ホーム > カテゴリー - 40 CADILLAC LA SALLE

1940 CADILLAC



 S田 くん の  1940  LA SALLE 


エアサス の  セット アップ、   マフラー の  

引き直し を  終えまして


20160517_032601.jpg


40 CADI の  ゲージ は、  オリジナル の  6V 仕様 で


TH400 オートマ とは 、 スピードメーターケーブル も

つながって ませんし、  燃料計 や  水温計 も  

 

20160517_032537.jpg


なにも  つながって いないので、  ゲージ類 は  一切 動きません。。。。。


12V化 して、  ゲージ も  きちんと 動くように

リビルト すると   かなり  お金 が  掛かるので


20t160l417_04423s3 1(56)


潔癖  S田くん が   珍しく    「  ゲージ なんて  要らないです ! 」

と、  言ってたので、  だいぶ  タフ に  なってきたと 思ってたら


やっぱり、   ナニも ないのは  不安 なんで、、、、、、、  


20t160l417_04423s3 1(57)


3連 メーター とかで  いいんで、  付けといて ください。。。。。  

と  連絡 が  来たので、、、、、、、  3連 メーター の  代わり に


エンコ して、  渋滞 を  作らないか  と、   心配 に なった 時 に、


20t160l417_04423s3 1(55)


自分 の  ドキ ドキ 具合 が  測れるよう、    心拍計 と


Y美 ちゃん が   真夏 に  熱中症 で  逝って しまわないよう  

温度計 と、  AED を  付けといて あげたいと  思います


IMG_0879654053 - コピー (100)


サミット 製 の   水温、  油圧、  電圧計 の、

安い 3連 メーター を  買ってきて


油圧計 よりも、   燃料計 が  欲しい、、、、、との ことで、  


20t160l417_04423s3 1(1)


別 で 買った、  AUTO METER製 の   燃料計 を

油圧計 と  入れ替えまして


カマロ用 の  燃料 タンク が  付いていますが


20t160l417_04423s3 1(2)


燃料計 の  センサー は  死んでたので

新しい  センサー も  取り寄せて  交換 しまして、  


3連 メーター が  付いて、  S田くん が  安心 してる ところで  


20t160l417_04423s3 1(3)


「  満タン を  表示 してるのに、   ガス欠 したじゃ ないですか ?! 」

って  渋滞 を  作って、   ドキ ドキ計 が   振り切るよう


配線 は  つながないで  おきたいと  思います。。。。。


20t160l417_04423s3 1(5)


その後、  エンジン の 整備 を  進めまして


プラグ や、  プラグ コード、  コイル など

念の為  新品 に  交換 して おきまして


20t160l417_04423s3 1(6)


燃料 ホース や、  バキューム ホース、

ファン ベルト や  パワステ ベルト など


ゴム類 も、  念の為   新品 に  交換。  


20t160l417_04423s3 1(9)


デスビ の ポイント や、  スパーク プラグ の  ギャップ 調整、  

キャブ や  点火 タイミング の  調整 などを  済ませ


エンジン 周り の   作業 を  終えまして、


 
20t160l417_04423s3 1(10)


続いて、  アライメント 調整 に  進みます


エアサス が  付いているので、  調整 は

実際 の  ライド ハイト 位置 に  合わせ


20t160l417_04423s3 1(233)


1mm 単位 で  調整 するため、  レーザー レベル で

計測 しながら   進めて いきます


FIT では、  よく  エアサス を  組んだり


20t160l417_04423s3 1(235)


フレーム 加工 を して、  アライメント 調整 を

やり直すことが  多いので


アライメント 調整用 の   治具 を  作って ありまして


20t160l417_04423s3 1(234)


レーザー レベル を  使い、  計測 した   

センター を  基準 にして  治具 を   


車 の  前後 に  置いて、  左右 振り を  確認


20t160l417_04423s3 1(231)


フレーム や、  アーム の  基準点 に  印 を  付けながら

調整 して いきまして


トーイン、  キャンバー角 と、  キャスター角 を  調整 し

アライメント 調整 も、  よい 数値 が 出て   完了 です。 



20t160l417_04423s3 1(232)


