FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 37 LINCOLN ZEPHYR SEDAN

1937 ZEPHYR SEDAN



 Mり さん の  1937  ZEPHYR、  4ドア セダン  


愛知県 の KS BODY WORKS さん に お願いして

新しい プロジェクト を 進めて もらってまして


tuigh.jpg


LS3 エンジン を 搭載 し、 マフラー も 完成。


続いて、 ラジエーター の 取り付け に 進みますが

ラジエーター の 取り付け位置 を 決めるにあたり 


tdfhgxv (4)


エンジン との クリアランス を 確認 するため

実際に 使用する フロント ランナー を 組み付けし


NEW ラジエーター の ベストな 取り付け位置 を 模索

 
dagrga (4)


ラジエーター は、 以前 通勤快速 ゼファー の 

ラジエーター を 新調する 際に 検証 して


37 ZEPHYR に ベストな ラジエーター を 導き出してあったので


dagrga (1)


今回 の 37 ZEPHYR セダン でも、 グリフィン に 注文 し


通勤快速 ゼファー と 同じ 形状、  サイズ で

LS3 エンジン用 の  ラジエーター を 製作。


tdfhgxv (1)


通勤快速 ゼファー で 使ってる SBC エンジン と LS3 エンジン では 

ラジエーター ホース の 接続位置 が 違うので、  


ラジエーター側 の ホース 接続位置 を  LS3用 で 作りまして


tdfhgxv (2)


37 ZEPHYR セダン では、 エアコン も 装着するので

ラジエーター形状に 合わせた コンデンサー も 取り寄せまして


LS3 エンジン との クリアランス、 インテーク パイプ や

 
dagrga (5)


ラジエーター ホース を 取り回す スペース を 考え

ラジエーターの 位置を 合わせて  固定 しましたら


エンジン、 ラジエーター それぞれの ネック位置 に 合う 


dagrga (6)


ラジエーター ホース を 用意 して、 ホース も 接続。


ラジエーター、 ホース の セットアップ を 終えたら

スロットル ボディ から 取り回す インテーク パイプ の 


dagrga (3)


通す ルート、 使用 する 部材 も 選定 して  オーダー。


これまでは フレーム に 固定してあった  ブレーキ の

パワーブースター、 マスターシリンダー は


dagrga (2)


吊り下げ式 の ペダル に 変更 しつつ、 場所 も

ファイヤーウォール に 移設 するので、 


仮組みした LS3 エンジン の 純正 エンジン カバー と 


dagrga (13)


ファイヤー ウォール に 設置 する パワー ブースター の 

径、 位置関係、 クリアランス を 検証 しましたら


室内側 の ダッシュボード の 構造に 合わせ


dagrga (12)


用意 していた 汎用 の ブースター マウント 兼、  

吊り下げ式 ペダル の ブラケット を 加工 しまして


ペダル も 長さ や オフセット が 合うよう、 加工 したら


regerwrt.jpg


室内側 の ダッシュ裏 の レイアウトが 見えてきたので

続いて 作業 は エアコン の 取り付けに 進みまして


これまでも エアコン は 装着 されていましたが

ダッシュ の 奥行 が 浅く、 高さもない ZEPHYR では  


dagrga (7)


ダッシュ よりも  だいぶ 下まで はみ出ていたので


エバボ ユニット を 一回り コンパクトな 物に 変更 し

なるべく ダッシュに 収まり、 違和感がない位置に 組み直し。


dagrga (8)


エバポレーターの 位置が 決まったら、 固定する

ブラケット を 製作し、  固定と なりまして


あとは オーナーの 好みや、 意向を 確認しながら 

吹き出し口 と スイッチなどを 選んで いきます


FiTech-Electric-Fuel-Pump-40019-Hy-Fuel-Retro-Fit-340.jpg


作業 は 全速 前進 で モリモリ 進んで いまして


続いて リア サスペンション の 変更 に 伴い

作業 の 邪魔になるので 降ろしてあった 燃料タンク に


dagrga (11)


フューエル インジェクション化 に 伴い、 燃料 ポンプ を 

高圧の タイプに 変更 しつつ、 インタンク 構造に 加工 

 
電動の 燃料ポンプは、 タンク内に 沈めて、 ガソリンに 浸っているほうが


dagrga (10)


常に 冷やされてるので 寿命が 長くなりますし、 作動音も 静か。


燃料タンクは これまで 装着されていた 中古品 ですが、 

中に 錆もなく、 コンディション が いいので


dagrga (14)


そのまま 使用し、 穴を 開けて  ポンプを 埋め込む 加工を したら


加工 を 終えた、 燃料タンク、 ブレーキペダル、 ペラシャフト など

綺麗 に 塗装 して、 本組みの 準備 を していきます 


VIVA !  KS BODY WORKS !!!!


