FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 37 LINCOLN ZEPHYR * FIT *

1937 LINCOLN ZEPHYR



 1937  ZEPHYR  3W COUPE  

通勤 快速 号 作業 を  進めてまして、  
 

以前 は、 65-66年 辺りの マスタング の 


dfgasdfg (13)


ラジエーター が  取り付けされて いましたが


フロント フレーム を MUSTANGⅡ クリップ に 変更 し、 

フレーム 形状 が 大きく 変わりまして、

 
dfgasdfg (4)


Z-ING したことも あり、  フレーム の 高さ も 変わったので、  

ラジエーター の 固定 方法 が   全部 やり直し に なりまして


取り付け できる  ラジエーター の サイズ も 変わったので
   

srgfwrgsd (12)


素性 の 解らない、  中古 ラジエーター を 使って

オーバー ヒート するかも、、、、、、 と  ドキドキ するより

 
サイズ も 層 も 大きくして、  電動 ファン も ツイン で

  
trjruk7i, (1)


乱気流 対策 で  風抜け の 良い 設計 の

ファン シュラウド も  付けた


冷却 効率 の いい  ラジエーター に 変更 しまして

 
trjruk7i, (2)


以前、  取り付けできる  最大 の 大きさ を  検証 し


導き出した 寸法 と、   ラジエーター ホース の 位置、

ラジエーター キャップ 位置 など 指定 して


srgfwrgsd (13)


今回 は  アメリカ の ラジエーター メーカー、

GRIFFIN RADIATOR に  製作 してもらいまして


到着 した ラジエーター を 傷付けないよう  養生 したら


srgfwrgsd (14)


現物 合わせ で、  車 に ラジエーター を 固定 する 

コアサポート を 製作 していきます


エンジン と  ファン シュラウド、  電動ファン の クリアランス、

 
srgfwrgsd (15)


グリル や  フェンダー との  クリアランス を 見ながら

取り付けたい 前後 位置、  高さ を 合わせ


L型 の アングル材 を 組み合わせて いきまして

 
srgfwrgsd (16)


コア サポート への  ラジエーター の 取り付け は

リジット マウント でも 大丈夫 ですが


ボトム側 は  防振 マウント を 介して  固定 しまして

 
srgfwrgsd (17)


側面 に  左右 で 4箇所、  クリップ ナット を 取り付けし

ビス止めし、  前後 方向 の 振れ を  抑えるように しまして  


まずは  ラジエーター を 固定 できる コアサポート を 作ったら

 
srgfwrgsd (19)


エンジン ルーム で  ミッション ジャッキ で 高さ を 合わせ


レーザー レベル を 使い、  センター 位置 と

並行 具合 を  確認 しまして


srgfwrgsd (22)


ラジエーター、  コア サポート の  取り付け 位置 を

レーザー で 導き出したら、  それに 合わせて


コア サポート を  フレーム に 固定 する


srgfwrgsd (25)


クロス メンバー の 製作 に 進みまして


1949-51年 の マーキュリー用 の MSUTANGⅡ クリップ を

流用 したので、  位置 が 合っていない メンバー を 摘出 し


trjruk7i, (6)


側面 に 溶接 されていた 部分 は  切断。


肉厚 の ある 角パイプ ですが、 強度 が 落ちないよう

側面 に 鉄板 を 貼り、  ボクシング 加工 したら


srgfwrgsd (23)


MUSTANGⅡ クリップ の  メイン レール の 先端 が

前に 行くに従って  垂れ下がる 形状 なので


クロス メンバー は  取り付けると 水平 に なるよう


srgfwrgsd (24)


角度 調整 の ベース を  取り付けて おきまして


狙っている コア サポート 位置 に 合わせて

メイン レール の 下側 に  溶接


srgfwrgsd (26)


この クロス メンバー は  上 に コア サポート が 載り


ラジエーター や  フロント ボディ の 荷重 を 支える

ブラケット として  機能 しますが、 それ以外 にも

 
srgfwrgsd (2)

 
srgfwrgsd (3)


