ホーム > カテゴリー - 53 CHEVY BEL-AIR

53 BEL AIR



 K下さん の、  53 CHEVY


エンジン フード の  折れ と、   めくれて  千切れた   

後ろ端 の  修理 も   終わりまして


DSC_0762 - コピー


修理 ついでに、  K下さん が  以前 から  

やりたい と  言っていた、 


ピークド 加工 も   行う ことに。


DSC_0763 - コピー


53 の  エンジン フード は、  真ん中 で  別れる

左右  別々 の    2 ピース 構造  でして


真ん中 で  突き合わせて、  ボルト 止め に  なっています


DSC_0771 - コピー


まずは、  その 接合面 を   溶接 して  つなげて いきまして


強度的 に、  全周 溶接 は  必要 ないので

点付け で   つなげて いきます。


DSC_0769 - コピー


DSC_0770 - コピー


つなげた   センター 部分 に  ピーク を  付けて いくので、  


エンジン フード の  ラウンド に  

ピッタリ  合うように  


DSC_0768 - コピー


DSC_0772 - コピー


フラット バー を   曲げて いきます。


こんな 感じ に、   まったく  同じ カタチ に  

2本  曲げて  いきまして


DSC_0773 - コピー


後ろ端 の   エンド の  部分 が

シャープ に  なるよう


カタチ を  整えて いきます。


DSC_0775 - コピー


ピーク になる  部分 の   原型 が   見えて きました


次 は  フラット バー どうしを  溶接 し、

ピーク状 に  していきます


VIVA !  S庭 道場 !!!!!!!




[ 2014/08/21 00:00 ] 53 CHEVY BEL-AIR | トラックバック(-) | コメント(-)

53  BEL AIR


 K下さん の、  53 CHEVY


左右 フェンダー の   板金 を  終えまして   

次は  めくれて  フェンダー に  めりこんで


DSC_0737 - コピー


DSC_0731 - コピー


めくれて  千切れた、  ボンネット の  後ろ端 を

直して いきます


フェンダー との  チリ を  確認 しながら  直すので


DSC_0751 - コピー


修理 を  終えた、  左右 の  フェンダー を

車体 に  組み戻しまして


めくれた  淵 を  綺麗 に  戻して


201407240535185e7e.jpg


20140724053519111e.jpg


千切れた  部分 を   溶接 し、  修理 しまして


こちらも  最終的 に  棒 やすり で  

面だし  しまして

 
DSC_0752 - コピー


DSC_0753 - コピー


運転席側 の   後ろ端 や、  裏側 も


あんなに  ベロ ベロ に  なっていたのに

綺麗 に   修正 されまして


DSC_0754 - コピー


DSC_0755 - コピー


表 も、   裏側 の  耳 部分 も

どこから  見ても、  めくれて  千切れていたのは  

まったく   解らなく なりました


DSC_0756 - コピー


助手席側 の   後ろ端 も、   あんなに  ベロ ベロ でしたが

綺麗 に   修正 されまして


表 も、   裏側 の  耳 部分 も、  どこから  見ても


DSC_0757 - コピー


めくれて  千切れていたのは、  まったく   解らなく なりました


これで  ボンネット の  折れ と  凹み、   フェンダー の  凹み の  

メタル ワーク での  修理 が  終わりまして


DSC_0758 - コピー


次は、  ボンネット が  当たって  潰れた

フロント ガラス モール の  修理  に  進みます 


VIVA !   S庭 道場 !!!!!!



[ 2014/08/15 00:00 ] 53 CHEVY BEL-AIR | トラックバック(-) | コメント(-)

53 BEL AIR



 K下さん の、  53 CHEVY


ひしゃげた  ボンネット の   板金 を  終えまして   

次は  喰い込んで  潰れた、  フェンダー の 鈑金 に  進みます、、、、、、、 


DSC_0674 - コピー


ボンネット の  後ろ端  が  

反りかえって 行くときに


フェンダー に  ぶつかったので


DSC_0673 - コピー


左右 の  フェンダー には

傷 と、  凹み が   出来まして


たいした  凹み では  無いので


DSC_0679 - コピー


「 面倒 臭い から、  パテ 盛っちゃいましょうよ。。。。。 」

と、  言って みましたら


やっぱり、  口 きいて くれなく なりまして


DSC_0675 - コピー


こちらの 凹み も、   叩いて  直すそうで

左右 フェンダー   取り外しまして


裏から  叩き出して いきます


DSC_0676 - コピー


「 あー、 フェンダー 外すの、   面倒臭いなぁ !  」   と、  


僕 が 嫌そうに  言ってる  間 にも、   さっさと   分解 されて いきまして

いつも 通り、  戦力外 通告  ですけど、   ナニカ !?


