FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 54 CHEVY TIN WOODIE WAGON

54 SURF WAGON



 M橋 さん の、  54 WAGON


エアコン の  取り付け を  進めてまして

コンプレッサー を  取り付け  したら  


DSC_0222 - コピー


スムージング  してある、  ファイヤーウォール の

景観 を  損なわないよう


配管 を  通す 穴 を  開けまして


DSC_0214 - コピー


コンデンサー が  よく  冷えるように


追加 で  電動 ファン を 

取り付け していきます


20150204_180031.jpg


これまで、  汎用 の   SPAL 製

薄型 電動 ファン が   1個


エンジン 側 に   貼り付けて ありましたが


20150204_180036.jpg


それだけ では、  真夏 などには

効き が  悪いはず  なので


ツイン ファン に  変更 します


DSC_0231 - コピー


53 CHEVY の、  K下 号 の  ように

ラジエーター の  前後 に


電動 ファン を  付けるのも   ありですが


DSC_0232 - コピー


今回 は  性能 の よい、  ツイン ファン を

エンジン 側 に   設置 するようで


”  性能  よい、  電動 ファン ”   と  いうと


DSC_0233 - コピー


”  FLEX A LITE ”  や、   ” BE  COOL ”

など の、  社外品 を  


思い浮かべる かも しれませんが


DSC_0234 - コピー


風量 の 多い   モーター を  使っている 分

消費 電力 も  半端 ないので、、、、、


充電 が  追いつかなく なったり。。。。。。


DSC_0235 - コピー


作動時 の 風切音 が   とても  うるさいのと

やたら  高額 なので、、、、、、 
 

FIT では、  あまり  使ってませんで、、、、


DSC_0236 - コピー


これまで、  色々 検証 した 結果、

コルベット の  純正 電動 ファン が 


風量 が 多く、   性能 が  高い ワリ に


DSC_0237 - コピー


消費 電力 も  低く、  音 も  静か  と

実証 されて、 


ヤフオク などで、  中古 で  安く  買えるのと


DSC_0238 - コピー


純正品 なので、   壊れても  モーター だけ 

交換 部品 で   新品 を  買えるので


FIT では  よく  使われ ています


DSC_0239 - コピー


今回、  54 WAGON にも  使いたい と、  なりまして


シェビー バン に  組もうと、  DAICHI が  持っていた

コルベット ファン を  奪い取り、  組み付け が  始まりまして


DSC_0241 - コピー


これまでの   SPAL 薄型 電動 ファン  よりも

シュラウド まで  付いた   コルベット ファン は


厚み が  全然、 あるので

 
DSC_0242 - コピー


ラジエーター の  エンジン 側 に  

電動 ファン を   組める  スペース 分


前側 に  ずらす  加工 を  施します


DSC_0244 - コピー


これは  S田 くん の、  ”  55 HANDY MAN ”  