潔癖症 の  S田 くん の 為 に、  アライメント も   

頑張って  調整 を   煮詰めまして


苦労 した  甲斐 も あり、   ハンドル から  手を 離した  瞬間 に、  

田んぼ に  落ちる 仕様 に  することが  できました  


20t160l417_04423s3 1(238)


その後、  いよいよ  試運転 に  乗り出すので

ライト の  光軸 調整 も  調整。


が、、、、、、、  CADILLAC に   FORD の

ヘッドライト を  移植 して ありましたが


20t160l417_04423s3 1(239)


フェンダー に  ライト を   埋め込む ときの

角度 が  ちょっと  下向き で  溶接 されてて


ライト が  遠くを   照らしません の  刑。。。。。。。


20t160l417_04423s3 1(240)


まぁ、  東京 は  ライト が  無くても  走れるくらい

街灯 が  沢山  ありますし


潔癖  S田 くん の 家 の  周り は、  


20t160l417_04423s3 1(251)


月明かり で   ライト も   要らないんで しょうし、


獣 が   突っ込んで 来ないよう、  

真下 を  照らすように  しときます。。。。。。


VIVA!  S庭 道場 !!!!!  VIVA !   S田 くん !!!!!!!




[ 2016/07/14 05:36 ] 40 CADILLAC LA SALLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 CADILLAC



 S田 くん の  1940  LA SALLE 


マフラー の  引き直し を  終えまして

次 は  リア シート の  加工 に  進みます


20t160l417_04423s3 (76)


リア サスペンション を   板バネ から

パラレル 4 リンク に  変えた 際


リンク を  車高 が  下がるように  組んだので


201605250518338bbz.jpg


フロア を  だいぶ 切開 して  

逃げ を  作ったので


リア シート を  付けようと すると


20t1640l417_04423s3 (31)


20t1640l417_04423s3 (32)


立ちあがった  ボディ の  フロア と

シート の  骨 が  当たってしまい


シート の  座り が   悪く なりまして


20t1640l417_04423s3 (33)


20t1640l417_04423s3 (34)


当たって しまう 部分 の   骨 を  

一旦  カット して  摘出 し


フロア を  かわす 形 で  作り直しまして


20t1640l417_04423s3 (35)


20t1640l417_04423s3 (37)


リア シート の  骨 を   C ノッチ。


シート が   フロア を かわすよう、  

作り直して、  無事  シート が 付きました


20t160l417_04423s3 1(22)


20t160l417_04423s3 1(20)


カウパー氏 が  カウパー コート  しようと してたので


潔癖症 の  S田 くん が   キレそうですが

黙認 して おきまして、、、、、、


20t160l417_04423s3 1(23)


続いて、  配線 の  引き直し に  進みます


40 CADI は   以前 に  引き直し した 

跡 が ありましたが


20160305_212431.jpg


20160305_212435.jpg


ご覧 の 通り、  古い ヒューズ ボックス を  使ってたり、 

配線 も  劣化 して、  固く なっているので


新しい  ヒューズ ボックス を  使い、  引き直して いきます


20160306_031501.jpg


20160306_031309_LLS.jpg


これまで の 配線 は、  引き直し したよう ですが

取り回し や  固定 方法 が  悪いので


全て  やり直し することに  しまして、


20160306_031320_LLS.jpg


ライト スイッチ や、  イグニッション スイッチ、


ライト の  ハイ、 ロー を  切り替える、

ディマー スイッチ なども、  新調 しまして


20160306_031510.jpg


20160306_031846.jpg


配線 も  全て  新しく、  引き直し して いきます


ダッシュ ボード が  付いていると

作業性 が  悪いので、  取り外しまして


20160308_025021.jpg


キック パネル 部分 に   新しい 

ヒューズ ボックス を  設置 したら


エンジン、  ライト、 テール などと、  


IMG_0879654053 - コピー (53)


IMG_0879654053 - コピー (54)


ダッシュ 裏 の  配線 の 引き直し と  12V 化、


照明 の  バルブ、  イグニッション スイッチ の 交換、

エアサス の  カット スイッチ なども  組み付けて  


IMG_0879654053 - コピー (56)


