FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 57 CHEVY NOMAD * ACID 57 *

ACID 57



 ACID 57


ファイヤー ウォール や、  フェンダー の 淵、

エンジン フード の  裏などの  PAINT を  終えたら


1日 乾燥 のため、 開けまして


DSC_0m944.jpg


翌日、 朝から  MATTさん が  

仕上げの  磨き作業 に  来てくれまして


クリア の  塗膜に 出来る、

” ゆず 肌 ”  を、 きれいに  落としていきます
 

DSC_0m945.jpg


どんなに  きれいに  塗装 しても、 


塗料 の  成分上、  シンナー が  揮発して

塗料 が  乾燥 していく 過程 で


DSC_0m946.jpg


どうしても 乾燥 の 際に、   僅かに しわ の ような 

模様 が  出来て しまいます


実際 は、 照明 などの、  光の 当て具合で  見えてくる

僅かな  ぽこぽこ なのですが


DSC_0m949.jpg


それを  綺麗に  取り除けば、  光の 反射率 が  上がり

移りこみも、 綺麗に なるので、 光沢感、  照り具合  が  増し

塗装 の  仕上がりの  美しさ に  直結 します 


DSC_0m951.jpg


なので、 塗装した 面を  スポットライト などで  照射 しまして

その ” しわ ” の ような 模様が  なくなって

つるつる の  まっ平ら になるまで  研磨 していきます
 

スポット ライト などで、  塗装 した 面 を  照らして  浮き出させてみると、  

僅かに  ゆらゆら と  面が  している 程度 ですが


DSC_0m952.jpg


そのような 状態 を  ” ゆず ” の、 皮のような  感じに 見えるので

” ゆず 肌 ”   と、 いうようです  


あらかじめ、 研磨 して  ゆず 肌 を  取り除くのを

見越して、  厚めに  クリアー を  塗っておきまして


DSC_0m953.jpg


最初は  耐水 ペーパー で  荒めから  水研ぎ、

次は  研磨材 を  付けて、  荒め から  磨きはじめて

最終的には、 鏡面  仕上げ まで  磨き上げて、  磨き作業  完了 です。


フェンダー 付いたら、 見えなくなる とこまで

きっちり  色 入れるのが、  MATTさんの  スタイル でして


DSC_0m959.jpg


塗った 側も、  塗ってもらった 側も、  気持ちよくて   ナニよりです


S庭 師範 も、 「 触れるところが ない 」 とか  

「 どこも、 傷つけられないから、  組み立て が 緊張する 」 

と、 言ってますが、  やっぱり  嬉しそうでして


DSC_0m955.jpg


仕事 終わって、 戻ってきた  DAICHI も  綺麗に  磨きあがった  

ファイヤー ウォ-ルを みて、  喜んだのも  束の間、、、、、、、 

HCS まで  時間 が ないので、 すぐに  フレーム の リペイント に  掛かります


一度、 綺麗に PAINT  してあった  フレーム ですが

数え切れないほどの、 エンジン 脱着を  繰り返しまして


DSC_0m956.jpg


サスペンション の  加工 も  してきましたので

フレーム にも  傷 や  塗装を 剥がした  跡が  できまして


見えなくなる 部分 ですが、  妥協せず  作りこむため  

しっかり、 リペイント しましたら

いよいよ、 エンジン、 外装の 組み上げに  進みます !


VIVA !  S庭 道場 & CAL TREND !!!!!!!!!













[ 2013/12/17 00:00 ] 57 CHEVY NOMAD * ACID 57 * | トラックバック(-) | コメント(-)