[ 2019/03/04 23:44 ] 37 LINCOLN ZEPHYR SEDAN | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 ZEPHYR SEDAN




 Mり さん の  1937  ZEPHYR、  4ドア セダン  


愛知県 の KS BODY WORKS さん に お願いして

新しい プロジェクト を 進めて もらってまして


sdtgerq (6)


デフ を  CURRIE の FORD 9 に 変更 し

リア の トライアングル 4リンク も 完成 しまして


エンジン、 ミッション、  リアエンド の 位置 が 決まったので


sdtgerq (7)


マフラー の 製作 に 進んでいるようで


オーナー の Mりさん から、 マフラー は デュアル で、

タイコ は フローマスター でとの オーダー なので

  
sdtgerq (1)


必要と 思われる 量の パイプ、 フローマスター の タイコ、


振動 を とる フレキシブル ジョイント、 接続 フランジ、 

ガスケット、 吊りゴム、 O2センサー ポート など 、 


sdtgerq (5)


必要な 部材 を 準備 して、 マフラー製作 に 取り掛かりまして


今回 は エアサス や スラムド 仕様 ではなくので

マフラー が 擦るほど  低く 走ることは ありませんが


sdtgerq (3)


フレーム より 下に マフラー を 取り回していると


見栄え も よく ありませんし、 ヒットする 可能性も あるので

出来るだけ 上の 位置で 取り回して もらうよう お願いしまして


sdtgerq (4)


となると、 ボディの メンバーに 当たってしまう 部分も 出てくるので、  


手間 が 掛かりますが、 メンバー を 強度 が 落ちない 範囲で 

えぐって マフラー を 避けるような ノッチ加工 も 施して頂き


sdtgerq (2)


「  リア は どこから 出したいんだ !? 」  と、 連絡 来まして


あとは クローム の マフラーチップ 付けたら 完成、

相変わらず 仕事 が 早いですね


VIVA !  KS BODY WORKS !!!!



[ 2019/02/22 06:08 ] 37 LINCOLN ZEPHYR SEDAN | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 ZEPHYR SEDAN



 1937  ZEPHYR、  4ドア セダン  


愛知県 の KS BODY WORKS さん に お願いして

新しい プロジェクト を 進めて もらってまして


66566598989898 (10)


リア の 4リンク の セットアップ が 決まり


これで 新しい エンジン、 ミッション、 デフ の

取付 位置 が 決まりましたので

 
tydtyst (1)


次 は ミッション と デフ を つなぐ、 プロペラ シャフト の 設定 へ


それぞれの 位置から、 ペラの 長さが 解ったので

あとは 寸法 から 必要な ペラ の 長さが 導き出せますが


tydtyst (2)


ペラ と センター トンネル の クリアランス や

フレーム中央 にある アーチの 中に ペラが 通るので


4リンク が 動いたときに ペラ と アーチ が 接近した際の 


tydtyst (3)


クリアランス が どれくらい あるのか 確認 が 必要 ですし

当たるようなら  2ピース シャフト などに 対策 が 必要

  
また、 車高 の 動きに 合せて、 ペラが 前後 しますが


ethrgdchb (1)


ミッション の アウトプット シャフト が 底付き すると

ミッション や デフ が 壊れるので


アウトプット シャフト内も どれ位 クリアランス あるのか 確認


ethrgdchb (2)


それには 一旦  近いサイズ の ペラを 使って 接続 し


そのペラの 寸法を 基に あと 何センチ 長く とか

短く と やっていくのが 確実 なので


ethrgdchb (3)


「  55インチ半 の ペラ、 お前の とこに ないかー? 」

と 宇田さんから 連絡 来たので、  探してみたら


” 10mm 違い ” と 極めて 近い サイズ が ありましたが 


tydtyst (4)


たかが 10mm、  されど 10mm。。。。 


それでは 底付き するので 使えまめん と なり、

宇田さん の ところに 転がっていた

 
tydtyst (5)


C10 から 外した ペラ が 近いので、 それを 使って

デフ の 可動 に 合せて 測定。


2ピース シャフト に しなくても  フレーム の アーチ も


tydtyst (6)


tydtyst (7)


センター トンネル も 当たらないね との事なので

エアサス、  スラムド でない クルマ は 楽で いいですね


あと 1センチ 短いと ベスト だけど、 これでも いいかな


tydtyst (12)