それ以外 にも  フレーム や フロント ボディ の ねじれ、  

バンパー ブラケット の 補強 など 様々な 部分に 影響 して、  


剛性面 でも  重要 な 役割 を 果たします


srgfwrgsd (20)


srgfwrgsd (21)


コア サポート を 固定 する  クロス メンバー が 完成 し


クロス メンバー は、  後々 取り付けする 

フロント バンパー の ブラケット との 絡み で


srgfwrgsd (1)


コア サポート の 真下 ではなく、 少し前 に なったので


それぞれ の 位置 に 合わせ、  コア サポート を

クロス メンバー に 渡す  タブ を 作りまして


srgfwrgsd (4)


補強 の リブ を 入れたり、  不要 な 部分 を 切り落とし


コア サポート の 上側 は、  フェンダー の 内側 に

ボルト で 固定 する  タブ を 作りまして


srgfwrgsd (5)


srgfwrgsd (6)


完成 した  コア サポート 塗装 して  乾いたら、  

コア に  ラジエーター を 組み付けしまして


いざ、  クルマ に 取り付け と なりました


srgfwrgsd (7)


以前 付いていた  ラジエーター よりも 縦長 にして

厚み も 2層 から  3層 にしたので


面積 も 厚み も  1,5倍 に なりまして

 
srgfwrgsd (8)


電動ファン も  2機 掛け に して 

ファン シュラウド も 組んだので、  


これで  よく 冷えて くれる事と 思います


srgfwrgsd (9)


srgfwrgsd (10)


グリル の 裏 を 加工 し、  出来るだけ 前側 に 設置 し


エンジン の プーリー と、  電動 ファン の

クリアランス も  じゅうぶん に 確保 できまして

  
srgfwrgsd (11)


下側 からも  整備 し易い クリアランス を 確保 し


無事、  ラジエーター の 取り付けと、  コア サポート、 

クロスメンバー 製作 が  完了 です


VIVA !  S庭 道場 !!!!!!




[ 2018/09/01 05:38 ] 37 LINCOLN ZEPHYR * FIT * | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 LINCOLN ZEPHYR



 1937  ZEPHYR  3W COUPE  

通勤 快速 号 作業 を  進めてまして、  
 

リア バンパー の 取り付け を 終え


dtukdtuk.jpg


フロント バンパー の 取り付け に 進みまして


フロント バンパー は、 フレーム の

先端 部分 に  ブラケット を 取り付けますが


trjruk7i, (1)


通勤 快速 ゼファー の  フロント フレーム は


1949 - 1951年 の  マーキュリー用 の

MUSTANG Ⅱ クリップ を 組んだので


trjruk7i, (2)


ボディ に 開いている  バンパー ブラケット を  通す 穴 と、  

フレーム の 幅 が 全然  合いませんので、


フレーム の 幅 を 変える  加工 が 必要 に なりまして

 
dtuudt.jpg


フロント フレーム の 先端 部分 には


フェンダー や グリル、  ラジエーター を 支える

コア サポート の マウント も 付いているので

 
dtukdt.jpg


バンパー ブラケット を 取り付けする 部分 と

コア サポート も 絡むことに なるので


グリフィン に 作ってもらった、 ラジエータ- を  


dktuku.jpg


取り付けたい 位置 に あてがってみて


グリル や フェンダー、 コア サポート との

位置 関係 を  確認 したら


dtukdtu.jpg


コア サポート は 今より  下げないと いけないのと


フロント フレーム の  先端 は、  内側 を 向いた

コの字型 に なっていますが、

 
trjruk7i, (3)


それが   外側 を 向いた  コの字型 だと


フロント バンパー の ブラケット と  ボディ の 穴の 幅が 

だいたい 合うことが  解ったので
  

trjruk7i, (6)


まずは  内側 を 向いた  コの字型 の フレーム の

内側 の 側面 に 溶接 してある  コア サポート を


再利用 したいので、  側面 ごと 切断 して  摘出 しまして


trjruk7i, (5)


