ホーム > カテゴリー - 37 LINCOLN ZEPHYR * FIT *

1937 LINCOLN ZEPHYR



 1937 ZEPHYR、  通勤 快速 製作中


フロント フレーム を MUSTANGⅡ クリップ へ

コンバージョン して、 エンジン マウント も 製作


fhjtukdtu (1)


ミッション に 位置 は  変更 無し ですが


ミッション メンバー が  フラット バー を  フレーム に

鼻くそ 溶接 で  付けてある、  超 テキトー 仕様。。。。。。


fhjtukdtu (2)


強度 は  まったく ありませんが、  これで OK とする

アメリカ人 の  メンタル の 強さ は  最強 です。。。。。。


溶接 されてては  ミッション が  降ろせませんし


fhjtukdtu (3)


いつ  剥がれて 落ちるか  解らないので、、、、、

悩むことなく  フラットバー は 切って 捨てまして  


汎用 の  ミッション メンバー を  用意 しましたが


fhjtukdtu (10)


fhjtukdtu (4)


X状 の  クロス メンバー が 入っている 

通勤 快速 ZEPHYR の フレーム には  


色々 加工 しないと  使えなかったので、  


fhjtukdtu (5)


加工 しながら  取り付けるよりも


実車 に 合わせて  全部 作ったほうが

良い物 が 出来るし、  早いので


fhjtukdtu (6)


fhjtukdtu (20)


鉄板 を 切り出だして  フレーム に  取付する、  

メンバー ブラケット を  製作 しまして


レーザー を 使って、  位置、  角度 を  合わせて


fhjtukdtu (7)


fhjtukdtu (8)


溶接 して、  取り付け しましたら


長さ を 合わせて  切り出した  角パイプ の 

側面 に 鉄板 を  入れて  レインフォース


fhjtukdtu (21)


fhjtukdtu (14)


補強 した  角パイプ は、  フレーム に 溶接 した

ブラケット に 位置 を 合わせて 固定 し


ミッション マウント までの  距離 に 合わせて


fhjtukdtu (9)


鉄板 を 切り出して、  両端 を  曲げて


ミッション マウント を 受ける 土台 を 製作 し

角パイプ に  溶接 しまして


fhjtukdtu (17)


fhjtukdtu (18)


ミッション メンバー ブラケット に 

ボルト 4本 で  脱着 できる


ミッション メンバー 構造 に なりました 


fhjtukdtu (16)


ブラケット と  角パイプ の 溶接 部分 に

掛かる 荷重 に 対して  強度 を 上げる  


補強 プレート も  製作 して  取り付けまして


fhjtukdtu (22)


fhjtukdtu (23)


錆び止め を  塗って、  ミッション メンバー と

メンバー ブラケット が  完成。


X状 の  クロス メンバー に 開いている


dhdghdg (1)


dhdghdg (2)


フレーム に  マフラー を  通す 穴 も  

使えるように  製作 したので


マフラー の 取り回しも  やり易く なりました


VIVA !  S庭 道場 !!!!!!



[ 2018/05/24 05:09 ] 37 LINCOLN ZEPHYR * FIT * | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 LINCOLN ZEPHYR



 1937 ZEPHYR、  通勤 快速 製作中


フロント フレーム を  MUSTANGⅡ クリップ へ

コンバージョン を 終えたので


sgdfhsdgfh.jpg


新しい フレーム に  エンジン を  マウント する 

マウント ブラケット の 製作 へ


エンジン マウント ブラケット は  アメリカ で 売っている


xVXZvzsdfbzdfxvb (2)


シボレー の  スモール ブロック用 の

エンジン マウント ブラケット を 取り寄せし


フレーム までの 部分 は  まったく 合わないので


xVXZvzsdfbzdfxvb (10)


エンジン マウント が 当たる 部分 だけ

使うことに して、 摘出 しまして


エンジン マウント と  フレーム を つなぎたい


xVXZvzsdfbzdfxvb (3)


xVXZvzsdfbzdfxvb (4)


