ホーム > カテゴリー - 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 *

1940 ZEPHYR



 K藤 さん の   1940  LINCOLN   ”  ZEPHYR ”


外した  ボディ パネル と、  ボディ 表側 の  

剥離 作業 が  終わりまして


4pol (42)


塗装 も  パテ も、  全部 そぎ落としたので


ボディ の  腐り や、  過去 の 修理跡、

CHOP TOP の 際 には


4pol (53)


どこで  切って、  つなぎ合わせたのか

丸見え に  なりました


「  ボディ を  きちん と  作り直す 」 


4pol (45)


という、  K藤 さん の  要望 に  合わせて


塗装 されている ままだと  解らない、

本当 の  コンディション の  見極め と


4pol (47)


どこを  どう  直さないと、   良い ボディ に

ならないのか を   確認 するためにも


剥離 作業 は   避けられない  作業 です


4pol (50)


ボディ は、  外せる ものは  全部 外して

外側 を  全て  剥いて みましたら


腐って  穴 が  開いているような  ところも なく


4pol (52)
 


コンディション は   上々 と  思いますが


CHOP TOP や、  過去 の  修復跡 は

雑 な  仕上げ が  目立ちます。。。。。


4pol (37)


表側 の  剥離 作業 が  終わったら

続いて、 内側 の  剥離 作業 に  進みまして


ボディ は   袋状 の  構造 に  なっているので  


4pol (38)


外側 が  元気 でも、  内側 が  腐っていたら

袋状 の 構造 では なくなって、  


本来 の  ボディ 剛性 は  なくなりますので


4pol (39)


表側 だけではなく、  内側 の  隅まで  剥いて


どのような  コンディション に  なっているのか

正確 に  把握 しないと  いけません


4pol (3)


内側  というと、  室内 や  フロア だけでなく


それ以外 にも、  コア サポート や

インナー フェンダー の  裏側 も  ありまして


   
4pol (5)


インナー フェンダー の  裏側 など

水 に さらされる 部分 は   


錆びないように   アンダー コート が  塗られてまして


4pol (6)


フロア や、  タイヤ ハウス には  

防振性 や  断熱用 の ため


やはり、  アンダー コート が  塗られてまして


4pol (22)


4pol (24)


その 剥離 作業 が  とても  厄介 です


アンダー コート は  完全 に  硬化 せず

いつまでも  半練り状 で   固まらないので


4pol (23)


4pol (26)


柔らかいので、  ペーパー では  削れませんし


  
スクレーパー で  そごうと しても、   

カップ ブラシ で   けずろうと しても


4pol (27)


4pol (32)


ブニョー っと、  伸びるだけで、  剥がれて くれません。。。。。


そこで、  ガス バーナー を  使い、 軽く

炙って  熱 で  柔らかく なった ところを


4pol (28)


4pol (29)


スクレーパー を  使って、  削ぎ落として いきます


フロア も、  凹凸 が あって  複雑 な

形 を  してるので  作業 しづらいですが、、、、、


4pol (12)


地道 に  削ぎ落として いきまして


削いだ あとに、   表面 に  薄く残った  アンダー コート は

シンナー を  塗って、  柔らかく  溶かしてから
 


4pol (14)


最後 は   ウエス で  拭きとっていく、、、、、、

という  手間 の 掛かる  作業 なので


ボディ の  表側 の  剥離 は  数人掛かり で  


4pol (15)


4、  5日 で  終わりましたが


内側 や  裏側 の  剥離 作業 には   

表側 の  倍以上 の  時間 を  要します


4pol (16)


そうして   完全 に  剥離 作業 を  終えると


より  鮮明 に   腐食 や  修理跡、

カスタム の 際 の  加工跡 が  確認 できまして


4pol (7)


腐り が  無いと  思ってた  部分 も

キレイ に  仕上げてある と  思った 部分 も


全部   丸見え なので、  よく  確認 できます


4pol (30)


こうして、  ボディ は  表側 だけでなく

内側、  裏側 まで  全部 剥離 し


完全 な  ベアメタル 状態 に  しまして


4pol (19)


手直し や、   作り直し が  必要 な  部分 を

細かく  洗い出し、  リスト アップ しまして


オーナー の  K藤 さん に   ボディ を  見てもらいながら


4pol (10)