摘出 した 側面 は、  不要 な 部分 も 摘出 し

上面 と 下面 だけ に したら


以前、 MUSTANG Ⅱ クリップ を  Z-ING しながら


trjruk7i, (4)


取り付けする 際 に、 フェンダー と 距離 が 近くて


先端 部分 が 当たるかもと  一部 切断 しておいた

MUSTANG Ⅱ クリップ の  先端 部分 を


trjruk7i, (9)


外側 を 向いた  コの字型 に なる 向きに なるよう


左右 の 先端 を 差し替えつつ、  向き を 反転 して

取り付けすることで  外側向き に 反転 させまして


trjruk7i, (10)


コア サポート を 摘出 がてら、  上下面 を 残して

側面 を 切断 した 部分 に  


鉄板 を 切り出して、 溶接 して  ざっと 仕上げしまして


trjruk7i, (11)


反対側 も 同様 に 処理 して、 内側 向き の フレーム から  

外側 向き に  反転 が  完了


次 は NEW ラジエター に 合わせた  コアサポート 製作 に 進みます


VIVA !  S庭 道場 !!!!!!



[ 2018/08/29 07:44 ] 37 LINCOLN ZEPHYR * FIT * | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 LINCOLN ZEPHYR



 1937  ZEPHYR  3W COUPE  

通勤 快速 号 作業 を  進めてまして、  
 

トランク フロア、  ひな壇 の 製作 を 終え


iyetjdhgdjtyug (8)


ACCU AIR の  エアサス ユニット を 固定 する

防振 マウント ブラケット を 作り、  搭載 しまして


今回 は  ACCU AIR の 5 ガロン エアタンク と、


iyetjdhgdjtyug (9)


VIAIR の  デュアル コンプレッサー、  

限定品 の ゴールド マニフォールド を  


EXO マウント システム で  セットアップ。


iyetjdhgdjtyug (7)


いつも 使ってる、  定番 の システム 構成 ですが


最近 は  ACCU AIR は  コンプレッサー や

マニフォールド も  エアタンク に 内臓 できる


iyetjdhgdjtyug (10)


ENDO タンク という モデル が リリース され


全部 エアタンク の 中 に 収まってるので

設置 も コンパクト で、  見た目 も すっきり ですね


aa-endo-cvt45-01_800x600.jpg


コンプレッサー も  マニ も  タンク に 内臓 なので
 
作動音 も 静か だそうですし


壊れても  それぞれで 買えて、  交換 も できるので


endo_cvt_main_image_w_logo.jpg


コンプレッサー 回るて、  ぶぉーーーん って  

耳触り な 音 も   ガガガガーっ と  


振動 で  ボディ が 共振 するのも  気にならなく なりますね  


23155129_10156235996647971_3328294266055684879_o_5a6d76d6-60e9-4908-a075-0cc0cc7e2f13.jpg


FIT で  ACCU AIR 組む時 は、  EXO マウント に

元々 付いてる  防振 ゴム に  さらに   


工業用 防振ゴム を 追加 して 組むので、 じゅうぶん  静かですね  


2017-11-01-12_18_08-1-1024x683.jpg


FIT にも  ENDO CVT 在庫 してるので

使ってみようかと  楽しみ に してましたが


37 ZEPHYR は  ひな壇 の  デッド スペース を 使うので


Accuair_Endo_CVT__58890_1478105694_1280_1280_cfe2ded0-d49c-4753-b0a3-873ff8441369.jpg
   

EXO マウント の 構成 でも  十分 スペース は ありますし

配管 の 取り回し や、  メンテナンス性 も


EXO システム の 方が  都合 が いいので、 今回 は パス。


iyetjdhgdjtyug (11)


ENDO は  コンプレッサー や マニ も 内臓 してるので

水 に 濡れるような、  ピックアップ の ベッド下 や 


室外 に 取付する 場合 には  良さそうですね


iyetjdhgdjtyug (2)


エアサス の 配管 も、  室内 から  外 に 通す

バルクヘッド の フィッティング を 使い


各 エアバック への 配管、  センサー の 配線 も 終え

 
iyetjdhgdjtyug (3)


続いて  リア の バンパー 取り付け に 進みまして


オリジナル バンパー と  バンパー ガード が

欠品 してたので  アメリカ で 探しまして、  


iyetjdhgdjtyug (4)


そんな 凹んでて、  錆び錆び なのに  そんな 高いの !?  