隙間 部分 には、  ステアリング シャフト、

エキマニ、  マフラー が  ひしめいてるので


それぞれに 当たらない ルート で 作らないと いけず


xVXZvzsdfbzdfxvb (5)


xVXZvzsdfbzdfxvb (17)


ステアリング シャフト、 エキマニ など 仮組み して

隙間 を 確認 しながら 進めます


エキマニ を 付けようと 思ったら


xVXZvzsdfbzdfxvb (6)


xVXZvzsdfbzdfxvb (7)


スタッド ボルト が  1本 は折れてて、 


どれも  ねじ山 は  錆びたり、 痩せてて 

使い物 に ならないので


xVXZvzsdfbzdfxvb (8)


xVXZvzsdfbzdfxvb (9)


在庫 で あった、  新しい スタッド に 打ち替えまして


逆バンク側 の スタッド ボルト は 痛み が

ほとんど 無かったので、 リタップ して  使うと しまして


xVXZvzsdfbzdfxvb (18)


xVXZvzsdfbzdfxvb (11)


ステアリング シャフト も  取り付けたら


エンジン マウント から  フレーム まで

型紙 を とって、  鉄板 を 切り出したら


xVXZvzsdfbzdfxvb (12)


角度 を 合わせて  曲げて

まずは  メイン の 鉄板 を 作り


これだけでは  強度 不足 なので


xVXZvzsdfbzdfxvb (13)


xVXZvzsdfbzdfxvb (14)


側面 にも  鉄板 を  切り出して

補強 を  入れて  溶接 して


マウント ブラケット が  出来まして

 
xVXZvzsdfbzdfxvb (15)


xVXZvzsdfbzdfxvb (16)


ステアリング シャフト と、  シャフト の


ユニバーサル ジョイント に 近い 部分 を

避けるような  形状 に なりました


xVXZvzsdfbzdfxvb (19)


製作 した  エンジン ブラケット を 

実際 に  エンジン マウント に ボルト止め し


エンジン の 水平、  平行 を 確認 したら


xVXZvzsdfbzdfxvb (20)


xVXZvzsdfbzdfxvb (21)


エンジン マウント ブラケット を


フレーム に  位置 を 決めて

仮溶接 しましたら
  

xVXZvzsdfbzdfxvb (22)


xVXZvzsdfbzdfxvb (28)


xVXZvzsdfbzdfxvb (23)


エンジン モック を  降ろして、  

ステアリング シャフト も 分解。


本溶接 する  スペース を  作り


xVXZvzsdfbzdfxvb (24)


xVXZvzsdfbzdfxvb (25)


xVXZvzsdfbzdfxvb (26)


しっかり  本溶接 したら  錆び止め を  塗って、

マウント ブラケット の 取り付けが  完了。


この先、  ミッション メンバー 製作 に 進むので

  
xVXZvzsdfbzdfxvb (30)


xVXZvzsdfbzdfxvb (32)


塗装 が  乾いたら、 位置 出し の ため

再び  エンジン モック を  載せまして

  
ステアリング シャフト も  再度 組み立てまして


xVXZvzsdfbzdfxvb (35)


xVXZvzsdfbzdfxvb (36)


将来、  LS エンジン に  載せ替え も

加工 なしで  対応 できる


エンジン マウント ブラケット 製作 が 完了 です


xVXZvzsdfbzdfxvb (37)


次 は ミッション メンバー の  

製作 に 進みます


VIVA !  S庭 道場 !!!!!!



