うので、、、、、、、、


20170ggh620_013838 (22)


頑張って  敷いたばかり の   カーペット は   剥がされ

トランク フロア を  ぶった切っての  加工 が  始まりまして、、、、、


うーん、  昨日 に  戻りたい。。。。。。。


VIVA!  S庭 道場 !!!!!  VIVA! K上 さん!!!!!!!



[ 2017/07/11 09:55 ] 55 CHEVY 210 | トラックバック(-) | コメント(-)

VENT WINDOW



 手直し で  預かった、  3角窓 の フレーム  


クルマ を  CHOP TOP してもらい、  

3角窓 も  低く 作り直して もらったら


IMG_05656074 (1)


窓枠 が  黒く 塗られて  仕上がって きたので


塗装 ではなく、  仕上げ は クローム が いい と

メッキ屋 さん に  お願いしようと したら 


IMG_05656074 (2)


塗装 の 下 に  パテ が 入ってることが 判明 しまして 


低く 作り直す 加工 を した 周辺 部分 に  

パテ が 入っているようなので  剥がしてみたら、  


IMG_05656074 (3)


加工 した 部分 を、  上 に パテ を 盛って  埋めて ありまして

なぜ  そうしたかは、  皆さまの お察しの 通り と 思います


メッキ する 際、  塗装 や パテ は  全部 剥がされて


IMG_05656074 (4)


メッキ は  金属 の 表面 に  数 ミクロン の  薄い メッキ の 

膜 を 張るだけなので、  穴 や 亀裂 は 埋まりません


下地 の 状態 が、  そのまま メッキ の 仕上がり に なるので、  


IMG_05656074 (12)


これを  メッキ して  大丈夫 な  仕上げ まで 

直して いくこと に なりまして


カーブ 部分 が  カク カク に  折れてたり


IMG_05656074 (14)


ガラス が 入る 部分 が  への字に  折れてたり 


左右 の フレーム で、  カタチ が 違ってますし

開閉 の 支点 部分 も、  違う 位置 に 付いてますが


IMG_05656074 (5)


実車 に 取り付けると  なんとなく カタチ は 合ってて

開閉 も 出来てる との ことなので


CHOP した 屋根 が、  左右 で 形 が 違うんだと 思います


IMG_05656074 (6)


本来、  実車 に あてがって  カタチ や  動き が


ピタリ と 合うように  確認 しながら

作らないと いけないのですが、


IMG_05656074 (7)


実車 を  持ってくることは できない そうなので


クルマ との  建て付け や  チリ が 悪い とか

開閉 が  スムーズ でない とかは  諦めて


IMG_05656074 (13)


カタチ や 折れ は  今 の ままで、 メッキ できる 

仕上がり への  手直しだけ を  することと なりまして


加工跡 を  裏から 見ると、  しっかり  接合 されてないので


IMG_05656074 (17)


 
IMG_05656074 (18)


ペーパー で  こすって  塗装 を  剥がして いく 際 に

ちょっと  力 を 掛けるだけで  折れそうなので


サンド ブラスト を  使って  塗装 を 落としまして


IMG_05656074 (20)


IMG_05656074 (21)


手直し する際 に、  元 の カタチ が  解らなく ならないよう

型紙 を 作って  記録 して おきます


カーブ が  カクカク な  部分 や、  溶接 が 悪くて


IMG_05656074 (10)


IMG_05656074 (8)


直せない 部分 は、  FIT で  以前 に  三角窓 の CHOP を 

した 際に 用意 した フレーム の 残り が あるので


ダメな 部分 は  切り取って、  差し替えて いきまして


IMG_05656074 (27)


IMG_05656074 (29)


溶接 の 溶け込み が 悪い 部分 や

カタチ の 悪い 部分 は


溶接 し直したり、  肉盛り して  整形 しまして
 


IMG_05656074 (26)


IMG_05656074 (28)


三角窓 を  開閉 する、  上側 の 支点 が 

付いていた  部分 は、  支点 を 切断 し


フレーム に リベット で  取り付けてある  土台 部分 は
 


IMG_05656074 (16)


残してあったので、  そのまま メッキ すると

仕上がり が  カッコ悪いので


リベット を もんで、  土台 を  摘出 しまして


IMG_05656074 (15)


IMG_05656074 (22)


側面 に 開いた  穴 から  差し込んで

リベット留め してあったので、  取り外すと


側面 と、  リベット の 穴 が  残るので


IMG_05656074 (11)


IMG_05656074 (9)


側面 の  細長い 穴 は、  ぴったり サイズ に

鉄板 を  切り出して、  穴 に はめ込み


溶接 して  蓋 を していきまして


IMG_05656074 (23)


IMG_05656074 (25)


リベット を  通す 穴 も、  肉盛り して  埋めて いきまして


それぞれ  溶接 し直した 部分、  肉盛り した 

部分 を   綺麗 に  仕上げまして、  


IMG_05656074 (31)


IMG_05656074 (32)