という  詐欺 みたいな  値段 でしたが、、、、、


81年前 の  バンパー や  バンパー ガード は  

探しても  なかなか 出て来ませんし、  


iyetjdhgdjtyug (5)


「  曲がり や 凹み、 錆は 無しでね 」  なんて  言ってたら、  

恐らく  一生 見つかりませんので、、、、 


スーパー 産業 廃棄物 コンディション を  

スーパー な  金額 で 買わされ、、、、、


iyetjdhgdjtyug (6)


当然 そんな コンディション を  綺麗 に 板金 して、  


リクローム までしたら、  オレオレ 詐欺 に あった位 の 

お金 が 消えて いきまして、、、、、、、


絶対 ぶつけられない  バンパー に なりました。。。。。


iyetjdhgdjtyug (1)


通勤 快速号 の フレーム に  合わせて

お気に入り の 高さ、 位置 に  取付できるよう


フレーム と  ブラケット を 加工 し、  取付。


VIVA !  S庭 道場 !!!!!!


 
[ 2018/08/20 05:33 ] 37 LINCOLN ZEPHYR * FIT * | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 LINCOLN ZEPHYR



 1937  ZEPHYR  3W COUPE  

通勤 快速 号 作業 を  進めてまして、  
 

トランク フロア、  ひな壇 の 製作 に 進み


ijnij (2)


まずは  鉄板 を  簡単 に 四角く 作れる

中央 部分 から  作り始めまして
 

” パコ パコ ”  は  カウパー氏 ですが 


ijnij (3)


鉄板 が  ” ぺこ ぺこ ”  して しまわないように

リブド マシーン で  補強 の リブ を 入れ


ひな壇 の 前 は、  丸く ローラー で 曲げまして

 
kl:m:;、 (3)


kl:m:;、 (2)


ひな壇 の 前側 の 左右 部分 も、

同様 に  リブ を 入れ


ローラー で 丸めたら、  スポット 溶接


kl:m:;、 (4)


kl:m:;、 (7)


鉄板 を 四角く 作れる 部分 が 終わったら

ひな壇 の 後ろ の 両端 に 進みまして


両端 は インナー フェンダー の 形状 に


kl:m:;、 (1)


馴染むように 作るので、  中央 の パネル と

インナー フェンダー と 隙間 の 型紙 を とって


端 の パネル を 作ったら、  現物 に ぴたりと 合うよう 


kl:m:;、 (5)


車内 で  摺合せて  形 を 整えたら


中央側 は  骨材 に スポット 溶接、

インナー フェンダー側 が 全周 溶接 しまして


いおうh「」


燃料 タンク や、  電磁 ポンプ の メンテナンス で

タンク上 の パネル は  脱着式 で 作りましたが


補強 の リブ の ライン を  少し 変えて 作ったら


kl:m:;、 (6)


統一感 が 無くなり、  カッコ悪かったので

他 と 同じ デザイン で  作り直し、。。。。  


フロア を 作って  貼ってしまうと  触れなくなる 部分 の


sfgsfgaergw (20)


インナー フェンダー や、 ボディ が  腐食 で

穴 が 開いてたり、 無くなってた 部分 は


パネル を 作って  再生 したり

鉄板 を 貼って、  埋めて おきまして

 
sfgsfgaergw (10)


ACCU AIR の ユニット を 搭載 するので

補強 の 骨 を 入れておいた  ひな壇 に  


実際 に ユニット を 載せて、 位置出し したら


fadfbgaf (4)