ということで  ペラ は オーダー で 作らせることなく

宇田さんの ところにあった 物を 使う事と なりまして


ユニバーサル ジョイント は 全て 新品に しますが
 

tydtyst (8)


錆サビ だった シャフト は  綺麗に 錆を 落として 

塗装 してもらって 使うことと なりまして


ペラ も 決まったら、  フレーム & サスペンション の 最後


tydtyst (10)


リア の コイル オーバー の 設定 に 進みまして


4リンク と デフ の 位置 が 決まったので

ショック の アッパー側 の 位置 も 導き出して


tydtyst (11)


アッパー マウント ブラケット を 製作 し、 取り付け。


そうすると、 車高 が 上がった時、  下がった時の

ストローク と、  ライドハイト に 設定した 高さから  


tydtyst (9)


適合する ショック の 長さが 導き出せまして


それに合わせて、 車重 と 前後 の 軸重 を

予備検査時 に 測ってあるので  それを 踏まえて


tydtyst (13)


コイル オーバー の バレネート が 決まりまして

リア サスペンション の 設定 が 完了


次 は マフラー製作 に 進むようです


VIVA !  KS BODY WORKS !!!!




[ 2019/02/16 09:03 ] 37 LINCOLN ZEPHYR SEDAN | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 ZEPHYR SEDAN



 1937  ZEPHYR、  4ドア セダン  


愛知県 の KS BODY WORKS さん に お願いして

新しい プロジェクト を 進めて もらってまして


fxhjfgxhjf (2)


フロント の MUSTANGⅡ クリップ化 を 終え


実際 に 使用する、 LS3 エンジン と、 

4L60E ミッション を 合せてみながら 


66566598989898 (2)


適切な 位置を 導き出したら マウント の 製作 へ


エンジン の 前後 左右 の 傾斜 も 合せたら

オリジナル の LS3 エンジン の エンジン マウント は

   
66566598989898 (3)


高年式車 の モノコック ボディ用で  とても 大きく、 

MUSTANGⅡ クリップ には 使いずらいので


スモールブロック用 の マウント を LSエンジン に 流用できる


66566598989898 (4)


変換 KIT が 存在するので それを 使いながら


メイン フレーム と、 クロスメンバー に 渡すように

マウント ブラケット を 製作。


66566598989898 (5)


エンジン 位置 が 決まると、 おのずと  ミッション の 

位置 も 決まるので、  ミッション マウント を 取り付ける 


ミッション マウント ブラケット を 製作 しましたら 


66566598989898 (6)


続いて リア サスペンション の  4リンク化 に 進みまして


オリジナル の リーフ スプリング & リア アクスル から

トライアングル 4リンク & FORD 9” デフ に 変更 となり


66566598989898 (7)


RIDE TECH製 の 4リンク KIT を 取り付ける 部分 は  

フレーム が コの字型 なので、 補強のため 型紙 を とって  


新しい 鉄板 を 切り出して、 内側 に 貼って ボクシング加工 したら

 
66566598989898 (8)


デフの 傾き、 4リンク の アーム角度 を 合せる 治具 を 製作 し


Currie Enterprises に 今回 の プロジェクト内容 に 合せて

トレッド幅、 ファイナル比、 ブレーキ などを 指定して 


66566598989898 (9)


CURRIE で 全ての 組み立てと 調整を  終わらせてきた 

新品 デフ & リアエンド を  治具 に セット。 


4 リンク の アーム、 ブラケット位置 を 導き出していき


66566598989898 (11)


点付け で 一旦 取り付けしたら、 実際 に リンク を 

動かしながら 不具合 や 無理 が 無いか 確認 しまして


自動車工学 に 基づいた、 正しい 制動になる 位置 が 出たようです


66566598989898 (10)


どんなに いい パーツ を 使っても、 組み方を 間違ったら

いい クルマになる どころか、 死の 危険に さらされるので


”  造り方 ”   ” 造る人 ”   とても 重要 ですね


VIVA !  KS BODY WORKS !!!!