でも、  やった  加工 ですが、  


まずは  コア サポート の  側面、  断面 を  補強 し、


DSC_0245 - コピー


フレーム の  コア サポート マウント の

上 に 乗っかっている  構造 を


バンパー ブラケット の  ように


DSC_0246 - コピー


フレーム の  側面 に  固定 するよう

ブラケット を   製作 し、


コア サポート の  取り付け 方法 を  

変更 しまして


DSC_0269 - コピー


ラジエーター 部分 の  エリア を  

Z -ING の  様 に、   コア サポート の  


前側 に   オフセット  させまして


DSC_0270 - コピー


ラジエーター が   前 に   ずれてくると

グリル 下 の  パン 部分 にも


ラジエーター が  食い込んで くるので


DSC_0271 - コピー


パン も  切開 して、  逃げ 加工 しまして


コルベット ファン に   合わせて

コア サポート の   ブレス 兼、


DSC_0272 - コピー

  
電動 ファン  マウント を   製作。


ラジエーター ホース の   接続 部分 に

重なる  部分 は、  干渉 しないよう


DSC_0273 - コピー


逃げ 加工 を   施しまして


ラジエーター に  コルベット ファン と

エアコン の  コンデンサー を  取り付けまして


DSC_0285 - コピー


ラジエーター の  前側 への  リロケート が  出来ました


が、、、、、、   コア サポート の   下側 を

切断 して、  摘出 して しまったので


DSC_0286 - コピー


パン を  固定 する、  ブラケット を

付ける  部分 が  なくなったので


新しく、  パン と  フレーム を  つなぐ


DSC_0287 - コピー


ブラケット を  製作 して、  固定 しまして

パン も、  しっかり  固定 されました


あー、  良かった  良かった  と  思ったら


DSC_0304 - コピー


うーん、  ラジエーター が  前 に  出た分、

ボンネット を  締めた 時 に


クリアランス が  なくなり、  干渉 するようで


DSC_0305 - コピー


”  バンッ ! ”   て、  ボンネット  締めたら

”  グチャッ ! ”  って、  ラジエーター  潰れるよ

って、  ハナシ です。。。。。。。
 

DSC_0307 - コピー 


まぁ、  そしたら   某 愛知県、  某 豊橋市 の

某 S協 ラジエーター に  潰れた  ラジエーター 送って


「  僕 が  落としたのは、  潰れてない  ラジエーター です 」

 
DSC_0309 - コピー


と、  無償 で   新しい  ラジエーター に  交換 してもらうので

全然  へっちゃら です。。。。。   って、  言いながら


ボンネット 締めようと したら、  S庭 師範 に


DSC_0283 - コピー


「 これから、  ボンネット を  加工 するので、  触らないで 下さい 」

って、  怒られたので、、、、、、  


場外席 から   潜望鏡 しながら   見守りたいと  思います


VIVA !  S庭 道場 &  M橋 さん !!!!



[ 2015/02/12 00:00 ] 54 CHEVY TIN WOODIE WAGON | トラックバック(-) | コメント(-)

54 SURF WAGON



 M橋 さん の、  54  TIN  WOODY WGN


狭い ダッシュ 裏 に、   無事  ワイパー も

取り付け 位置 が   決まりまして


20150203_202449_LLS.jpg


続いて、  同じ  狭い  ダッシュ 裏  に

ワイパー に  影響 の  出ない ところを  探し


ビンテージ エア製 の、  エアコン の   

ユニット を   取り付けて いきまして


20150203_202455_LLS.jpg


奥行 も、  高さ も 無い、  40 ~ 50 年代 の

クルマ の  ダッシュ に


エアコン 組むのは   難儀 ですね


DSC_0188 - コピー


小さい  エバボレーター なら、  

なんとか  収まりますが


その分、 能力 が  低いので、  

効き が  悪く なりますし、、、、、、


DSC_0188 - コピー

  