[ 2018/05/17 09:10 ] 37 LINCOLN ZEPHYR * FIT * | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 LINCOLN ZEPHYR



  1937 ZEPHYR、  通勤 快速 製作中


MUSTANG Ⅱ STUB の コンバージョン を 終え

エンジン マウント ブラケット の 製作 に 進みまして


ryjryjetykj (17)


マウント ブラケット を 作る 位置 を  探るため


本物 の エンジン を 載せ降ろし するのは 

クレーン 使ったりと、  重くて 大変 なので


ryjryjetykj (18)


プラスチック製 の  エンジン モック に  オイルパン、  

エキマニ、  エンジン マウント を  取り付けして


レーザー 水準器 を 使い、  エンジン が


ryjryjetykj (20)


フレーム に 対して、  センター 位置 に きて

角度 も 水平 になる 位置 に 合わせましたら


ちょうど  ブラケット を 作りたい、  いい 位置 に


565656656 (11)


ラック アンド ピ二オン  ギア ボックス の

アウト プット シャフト が  重なりまして


ギア ボックス と  ステアリング コラム を 接続 する


565656656 (12)


ステアリング シャフト も  近く なりそうなので


エンジン マウント 作ったけど、 ステアリング シャフト に

当たります の 刑 に ならないよう


565656656 (13)


先 に  ステアリング 周り も  組み立てして

ジオメトリ を 確認 しておきます


これまで  ステアリング コラム が 通っていた 穴 は


565656656 (15)


565656656 (14)


今回 使用 する  IDIDIT製 の  チルト コラム は

径 が 狭くて  通らないので、


ファイヤー ウォール に コラム を 固定 する 


565656656 (17)


マウント ブラケット の 大きな に 穴 を  広げまして


自分 が 一番 運転 しやすい、  ベスト ポジション に

ステアリング が  来る  設定 に なるように 


565656656 (16)


コラム の 全長、  角度 を 合わせて  取り付け しまして


ステアリング コラム の 位置 が 決まったら

ラック アンド ピ二オン との  接続 距離 が 決まり 


565656656 (18)


それぞれの 接続 部分 には、  少し 角度 が 付くので

専用 の ユニバーサル ジョイント を 取り付けし、  


長さ を 合わせて  シャフト を 切り出し、  接続 しましたら


565656656 (19)


うーん、、、、、 やっぱり  ちょうど エンジン マウント の

ブラケット を 作りたい ところに


ステアリング シャフト と  ジョイント が  来て しまいました。。。。


565656656 (20)


次 は 組み付けた、 ステアリング シャフト、 ジョイント、  

エキマニ に 当たらないよう、 マウント 製作 を 進めます


VIVA !  S庭 道場 !!!!!!



[ 2018/05/13 04:56 ] 37 LINCOLN ZEPHYR * FIT * | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 LINCOLN ZEPHYR



 1937 ZEPHYR、  通勤 快速 製作中


ファイヤー ウォール下 で  切り落とした

既存 の フレーム と、 新しく  インストール する


ndfhjdhj.jpg


MUSTANG Ⅱ クリップ の 隙間 部分 は


Z-ING して  高さ を 合うように 調整 しつつ、  

80mm も 違ってる 幅 は、  ナロード も 必要 でして
 

ryjryjetykj (8)


ryjryjetykj (9)


新しい 鉄板 を 切り出して、 製作 しないと いけませんが


必要 になる、 中間 フレーム の 型紙 を とって

切り落として 使わなく なった フレーム に あてがうと


ryjryjetykj (6)


少し の 加工 で、  うまく  流用 できそうな 

形状 の 部分 が あったので   


それを  摘出 して 使うことに しまして


ryjryjetykj (10)


ryjryjetykj (11)


既存 の フレーム に  型紙 を あてがって、  

やや 大き目 に  切断 しまして


使いたい、  中間 部分 だけ  拝借 します


ryjryjetykj (14)


治具 を 組んで  動かないよう  固定 してある、  

MUSTANGⅡ クリップ と  既存 フレーム の


間 に  ぴったり  はまるように  摺合せていき


ryjryjetykj (13)


合わなかった  フレーム の 幅 も

切断面 に 角度 を 付けることで


中間 フレーム の 向き を 変えて


jgfg;6656 (2)