状況 の  説明 と、   処置 や  手直し を


メタル ワーク で、  どの レベル まで   

直して いくのか、  相談 に  来てもらいまして


4pol (8)


現状、  溶接跡 が  汚かったり、  溶け込み が 

悪い 部分 は   沢山 ありますが


溶接 が  ちゃんと  付いて いなかったり


4pol (9)


割れたり してて、  問題 に なるところ は  ありませんでした


CHOP した ところ は、  鉄板 どうし を  

突合せ ではなく、  重ねて 溶接 してるので  


4pol (17)


強度 の  低下 と、  面 が  出てないので

大量 の  パテ が   入って いました


それら を  メタル ワーク で  キレイ に  やり直すと


4pol (11)


ボディ の  切った 貼った と、  CHOP TOP の

やり直し などに なり、  膨大 な  時間 が  掛かり


それに  準じて、  費用 も  かさんで きます。。。。。


4pol (34)


剛性 や、  腐食 している  ところ  以外 は


無理 に  直さず、  パテ を  盛って、 

塗装 して しまえば   見えなく なってしまうので


4pol (33)


その分、   費用 も  安く  済みます  


どこまでの  レベル で  手直し するかは   

K藤 さん の  要望 次第 に  なるので


4pol (13)


どう しましょう と  相談 しようと  思ったら


「  ZEPHYR  という  クルマ を  作る 以上、

   妥協 したり、  手を 抜く  ツモリ は  ない 」


4pol (18)


と、  本気 で  作り込んで いくとの ことなので


S庭 道場 が  もっとも  得意 と する

メタル ワーク の 技術 を  発揮 できますし、  


4pol (20)


作業 の 様子 も、  見応え の ある モノ に  なりそうです


ベア メタル の 状態 でも、  カーショー に  出して  

自慢 できる  レベル に  仕上げて いくようですし


4pol (21)


GNRS への   出展 を  見据えて、   

ワールド クラス の  クルマ に  なるよう


作り込んで いきたいと  思います


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2016/06/24 05:45 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1940  リンカーン ゼファー



 K藤 さん の   1940  LINCOLN   ”  ZEPHYR ”


プロジェクト  進めてまして、  外した  ボディ パネル の

剥離 作業 も   あらかた  終わり


IMG_0poui265 (4)


いよいよ、  ボディ 本体 の  剥離 作業 に  着手 しまして


塗装 や  パテ を  剥がすと   粉塵 が 舞うので

ガレージ内  が  粉まみれ に  ならないように、、、、、


IMG_0poui265 (5)


剥離作業 は  ガレージ の  外 で 行い、 


シャッター を  閉めて、  粉塵 は  反対 方向 に

飛んでいくよう、  大きな  扇風機 を  2機  回して
  


IMG_0poui265 (7)


エアー ツール の、  シングル アクション サンダー で  

ガン ガン  剥離 していきます


ボディ を  剥離 している  MASATO の  横 では、


IMG_0poui265 (6)


カウパー氏 が、   ボンネット の  裏側 の   工具 が  入らない  

隅 の 部分 を  スクレーパー で  削り落して まして
  


細かい 部分 まで、  全部  剥離 するのは

膨大 な  手間 と、   根気 が  必要 です。。。。


IMG_0poui265 (10)


そこに  別 の 作業 を  終えた、  RYU くん と

A田 くん  も   合流 し、  4人 掛かり に  なりまして


ボンネット 裏 の  剥離 を  終えた  カウパー氏 は

  

IMG_0poui265 (8)


インナー フェンダー の  腐り を   確認 するため

アンダー コート の  剥離 作業 を  進めてまして


アンダー コート は、  サンダー や  カップブラシ では 


IMG_0poui265 (9)


伸びる いっぽう で   剥がれないので、、、、、、、  


シンナー を  塗って  柔らかくなった ところを   

スクレーパー で  地道 に  そぎ落として いきまして、、、、


IMG_0poui265 (12)


IMG_0poui265 (14)


MASATO、  RYU くん、  A田 くん の  3人 も  

シングル アクション や、  サンダー で  剥離 してる とこに


河川敷 くん も  参戦 し、  ついに  5人 掛かり に。。。。。。


IMG_0poui265 (3)