IMG_0879654053 - コピー (57)


ダッシュ 周り の  配線 引き直し を  終えたら

ボディ に  ダッシュ を  組み付け しまして


続いて、  ウインカー の 取り付け に  進みます


20160308_025034.jpg


40 CADI には、  ウインカー レバー が

コラム に  付いては いましたが


ウインカー の マーカー が  付いてなかったので


20160308_025103.jpg


それでは  車検 が  とるづらいのと、

走ってて  危ないので


ウインカー も  使えるように  していきます


  
IMG_0879654053 - コピー (102)


ウインカー レバー、  スイッチ は  取り外して

全て 分解 して    リビルト しまして


配線 も  全部、  新品 に  引き直し。


IMG_0879654053 - コピー (101)


ウインカー スイッチ こそ   付いて いますが


マーカー を  付けて、  接続 した だけでは

点滅 せず、  点灯 しっぱなし に  なり  


20t160l417_04423s3 1(11)


ウインカー として   機能 しないので


ウインカー 用 の、  ON リレー と  OFF リレー の

リレー 回路 を  製作 しまして


IMG_0879654053 - コピー (58)


マーカー ランプ も、  ダブル球 を  

付けられるよう に  加工 して


見える 位置 に  取り付け しました


IMG_0879654053 - コピー (61)


ウインカー 兼、  ポジション ランプ は

車検用 として  製作 しましたが


S田 くん は、  N沢 ZEPHYR を  見習って


IMG_0879654053 - コピー (51)


「  ウインカー なんて  要りません ! 」  だそうで、、、、、


車検用 で  一時的 に  使うだけで

普段 は  外すそうなので


IMG_0879654053 - コピー (108)


簡単 に  外せる ところ に  取り付け しました。


ヘッド ライト の  配線 も  新しく  引き直し

ライト も  取り付け  されまして


IMG_0879654053 - コピー (52)


オーバー ヒート 対策 で、   大容量 の

電動 ファン を  追加 したり、   


エアサス の  ACCU AIR ユニット も  配線 し


20160325_033736.jpg


ハーネス の  引き直し も   ほぼ  完了。


次 は   燃料 センサー の  配線 と

エンジン の  整備 に  進みます


VIVA!  S庭 道場 !!!!!  VIVA !   S田 くん !!!!!!!




[ 2016/07/07 07:38 ] 40 CADILLAC LA SALLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1940  CADILLAC

 


 S田 くん の  1940  LA SALLE 


腹下 ではなく、  バンパー 後ろ まで

マフラー の  引き直し と なりまして


20t160l417_04423s3 (79)


使用 する  タイコ の   チェリー ボム は

全長  800mm の   エキストラ ロング で、


車高 を  下げても  地面 に  設置 しないよう

 

20t160l417_04423s3 1(33)


フレーム より  上 の ライン で  取回して いきます


車高 が  一番 下がった  状態 よりも

高い 位置 に なるよう、  高さ を  合わせて


20t160l417_04423s3 1(34)


エキマニ 下 から   製作 して いきまして


デフ の  手前 で、  パラレル リンク の   

ねじれ 防止 の  ラテラル ロッド が  あるので


20t160l417_04423s3 1(37)


20t160l417_04423s3 1(40)


上側 に  かわしながら   取回していき


デフ の  後ろ で   燃料 タンク を  かわすよう

横 に  振って、  最後 は  バンパー 後ろ へ


20t160l417_04423s3 1(42) 


20t160l417_04423s3 1(41)


一旦  仮付け で   製作 し、  

問題 ないのを  確認 したら  


車 から  取り外して、  本溶接 へ


20t160l417_04423s3 1(51)


20t160l417_04423s3 1(58)


車 に  付けた ままだと、  裏側 の

本溶接 が  出来ないので


原寸 合わせ で、  一度  仮溶接 で  作ったのち


20t160l417_04423s3 1(50)


20t160l417_04423s3 1(47)


取り外して   車外 で   本溶接 し、

取り付け と  なります


デフ 周り では、  狭いところ を  通すので
 


20t160l417_04423s3 1(46)