お互い の 幅 が  合うように  調整 しまして


高さ は  MUSTANGⅡ クリップ との

接合面 の 高さ が  少し 合わないので

 
jgfg;6656 (1)


上側 を 少し  出っ張って しまいますが

そこは 後程  加工 すると しまして


まずは  左側 の フレーム に  ギアボックス が 付いてて


gjkgjkgjkfj (1)


四角い フレーム が  斜め に スライス された

形状 に  成形 されているのと


前 の オーナー が  フレーム を 切って


gjkgjkgjkfj (2)


穴 を 開けた 状態 に なっているので


そのままでは  MUSTANGⅡ クリップ の 

切断面 と  形状 が 合わず、  接合 できないので


ryjryjetykj (24)


ryjryjetykj (25)


型紙 を とって  鉄板 を 切り出して


右側 ろ 同じ、  四角い フレーム に なるよう

鉄板 を  上張り していきまして


ryjryjetykj (26)


ryjryjetykj (27)


本溶接 を  終えたら、  次は  中間 フレーム に

強度 を だすのと、  MUSTANGⅡ クリップ と


接続 する際、  溶接面 を 増やして  強くするため  


dgasfgsdfgb;f; (1)


両端 の 切断面 の 内側 に  鉄板 を 貼り、 

箱状 にする  ボクシング 加工 を 施しまして


ボクシング する 部分 に 貼る 鉄板 は、 


dgsgdfnsghf.jpg


完全 に 密閉 するように  蓋 を してしまうと


昼間 と 夜 の  寒暖差 が ある 時期 は

フレーム の 中 で  結露 が 出来て


dgasfgsdfgb;f; (6)


中 が 錆びて、  腐食 してしまうので 


水抜き の 役割 を 持たせるため

四隅 を  少し 切り欠いて おきまして


dgasfgsdfgb;f; (2)


MUSTANGⅡ クリップ との  接合面 が

高さ が 合わず、  はみ出て しまうので


中間 フレーム の 側面に  切り込み を 入れて


dgasfgsdfgb;f; (3)


高さ が 低くなるよう、  上側 の 鉄板 を

折り曲げて   高さ が 低く しまして


切断面 を  溶接 して  箱 に  戻しましたら  


dgasfgsdfgb;f; (4)


dgasfgsdfgb;f; (5)


すぐに  既存 の フレーム と、  MUSTANGⅡ クリップ に

溶接 して  接合 してしまうと


ボクシング 加工 したとき の  溶接 の 熱歪み が


dgasfgsdfgb;f; (7)


それぞれの フレーム に 溶接 した 後にも  影響 してしまい、 

あっちも  こっちも 歪んでと なってしまうので、、、、、


ボクシング 加工 を 終えた 状態 で  丸1日 置いて、  


dgasfgsdfgb;f; (9)


dgasfgsdfgb;f; (10)


中間 フレーム の 状態 で、  一旦  溶接 の 

熱 での 歪みを 出し切りまして、  


残留 応力 が  落ち着くのを 待ってから


dgasfgsdfgb;f; (8)


既存 の フレーム と、  MUSTANGⅡ クリップ に  

中間 フレーム を  接合 していきまして


歪み が 出ないよう、  左右 で  引っ張り合うよう


dgasfgsdfgb;f; (11)


順番 を  考えながら  本溶接 していきまして


そこで また 1日 置いて、  熱歪み と

残留 応力 を  出しきったら


dgasfgsdfgb;f; (12)


既存 フレーム と  中間 フレーム、

中間 フレーム と  MUSTANGⅡ クリップ の


接合 部分 を  補強 するため


dgasfgsdfgb;f; (13)


3,5 mm の 厚み の  フラット バー を 切り出して、  


外側 と  内側 の   合計 8か所 に  

上張り して、  接合部 を  補強 しまして
  

dgasfgsdfgb;f; (15)


dgasfgsdfgb;f; (16)


本溶接 が  完了 したら、  フレーム 加工中 に


MUSTANGⅡ クリップ と  既存 フレーム の 

位置 が 狂わないように  固定 してた  治具 も 外し

 
dgasfgsdfgb;f; (14)


錆止め を 塗って、  フロント フレーム の  

MUSTANGⅡ 化 が  完了 です

 
VIVA !  S庭 道場 !!!!!!