5人 掛かり で   剥離 してると  

流石 に  作業 ペース も  早いですが


辺り は  粉塵 で  真っ白 に  なりまして、、、、、、


IMG_0poui265 (15)


ご近所 の 皆さま、    どうも  すみません。。。。。


その後 も   夜 まで  剥離 作業 は  続き

ボディ 本体 も  あらかた  ベア メタル に  なり


IMG_0poui265 (11)


さすが、  5人 掛かり で    進めた 甲斐 あって

たった 1日 で、  ここまで   剥離 作業 が  進みまして


明日 は、  残った  細かい 部分 の  剥離 と


IMG_0poui265 (1)


ボディ の  内側 や、  裏側 の  剥離 に  進みます


ゼファー や、  ガレージ の  外 を  よく 掃除 したら

クルマ を  ガレージ 内 に   戻しまして


IMG_0poui265 (2)


S田 くん の  40 CADI と   ベア メタル の  クルマ が

2台 も  並んでると、   ナンだか   


アメリカ の  ショップ みたいな  風景 で  テンション が  上がります。


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2016/06/04 23:55 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1940  LINCOLN  ZEPHYR



 K藤 さん の   1940  LINCOLN   ”  ZEPHYR ”


プロジェクト が  始動 しまして、  K藤 さん 本人 は  

今頃、  SANTA  MARIA でしょうか


IpMG_0012 (21)


アメリカ、  カリフォルニア州 の  SANTA MARIA  という 街 で

毎年  5月 最終週 の  金 ~ 日曜日 に  開催 される


CRUISIN NATIONALS という、  イベント が  ありまして 


wck_2016_front.jpg


通称、  サンタマリア。    K ー KUSTOM の  クルマ が   

1000台 とか  2000 台 とか   集まって、  


3日間  開催 される、  大きな  イベント なので


 
11295741_10152853790736850_6926362910447530545_n.jpg


日本 から   見に 行く人 も  多いですね


昔 は  カリフォルニア州 の  PASO ROBLES 

という  場所 で  開催 していたので、  


11391554_10152852484001850_4520429979012496051_n.jpg


通称  ”  パソ ”  と 呼ばれてまして

数年前 から   SANTA MARIA に  移った  イベント で


集まる  台数 も  すごいですし、  ライブ あり


11392783_10152865624536850_5492598399073979883_n.jpg


クルージング あり、  スワップ ミート あり で、

まさに  KUSTOM CAR の  祭典 なので


KUSTOM CAR 好き には   一番  楽しい イベント ですね 


10481940_10152865084546850_3953730778581112399_n.jpg


以前 に、  僕ら が   CRUSIN NATIONALS に  行った 際 の  様子 は、  


カリフォルニア トリップ  の  カテゴリ で   BLOG 書いてますので、  

興味 ある方 は  ご覧 に  なってみて ください


11026096_10152829167341850_1911686703341281192_n.jpg


艶消し ブラック の  KUSTOM CAR が  好きな  K藤 さん は、  


CRUISIN NATIONALS を 見に、  毎年  渡米 してる、  

筋金入り の  KUSTOM CAR GUY ですね


 
10731094_10152843232771850_8412222595576435673_n.jpg


そんな  K藤 さん の   1940 ZEPHYR プロジェクト は

ボディ の  総剥離 から  始まるので


外装 から   分解 作業 を  進めて いまして


IpMG_0012 (15)


ボンネット、  トランク、  ドア が  外され

次 は  ヘッド ライト や  グリル に  進み


モール や  エンブレム など、  どれが  どこに


IpMG_0012 (25)


どの  ボルト や、  クリップ で  付いていたのか

細かく  記録 しながら   分解 を  進めて いきまして


内装 も   シート、  カーペット  が  外して


IpMG_0012 (23)


IpMG_0012 (40)


剥離 作業 の  準備 を   進めまして


分解 した  パーツ や、  取り付け の

ボルト、  クリップ類 は   色々な 作業 を して


IpMG_0012 (9)


組み立てする 頃には、  どの パーツ が  

どこに 付いていたのか、、、、


どれで  どう 固定 してあったのか  


IpMG_0012 (8)


解らなくなって、  解明 する  時間 が  無駄 なので


説明 と  保管 を  兼ねた、  しっかり 記録 した  

テンプレート を  作り、  セクションごと に  保管して おきまして 


IpMG_0012 (14)