どこにも  干渉 しないように  作ると


形状 が  どうしても   複雑 になり

うねうね と  してきまして


20t160l417_04423s3 1(48)


20t160l417_04423s3 1(49)


まっすぐ、  ズビー っと  作れたら    楽 なんですけどね。。。。。。


以前 は、  リア フェンダー の  側面 に  

穴 を あけて、   マフラー を  出している、


20t160l417_04423s3 1(45)


アメリカン な  サイド 出し  マフラー でしたが


「  そこは  埋めて ください。。。。。 」   

と  S田 くん が  言うので


20t160l417_04423s3 (50)


「  相変わらず  潔癖症 で、  男らしく ないですね 」


と、  BUBBLES の  様子 を  見に来ていた

バブリー K子 くん が   笑われて まして、、、、、


20t160l417_04423s3 (51)


「  S田くん の  潔癖症 を  直すため にも、  穴 は 

   これ 貼っとく くらいで  いいんじゃないですか !? 」
 


と、  キッチン テープ で  ナニより です。。。。。


20t160l417_04423s3 (48)


マフラー の  出口 に  なっていた  穴 は


「  俺 が  使うから、  埋めないで くれよう、、、、、 」

と、  カウパー氏 が  切なそうに  してますが

  

20t160l417_04423s3 (49)


穴 が  開いたまま に  しとく わけには  いかない と


DAICHI が    穴 の 型紙 を  とったら、  

それに  基づいて   鉄板 を  切り出しまして


20t160l417_04423s3 (47)


リア フェンダー の  膨らみ に  合うよう

鈑金 したら、  溶接 して いきまして


左右 の  穴 が   埋められまして


20t160l417_04423s3 1(67)


潔癖症  S田 くん の  オーケー も  出て


マフラー 製作 と、  リア クォーター パネル の

穴埋め が   完了 です


VIVA!  S庭 道場 !!!!!  VIVA !   S田 くん !!!!!!!




[ 2016/06/28 08:14 ] 40 CADILLAC LA SALLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 CADILLAC



 S田 くん の  1940  LA SALLE 


エアサス セットアップ が   完了 し

  
マフラー の  引き直し に  進みます


20t160l417_04423s3 1(14)


S田 くん の  40 CADI は   エアサス を  組んで

車高 が  下がる クルマ なので


一番  車高 を  下げた 状態 でも


20t160l417_04423s3 (55)


マフラー が  地面 に  設置 しない 位置 に

取り回し しないと  いけません


また、  エアサス で  足回り が  動いた 際、


20t160l417_04423s3 (56)


車高 を  上下 して、   動く  デフ にも

干渉 しないように  作らないと  いけません
   


そのため、  どこに  どう  引くか を   決めるには


20t160l417_04423s3 (64)


車高 を  下げた  状態 に して、

一番  低い  ライン を  確認 し


通す 位置 を    検証 していきます


20t160l417_04423s3 (63)


タイヤ や  ホイール も、  車高 を  下げても

フェンダー に  干渉 しない


一番  深い 位置 に  セット アップ するため


20t160l417_04423s3 1(24)


色々 な  オフセット の  ホイール を  組んでみて

理想 の 位置 を  導き出しまして


ホイール の  オフセット を  決めたら、  タイヤ を  装着 し


20t160l417_04423s3 1(25)


20t160l417_04423s3 (58)


遂 に  40 CADI が   ジャッキ スタンド から  降りまして


車高 を  下げた 状態 にして、  みんな で

カッコよく  なったね  と  話したのも  束の間


20t160l417_04423s3 (73)


すぐに  マフラー 製作 の ため、   再び  持ち上げられ


ジャッキ スタンド の 上 で、  車高 を

下げた 状態 を   再現 しまして
  


20t160l417_04423s3 (68)


前後 の  タイヤ の  アンダー ライン に

墨糸 を  通して、  地面 の ライン を  見ながら


車高 を  下げても   地面 に  擦らない 高さ で


20t160l417_04423s3 (69)