まして、  今回 は  ワゴン で  室内 が  広いので  

小さい  エバボ だと   なおさら でして


高い  お金 払って、  エアコン 付けたのに


DSC_0189 - コピー


あまり  効きません 、、、、、  って、 

パターン に なるので


M橋 さん の  54 WAGON では、  

”  ACID 57 ”  に  取り付けて


DSC_0190 - コピー


ワゴン でも  効くか  検証 して、  

よい 結果 が  得られた


大きな  ユニット を  使うこと に  しまして


DSC_0191 - コピー


その分、  取り付け 場所 が   問題 ですが

頑張ります、  S庭 師範 が。。。。。。


エバボ ユニット は   汎用 KIT なので  


DSC_0203 - コピー


DSC_0207 - コピー


ワイパー に  干渉 しないよう、   現車 合わせ で

取り付け ブラケット を  製作 して


ナントか  取り付け まして


DSC_0204 - コピー


DSC_0205 - コピー


エアコン の  コントロール スイッチ は

キット に  入っている、  


安っぽい  スイッチ は   使わないようで


DSC_0208 - コピー


ビレット タイプ で、   ライト オン で

ノブ 自体 も  点灯 する


最新 の  コントローラー を  使うようです


DSC_0209 - コピー


DSC_0210 - コピー


この   コントローラー は、  ダッシュ や

センター コンソール などに


埋め込む ように、   設置 する  タイプ なので


DSC_0212 - コピー


DSC_0213 - コピー


ダッシュ ボード に  ラジオ を 外したまま

穴 が  開いてる  ところ が  あったので、、、、、


視認性 も、  操作性 も  よさそう なので、  


DSC_0192 - コピー


DSC_0193 - コピー


ラジオ の  穴 を  ふさぐ のも  兼ねて


ラジオ 部分 に   うまく  埋め込む

パネル を  製作 しまして


DSC_0194 - コピー


DSC_0195 - コピー


ダッシュ 下、  センター に  設置 する

吹き出し 口 の   ブラケット も


付属 の  モノ では   大きさ が  合わないので


DSC_0196 - コピー


DSC_0197 - コピー


そっくり、、、、、、   ですが、


よく  寸法 を  とって、  平面 に

開いた  型紙 を  作ったら


DSC_0198 - コピー


一枚 の  鉄板 から  切り出して


折り紙 の  ように  折って いきまして

付き合わせ 部分 は    


DSC_0199 - コピー


溶接 で   接合 しまして

溶接跡 は、  のちほど


綺麗 に  仕上げて いきます


DSC_0200 - コピー
 


続いて、  吹き出し口 を  埋め込む

部分 の  穴 を   開けて いきます


採寸 した  寸法 を   けがき まして 


DSC_0201 - コピー


四隅 に  ドリル で  穴 を  あけて

その  穴 どうし の   ライン を   


ディスク サンダー で  切開 しまして


DSC_0202 - コピー


同じような  質感 に  塗装 しまして

カスタム  吹き出し口  マウント が  完成 です。 


吹き出し口、  スイッチ  など、  付属 の  

ものを  付くように  付けて  お終い、、、、、、


DSC_0229 - コピー


とは  ならずに、   S庭 道場 では  その クルマ ごとに   

ぴったり  合うよう、   全部  作っていく


” カスタム インストール ”   が、  醍醐味 でして


DSC_0230 - コピー


M橋 さん の   54  SURF WAGON  の  エアコン も


”  効き 具合 ”  も、  モチロン の  こと、   

”  見た目 ”  ”  操作性 ”   にも  拘ってるので


仕上がり が   とても  楽しみ です


VIVA !  S庭 道場 &  M橋 さん !!!!




[ 2015/02/08 00:00 ] 54 CHEVY TIN WOODIE WAGON | トラックバック(-) | コメント(-)