ACID 57



 ACID 57


1 DAY  スムージング を  終えまして

翌朝 サフ を  水研ぎ  しまして


DSC_0m928.jpg


ボディ は、 ストレートさ と、 チリ を   極限 まで  追求したので

バラ バラ にして、 裏表 全部  塗ったあとに  組み立てると


今回、 キャンディー カラー  と いうことも あって

組み立てのときに  傷を 付けたら  補修が  困難なので


DSC_0m926.jpg


組み立てて しまったら、  淵 や、  裏側 が  塗れなくなる

ドア や、 フェンダー も、


ファイヤー ウォール を  塗るために  分解してある 今のうちに

塗ってしまいます


DSC_0m927.jpg


エンジン が  載っていたり、 フェンダーなどが 付いたままだ

塗れない  ファイヤー ウォール、 


先に フェンダー や、 フードの 裏や、 淵 を  塗ったあとに、 

エンジン 載せなおして、 クルマに 組付けしけしたら


DSC_0m929.jpg


再度、 チリ合わせ したら、 一気に  外装を 塗っていくようです


HCSまで 時間が無いので、 みんなで 仕事の 後に

水研ぎ、 マスキング  しまして


CAL TREND の  MATTさんが 来たら、 すぐ吹けるように  準備 しまして


DSC_0m930.jpg


夜に、 MATTさん が  やってきまして

いよいよ、 キャンディー アップル レッド の

PAINT が  始まります


DSC_0m932.jpg


本来 であれば、 CAL TREND の  ブース に 持ち込んで

塗ってもらうように なりますが


今回、 スケジュールが おしているので、 

ブース へ  クルマを 持ち込んで  

ファイヤー ウォール などを  塗装、


DSC_0m933.jpg


急いで  クルマ、 外装を FIT へ  持ち帰って、 

エンジン、 外装 を  組み立てて、 散り合わせ したら、  

また  クルマ を  持込む、、、、、  と、 やってると 


DSC_0m934.jpg


時間 が  掛かるのと、 補修 が  困難 な  

CANDY PAINT を した、 大きな、 フード や、 フェンダー 等を  

傷を つけずに  運ぶのは  大変なので、、、


FIT にも、 塗装に 必要な  設備 が  ある程度  あるので、

MATTさんに  出張 で 塗装 しに 来てもらって、 


DSC_0m935.jpg


塗装 が 終わったら、  すぐ 組み付け。  

組み終わったら、 運搬 との  段取り に  なりまして


失敗 の  許されない、 CANDY PAINT に

集中 して  作業 するため でしょうか、、、、


DSC_0m936.jpg


MATT さんは、 お店 や、  お客さん のとの  

仕事を  終えてからか、   夜 から  やってきまして 


静かな ガレージの 中で、 朝方 まで かけて  塗装 してくれまして

明日 は  1日 乾かしたら、 磨き と、組み立てに  進みます!


VIVA !  S庭 道場 & CAL TREND !!!!!!






 
[ 2013/12/16 11:11 ] 57 CHEVY NOMAD * ACID 57 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1 DAY  スムージング



 ACID 57


1 DAY  スムージング、  進めてまして


昨日 の BLOG の  内容 の  

説明 が  足りなくて  解りづらい、、、、、  と

指摘 を 受けたので  少し  補足 を


DSCm_0833.jpg


DSC_0843mm.jpg


不要になった、 細かい 穴 や、  ボルト 穴

エアコン の 配管 を  通していた 部分 

一度  埋めまして


DSCm_0840.jpg


ブースター 取り付け部分 と、  センター トンネル 上 が  

プレス ライン より  1段 低くなってるので


DSCm_0839.jpg


鉄板 を 切り出して、 スペーサー を  作りまして


フルカバー の 型紙 も  作って

こちらも 切り出しまして


DSCm_0865.jpg


およよ、、、、、!?  


2つの  ちっさい 切れ端 は  ナンでしょうか !?