ウィン ウィン、 言わせて  バイブ 使いまくってるのは  

池袋 の  ” 性 の 警備員 ”  TSU-くん ですが、 


コンプレッサー が 作動 したときに、 ブ--ン と 


sfgsfgaergw (19)


ボディ が 共振 しないよう、 防振 ゴム を 介して

取り付けできる  ブラケット を 作り、


エアサス ユニット の マウント の 下準備 を したら


sfgsfgaergw (11)


ひな壇 の 前側 の 両端 と  インナー フェンダー の

間 の パネル も 製作 したら


インナー フェンダー の 形状 に 沿わせて  溶接 しまして


sfgsfgaergw (2)


sfgsfgaergw (4)


給油口 から  タンク までの  フューエル ネック 部分 も


タンク を 降ろす際 には  触れないと いけないので

脱着式 の  パネル で  製作 しまして、


sfgsfgaergw (18)


sfgsfgaergw (17)


トランク フロア の  一番 後ろ の 両端 も

インナー フェンダー に 沿わせて 製作 し、


全て の パネル が 完成 したら、  錆止め を 塗り


sfgsfgaergw (14)


sfgsfgaergw (12)


裏側 の 下回り も、  アンダー コート を 塗りまして


作業 の 邪魔 なので、  取り外していた

燃料 タンク、 配管 も  組み戻しまして

  
sfgsfgaergw (16)


リア サスペンション の 作り直し に 伴う

ひな壇、  トランク フロア 作り直し が 完了 です


次 は  エアサス ユニット の 搭載、 接続 に 進みます


VIVA !  S庭 道場 !!!!!!




[ 2018/08/14 07:08 ] 37 LINCOLN ZEPHYR * FIT * | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 LINCOLN ZEPHYR



 1937  ZEPHYR  3W COUPE  通勤 快速 号、  

暑すぎて  作業 全然  進めてませんが、、、、、、  
 

早くやれ と 言わんばかり に パーツ だけは 毎日 届きまして、、、、、


sfvSzxc (11)


37 ZEPHYR の  縦長 の 狭い グリル に 合うよう

ファンシュラウド、  ツイン 電動 ファン 搭載 で


GRIFFIN に  カスタム ラジエーター 作って もらいましたが

気持ち が オーバーヒート で、  取り付け する気 に ならず。


;l[] (2)


こちらも  US WHEEL に 特注 で 作ってもらった

カスタム ARTILLERY ホイール。


37 ZEPHYR の オリジナル ホイール は


837_p412_l (1)


16 インチ で  ARTILLERY のような  デザイン に

ZEPHYR の ロゴ入り センター キャップ が 付きます


僕 は その デザイン が すごく 好きですが

MUSTANG Ⅱ クリップ に 変更 し、  PCD が 変わって


Roadster-shop21-1-1.jpg


オリジナル ホイール が 付けられなく なったので

デザイン の 似てる  ARTILLERY ホイール で 代用。


ROADSTER SHOP で 作ってきた 37 ZEPHYR でも

同じく ARTILLERY ホイール を  装着 させまして


;l[] (1)


ハブキャップ 使わずに  古っぽい 雰囲気 で  最高 です


通勤 快速号 は、  49-51 MERC用 の  MⅡ を 組んだので

フレーム の トレッド が  本来 の 37 ZEPHYR より 広く


sfvSzxc (13)


通常 の ラインナップ の  ARTILLERY ホイール を 履かせると

オフセット が 合わず、 フェンダー に 当たってしまうので


カスタム オーダー で、  通勤 快速号 でも 履けるように

通常 よりも  浅い オフセット で 作ってもらった  代物 です 


837_p412_l (2)


タイヤ も 履かせて、  準備 万端。  

クルマ は まだまだ ですが、、、、、、、、


明日 来たら、  こんな 感じに  仕上がって ないかな

FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!!!!!



[ 2018/08/07 05:04 ] 37 LINCOLN ZEPHYR * FIT * | トラックバック(-) | コメント(-)