ホーム > カテゴリー - 51 MERCURY * ART MORRISON *

1951 MERCURY



  M本 さん の   1951  モリソン  マーキュリー、

クラッチ が 滑った  ミッション の 載せ替え を 終え、  


GINNIE シフター も   カスタム して  取り付け しまして


scveafbsegv (13)


続いて、  ステアリング コラム の 交換 へ


ステアリング の 位置 が、  もう少し  手前 にあれば  

なお 乗り易いな  との ことでして


scveafbsegv (14)


現在 の  IDIDIT製 チルト コラム から


2 インチ 長い、  FLAMING RIVER製 の

ステアリング コラム を  用意 しまして


fghrghgb (8)


ダッシュ の  塗装 を  お願いした  Mり さん に


コラム、  急ぎで  塗ってほしいん ですけど と、  連絡 したら、  

「  今、  工場  ぱんぱん ですー 」   と


fghrghgb (9)


断りたい  オーラ 全開 に  発してまして、、、、、、


「  急がないので、  待ちます 」  と  

僕 も  引き下がらなかったら


fghrghgb (10)


「  いつまで に  終わらせれば いいの !? 」

と、  仕方なく  やる気 に なったようなので


「  日帰り で  お願いします 」   と、 送り届けまして


fghrghgb (12)


なんだ かんだ  言って、   早く 仕上げて くれて

どうも ありがとう ございました


今回 コラム は  クローム ではなく、  ダッシュ 同色。
 


fghrghgb (11)


綺麗 に 塗ってもらったので、  組み上げ が  楽しみです


マフラー の 音 も、  もう少し  静かだったら 

快適 なんだよな と  言われたので


IMwd2fG_0132 (1)


現在、  タコ足 タイプ の  ヘダース ですが

鋳物 の  エキマニ に  交換 することに


サンダーソン製 の  エキマニ を  用意 し


fghrghgb (13)


こちら は、  三協 ラジエーター さん に  頼んで 

チタン カラー に  セラミック コート して もらいまして


三協 さん も、   釣り と  おっパブ で  忙しいようで


fghrghgb (14)


最近 は、 セラコート や  パウダー コート でと  連絡 すると

露骨 に  嫌がりますし、   ブラスト 作業 も  


面倒 臭せーよ と、  もっぱら  外注 さん に 投げるので


 
tywrtherter.jpg


ブラスト マシン、  使わないなら  うちに くれ って  話 です


渋く  仕上がった  エキマニ も   組み付け されまして

次 は、 キャブジェクション の セットアップ に 進みます


VIVA !  S庭 道場 !    VIVA !  M本 さん !!!!!!





[ 2018/01/24 09:15 ] 51 MERCURY * ART MORRISON * | トラックバック(-) | コメント(-)

1951 MERCURY



  M本 さん の   1951  モリソン  マーキュリー、

クラッチ が 滑った  ミッション の 載せ替え を 終え、  


GINNIE シフター も   カスタム して  取り付け しまして


scveafbsegv (7)


ミッション の 上に  カバー が  付きますが


純正 の  3速 マニュアル は  ミッション 自体 が

サイズ が  小さいので、  カバー も 低いですが


4955_ (35)1


TH 700R4 に  載せ替える 際 に


低い カバー の ままだと  ミッション に

当たるので、  高く 作り直して あります

 

scveafbsegv (11)


チャネリング の 要領 で、  かさ上げ してあるので

角ばったまま、  高くなって いまして


アクセル ペダル と  カバー が 近いなってるので


scveafbsegv (5)


運転中 に  アクセル ペダル 周り の 

スペース が  狭くて、、、、、


足 を  斜めに 置いたり  しづらいので


scveafbsegv (8)


M本 さん からも、  もう少し  足首 を  自由 に

動かせる くらいもう少し  余裕 あればいいのに


と  長距離 を 運転 してみて  解ったと  言われましたので 


scveafbsegv (12)