DSCm_0859.jpg


切り出した、 フルカバー は  

周り を  叩いて、 外周 を

ラウンド 状 に  していきまして


DSCm_0860.jpg


ナゼ、 ラウンド状 に  するのかは

後々 説明 すると しまして


DSCm_0861.jpg


スペーサー を  ファイヤー ウォール に

溶接 したら、  錆止め の

鉛 塗装 を  施しまして


DSCm_0863.jpg


DSCm_0864.jpg


いよいよ、 フルカバー を  溶接。


周囲 を きっちり  溶接 したら

2つの  切れ端 が  登場 しまして


DSCm_0867.jpg


ファイヤー ウォール と、 ボディ マウント の

隙間 に  貼っていきます


昨日 の BLOG で、 フルカバー を

溶接 し終えたあとに、  まだ  やりたいとこが ある、、、、

 
DSCm_0868.jpg


と、 言ってたのは  ココ の  事でして


ファイヤー ウォール が  ツルツル に なると

ここの 隙間が  目立って しまうんだそうで、、、、、

 
DSCm_0869.jpg


先日、 CAL FLAVOR で  展示 した

回転台 に  載せていた、 56 BEL AIR の


ファイヤー ウォール を  スムージング していた時に

気づいたんだ そうです。。。。。。


DSCm_0871.jpg


僕には まったく  気に なりませんが

S庭 師範 は  絶対  許せないんだそうで


最初 から  埋めるための  切れ端を  

切り出して ありまして、、、、、、


DSCm_0872.jpg


細かい ところで、 エンジン 載せたら

覗きこまないと  見えない ところですが


時間 あっても、 1 DAY だろうが、  

妥協 せずに  やらないと  気が 済まないようで


DSCm_0876.jpg


隙間 に  フタ したら、 フルカバー の

溶接跡 を  ささっと  ならします


フルカバー の 周囲を ラウンド状 に  

していたのは


DSCm_0879.jpg


カバー と、 BODY の  接続部 が  

滑らかに なるように


あらかじめ、 処理 していたようで


DSCm_0880.jpg


お陰で きれいな  アール を かいて

つながっているので


縁が 切れたり、  つなぎ目が

段差 に なったり せず


DSC_0m876.jpg


溶接後 も、 表面、 接続部分 とも

つる つる に  なりまして


ボディ マウント との 接続部分 も

つる つる に なって、  何とも 羨ましい 限りです


DSC_0m877.jpg


これで、 ファイヤー ウォール スムージング の

金属 加工 は  終了 しまして


時間 が ないので、 すぐさま 板金 担当の

K賀くん が  面だし に  掛かりまして


DSC_0m882.jpg


センター トンネル の 内側 など

下に 潜らない 限り、


誰にも  見えない 部分 ですが


DSC_0m883.jpg


妥協 せずに、 綺麗に  仕上げてまして


ボディ と、 フレーム の  狭い 

隙間 に 入って  一生懸命 作業 してまして、、、、、


DSC_0m884.jpg


僕は  閉所 恐怖症 なので

絶対  そこには  入れませんが


やや 小柄な  K賀くん でも

狭そうで、 ナニよりです、、、、、


DSC_0m902.jpg


以前 の  エアコン の 配管 を 通すための

側面 の 穴 ( バルクヘッド ) は


フェンダー を 外さないと 触れない 位置で

メンテナンス性 が  良くないとの 見解 に  なりまして

埋めて シェイブ しまして


DSC_0m901.jpg


フェンダー を 外さなくても、 脱着 できて

エンジン ルーム から  見えづらい 位置 に  リロケート。


小箱 の 中に、 配管を 接続する、 バルクヘッド フィッティング を

埋め込むよう  つくりましたら


DSC_0928.jpg


K賀くん の  面だし も 終わり、 サフ 塗りまして  

1 DAY スムージング、   無事、 完了 です !


時間 が 無いながらも、 妥協 無し で  作り込みまして

まっ平 の  つるつる ファイヤー ウォール に  なりました!


ホントに 1日 で  作業 を 終えまして、  今日は  さっさと  帰って 

明日 サフ研いだら、 いよいよ 塗装 に  進みます


VIVA !  S庭 道場 & RYU !!!!

  VIVA !  1 DAY スムージング !!!!!




[ 2013/12/14 04:26 ] 57 CHEVY NOMAD * ACID 57 * | トラックバック(-) | コメント(-)

ACID 57


 ACID 57

1 DAY  スムージング  強行 してまして

今のままでも、 じゅうぶん  すっきり してると 思うんですが、、、、、



それに  急いで、 1日 で 終わらせようと したら、  

きちんとした 作り込み は  出来ないでしょう !?

と、 思いの方  いらっしゃいませんか ?


P70123m46.jpg


はい、 わたくし です。。。。。。


起きて、 食べて、 寝て、  食べて、 昼寝 して

食べて、 風呂 入ったら、  1日 は  終わりですから


いくら なんでも、 1日 では  無理 と 思います、、、、、


でも、 S庭 師範 が  やると いうので、 必ず  やるんでしょうけど、


DSC_0m838.jpg


どこまで S庭 クォリティー で  進めるて くるのか、  見どころ です


この スムージング してある、 ファイヤー ウォール の

どこが 気に入らないんだろう、、、 と、 ライス 片手 に  見てましたら


まずは ファイヤー ウォール の 上に ある

フード シール が  乗って、 ハーネス を 固定 する  


リップ 部分 が 残っていると  スムース ではない、、、、 だそうで


DSC_0m836.jpg


僕は まったく もって、  気に なりませんが、、、、、、

どなたか  気に なる人  います !?


あくなき 探究 が  S庭 師範 と  DAICHI の  性格なので

そんな 事 構わず、 バッサリ、 切断 しまして、 


切断 されたことで、 上側 の BODY と、 壁側 の BODY が

分離 してしまったので、 溶接 して  つなぎまして


DSC_0m837.jpg


この後、 パテ や はんだを 使わず、 全周 溶接 しまして


で、 もう じゅうぶんだろう  と、 思ってましたら

まだ  ナンか 気に なるそうで


BODY の プレス 形状で、 左右 に 少し  段差 が

ありまして、  ナニやら  それも  気に入らない そうで、、、、、


P70123m47.jpg


二人とも、 超 潔癖 でしょうか、、、、、、 


誰も そんな 段差を  気にしないと 思いますけど

どの 辺りが 気に なるのか  まったく 解らないので

聞いて 見ましたら


「 えっ!?   これ 気に ならないんですか !?  ホントにですか !? 」

と、 逆に  お前が おかしいよ 扱い されまして


P70123m49.jpg


そうなんでしょうか ?