モール や  トリム も、  どれが どこのか

やはり  テンプレート を  作り、  記録 しまして


曲げたり、 傷 を  付けないよう  保管 します


IpMG_0012 (4)


作業前 に  車 を ばらす 際、  いっきに  ばらして

ネジ や  クリップ を  ひとまとめ に すれば


分解 作業 こそ  早く 終わり、  楽ちん なんですが


IpMG_0012 (32)


組み立て 作業 を  別の 人が 担当 したり

時間 が 経って  仕組み を  忘れると


解明 する  時間 が  掛かる、、、、


IpMG_0012 (1)


最適 な  ネジ や  クリップ が  どれかと

探す 時間 が  掛かる、、、、、、


がさつ に  パーツ を   保管 すると  傷 が つく、、、、、


IpMG_0012 (29)


などで、  余計 な  仕事 が  増えるので


そこは  急がば 回れ で、   仕事 は  綺麗 に  進め

安全 な 場所 に、   キレイ に  保管 しましょう


IpMG_0012 (31)


というのが   S庭 師範 の  スタイル でして


きちんと  計算 して、  計画的 に  事を  進める という

”  きれいな 仕事 ”  は、  よい  手本 です  


IpMG_0012 (33)


キレイ な  環境 で、  キレイ な  仕事 を する。。。。。。


うーん、  これに  綺麗 な 女の人 が  いる。。。。。 

が、  加われば  完璧 ですね。


IpMG_0012 (26)


全剥離 の ため、  外装 が  分解 が  進んできた

1940  LICOLN ZEPHYR は


なんだか、  HOT ROD みたいな  風貌 に  なりまして


IpMG_0012 (27)


外装 を  全部  つなげて、  モールド した

宇宙船  NOZ-40 とは   対極 です。。。。。


K藤 さん の   ZEPHYR は  エンジン は  オリジナル、


IpMG_0012 (19)


フロント フレーム は、  MUSTANG Ⅱ  クリップ に

エアサス を  組んでありまして


エアサス の  マネジメント も  ACCU AIR と

しっかり  走れる  構造 ですね


IpMG_0012 (22)


IpMG_0012 (38)


ACCU AIR の  ユニット も、  リメイク 作業 の ため

一旦  クルマ から  取り外されまして


リメイク後 に  最適 な 場所 に  取り付け直し するようです


IpMG_0012 (41)


IpMG_0012 (42)


外された  外装 は、  さっそく  塗装 を

剥離 する  作業 が  始まりまして


ディスク サンダー に  ワイヤー ブラシ を  付けて


  
IMG_009lei1 (2)


剥離 作業 を  していた  カウパー氏 は   


「  おぉっ、  手が 痺れて  ぷるぷる が  止まらねぇ 」  

「  ちょっと  トイレ 行ってくる。。。。。 」  


IMG_009lei1 (10)


と、  また  勤務中 に  オナニー ですね。。。。。


「  駄目 ですよ。  家 に 帰ってからに してください 」

と、  S庭 師範 に  怒られた  カウパー氏 は


  
IMG_009lei1 (6)


「  駄目だ、、、、、  ちんこ が  つかえて  全然  削れねぇ。。。。 」

と、  その後 も  ナンとか  トイレ に 行こうと してましたが


「  あっ !?  勤務 時間中 に  オナニー ですね ! 」   と、  


IMG_009lei1 (5)


遊びに きた、  バブリー K子 くん に   ブロック されてまして、、、、、


「  ちんこ  勃ってるから、  そんなに  へっぴり腰 で

   全然  剥れないんですよ。  これ見て  沈めてください 」

  

IMG_005691 (1)


と、  猫 と  デブ が   大好きな


1940 CADI の  S田 くん が   送ってくれた

理想 の 女性 写真 を   カウパー氏 に  見せたら  


1139491_1200.jpg
  


「  あいつ、  よく  こんなので   イケるな、、、、、 」   

と、  尊敬 の 念 を   抱いてまして


S田君 は、  1940 CADI 同様、  ハート も  

ビック ブロック で   ナニより です。。。。。


    
IMG_005691 (3)


IMG_005691 (2)


その後、  バブリー K子 くん に   いい 女 の  

口説き方 と、  スムーズ な  ベッドイン の  


指南 を  受けた   カウパー氏 は、


IMG_009lei1 (7)