54 SURF WAGON



 M橋 さん の、  54  TIN  WOODY WGN


エアコン の  取り付け と  合わせて

ワイパー の  取り付け も  進めてまして


20150128_200817.jpg


元々、  54  WAGON の  ワイパー は


エンジン の  バキューム 圧 を  利用 する

ワイパー モーター が


$_1s2s.jpg


ワイパー ピボット に  つながる

ワイヤー を  引いて  アーム を 動かす、   


メカニカル な   構造 の  ワイパー でして


DSC_0174 - コピー


50 年代 中頃 までは、  ほとんど の 車 が


電動 モーター ではなく、  バキューム 式 の

ワイパー 構造 でして


DSC_0175 - コピー


大抵、  古くなって   リンク 部分 が  固着 したり

モーター が  壊れたり、、、、、 で、  動かないのが  ほとんど  でして


どうせ  直すなら、  当時 の  古い 構造 ではなく


DSC_0183 - コピー


現代 の、 新しくて   静かな   電動 モーター と

スムーズ な  動きの  構造 が  いい と


アメリカ では、  アフター マーケット 品 の、  

12 V ワイパー キット を   使って、  組み換えるのが   主流 です  


DSC_0185 - コピー


しかし、  54 CHEVY 用、、、、、、、や、   ボルト オン。。。。。。   

みたいな 物 は  売ってないので


汎用 キット を  用意 して、  現車 合わせ で

組付けて いくように  なりまして


DSC_0186 - コピー


自身 の  53 CHEVY に  ワイパー を  付けようと

K下 さん が   アメリカ から  買ってきたら


エアコン や、  ダコタ も  アクセサリー 満載 に したら

ダッシュ 下 が  狭すぎて、  付きません、、、、、、


DSC_0187 - コピー


と なって、  眠っていた   ”  汎用 ワイパー キット ”  を

譲って もらいまして、   どうも  ありがとう ございまんこ


しかし、  K下 さん と   同じ ボディ の  54  WAGON も

同様 に  ダッシュ 裏 は  狭いので


DSC_0179 - コピー


試行 錯誤 しながら、  良い 取り付け方法 と

良い  取り付け位置 を  模索 しまして


モーター の  取り付け  ブラケット も、 新規 製作 と  なりまして


DSC_0180 - コピー


取り付け も、  作動 も  無理 なく、 

きちんと  組まないと、  簡単 な  構造 だけに  


すぐ  壊れます、、、、、、って、  品物 です


DSC_0181 - コピー


ワイパー ピボット も、  54 の  ガラス に 合うよう

角度 を  合わせて   ブラケット を   製作 し、  


べゼル も、  それに  合わせて  加工 しまして

 
DSC_0182 - コピー


どれも これも、  ぜんぶ 加工 して、  取り付け ブラケット も

ぜんぶ  製作 なので、  面倒 臭いったら、  ありゃ しません。。。。。。。


なんて、  見てるだけ の   僕 が  ぼやいて ましたら


DSC_0177 - コピー


ワイパー アーム と、  ピボット の  径 が  合わない、、、、、

とか、  新たな  問題 が   判明 しまして


たしか、  幾つか の  種類 の  ピボット が  入ってて


DSC_0178 - コピー


自分 の  クルマ の  アーム に  合う サイズ の

ピボット を  使う 構造 です   って、  言ったら


「 この ひとつ しか、  入ってません でしたよ 」

と、  怒られ、  調べたら、、、、、 


DSC_0176 - コピー


「 それで 組め 」  としか、  書いて ありませんで、、、、、、、  

合わない 場合 は  どうしたら  いいんでしょうか。。。。。


M橋 さん には、  ワイパー の  事は  忘れて もらおうと  

言い訳 を  考えてたら


20150203_013819_LLS.jpg


RYU くん が、  小さい  ピボット は  使わず に、  

合う 大きさ に  ピボット を  造り、  スプライン を  切りまして


もう、 面倒 臭いったら、  ありゃ しません。。。。。。。


20150203_013740_LLS.jpg


と、  見てる だけ  ですが、  ぷりぷり してる うちに

ワイパー の  取り付け が   完了 しまして


次は、  狭い ダッシュ 内 で、  ワイパー に  干渉 しないよう、 

エアコン ユニット と、  吹き出し口 の  取り付け に  進みます


VIVA !  S庭 道場 &  M橋 さん !!!!




[ 2015/02/04 00:00 ] 54 CHEVY TIN WOODIE WAGON | トラックバック(-) | コメント(-)