[ 2018/05/08 23:55 ] 37 LINCOLN ZEPHYR * FIT * | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 LINCOLN ZEPHYR



 1937 ZEPHYR、  通勤 快速 製作中


49-51 MERCURY用 の  MUSTANG Ⅱ 

STUB を 使うので   一度 組み立てまして


556 (26)


作業台 の 上 で  サスペンション を 動かし


タイヤ の 位置 と フレーム の 位置 関係 を 

計測 すると、  スラムド させるには


556 (27)


556 (28)


どの 高さ に  組み込めば いいか  見えてきまして


ショック ウェーブ が フレーム に 当たらないか

ストローク が どこまでなのかも  確認 


556 (22)


556 (23)


ストローク を  確認 したら、  それに 伴い


ボール ジョイント や  タイロッド エンド の

作動 範囲 が 越えて しまわないか  チェック し


556 (24)


556 (25)


いよいよ  フレーム に  組み込む 段取り へ


車体 に あてがい、 左右 と センター 方向 から

レーザー 水準器 を 使って  位置 を 合わせ


556 (30)


556 (31)


作業台 の 上 での 計算 が  本当 に

正しいのかを  現物 でも  確認 するため


MUSTANGⅡ クリップ に  サスペンション、


556 (32)


タイヤ も 組み付けた 状態 で  ストローク させ、  


ライド ハイト時 に  ロワー アーム の 角度 が

一番 良い 角度 に 来るか、 


556 (33)


556 (34)


車高 を 下げた  スラムド の 状態 も チェック。


サスペンション が  正しく 機能 することを  確認 したら

あらかじめ  計測 して  記録 してある


556 (29)


556 (35)


ホイール ベース、 フレーム の センター 位置 も 合わせ

水平 方向 の 角度 も 合わせましたら


プラスチック製 の  エンジン モック を 載せて、  


ryjryjetykj (17)


ryjryjetykj (18)


ミッション とも  実際 に  連結 させまして


エンジン と  フレーム の  クリアランス、

エンジン と  ミッション の  角度、 


ryjryjetykj (20)


ファイヤー ウォール と  エンジン、

ミッション と  センター トンネル の 


クリアランス を  確認 して いきまして


ryjryjetykj (1)


フレーム の 高さ も  問題 ないか  確認 したら


MUSTANG Ⅱ クリップ を  フレーム に

取り付ける 位置 が  決まりまして


ryjryjetykj (3)


既存 の フレーム と  接合 していく 際 に


MUSTANGⅡ クリップ の 位置 が 

ずれて  狂って しまわないよう


ryjryjetykj (4)


鋼材 を 使って  治具 を  組んで いきまして


MUSTANGⅡ クリップ と  フロント ボデイ、

フレーム とも  仮溶接 して  固定 しておきます


ryjryjetykj (2)


古い フロント フレーム は、  ばっさり

ファイヤー ウォール下 で  切り落としたので


既存 フレーム と   MUSTANGⅡ クリップ は 


556 (37)


556 (36)


約 450 mm、  隙間 が あいてまして


既存 フレーム と  MUSTANGⅡ クリップ は

高さ も 幅 も  合って いないので


ndfhjdhj.jpg


それら  Z-ING、  ナロード しながら つなぐ

中間 フレーム を 作らないと いけません 


次 は 中間 フレーム 作り に 進みます


VIVA !  S庭 道場 !!!!!!



[ 2018/05/05 23:49 ] 37 LINCOLN ZEPHYR * FIT * | トラックバック(-) | コメント(-)