裏側 の  ガラス、  ガラス を  固定 する  ゴム も  

溝 に  ピタリ と  収まるように 


出っ張り が 残らない様に  仕上げて いきまして
 


IMG_05656074 (35)


IMG_05656074 (36)


一度  切断 して、  つなぎ直した 跡 や

細長い 穴 や、  リベット の 穴 が あったのも


まったく  解らない レベル で  仕上がりました


IMG_05656074 (14)


こんな 感じだった、  上側 の  先端 部分 は


溶接 の  溶け込み 不良 を  溶接 し直し

形状 も 手直して、  オリジナルっぽく  仕上げまして


IMG_05656074 (40)


開閉用 の 上側 の 支点部分 は、  左右 で 長さ が 違いますが


それは 車体側 の  受け 部分 の 位置 が 違うようなので、  

そこは 触ると  合わなくなるので、  直さず  そのままにして


IMG_05656074 (30)


付け根 部分 に 盛られていた  パテ を 剥がして

溶接 と、 仕上げ を  やり直しまして


こちら も、  あたかも  オリジナル っぽく 


IMG_05656074 (42)


IMG_05656074 (41)


仕上げ して、  とても   綺麗 に なりました


カクカク だった 部分 は、  スムーズ な 

カーブ に なるよう、  フレーム を 切って  


IMG_05656074 (5)


IMG_05656074 (19)


カーブ の 合う  新しい  フレーム を  切り出して

差し換えて  作り直しまして


とても  スムーズ な  ライン に  仕上がりまして


IMG_05656074 (38)


IMG_05656074 (33)


溶接、  肉盛り の 跡 も、  そのまま  メッキ 出来る  

レベル まで  仕上げて、  手直し が 完了。


ご覧 の 通り の  仕上がり に したら


 
IMG_05656074 (34)


IMG_05656074 (37)


いつも の  メッキ屋 さん に   持ち込み

メッキ を  お願い してきまして


クローム に  仕上がった 姿 が  楽しみです


VIVA !   S庭 道場 !!!!!!!!



[ 2017/07/10 09:55 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)

1937  ZEPHYR  RS



 アメリカ   ROADSTER SHOP で  製作中 の

”  1937  LINCOLN  ZEPHYR COUPE ”


区切り が ついたところで、  日本 へ 輸送 しまして


20170630_142533.jpg


港 に 入港 し、  通関 も 終えたので  引き取り に 行きまして


37 ZEPHYR は、  NEW エンジン & ミッション も 

載せて ありますが、  まだ  走行 は 出来ないのと


20170630_090603.jpg


エンジン や  ミッション、  ブレーキ パーツ や、  

トリム や モール など、  まだ  組み付け していない


高額 な パーツ を、  車内 に 大量 に 積んでいるので


20170630_142601.jpg


コンテナ に 入れて  アメリカ から  輸送 しまして


積載車 で  港 の コンテナ ヤード に 行き、  クルマ を

転がして  出せるよう、 地べた に  コンテナ を  降ろしてもらい


20170630_090605.jpg


係り の 方 に  コンテナ を 開けてもらい、  御開帳。


輸送中 に  コンテナ内 で  クルマ が 動いて しまわないよう

前後 左右 方向 に  輪留め を  作り


20170630_090713.jpg


コンテナ の  床板 に  釘 で  打ちつけて  固定 して

ラッシング ベルト で  4方向 に 引っ張って あるのを


撤去 して   フリー に  したら、  コンテナ と  地面 の 段差 部分 に  

スロープ を  設置 してもらって、  手押しで 転がして  外に 出しまして




20170630_091013.jpg


ちなみ に  カスタム フレーム を 作って、  ラック & ピ二オン の

ギア ボックス が  付いて いますが、


コラム と  ステアリング は、  後ほど  検証 して  選定 するので

今 は まだ、  ハンドル も  付いてません の 刑。。。。。


20170630_092930.jpg


ハンドパワー で  方向 を 切り替えながら、  積載車 に  積み込みましたら

はい、  もちろん  シフター も 付いてませんので、、、、、、


ニュートラル から  パーキング に 入れるのは   ミッション の 

リンケージ を   直接 手 で 操作 するしか ありませんが、


20170630_092940.jpg


着地 を 見越した  フレーム 設計 で  作っちゃいましたので、  

車高 が 低くて  潜れませんで。。。。。


仕方 ないので、  一緒 に 行ってた  カウパー氏 に  亀甲 縛り で  

縛ってもらい  ヨシと しまして、  FIT ガレージ へ  輸送。 


20170630_103123.jpg


アメリカ の  TOP クラス の  ROAD STER  SHOP で  

シャシー と  フロア を  作り込んで きまして


ここから 先 は、  S庭 師範 と  FIT で  進めて いきます


VIVA !   S庭 道場、   VIVA!  ROADSTER SHOP!!!!!!




    
[ 2017/07/09 09:55 ] 37 LINCOLN ZEPHYR 3W COUPE | トラックバック(-) | コメント(-)