どこ を  取回して、  どこ に  マフラー を   固定 するか、  

S庭 師範 が   検証 しまして、  どう 作るか  決めたら、  


マフラー 作り の  作業 は  DAICHI が  任命 されまして 


20t160l417_04423s3 (67)


フロー マスター の  タイコ を  使って  作りまして

みんな で   いい 音 だね と  話 してたら


「  フローマスター じゃなくて、  チェリー ボム が  いいです。。。。。 」  

と   S田 くん から   クレーム が  来まして、、、、、、


IMG_08629547 (2)


あらっ !?   頑張って 作ったのに、、、、、、、  

で、 タイコ を  チェリー ボム で  作り直したら


「  腹下 は  嫌です。   バンパー 後ろまで  引いてください 」 

と、  また  クレーム が  来まして、、、、、、


IMG_08629547 (1)


40 CADILLAC は   燃料 タンク 位置 が  低いのと

幅 が  広い 形状 の   都合上、 


マフラー を  バンパー の  後ろまで  引こうと すると

燃料 タンク の  下 を  通せないので  


20t160l417_04423s3 (54)


バンパー下 に  マフラー が  出てくる 位置 が  イマイチ で、  

カッコいいか  微妙 だよ と   イメージ画像 を  送ったら


「  それでも  いいです ! 」   とのことで、   

もう 1回  マフラー 作り、  頑張ります


VIVA!  S庭 道場 !!!!!  VIVA !   S田 くん !!!!!!!



[ 2016/06/17 02:24 ] 40 CADILLAC LA SALLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1940  CADILLAC



  S田 くん の  1940  LA SALLE 


フロント の  エアバック を、  適正 サイズ の  

エアバック が  取り付け できるように  


IMG_03piu76 - コピー (48)


フレーム の   コイル ポケット  を  拡張 し

耳 を 作って、  強度 も  再生 されまして


続いて、  エアバック の  ブラケット 作り に  進みます


IMG_03piu76 - コピー (86)


使用 する  エアバック の  伸縮時 の  長さ、

それぞれ の  直径 を  もとに


ロワー アーム を  組み付けし、 車高 を  上下 する 際 に   


IMG_03piu76 - コピー (58)


ロワー アーム が  可動 する 時 に  描く  孤 が


エアバック が  最適 な  形状 で  

ストローク できる  位置 を  探り


IMG_03piu76 - コピー (80)


IMG_03piu76 - コピー (79)


エアバック が   潰れて、  最も  直径 が  広がっても


フレーム との  クリアランス が  保てる 位置 に

エアバック が  来る 位置 を  導き出したら


IMG_03piu76 - コピー (78)


IMG_03piu76 - コピー (77)


エアバック の 上面 に  固定 する、

トップ プレート を   作りまして


鋼管 から  筒部分 も  切り出して


IMG_03piu76 - コピー (59)


エアー ホース を  通す 穴 を  開けたら

導き出した 位置 に  溶接 しまして


アッパー側 の  ブラケット が  完成


IMG_03piu76 - コピー (35)


続いて  ロワー側 の  ブラケット 製作 に  進みまして


三日月型 に  鉄板 を  切り出して

穴 を 開けた  裏側 に  ナット を  溶接 しまして


IMG_03piu76 - コピー (34)


鋼管 を  切り出して  溶接 しまして、


エアバック の 下面 と  固定 する

上面 プレート も  溶接 したら


IMG_03piu76 - コピー (33)


ショック を  取り付けていた 位置 に

簡単 に  ボルト オン で  取り付けできる 構造 で


ロワー側 の  エアバック ブラケット も  完成 です。


IMG_03piu76 - コピー (62)


車種 や  使う  エアバック に より、   


最も 良い 状態 に 孤 を  描いて、  

車重 にあった  エア圧 に  するには


IMG_03piu76 - コピー (36)


エアバック に  トップ プレート を  付ける 位置 や
 


フレーム に  固定 する  ボルト の 位置 や  角度、 

筒の 長さ が  変わって きます


IMG_03piu76 - コピー (37)