ミッション の 載せ替え で  カバー を  外した ついでに

カバー を 加工 して、  スペース 造れないか、  検証。


側面 に  縦 に 鉄板 を 貼って、  かさ上げしてるので


4955_ (45)1


角ばった  部分 を、  斜め に  鈑金 すれば

スペース が  少し  作れそうだと


形状 と、  加工 方法 を  導き出したら


 
4955_ (47)1


4955_ (46)1


ダイナマット みたいな、  防振 断熱材 を  

加工 に  必要な  部分を   剥がして


スペース を 作りたい、 角ばった 部分 を  切り取り


4955_ (48)1


4955_ (49)1


開いた 穴 の 部分 の  型紙 を とりまして


2 ピース で  鉄板 を 切り出し、  

膨らみ 具合 が 合うよう、  鈑金。


4955_ (51)1


4955_ (50)1


3次元 の  3D 鈑金 なので、  型紙 の とり方、


各断面 が  ぴたり と 合う   付け合わせなど

難しい 技術 が  必要 とされる  鈑金 です


4955_ (52)1


仮溶接 で  鉄板 全体 を  取り付けて

貼り合わせ 部分 も  ぴたり と あったら


匂い や 水 が 入らないよう、  全周  しっかり 溶接。


 
4955_ (40)1


4955_ (41)1


反対側 の  助手席側 も  同様 に

縦 に 鉄板 を  貼って


チャネリング の  要領 で  かさ上げ してあるので


4955_ (42)1


縦方向 に こそ、  スペース を  拡張Y してありますが


横 方向 には  広がって いないので

TH 700R4 ミッション を  載せ替え する 際


4955_ (37)1


4955_ (36)1


手 も  工具 も 入らなくて  タイヘン だったので


今後、  メンテナンス する 際 などに

また  困らないよう、  スペース を 作って おきます


gjmfjkjk.jpg


こちら側 も  ダイナマット みたいな、  防振 断熱材 を  

加工 に  必要な  部分を   剥がして


スペース を 作りたい、 角ばった 部分 を  切り取り


4955_ (38)1


4955_ (43)1


開いた 穴 の 部分 の  型紙 を とりまして


右側 も  2 ピース で  鉄板 を 切り出し、  

膨らみ 具合 が 合うよう、  鈑金。


4955_ (44)1


仮溶接 で  鉄板 全体 を  取り付けて

貼り合わせ 部分 も   合わせたら


全周  しっかり 溶接 し、  側面 の  鈑金 が 完了。


4955_ (57)1


続いて、  シフター の  メンテナンス でも


バカでかい  ミッション カバー を   

外さないと いけないのは  タイヘン なので


4955_ (56)1


4955_ (55)1


シフター の  メンテナンス は、  ミッション カバー を 外さなくても


簡単 に アクセス できる、  サービス ホール も

作って おくことに  なりまして


4955_ (53)1


メンテナンス で  手 や 工具 が  入る スペース に

シフター 周辺 の  ミッション カバー を  切開 しまして


切開 した 部分 より、  ひとまわり 大きな  鉄板 を 切り出し


4955_ (54)1


ミッション カバー の  ラウンド 形状 に 合わせ 

鈑金 したら、  切り取った 部分 と  溶接 すると


サービス ホール を  ビス留め する  淵 に なりまして


4955_ (58)1


溶接 して  熱 が 入った 部分 には

錆止め の  塗装 を してから


断熱材、  内装 の 下地 の、 ウレタン を 貼って


4955_ (65)1


ミッション カバー の  鈑金、  加工 が  完了 です


アクセル ペダル 付近 に  スペース が 出来たので、

これで  俄然、  運転 し易く なりまして


4955_ (66)1


室内 からも、 下 からも、  メンテナンス性 が 各段 に 向上


やっつけ な  加工 を  しないで、  最初 から

こう 作っておいて くれれば  良かったのにねー、、、、、


VIVA !  S庭 道場 !    VIVA !  M本 さん !!!!!!