54 SURF WAGON



 M橋 さん の、  54  TIN  WOODY WGN


後ろ の  車高 を  2 インチ  下げたら

いい  バランス に  なりました。


DSC_0081 - コピー


アライメント 調整 や  細かい 手直し の

仕上がり も  チェック  したいので


M橋 さん  の  管轄 陸自 まで、   


DSC_0078 - コピー


登録 がてら、  走らせて きまして
  

良い 感じ です


ガレージ に  戻ってきたら、  手 を  入れた  部分 に


DSC_0080 - コピー


不具合 が  無いか、  潜って  よく  チェック しまして


エアコン など、  追加 に  なった  パーツ も、   アメリカ から

到着 したので、  早速、  取り付け が  始まりました。


20150128_200817.jpg


エアコン 取り付け の 際 は、   真夏 に  

エアコン の  効きが  悪くならないよう


ラジエーター の   前方 に、   押し の   1個 と、


20150128_200806.jpg


エンジン 側 に、   引き 方向 でも、  1個

電動 ファン を   取り付けて  いきますが


オリジナル の  ラジエーター 位置 では、 エンジン 側 に  

電動 ファン を  取り付ける  スペース が  無いので


DSC_0130 - コピー


取り付け ブラケット と、  コア サポート を  加工 し 


ラジエーター の  取り付け 位置 を、  前方 に  リロケート  して

エンジン 側 に  スペース を  作ります


DSC_0131 - コピー


  
コンプレッサー は、エアコン の  ホース を  

綺麗 に   取り回せるよう


現在 の  オルタネーター 位置 と  変えて

コンプレッサー を  取り付けて いくので、  


DSC_0132 - コピー


コンプレッサー ブラケット、   オルタ ブラケット とも  

新しい モノ に、  組み換えて いきます。


  
VINTAGE AIR 製 の  エアコン を  使うので

キット に  ブラケット も  入っていますが


DSC_0133 - コピー


仮組み して  確認 すると、   多少  加工 しないと     

プーリー 位置 が  合いませんで、、、、、、


おまけに、  ウォーター ポンプ の  プーリー が

振れる、、、、、、 というので   調べたら

   

DSC_0170 - コピー


よく、  安い プーリー を  買うと、  加工 精度 が  低くて  

新品 なのに  歪んでる、、、、、、  でもなく


ウォーター ポンプ の  フランジ が  歪んでる、、、、、、  でして


DSC_0171 - コピー


軸 の、  ベアリング には  問題  ありませんでしたので


フランジ 部分 を  製作 する 際 の

機械 加工 の  精度 が  悪いのが  原因 の ようです


「  クローム とか  ポリッシュ とかの  パーツ は    まったく  信用 できません 」   


20150130_222251.jpg


との、  S庭 師範 の  コトバ で、、、、、  アルミ ポリッシュ の、  

どこぞ の   ” ハイ ボリューム  ポンプ ” は    外され


純正品 と  同じ、   AC DELCO 製 の  ウォーター ポンプ に  

交換 に  なりました、、、、、


20150130_221734.jpg


ブラケット の 加工 と、  塗装 も 終え、   コンプレッサー と

オルタネーター の  組み付け も  完了。


次 は、  エバボレーター ユニット の  取り付け に  進みます


VIVA !  S庭 道場 &  M橋 さん !!!!




[ 2015/01/31 00:06 ] 54 CHEVY TIN WOODIE WAGON | トラックバック(-) | コメント(-)