IMG_009lei1 (8)


御礼 に、   精子 を  掛けちゃって、  

ガビ ガビ に  くっついた  エロ本 を  


きれいに  剥がす  方法  と


IMG_009lei1 (1)


IMG_009lei1 (11)


オナニー してる ところ を   嫁 に  見られて、、、、、

修羅場 に  なった 時 の  言い訳 の  仕方 を  


バブリー K子 くん に  教えて あげまして、、、、、、


IMG_009lei1 (14)


20160526_032638.jpg


「  あっ、  僕 は  大丈夫 です。  そういうの 必要 ないんで 」


と、  育ち も   世界 も  違う  K子 くん に

軽く  あしらわれてまして、  ナニより です


IMG_009lei1 (16)


K藤 さん の  1940  ZEPHYR、  急ピッチ で   

分解、  剥離 作業 を  進めてまして


あとは  ドア と、  ボディ の  剥離 ですね


20160526_032622.jpg


こっそり  直美 の 画像 を  保存 していた  カウパー氏 は 

「  手が 痺れてる うちに 」   と  急いで  帰っていきまして


S田 くん に  ありがとう という 日 も  近そうです


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2016/05/29 23:55 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 ZEPHYR



 K藤 さん の   1940  LINCOLN   ”  ZEPHYR ”


日本 に  持ってきてから、   しばらく  寝かせて いましたが

遂 に  プロジェクト が   始動 すること  と  なりまして


GAK_50937.jpg


生産 台数 が   僅か  1256 台 という、  

超 希少車 な   3 ウインドゥ クーペ  で


1936 ~ 1941 年 の  ZEPHYR は  


!cid_ii_i0sgx1ca3_148d23bfa91cb34567.jpg


生産 台数 が  少ないうえ に、  アメリカ でも  超 人気 な   

車種 なので、  みんな  血眼 で  探してまして


お陰 で、  ここ 5年くらい で  相場 が  倍 以上 に

跳ね上がってきて おります。。。。。。


!cid_ii_i0sh1tt71_148d23f64a486dbd7.jpg


リンカーン ブランド なので、  大衆車 の  フォード よりも  

車格 が  大きく、  作りも  重厚 でして


高級車 らしい  凝った  作りが  最高 です


!cid_ii_i0sh4fr94_148d24141a4f3a8589.jpg
 


エンジン も、  フォード が  フラット ヘッド V8 ですが、

リンカーン は  同じ  フラット ヘッド でも、   V 12 でして


その  エンジン サイズ を  収める ための   ロング ノーズ と

 

IMG_19654.jpg


3 ウインドゥ クーペ という、  キャビン が  小さくて

ノーズ と、  リア ガラス から  後ろ が  長い という


他 に  類 を  見ない  ボディ 形状 を  してまして、、、、

僕 は  1937 ~ 41 年 の  ZEPHYR  COUPE は


IMG_19667.jpg


世界 で  一番 美しい  ボディ フォルム ではないかと   思います。。。。


写真 は  アメリカ の、  前 オーナー の  所 に あった  時の 

物 ですが、  後ろ に 写ってる  クルマ達 が  


スーパー カー ばかり で、  スゴイ ですね。。。。


201605a20_030020 (6)


そんな  K藤 さん の   1940  ZEPHYR クーペ、


ずっと  FIT ガレージ で  保管 して いましたが

K藤 さん の  カスタム の  構想 も  固まってきて


201605a20_030020 (7)


いよいよ  プロジェクト が   スタート する こと と  なりました。


すで に  アメリカ で   ボディ は   CHOP TOP、  

シャシー は  MUSTANG Ⅱ クリップ  と


 
201605a20_030020 (8)


C ノッチ &  リンク 化、   エアサス も   

ACCU AIR を   SET UP  して ありまして


エンジン も   フル オーバー ホール 済み。


201605a20_030020 (9)


すぐにでも  乗れる  コンディション に  ありますが


K藤 さん は、  アメリカ で  行った  CHOP TOP の

作り が  イマイチ なのと、  サイド ガラス が  無いので


IMG_00k08 (2)



CHOP TOP の  作り が  悪い ところ の  修正 と

CHOP TOP に  合わせて、 サイド ガラス の  製作、


ボディ の  コンディション が  悪い ところ が  あれば


IMG_00k08 (3)