[ 2018/01/22 05:38 ] 51 MERCURY * ART MORRISON * | トラックバック(-) | コメント(-)

1951 MERCURY



  M本 さん の   1951  モリソン  マーキュリー、

クラッチ が 滑った  ミッション の 載せ替え を 終え、  


シフター を  組み戻して いきますが


scveafbsegv (9)


これまで  使っていた、  LOKAR 製 が


スワン ネック の  シフト ロッド が 長いので

高速 走行中 に  ブルブル  するのが  不快 で


4955_ (12)1


シフト ノブ も  変えて 楽しみたい とのことで、  


シフター を  LOKAR から   GENNIE に

交換 することと なりまして


4955_ (13)1


これまでの LOKAR製 に 合わせて、

カーペット に 穴 を 開けてあるので


GENNIE に 変えても  同じ 位置 に


scveafbsegv (10)


シフト ロッド が  出てくるように しないと

カーペット の 穴 位置 が  合わなく なります


GENNIE には、  フロント、 ミッド、 リア と


4955_ (14)1


取り付け 位置 が  3箇所 の  ラインナップ が ありまして

シフト ロッド の 付く 位置 が  変わります


LOKAR と 同じ、  リア マウント を  用意 してますが


4955_ (29)1


LOKAR と  GENNIE では、  メーカー が 違うので

ブラケット の 構造 が  異なり


同じ リア マウント でも、  位置 が  変わって しまうので


4955_ (27)1


4955_ (28)1


マウント ブラケット を  アレコレ  加工 して、  

同じ 位置 に なるよう、  取り付け しまして


GENNIE の  リア マウント は ブラケット の 構造上


4955_ (19)1


緩みやすくて、  乗ってるうちに  ブラケット が ずれて

ギア が 入らなく なることが あるので


対策 で、  補強 の ブラケット を 作って、 取り付けます


4955_ (15)1


メーカー の 設計 の  リア マウント ブラケット を

加工 して  位置 を  変えたので


そうなると、  シフト リンケージ や  アーム比 も


4955_ (16)1


GENNIE の 設計 と  変わってしまい、  


ギア シフト の 位置 が  合わなくなるので

現物 合わせ で  ロッド、 アーム も 加工 し


4955_ (21)1


シフト の  ガイド プレート の 溝 も


実際 の  ミッション の ギア 位置 と

ピタリ と  合わなく なるので、


4955_ (22)1


溝 に  溶接 で 肉 を 持ったり

溝 を  追加 したりして、  調整。


現物 合わせ で、  カチ カチッと 来るよう


4955_ (23)1


ロッド 先端 にも   溝 や  切り欠け を 作り

合わせて いきまして、  うーん  タイヘン。。。。。。


でも、  この 加工 を することで、  シフト を 入れたときの


  
4955_ (24)1


カッチリ感 は、  純正 GENNIE より  遥かに よくなり


K上 さん の  55 CHEVY  でも  同じように  

補強 と  プレート 加工 を して、  実証済。


4955_ (25)1


以前、  M本 さん が  遊びに 来たときに


K上 さん の  55 CHEVY が  作業中 だったので

加工 した  シフター の タッチ を  確認 してもらい


4955_ (26)1


「  この フィーリング は  気持ちいいっすね ! 」  と

既に  味わってもらってた ことも あって


あの 感じに なるように  組んどいて !  との オーダー。


4955_ (18)1


4955_ (20)1


今回 も  色々 な 加工 が  必要 でしたが

気持ちいい  作動、 感覚 で  組み上がり


シフト の 位置 が、  パーキング か  ニュートラル でないと 


4955_ (30)1


4955_ (31)1


スターター は  回らないように する 安全 装置 の


ニュートラル  セーフティー スイッチ も  きちんと  

作動 するよう  セットアップ したら


4955_ (33)1


ブラケット の 塗装 を して、  加工 が 完了。


ミッション に  組み付け されまして

次 は、  ミッション カバー の 加工 に 進みます


VIVA !  S庭 道場 !    VIVA !  M本 さん !!!!!!