54 SURF WAGON



 M橋 さん の、  54  TIN  WOODY WGN

気になる 部分 の  手直し を  進めてまして


リア の  車高 が、  ちょっと  高いので

バランス が  悪いと、  ずっと  気に なってまして


00q0q_1xFpuSNoY8j_600x450.jpg


2 インチ 車高 を  下げる、   ロワードキット を  組み込んで

リア の 車高 を 下げたら、 とても バランスよく 良くなりました。


、、、、、、 と、  浮かれて いたのは  僕 だけの ようで、


DSC_0912 - コピー


車高 が  下がった  影響 で   リア の  パーキング ブレーキ の

イコライザー と、  ペラ が  当たりそう、、、、、  とか、


ショック と、  マフラー が  近くなって、   当たりそう、、、、、  とか
  
色々、  問題 が  増えまして、、、、、、 


DSC_0919 - コピー


RYU くん に   「 余計な こと、  しますよね 」   って、  言われたので

彼 の ちんこ も、   イコライザー で   引っ張って やろうと  思います


そもそも、  センター トンネル の   ペラ の 上 に

イコライザー を   組むのが   問題 ですが


DSC_0932 - コピー


そこは、  フル レストア 車 なので    大目 に 見まして、、、、、、

  
ストローク しても、  ペラ が   イコライザー に  当たらないよう

造り直す ことに なりまして、    鉄板 を  切り出して


DSC_0935 - コピー


穴を 開けて   溶接 してあった、   ブラケット を  一度  切り取り

センター トンネル の  アーチ に  合わせて  削りまして


トンネル の  一番  上に  ずらして、  取付け し直して


DSC_0940 - コピー


下側 の   ライン も、   少しでも   ペラ との  

クリアランス が   出来るように  削って、  対策 しまして


ステアリング の  タイロッド エンド の  ブーツ が

破れていたのも、   新品 に   交換 しまして


DSC_0881 - コピー


ブレーキ ペダル を  踏むと、   戻り が 悪いのは


TSU- 君 の   人生 が   底突き  してるのと

カウパー氏 の  刈上げ が   気持ち悪い のが   原因 でした。


DSC_0867 - コピー


よく、  お祓い を して、  ツー ブロック を   辞めさせても

直らないので、  S庭 道場 で  調べてもらったら


ブレーキ ペダル を  室内 に  通す、  ボディ の  穴 が  

 
DSC_0873 - コピー


位置 が  悪くて、   ペダル と  ボディ が  当たって いるので

ペダル が  戻る ときに、  擦れて   引きずってまして


パワー ブレーキ 化  した 際 に、  ぺダル の

取り付け 位置 が   悪かった ようです 


DSC_0876 - コピー


あいにく、  ペダル の  付け根 は   緩まないよう

溶接 されているので、  そちらは  変更 せずに


ボディ の  穴 を   少し  大きく  広げることで


DSC_0877 - コピー


擦れないように  処置 して、  ペダル の 戻り が  

悪いのも、   無事  解決して もらいました。


ブレーキ ペダル の  横 に  付いている、  

アクセル ペダル は


DSC_0879 - コピー


直6 から、  V8 エンジン の  載せ替え に  伴い、 


オリジナル の  スロットル リンケージ が  使えなくなり

汎用品 の  ケーブル式 の  ペダル に  変更 して ありましたが


DSC_0923 - コピー


ペダル は、  ボディ に  タッピング ビス で   付けて ありまして

取り付け 強度 が  足らず、   プラ プラ  してるので、、、、、、


がっちり  固定 できるように、  マウント ブラケット を


DSC_0924 - コピー


製作 して、  取り付け し直す ことに  なりまして


アクセル ペダル を  外して、  フラット バー に  

穴 を あけて、   ボルト を   通したら、  


DSC_0925 - コピー


ボルト は  そのまま、  フラット バー に  溶接 しまして

 
フラット バー から、  長さ を 合わせて  切り離したら

ボルト ナット で  固定 する、   マウント ブラケット が  完成。


DSC_0926 - コピー


製作 した  ブラケット は、  ボディ に  

しっかり   溶接 して   取り付けまして


アクセル ペダル を   ナイロン ナット で   留めれば


20150122_040115.jpg


がっちり  取り付け できる   構造 に  なりました。 


アクセル ケーブル が  短くて   突っ張ってたり、 

取回し が  悪かったり で、 


20150122_040037.jpg


ケーブル の  動き が  悪くて、  ペダル の  動き が  

重くなって いたので、、、、、  長さ も、  取り回し も  変更 して


新しい  ケーブル で、  組み直しまして、  


DSC_0934 - コピー


ペダル も、  ケーブル も  スムーズ に  なりました


次 は、 12V 仕様 の   汎用 ワイパー の  

取り付け に  進みます


VIVA !  S庭 道場 &  M橋 さん !!!!




[ 2015/01/24 00:00 ] 54 CHEVY TIN WOODIE WAGON | トラックバック(-) | コメント(-)