そんなの いちいち 気にしてたら、 道路 も  家の中も

TSU-君の 人生も  段差 だらけですから


気になって、 生きて いけない 気が しますし

時間 無いなら、 やらないほうが  良い 気が しますけど


DSC_0m848.jpg


気に 入らないから、 やるんだ そうです。。。。。。


で、 BODY の プレス 形状上、  残っている  凹凸 を  

切って  ツルツル に する のではなく


フル カバー を 作って、  上に 貼るんだそうで

型 とって、 切り出しまして

  
DSC_0m849.jpg


ぱかっと  貼って、 おしまい 

かと  思ったら


ファイヤー ウォール を  サンダー で

削り初めまして


DSC_0m851.jpg


DSC_0m854.jpg


左右 にある、 プレス 形状 の  段差 と

同じ 厚さ の  鉄板 を 切り出しまして


サンダー で  地金 を 出した 部分 に

溶接 しまして


DSC_0m855.jpg


鉄板は、  段差 を ならすための  

アダプター  というか、 スペーサー の  

役目 と、 ブースター の  取り付け部分 の

補強 の 役目 を  果たすようです


DSC_0m856.jpg


その上に  フルカバー を  溶接 しまして

しっかり、 全周 溶接 しまして


溶接跡 を  きれいに  処理したら

ブースター、 ステアリング コラム の

穴 を  開けまして


DSC_0m879.jpg


ホントに  全面  ツルツル の、 

ファイヤー ウォール に  なりました


出来てみれば、 元とは  雲泥 の 差で

圧倒的に カッコいい  ファイヤー ウォール に

なりまして、 じゅうぶん  ナットク できますが


DSC_0m878.jpg


ホント に、 妥協 しない  人達 だと  感心 しまして、、、、、


さぁ、 K賀くん、 あとは よろしく !


と、 思ったら、  まだ  ナンか  やるんだそうです、、、、、


DSC_0m856.jpg


もう、 どこ見わたしても   気に なるとこなんて  ありませんし

脳ミソ も、 心 も、 ツルツル です


さらに 追究 するそうで、、、、、ホントに 終わるんですか !?

1 DAY  スムージング、、、、、、、  


VIVA !  S庭 道場 & RYU !!!!!!!




[ 2013/12/13 00:00 ] 57 CHEVY NOMAD * ACID 57 * | トラックバック(-) | コメント(-)

ACID 57




 ACID 57


作業 ペース が  早すぎて、 

BLOG  更新 が  追いつきませんで


DSC_0m808.jpg


書ききれて なかった 部分 を

遅ればせながら、 更新 させて 頂きます


塗装前の 面出し から   戻ってきた

ACID 57 は


DSC_0m809.jpg


S庭 師範  が 

「  ファイア― ウォール の  スムージング は、 1日 で 終わらせます 」  

と、 言ってまして、、、、、


DSC_0m812.jpg


「 まじですか !? 」  ナンテ、  100 % 他人 任せ なので

どちらにせよ、  見てるだけ  の  僕は  興味 しんしん ですが


「 1日 で  終わらせないと、 間に合いません ! 」

なんだそうで、、、、、、  大急ぎで  頑張ります


DSC_0m813.jpg


S庭 師範 と、 RYUくん が、、、、、


で、 早速  1 DAY  スムージング、  始まりまして

まずは  エンジン フード、 フェンダー、 顔周り を

ばらしまして


DSC_0m814.jpg


ささっと、 エンジン & ミッション  降ろしましたら


エアコン の 配管 やら、 

ブレーキ の ブースターや、 マスター シリンダー


DSC_0m815.jpg


などを  外したら、  


トンネル 部分 を  かさ上げした 

溶接跡 の  仕上げ と

 
DSC_0m816.jpg


以前、 DAICHI が  処理した

ファイヤー ウォール の  スムージング の


使える 部分は  そのまま  利用して


DSC_0m832.jpg


さらに  スムース に なるよう

加工 していきます


1 DAY で  終わらせるために

板金 担当 の  K賀くん も  やってきまして


DSC_0m833.jpg


すぐに  センター トンネル の  

仕上げ に  かかりまして

  
その間、 S庭 師範 は、  新しい

スムージング 加工 の  材料 などを  切り出して まして


DSC_0m835.jpg


ほんとに  1DAY、  行けるんでしょうか。。。。。


明日には、 CAL TREND の  MATTさんが

ファイヤー ウォール の  ペイント に  来るそうで


DSC_0m830.jpg


ファイヤー ウォール の  加工 して、 パテ うって  研いだら

サフ 塗って、 研ぎ ですか、、、、、


うーん、 ミラクル


VIVA !  S庭 道場 & RYU !!!!!!!!





[ 2013/12/11 10:25 ] 57 CHEVY NOMAD * ACID 57 * | トラックバック(-) | コメント(-)