[ 2018/01/20 07:35 ] 51 MERCURY * ART MORRISON * | トラックバック(-) | コメント(-)

1951 MERCURY



  M本 さん の   1951  モリソン  マーキュリー、

作業 を 終え、  12月 に  納車 と なりまして


FIT から  岡山県 へ  調子よく  走行中 に

東名 高速上 で  トラブル 発生 しまして、、、、、


20171216_120144.jpg


もうすぐ  名古屋 と いう 辺り で、  オートマ が

3速 から  4速 に  入りません の 刑。。。。。


4速 に 入らないので、  トップ スピード が 伸びず

高速 道路 で  スピード が 乗らず


scveafbsegv (1)


路肩 を  徐行 運転 を  余儀なく されまして


幸い、  症状 が 出た  数キロ 先 に

パーキング エリア が あったので


そこで  TV ケーブル や、  オートマ を 見てもらい


4955_ (1)1


うーん、  どうやら  オートマ の クラッチ が 滑ってます、、、、、


これまで  滑り の 兆候 は 見受けられませんでしたが、  

2200 ストール の  トルコン が 入ってることも あり、


余計 に  発覚 しづらかったのかも  しれまめん


4955_ (2)1


とにも かくにも、  そのまま  走るわけにも いきませんし

解消 するには  要 クラッチ オーバー ホール なので


パーキング エリア に  急いで  レッカー を 手配 しまして


scveafbsegv (2)


レッカー屋さん に  M本 さん を 駅 まで  送ってもらい、  

やむなく  新幹線 で  帰って 頂きまして、、、、、、


モリソン は  FIT まで  運んでもらい、 修理 することに


4955_ (5)1


納車 の 帰り道 に 壊れる、、、、、、  という、  最低 最悪 の 事態 で

M本 さん には  タイヘン  嫌な 思いを させて しまったので


急いで  リビルト & 強化済 の  TH 700R4 を 取り寄せまして

全速 前進 で  修理 していきたいと 思います


 
scveafbsegv (4)


M本 さん から  名古屋 近くまで  走ってみて、  

180 キロ まで  出して  高速 クルーズ したそうで


エンジン や  シャシー は、  とても 乗り易く、 快調 とのことで


4955_ (4)1


その分、  マフラー の 音 が、  もう少し  静かだったら 快適 で


ステアリング の 位置 が、  もう少し  手前 にあれば  

なお 乗り易いな  との ことでして


4955_ (8)1


おまけに  430 馬力 の  マッスル エンジン なので

もっと  トルク感 を  楽しめたら と


キャブ も  750 CFM の  ダブル ポンパー に 変更 と 


4955_ (3)1


修理 で 戻った ついでに、  それらも 進める ことに なりまして


到着 した  オートマ に  載せ替える 際 に、 邪魔 になる

マフラー を 外したいのですが、  ヘダース に 溶接 されてまして。。。。 


scveafbsegv (3)


排気音 を 下げるため、  タコ足 タイプ の  ヘダース は 使うのは やめて、  

鋳物 タイプ の  エキマニ に  変更 するので


途中 で  パイプ を 切って、  摘出 と なりまして


4955_ (6)1


スターター や  TV ケーブル、  ダコタ ゲージ の

センサー や   シフター を  外したら


クラッチ が  滑った  ミッション を  降ろして、  


scveafbsegv (6)


新しい  ミッション を  搭載 しまして、  


ATF が 漏れないように、  TV ケーブル、  センサー、  

ディップ スティック は  追加 シール を  施して  組込み。


scveafbsegv (7)


手元 で ロック アップ の  調整 が 出来る 

コントローラー も 組込みまして


次 は、  シフター の 取り付け に 進みます


VIVA !  S庭 道場、  
              VIVA !  M本 さん !!!!!!