修理 して、  ボディ を  綺麗 に  仕上げたら  

インテリア も  綺麗 に  仕上げる との 事 なので


S庭 道場 の  一番 の  得意 分野、  メタル ワーク と


 
201605a20_030020 (4)


今年  大量 に  導入 した、  メタル ワーク 用 の

設備 が  フル に  生きて きますので


世界 レベル を  目指して、  BIG プロジェクト  始動 です


201605a20_030020 (3)


そんな  K藤 さん の  1940 ZEPHYR  プロジェクト は


ボディ の  総剥離 から  始めるので

R2 D TSU- と、  カウパー氏 が  


201605a20_030020 (2)


ドア、  ボンネット、  トランク などを   取り外しまして

剥離 の  準備 を   進めて おります


外された  部品 は、  先月 に  リニューアル して  作った

スペース で   保管 していますが、  


201605a20_030020 (1)


うーん、  ナンか  ボンネット の  形 と いい、  艶消し 黒 といい、 

カブトムシ を  解剖 した みたい に  なってますね、、、、、、、


楽しみです !   40 ZEPHYR  プロジェクト !!!


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2016/05/21 09:45 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

40 ZEPHYR



 昨年末 に   アメリカ から   到着 した

1940  LINCOLN   ” ZEPHYR ”  


現在、  オーナー  募集中 です
 

20141128_232755.jpg


スーパー レア な、   3 WINDOW  COUPE  で


既 に、  ボディ の  レストア レーション と

CHOP TOP を  加工 を  終えてまして


IMG_1964.jpg


IMG_1965.jpg


現在、  サイド ガラス は   無いままなので

これから   S庭 道場 で、  精巧 に  製作 していきます


モール や、  トリム は  外してある 部分 も  ありますが


!cid_ii_i0sh1tt71_148d23f64a486dbd.jpg


!cid_ii_i0sgx1ca3_148d23bfa91cb345.jpg


欠品 も  なく、  全て  揃っていまして

こちらも、   これから  S庭 道場 で


本 鏡面 仕上げ に、  仕上げて いきます


IMG_1966.jpg


オリジナル フレーム は、  フロント フレーム を

MUSTANG Ⅱ  クリップ に  加工 し


遊び ゼロ の、  ラック & ピ二オン ギアボックス に   


GAK_5207.jpg


パワー ステアリング、  パワー ブレーキ と、  

ディスク ブレーキ 化 し、   チューブラー アーム です。  


リア フレーム も、  C ノッチ & リンク 化 も  終了 し


IMG_1958.jpg


エアサス を   ACCU AIR で  セットアップ し、  グランド スラム です


ダッシュ ボード は、   ウッド グレイン 塗装 で  仕上げ

ゲージ や、 スイッチ を   NOS に  交換 しまして 


!cid_ii_i0sh4fs78_148d24141a4f3a85.jpg


シート だけ  張り替え済 ですが、   この後、  インテリア も  全て  

新規 に  製作 して、   仕上げて いきます


拘り の、  オリジナル   V12  フラット ヘッド  エンジン と


!cid_ii_i0sh4fr94_148d24141a4f3a85.jpg


3 SPEED  トランスミッション は、  日本 に  持ってくる 前に  


アメリカ の  スペシャル ショップ で、  $ 20000  以上 かけて  

フル オーバーホール  して もらいまして、   絶好調。





すでに  ここまで  仕上がっているので、  

すぐ 乗れる  状況 に  ありますが


細かい 部分 を  仕上げて いったり


!cid_ii_i0sgxmhr6_148d23c67d7719a0.jpg


S庭 道場 での  厳しい  チェック と、  

手直し を  進めて いきまして


CHOP の  ライン も、  少し  変えるか   悩んで いたり、  


GAK_5093.jpg


どんな  ペイント や、  どんな  インテリア で  

仕上げるかも   検討中 です。。。。。。


ZEPHYR  ビック プロジェクト  計画中  でして
 

GAK_5104.jpg


御興味 ある方、  御要望 に  合わせて   製作 できますので


是非 一緒 に  プランニング から

参加、  宜しく お願いします


FUNK  STA  4  LIFE  !!!!!


THANK YOU SOLD !





[ 2014/12/08 00:00 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)