DSC_0681 - コピー


叩き出していく  ところも、  この 調子 で


オナニー してる 時 以外 は、   ぼ ー っと  してる

カウパー氏 と  横で  僕 も   ぼー っと  見守ります。。。。。


DSC_0678 - コピー


片側 の  フェンダー は、  淵 が  一部  

ボンネット が   めりこんだ 時 に


千切れて しまって いたので


DSC_0708 - コピー


溶接 して  つなぎまして


めり込んだ 際 に、  伸びて しまったり

熱 で  歪んだ 部分 を


DSC_0709 - コピー


DSC_0710 - コピー


叩いて  修正 して  いきます。


裏側 から  叩き出す 時には

表側 に  当てもの を  しないと


DSC_0711 - コピー


叩いた  分 だけ、  表 が  膨らんで しまうので

表側 には  出したい 面 で  とまるように


ドーリー ( 当て石 ) などを  あてがい、  


DSC_0712 - コピー


はさむように   叩いて いきます。


千切れた  部分 の  修正 を  終えまして

フェンダー の   凹んだ 部分 の  修正 も  同様 で


DSC_0689 - コピー


叩く際、  塗装 が  邪魔 に  なるので

鉄板 の  状態 に  なるまで、  剥がしまして


比較的、  平ら な  部分 だったので


DSC_0688 - コピー


表側 に  当て石 を  しながら  叩くより

角パイプ を  固定 しておいて

叩くほうが   作業 しやすいので

  
DSC_0690 - コピー


DSC_0691 - コピー


フェンダー の  表側 に  角パイプ を

クランプ で  固定 しまして


凹んだ 部分 の  裏側 に  マーキング した


DSC_0692 - コピー


DSC_0686 - コピー


目印 を  叩いて、  鈑金 して いきます。


叩いて、  角パイプ を  外して  確認 してと

繰り返しながら、  面 を  出して いきまして 


DSC_0682 - コピー


DSC_0683 - コピー


ハンマリング 作業 が  完了。


この後、  ボンネット 同様   棒やすり を  使い

最終的 な  面 の 確認 と、  仕上げ を  しまして


DSC_0740 - コピー


DSC_0738 - コピー


左右 フェンダー の  鈑金 が  完了 です。


フェンダー も、  パテ が  超 薄くて  すむよう

ぴた ぴた に  メタル ワーク で  鈑金 してもらったので


DSC_0732 - コピー


DSC_0736 - コピー


パテ も  割れない、  強度 の ある   

フェンダー で  復活。


100人 乗っても  大丈夫 ですので、 


DSC_0731 - コピー


どこかで  見かけたら、  是非  フェンダー に  乗ってみて ください、、、、、


S庭 師範 は  怒ると 思いますが、  可愛い 女性 なら、   

僕 と、  K下さん と、  H野 キャプテン は   全然  オッケー です。


VIVA !  S庭 道場 !!!!!!    




[ 2014/08/13 00:00 ] 53 CHEVY BEL-AIR | トラックバック(-) | コメント(-)