 
[ 2018/01/16 05:20 ] 51 MERCURY * ART MORRISON * | トラックバック(-) | コメント(-)

1951 MERCURY



  M本 さん の   1951  モリソン  マーキュリー、


ソンブレロ ハブ キャップ の 加工 が 終わり

ブレーキ の  マスター シリンダー を 


20171010_005033.jpg


CPP 製 から、  WIL WOOD製 に  変更 して


プロポーション バルブ は、  現在 付いている

WILWOOD製 を   再利用 していきます


20171010_005042.jpg


FIT では  よく 使う、 WILWOOD の

ビレット  マスター シリンダー ですが


内部 の  ボア径 が  4種類 存在 しまして、


20171010_011106.jpg


7/8、  15/16、  1、  1ー1/8  が あるので

自分 の 車 の  仕様 に 合わせて  選びますが


7/8 が  昨年、  内部 で オイル が  リーク すると

  

20171010_011246.jpg


WIL WOOD が  リコール を  発表 して  回収  してるので

7/8  を  使用中 の 方は  気を付けて。。。。。


これまで  FIT では、  7/8 を  使ったことは なく


20171010_015946.jpg


1 か、  1-1/8 を  使ってまして


今回 も、  1-1/8 を  用意 しているので、  

リコール 対象 でなくて、 ひと 安心、、、、、


20171011_033746_LLS.jpg


マスター シリンダー は、  取り付ける 前に

よく  エア抜き を 行って


以前 は  ファイヤー ウォール に 付いていた


 
20171011_033826.jpg


プロポーション バルブ は、  マスター シリンダー と

パワー ブースター に  共締め できる  


専用 ブラケット を 用意 して、  移設 しまして


465656565656 (26)


位置 が  変わったので、  ブレーキ パイプ も  引き直して、 

マスター シリンダー 交換 が  完了


よく 効く、  WILWOOD の  ブレーキ パッド に  交換 したら


465656565656 (27)


ACCU AIR の  取り付け に 伴って、


ライド ハイト 位置 が  少し  変わったので

アライメント 調整 も  やり直し に なりまして


weldin-1x852.jpg


モリソン マーキュリー の  アライメント 調整 は


アッパー アーム と  フレーム の 間 に シム を 入れたり

アッパー アーム の 取り付け 位置 で 調整 するのではなく


465656565656 (28)


465656565656 (29)


アッパー アーム の  取り付け 部分 自体 が

調整式 に  なっているので


ターンテーブル に 載ってる  状態 で


465656565656 (30)


車重 で  負荷 が  掛かっていると、  

人 の 力 では  調整 出来ないので


ターン バックル 構造 で  可動 する


465656565656 (31)


465656565656 (1)


アジャスト 専用 の  工具 を  作りまして


フレーム の  アッパー ブラケット と

スピンドル に  セット して  調整 しまして


465656565656 (2)


誤差 0.5 mm 以内 で   キャンバー、  キャスター、

トーイン を  調整 し。  アライメント 調整 が  完了。


エンジン 調整 を  以前 は  430 馬力 を  生かして   


465656565656 (3)


バーンナウト しまくり の、  ガソリン ドカ喰い 仕様 でしたが


燃費 重視 の  セッテイング に して  乗っていましたが

M本 さん から、  ハイパワー エンジン を  楽しみたいので


gfbgbsrgb (4)


ドカ喰い 仕様 に  戻してほしい との ことでしたので


  
ESE の  K木 師範 に  調整 に 来てもらい

キャブ と  点火 タイミング を  調整 しまして


gfbgbsrgb (5)


全ての 作業 を  終えて、  いよいよ モリソン マーク、

M本 さん に  納車 と なりまして


楽しかったなぁ、  モリソン マーク 作業。。。。。。。  


20171216_120144.jpg


岡山 まで  自走 で 楽しみながら  帰るよ と、

M本 さん が  新幹線 で  来てくれまして


これからも  M本さん らしく 進化 していくのが 楽しみです  


VIVA !  S庭 道場、  
              VIVA !  M本 さん !!!!!!



[ 2018/01/13 03:47 ] 51 MERCURY * ART MORRISON * | トラックバック(-) | コメント(-)