[ 2019/02/10 22:47 ] 37 LINCOLN ZEPHYR SEDAN | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 ZEPHYR SEDAN



 1937  ZEPHYR、  4ドア セダン 


KS BODY WORKS さん に お願いして

新しい プロジェクト を 進めて もらってまして


126565656565 (2)


先日 必要な パーツ が アメリカ から 到着 し

いよいよ 本格的 な 作業 が はじまりまして


まずは フロント フレーム の MUSTANGⅡ化 から。

 
126565656565 (1)


今回、 FATMAN の STAGE Ⅳ を 使うことにして


FATMAN に 36-40年 ZEPHYR用 の ラインナップ が 

あるので  注文 して 作ってもらいまして


126565656565 (3)


既に エンジン、 ミッション を 降ろして 

オリジナル の 足回り も 撤去 し

 
スタンバイ していた フレーム に セット しまして


126565656565 (12)


はい、  出ました ”  トレッド 合わず  付きません の 刑 ”


おまけに アッパー アーム の ブラケット は フレーム の 

形状 に 合っておらず、 角度 が 合いません の 刑。


126565656565 (8)


無理 に 付けたら  キャスター角 が 大きく 狂い


アライメント とれないほど ジオメトリ が 崩れますので  

車種別 KIT とは 思えない 品質 で、 お話に なりません


126565656565 (4)


「  でたよー、  全然 あわねーじゃんよー、、、、、


   まぁ、 所詮 FATMAN だから、   ある 程度は 

   覚悟 してたから、、、、 まぁ、 なんとか するよ 」


126565656565 (5)


と、  取り寄せた パーツ が 合わなくても


「  合うやつ 取り直せよ 」  なんて 言わずに

ナンとか してくれるので  心強い ですね 

 
126565656565 (6)


で、 結局 いつもの パターン で  アーム の

付け根 の 手前 で  フレーム は 切り落とされ、


MUSTANGⅡ フレーム を 正しい ジオメトリ に 組んで


126565656565 (7)


それを ホイール ベース が 狂わない 位置 に セット し


合わない フレーム 部分 を 作り直しながら

つないでいく という 作り方 に なりまして
 

126565656565 (11)


「 37 ZEPHYR用 を 作れます 」  という FATMAN を 信じ


それなら 組む人は 楽になると  選んで 頼んだ 

FATMAN IFS は  結果、 手間 が 増えただけでして、、、、、


126565656565 (9)


結局、  宇田 さん は 現物 合わせで、  FATMAN の

MUSTANGⅡ KIT の パーツ を 使って


ナロード したり、  サブフレーム 製作した感じで セットアップ。。。。 


46566.jpg


MUSTANGⅡ KIT は、 メーカー が 強度 計算して

作った パーツ を、  説明書 に 記載 されてる 


指定された 位置に 取り付けていく 簡単な KIT でもありますが


fxhjfgxhjf (9)


マイナーカー や、  ナロード化、 大径 スラムド 仕様 など


イレギュラーな クルマ 作る 際には、  こういう 事態に 陥る 

可能性 が 極めて 高いので、 


hzdfgsdf (2)


そうなっても  サスペンション 構造 を きちんと 理解 してて


現物合わせで  適切 な 強度、 加工方法 で 作り直せる 

技術 を 持ってる人でないと 正しい 対処 が できないので  


fxhjfgxhjf (8)


宇田さんに 頼んでて 良かったです。。。。。。


パーツ メーカー の ミス で 作業 が 停滞 することもなく

LS3 エンジン の 位置決めへと、 作業 は 進んでいき


hzdfgsdf (1)


ミッション と フロア、 センター トンネル の クリアランス、


プーリー も 仮組み して、 プーリー や オイルパン と 

フレーム の クロス メンバー、  ギアボックス との 位置関係、


fxhjfgxhjf (3)


マフラー を 作る際 の とりまわす スペース や


エンジン に エンジン カバー を 付けた場合 の

ファイヤー ウォール との クリアランス に

 
fxhjfgxhjf (4)


ラジエーター を 脱着 できる スペース など 

あれこれ 一杯 考えないと いけない事 山盛りで


一番 いい エンジン&ミッション 位置 を 模索 していくと


fxhjfgxhjf (5)


ここだね! って うまく 収まることが できれば ラッキー、、、、、


でも 実際 は そんな 都合良く いく 訳もなく、 今回 は 

”  エキマニ と ファイヤー ウォール 当たりますの 刑 ” 


fxhjfgxhjf (7)


全部 うまく 収まらない 場合 は、  どこを 優先 して、  

どこを 犠牲 にするかの  せめぎあい になり、 


どの 作業が 楽か  大変かも ありますが


fxhjfgxhjf (6)


苦労 を 避けず、 ”  クルマ として  正しい 造り ”  

を 優先 して 作業 する 姿勢 と 技術 があるので


やっぱり 宇田さん に 頼んで 良かったです


VIVA !  KS BODY WORKS !!!!




[ 2019/02/06 22:03 ] 37 LINCOLN ZEPHYR SEDAN | トラックバック(-) | コメント(-)