53 BEL AIR  




  K下さん の、  53 CHEVY


走行中 に   めくれて  反り返った、  

ボンネット の   板金 を  進めて まして   


20140724053534433f.jpg


細かい  凹み を   拾いまして

裏側 に  目印 を  マーキング した 部分 を

 
ハンマー と、  あて石 で   叩き出して いきまして


DSC_0706 - コピー


ほぼ、  面 が  出たら  

S庭 師範 の  スペシャル ツール、


” 棒 やすり  改 ”  が、  登場。


DSC_0720 - コピー


DSC_0700 - コピー


やすり 部分 が   平ら ではなく  反ってまして、


グリップ 部分 も   作業 する ものに  当たらないよう

オフセット させてある、  S庭 仕様  でして


DSC_0699 - コピー


この  棒 やすり を 、   裏から   叩き出した 

部分 に  当てていくと、 


出すぎた 部分、  まだ  出し足りない  部分 が  

見えて  来るので

   
DSC_0701 - コピー


当てて は、  叩いて、、、、、  当てては  叩いて、、、、

と、  繰り返して  


正しい  面 に  なるよう、   鈑金 していきます。


DSC_0707 - コピー



ボンネット は、 開閉時 の 歪み や、  よじれ、   

走行中 の  振動 と、  動き が  激しいので、 


パテ が   割れづらいように


DSC_0716 - コピー


最終的 に  パテ が   薄く で  済む   段階 まで、 

メタル ワーク で   修正 しておきます。


左右  2箇所 づつ、  ボンネット 全体 で、  合計  4ヶ所


DSC_0721 - コピー


折れたり、  凹んだ 部分  を  叩き出しまして

メタル ワーク が  完了。

  
次は、  めくれ上がった 時 に

 
DSC_0670 - コピー


フェンダー に  めり込んで、、、、

めくれあがって、  千切れた


ボンネット の  後ろ端 の  修正 へ。


DSC_0671 - コピー


まるで、  オナニー を  子供に  見られ

奥さん に  ボコられた 後の  


カウパー氏 の  顔 の  ように  ひしゃげて ますが


DSC_0672 - コピー


僕 や、  H野 キャプテン には、   まったく   気に ならない   傷 ですし、

多分、  K下さん も   気付かない と  思いますが、、、、、、


S庭 師範 に   綺麗 に  直して もらおうと  思います


VIVA !  S庭 道場 !!!!!!



[ 2014/08/10 00:00 ] 53 CHEVY BEL-AIR | トラックバック(-) | コメント(-)

53 BEL AIR



 K下さん の、  53 CHEVY


ボンネット の   板金 が  始まりまして   

まずは  走行中 に   めくれて  反り返り、、、、、、、  


DSC_0650 - コピー


ルーフ に  ぶつかって  凹んだ  部分 の

修正 から  進めて いきます


ルーフ を  車体 から  外して  修理 するより


DSC_0672 - コピー


直しながら   ライン や、  チリ の

確認 が  し易いので  


取り付けた まま   作業 していきます
  

DSC_0657 - コピー


DSC_0653 - コピー


ボンネット の  裏側 の  淵 に、  

角材 を   ボンネット の  アール に  

合せて  曲げながら、  点付け  していきまして


DSC_0651 - コピー


大きく  凹んでいる  部分 の  

ちょうど  裏側 に


太め の   角パイプ を  溶接 しまして


DSC_0652 - コピー


凹んだ  部分 を  裏側 から  押し出す

治具 として  使用 します。


今回 は  裏から  叩きだすのでは なく


DSC_0654 - コピー


裏 から、  ちょっと  押し出したい、、、、、 

と、 いう 程度 なので


車載 工具 の、  パンタ ジャッキ  を  あてがい


DSC_0655 - コピー


ジャッキ を  伸ばして いくと

ボンネット が  押しだされてくる。。。。。 


と、 いう  方法 を  用います。

  
DSC_0656 - コピー


DSC_0662 - コピー


この 程度 の  テンション の  掛け具合 で あれば

点付け 程度 で  じゅうぶん だそうです。


凹んだ  部分 の   支点 を  確認 し


DSC_0658 - コピー


DSC_0663 - コピー


裏 に  太い  角パイプ を  取り付けて

押し出して  と、 繰り返して 行きまして


大きな  凹み を、  まずは   戻しまして


DSC_0664 - コピー


続いて、  ジャッキ で  戻しきれない  凹み や

折れ、  細かい  凹み を   拾いまして


裏側 に  目印 を  マーキング して いきます。


DSC_0665 - コピー


次 は、  マーキング した  部分 を

裏 から   ハンマー で   叩き出して いくようです。


VIVA !   S庭 道場 !!!!!!



[ 2014/08/04 00:00 ] 53 CHEVY BEL-AIR | トラックバック(-) | コメント(-)