正しい 位置 に  組まないと  フレーム に 擦れて  

バースト したり、  エアバック の  寿命 が 短くなります、、、、、  


走る 車高 と、  エアバック の エア圧 が あってないと


IMG_03piu76 - コピー (42)


乗り心地 が  悪くなり、  とても  ストレス ですし
  


固定 方法 が  悪いと、  破損 したり  

整備性 が  悪かったりして  困るので


IMG_03piu76 - コピー (40)


S庭 道場 では、  形状 や 固定 方法 を  検証 し、

いつも  現車 合わせ で  製作 してまして 


なにより  専用 設計 が   一番 ですね


IMG_03piu76 - コピー (12)


IMG_03piu76 - コピー (14)


続いて  型紙 に  合わせて  鉄板 を  

切り出して、  穴 を  開けたら、   


コの字型 に  付き合わせたら  


IMG_03piu76 - コピー (22)


IMG_03piu76 - コピー (23)


もう 1面、 補強 を  入れて 

全周  しっかり  溶接 しまして


鉄板 の  角 を  落として


IMG_03piu76 - コピー (25)


形 を  整えたら、  ショック アブソーバ- を


リロケート する、  アッパー と  ロワー の

ブラケット が  出来まして


IMG_03piu76 - コピー (26)


IMG_03piu76 - コピー (27)


IMG_03piu76 - コピー (28)


ショック に  付けると、  こんな 感じ に なりまして


ショック の  ブラケット も、  エアバック ブラケット 同様

クルマ の フレーム 構造 や、  ストローク、 


IMG_03piu76 - コピー (29)


使用 する  ショック や、  タイヤ の  外径 や  

太さ に  より、   位置 も  構造 も  変わるので


やっぱり、  現車 合わせ で  製作 に なります


IMG_03piu76 - コピー (82)


ロワー アーム側 に  付く  ブラケット は


アーム の  耳 に  2面 接続 し

しっかり  全周  溶接 しまして 


IMG_03piu76 - コピー (60)


なおかつ、  コイル ポケット の  袋 部分 とも  連結 させ


ブラケット に 掛かる  荷重 を  

アーム 全体 に  逃がすように 組みます


IMG_03piu76 - コピー (61)


フロント ショック は、  本来  アーム の  中央 で、  


プレス で  折り返しを  付けて、  一番 強度 を 

持たせている 部分 に  固定 されてまして


IMG_03piu76 - コピー (63)


ショック に 掛かる  荷重 は  かなりの もので


これまで  ロワー アーム の 側面 に 付けるだけだと、  

アーム に  クラック が  入ることが  多かったので


IMG_03piu76 - コピー (64)


今 は  S庭 道場 では、  ロワー アーム 全体 で

荷重 を  受け止める 構造 で  作ってまして


アッパー側 も  同様、  フレーム 3面 に  しっかり  接合。


IMG_03piu76 - コピー (53)


6mm の 厚みの  鉄板 を  使い、

これくらい の  溶接面 が ないと、  


ロワー 同様 で、 クラック が 入ったり、  


IMG_03piu76 - コピー (50)


折れる ことが  あるので、  ショック ブラケット の

強度 計算 も   大切 です。


インナー フェンダー 内 の、  フレーム と


IMG_03piu76 - コピー (67)


アーム と、  タイヤ に  干渉 しない  隙間 で


タイヤ を  末切り できる 位置 に

無事  ショック が  付きまして
  


IMG_03piu76 - コピー (66)


おまけ に、   その 狭い スペース 内 に


ACCU AIR の  ライドハイト センサー も

きちんと  ストローク を  拾えて


IMG_03piu76 - コピー (70)


他に  干渉 しない 位置 を  探し出して


センサー の  ブラケット を  製作 し

フレーム に  溶接 し、  取り付け。


IMG_03piu76 - コピー (69)


無事、 フロント の  エアサス セットアップ が   完了。

  

次 は、 完成 した  フレーム に 合わせ

マフラー の  引き直し に  進みます


VIVA!  S庭 道場 !!!!!  VIVA !   S田 くん !!!!!!!




[ 2016/06/08 23:58 ] 40 CADILLAC LA SALLE | トラックバック(-) | コメント(-)